77: 名無しさん@おーぷん 2019/01/09(水)20:32:12 ID:pLz
長く付き合い、そろそろ…という雰囲気になった彼の実家に挨拶に行ったときのこと。
彼から「うちの母は男みたいな人だ」と何度か聞いていたので勝ち気な人なのかなと思ってた。
当時彼両親は50歳くらいだったと思う。
職場にも50過ぎてる人はたくさんいたけど、「おばさん!」て人はあまりおらず、みんな小奇麗にしてた。
でも彼母は50歳にはとても見えない上に「おじさん!」て感じの人だった。
スポーツ刈りみたいに短い髪の毛で化粧もなし。ジャージみたいなのを着てた。
一瞬父親が二人いるのかと思った。

一人称は「おれ」(そういう方言の地方ではない)
ものすごい早口で語尾が強い。
「俺はよぉっ、苦労したっからよぉっ!こいつ(彼父)とアホ親(彼父の親)のせいでよぉっ!」
と小さい「っ」が入り口も悪い。
自分の兄を「兄貴がよぉっ!」その孫(甥の子)のことを「カソガキがクソ生意気なんだよなぁっ!なめた口ききやがるっ。ガキなんて可愛いのは生まれた一週間だなぁ!」
まずそれは初めて会う人に話す内容?
「なめた口」なんてセリフを生で聞くとは思わなかった。

はぁ…はぁ…と聞いていたら
「お人形みてぇな女だなっ!」
って。
ちょっと…無理なんですけど………となってそそくさ帰ったよ。
それでも彼との結婚は揺るがないと思ってた。若かったな。好きなんだからそれは関係ない!って思ってたわ。
でも彼から「母は話好きでずーっと喋ってるひと。お嫁さん(私)と茶飲み友達になりたいって好感触だったよ!母は喫茶店巡りが趣味だから付き合ってあげて」と言われて「え…」と。あの話し方の人と外で会話するのきつくない…?と。
しかも実は喫煙者で行きつけの喫茶店が全面禁煙になったことに抗議して警察きたんだよねwとか言われて。
彼母もきついが、それをおかしいと思ってない彼もなんかきつい?と思うようになった。
私らに子供が生まれてもクソガキとか言われるんだな。
そういえば甥の嫁さんのこと「クソアマ」とも呼んでたわ。

そこから彼の嫌な部分が目につく(気づく)ようになり、彼も私のそんな空気を察して自然消滅的に別れてしまった。

父親みたいなのが二人座ってるリビングに通されたときの衝撃と混乱はすごかったよ

転載元スレッド

79: 名無しさん@おーぷん 2019/01/09(水)21:23:49 ID:ZkO
>>77
男女比率9:1の職場で極力女の気配消してた私でも無理だわ…
中性的な女イコールおっさん女じゃないし
というか、普通男でもその母親には引くよ
そういう母親に育てられた男も無理
いいところもたくさんあるんだろうけどマイナス要素の方が遥かに上回ってるね

まとめ記事の場外戦!「夫婦問題SOS」の管理人が記事を読んで感じた事を書き綴るブログ「生活系まとめブログの中の人」。↓のリンクをクリックして
「生活系まとめブログの中の人」

当ブログお勧め記事!
去年初めて夫より年収が多くなったら、夫婦間の空気が変わった。夫は残業してきた私に皮肉を言うようになり、とうとう不妊治療しようと言い出した
結婚を意識してた彼女に大事な話があると呼び出されて行ったら、驚愕の内容だった
俺が会社で酷い目にあった時、ネトゲの親友が弁護士費用にしろと300万円振り込んでくれた。どうしてもお礼がしたくて頼み込んで会って見たら、まさかの人だった
・同業で会社を経営している叔父から後を継がないかと言われた。経営するのは無理だと思ったから断ったのだが、年商聞いた旦那が目の色変えて勧めてきた
法事で実家に行ったら初めて会う遠縁の4歳子供にびっくり!これが天才児ってやつだろうか、可愛い賢い可愛いすごい!
家に帰ると裸の嫁と男がプロレスしていた。本当のプロレス
(PR)俺は愛する妻の為に、死後人工頭脳の箱となった。愛する妻を想う「俺」の決断が涙を誘う。電子書籍SF短編集「俺と言う名の箱」お勧めです!
是非、記事に対する感想をコメント欄までお願いします。あなたのご意見お聞かせください!