お伊勢さん

GW前に少しだけ日記にしましたが、四月末に行ったお伊勢さん。
いえ、行ったと言っても一泊ですけどね。

記録に残すために少しだけ日記に残しておこうと思います。

伊勢志摩サミットももうすぐ、の時期でしたから
志摩観光ホテル・クラシックはリノベーション中でした。
もうすぐ、6月7日にリニューアルオープンですね。

山崎豊子の華麗なる一族のお正月のホテルのシーンはこちらですね。
一度宿泊してみたいです。

宿泊したのは鳥羽国際ホテル。

とても素敵なホテルでした。
もっとゆっくり滞在したいホテルの一つに加わりました。


IMG_2413
日が沈む前の鳥羽湾内。
前回来たのは、飛鳥ででしたし、ちゃんと滞在したのは小学生の時だったな。

普段目にすることの多い、伊豆の海の光景とは違います。
湾内の海の様子は波もなくて、穏やかですね。



IMG_2416
完全に写真はぶれてます
すみませんです。


こちらは夕景を楽しめますね。
夜のデッキ、船みたいな言い方だけど、
床がウッドで出来てるから、本当に
デッキみたいに見えちゃいます。
とても素敵な場所でした。


IMG_2426
流石、海のものが新鮮です。


お刺身。
日本人はやっぱりお刺身だ〜。
オバマさん達はお刺身、召し上がられたのでしょうか?



IMG_2427
伊勢エビ。
メルケルさんたちもディナーで召し上がられましたね。

お風呂がとてもとても良かったです。
こちらのホテルはミキモトとタイアップされていて、
パールオーロラ風呂には真珠の成分の入っています。
キラキラと輝いて幻想的なお湯でした。

あんまり気持ち良くて、未だ未だお湯の中に居たくて、
すっかりのぼせそうです。


ミキモトの基礎化粧品、お化粧品類などを使用出来る
ミキモトパールとタイアップしたお部屋も有りました。



IMG_2429
朝の鳥羽湾内。
右方向奥にミキモト真珠島があります。




案内のドライバーさんが仰ってました。
サミットの前には首脳陣がどのルートを通るか決まらないために、
沢山の道を直されたそうです。
その際、鳥羽の道路は直されなかったので、
「鳥羽には来ないんだね〜。ってみんなで言っているんです。」
だ、そうでした。



IMG_2435


でも、サミット前日にファーストレーディーと昭江夫人が、行かれたのですね。
私も、ほんの少しの時間だけ伺いました。
真珠島  しんじゅじまって発音するのは前回訪れた時に知りました。
 しんじゅ『じま』濁点付きですよ。
多くの場面でしんじゅ「しま」と発音しますが『しんじゅじま』が本当のだそうです。


IMG_2431
日本が世界に誇る真珠。

昔、シャルルドゴール空港の高い壁一面にMIKIMOTOのパールの画像を見た時は
ちょっと感動し誇らしく思ったのを覚えています。。
宝石としては長く価値が保存できない真珠ですが、
でも、一番好きなのは真珠。
ダイヤよりルビーより、何よりも真珠。

こんなに一粒の美しい花珠が生まれる確率は少ないのですね。




話は逸れましたが、鳥羽国際ホテルはとても落ち着くホテルでした。
朝食のブッフェも一味違っていて、
フレンチディナーのアミューズブーシュにも出てきそうな一品や、
悶絶の伊勢海老のビスクスープもありました。


いやいや、そうじゃないの、お伊勢さんのお話なの、今回は。。。




IMG_2449

外宮の御厩には二頭の神馬がいます。
ものすごくおとなしく慈愛に満ちた目をしています。
可愛い、穏やかな上品なお顔立ちですね。

案内のドライバーさんが、
 中々会えないんですよ。
 十回に一回位かな?、会えるのは、だそうです。

どうも、本当に会えるとは限らないみたいです。
観光のガイドの方もおっしゃられています。
時間的なことや、お天気、何よりも新馬のご体調が大事。

なので。
運が良かったです。
有り難いです。

外宮には20年に一度行われる式年遷宮の場所が有りますね。
映像でしか見たことがない場所を見ることが出来ました。

2013年の第62回式年遷宮の式に出席した知人は、
真っ暗な暗闇の中に、小さな灯りのみ。
後ろ側に流れる川のせせらぎの音と、風が吹くと
さわさわとする木々の音 だけが聞こえ 
とても厳粛で神秘的な時間だったそうです。


伊勢神宮 宇治橋



IMG_2452
先のサミットでは、安倍首相がこちらの前で各国の首脳をお迎えしましたね。


この鳥居をくぐると。


IMG_2454
宇治橋の上からはこんな気持ちの良い景色が見えます。
聖界と俗界の架け橋だそうですが、心が洗われる景色からも
なんだか、とっても説得力があります。



IMG_2456
五十鈴川御手洗場

綺麗でした。
新緑には太陽が当たり、それが川の水に映り込み反射して、五十鈴川も
美しい緑色です。


IMG_2459



IMG_2463
この日はお天気は良いけれど、少し風が強い日でした。
内宮の木々たちは背の高い所で始終さわさわとしていています。

不思議なのですよね。

普段はそんなに神様とか、近く感じたりしないのですが、
お伊勢様の木々の高いところから、ヒョイ、ヒョイっと時々
見下ろしてらっしゃるんじゃないかなって青空を見上げてしまいました。

 そんな気持ちを引き起こされちゃうような、不思議な力のある場所でした。


IMG_2464
御正殿

こちら、G7首脳の方々も御垣内参拝をされました。
参拝は神聖な気持ちになりました。

帰りがけ、あそこ、には20分ぐらいしか寄れませんでした。


 IMG_2465
そうです。
おかげ横丁
この先、もう少し先を左に曲がると目的地。

赤福であんこ餅を買って、
ふくすけで伊勢うどんを頂いて、
豚捨のメンチとコロッケを買って、
若松屋でチーズ棒に、イカ棒にタコ棒を買って、
あと、あれ?どこだっけ。
きゅうりの一本漬けの棒をポリポりしながら だっしゅした・・・

今度はゆっくりお伊勢参りをしたいです。
そして、おかげ横丁もゆっくりね。


世界の首脳陣のも、お伊勢さんの良さ、日本文化を感じていただけたら
良いなあと、思ったひと時だったのでした。
 

2016 タイの旅 ホテルのロビー

チャオプラヤ川上は、蒸し蒸し暑かったけれど、
ロビーに戻るとクールダウン😊
ヒンヤリした空気が気持ち良いです。


このお花のディスプレイは、二階から降りておりました。


IMG_2509

華やかで迫力が有りますね。
奥に二階のフロアが見えます。

IMG_2494

近くに寄って見ます。
綺麗だわ。

IMG_2512

花の粒が美しいです。
本当、綺麗だわぁ。

IMG_2495

涼やかですね。
お水の音も落ち着きます。


IMG_2497

ヨーグルトのアルミの蓋を上げると
蓋の裏側にヨーグルトが付いちゃうご経験、ありませんか?
あれって、とっても嫌ですよね。

最近アルミの蓋の裏側に、内容物が、
付きにくい物が増えて来ました。
あれは、蓮の葉っぱがお水を弾く原理を
利用しているのだそうです。

本当だぁ。
ちゃあんと、水の玉、丸っこく分かれてる。
暫し、感動して見ていました。



IMG_2498

ピンク色の蓮の花ってこんなにきれいなんですね。


DSC05680

過去三回は、ロビーの装いは
こんな風でした。
華やかで、毎回この美しさを楽しみましたが、
でも、一色で纏めるのも重厚な美しさです。
ゆったりとした時間が流れます。

美しいロビーを持つホテルの一つ、
やっぱり好きだな。



名古屋だみゃあ

このために、みゃあみゃあに来た
のでした。


image

かなり多くのセッションを聞かねばならず、それはそれで疲れますな。

でも、10年ぶりに会う後輩もいたりして、
お喋りも楽しんじゃいました

ちょっとそこまで

昨日、今日とってもお天気が良いですね。
昨日は、梅雨が明けた夏の暑さの東京でした。



image

ちょっと、そこまで行ってまいります。
来週でなくて良かったです。

ホテルなんて取れないですよ。
来週だったらね。

平日の昼間の新幹線に乗ってるって、
チョット不思議。

2016 タイの旅 サラリムナームのランチ

さあ、お席に着きました

IMG_2526

このナプキンの折り方、覚えたいなあと、
一旦開いちゃってから折り目に沿って戻して見るも、全然だみだに。。(涙)
上手く行かず

そうしたら、背後に気配有り。
ウエイターさんが、糊の効いた一枚のナプキンを持ってシャキ〜ンっと立ってます。
ひょえっ!って思ったら、
目の前でゆっくりとナプキンを折って、
教えてくださったのでした。
ありがとうございました

フレッシュなフルーツを使ったノンアルコールのカクテルが美味しい!

では、お料理を取りに行きましょ💕


IMG_2528

先ずは前菜類
写真は撮りきれませんでした。

左端はパイの上にコーンや、エビの炒め物を乗せて、一口でパクッ頂く物。
お見本が傍に有りますね。

小さい一口だけどとっても複雑な味。

お隣は、多分鰻のフライじゃないかな。
白身のフライよりシコシコしてる。

鳥の唐揚げも有りました。
お、美味しい過ぎます。

タイ料理のソースは沢山有ってお料理の味の幅が広がりますね。



IMG_2529

石のすり鉢見たいのが沢山有って、中には
お野菜や、お肉るいや、魚介類のスプレッド? ペースト?が何種類もありました。
小皿に取って楽しみました💕


IMG_2533

右端は葉っぱとシャンツァイ💕
駄目な人が多いけど、私は大好き。

シャンツァイもボールに一杯に有りましたよ。
お代わりしちゃいました。
葉っぱと一緒にフライやスプレッドを巻いて頂いて、幸せな瞬間でした。


IMG_2530

左下にはエビとオニオンと緑の唐辛子の
酸味の有る和え物。
青い唐辛子、辛くないんだ!
美味しいねえ。

真ん中の豚肉のスライス、薄いのに
ステーキみたいな旨味です。
ジューシーでチリソースと激しく合いました。


IMG_2531

ホットミール

日本人には何処かしか馴染みの有るお味付けです。
シンガポールのお料理は同じアジアでも
フョージョン料理で、私には断然タイ料理に軍配。

エビ、エビ、エビ✌️💕
この所もう何ヶ月かエビを頂いてなくて、
食べたかったんです。

何尾も頂いてしまいました。


豆苗かな?
青菜の炒め物は歯応え、シャキシャキ!



IMG_2532

バンザァ〜イ!!
トムヤムクンだぁ〜💕

このトムヤムクンは、お願いすると目の前で、そりゃ〜大きなエビを一尾スープに入れて一人分ずつ仕上げて下さるんです。

だから海老が固くなりすぎずプリンプリン。
lemon grassの香りが湯気と一緒に立ち上がり、嬉しくてクラッと来ちゃいますよ。



IMG_2534

何種類もカレーが有って、お隣に温めたビーフンがスチーマーに入っています。

カレーは、白いタイ米と頂いても良いけれど、ビーフンに掛けて頂くのがお勧めの様です✌️


グリーンカレー、うまぁ〜(失礼)
理性が飛びますな😅

中のお茄子は、丸茄子ぽい形。
ココナッツミルクの香り豊か。
レッドカレーも良いけれど、グリーンカレーはとっても美味しいです。

そう言えば、昨年のGWはシンガポールでインドカレーを
今年はタイカレーを楽しむ事が出来ました。


IMG_2535

目線を上げると窓越しにチャオプラヤ川。
外は35℃以上の暑さです。


そろそろデザートコースにまいります💕


デザートブース



IMG_2538

勉強不足で申し訳ないのですが、
歯応えがブニンブニンブニ〜ンの素材が不明なコレ。
色や味が何種類も有るゼリーより固くて
グミより柔らかい、この物体。

好きなんです、とっても。
これ、何で出来てるんだろ。
お芋の味のが美味しかった〜!

タピオカも亀ゼリーもありました


IMG_2537

トロピカルフルーツも沢山!
好きなフルーツをカットして下さいます。

マンゴー、美味しかったです〜。


IMG_2540

左端は、メリケン粉にコーンが入って焼いた奴。
半球のたこ焼き、蛸なし、な感じです。
素朴な味でもう一個食べてしまいました😓


タイ料理は美味しい!
のでありました。


IMG_2545

帰りの船の中からも、サラリムナームを
パチリ。
外のテラス席でお夕食も良いのですが、
この季節は、暑過ぎで難しいですね。

いつかベストシーズンに伺えたら、
お外で頂きたいな〜。


IMG_2543

では、ホテルに戻ってロビーのソファーでゆったり致しましょう💕

2016 タイの旅 チャオプラヤ川

お昼が近くなってまいりました。
さあ、お昼に行きますよ。

ランチは、ホテルのタイ料理レストラン、
サラリムナームでタイ料理のブッフェを頂くんです。

普段のレセプションでのブッフェは
洋食がメイン。
どんなに趣向を凝らしても偏っちゃいます。

でもこちらのレストランはタイ料理だけのお料理!
美味しいんですよ。

IMG_2515

ホテルのオーサーズウイングの前からホテルの渡し船で対岸に移動します。

チャオプラヤ川の対岸とこちら側、沢山の小舟が行き来しています。

IMG_2516

これに乗りますよ。



IMG_2517

気温はこの日も35℃以上。
日が当たる場所はジリジリですが
船の中はチャオプラヤ川川面を吹く風が
心地良いです。
ずっと乗っていたいです。


IMG_2520

お隣をやはりマンダリンオリエンタルの船がクルクルと動き回っています。
動きが自由自在。
ホテルの上の方から見ていると、笑ってしまうほど、小動物みたいな動きなんですよ。
真横にも動ける


IMG_2522

対岸近くから、ホテル側を見る。
夜になると綺麗なんですよね。


IMG_2525

では、船を降りまぁ〜す。
お腹減った、お腹が、減った〜。
さあ、食べるぞぉ

2016  タイの旅 お部屋

機内では、例のごとくあまり眠れず。
でも、お休みとなると、寝なくても元気なんですよ、これが。
しかし、機内でおしぼりを握りしめて、そのままおしぼりを落ちてたから、
やっぱり
少しは寝てたみたいかな


早朝では有りますが、イミグレは思ったよりは混んでいました。
ホノルルやヒースローよりは勿論すきすきです。

マンダリンオリエンタルの白い制服の方がニコニコお迎えに見えています。
40分位のドライブですが、段々夜が明けて来て、窓からは、
にょきにょきと高いビルが見え始めました。

凄い湿気と暑さです〜〜。
それでも去年のシンガポールより、ずっと湿気は良いかも。
今年のバンコクは、中々暑さが落ち着かずに、3月からずっと高温多湿だそうです。
毎日35℃以上って、如何な物か。。
そう言えば、昔、タイの観光ベストシーズンは11月って聞きました。

そんな良い時期に伺うのは一生無理だに。。
そして毎回、一番暑い季節に来ちゃうのだ。

そして、すぅ〜〜っと車は玄関に付きました。


 IMG_2511
高い天井から下がった花のオブジェ。
今回はローズ色の小さな玉の様なお花がびっしり天井から降りていました。
いつ見ても、圧巻です。
どこを見てもお花が一杯。

癒されますね。


早朝だと言うのに、フロントデスクはテキパキテキパキ。
リクエスト通り、すぐにお部屋に案内して頂けました。

これは大きいですね。
午前中からお部屋でゆっくり出来るのは。
しかも朝の6時台からもうお部屋にいられたら、丸一日タイにいる気分になれちゃいます。

お部屋に案内して頂いて、エレベーターを降りると、
ほのかにレモングラスの香りがたなびきます。
あぁ〜、タイの香りだ〜。
良い感じです。

前回の廊下の香りはメリッサの香りでした。
こちらもエキゾチックで雰囲気満点、なのですが、私は。。
メリッサの香りがすると、鰻の蒲焼きの、ほら、一味の香り!
と、脳みそがそれ以外には思えなくて。

前回は廊下を歩くたびに、

「うなぎっ、うなぎっ、うなぎの蒲焼きっ。」と思っていました。
     す、すみません、いきなり色気なくて。。



IMG_2485

今回も、リバーウイングのお部屋にしました。
ガーデンウイングも二回ほど宿泊しましたが、リバーウイングの方が
チャオプラヤ川に近くて、景色は良い様な気がします。
ここ二回はリバーウイングです。

それに、予約をした時には、ガーデンウイングのリノベーションが終わっていませんでした。
ガーデンウイングはお部屋がロフト様?っていうのかな、
二階にベッドルームが有って、とっても素敵な雰囲気です。
今回リノベーションが終わり、どんな風に変わったのでしょうか?
またガーデンウイングにも泊まってみたいです。


IMG_2470

見ただけで眠くなっちゃうベッド。
ごろ〜ん」ってした所を想像しちゃうから。
朝早く着いたので、朝寝を楽しむためにちゃんとベッドカバーは最初から外してありました。


IMG_2473

ベッド脇のテーブルには開業140年のロゴが入ったペットボトル。
扇に見えるのは、ベッドシーツを変えないで良ければ、扇に広げて枕の上に載せます。



IMG_2472

ピローの上には毎日、ターンダウンの時にオーキッドが置かれます。
これは初日朝お部屋に入ったら、既に置いてありました。


IMG_2488
コーナーには白い蘭が置いてあります。
前回も同じ事を言ってますが
この小さな鉢植えが、お部屋の余裕感、広さを感じさせてくれるんですよね。



IMG_2480
アメニティの香りもレモングラスでした。
タオルは毛足が長くてふかふかだし、バスソルトも毎日きちんと補充されるし
アジアのバスダブはたっぷり深めで極楽じゃ。

アメニティはシンクの前にもシャワールームにもバスタブにも、サイドテーブルにも
用意されて、バス横にはミネラルウォーターも。


バスルームのお写真は上手く撮れませんでした。
よろしかったら、前回のお写真をご覧になられてくださいね。




テーブルが立派です。
この上で限りなく本格的にお仕事が出来ますね。
でもそれは、やだわん。



IMG_2487

マンダリンオリエンタルバンコクは今年創業140年
色々なニュースがこのペーパーに書かれていました。




コンセントはテーブルの左半分が蓋が開いて、中にコンセント類が潜んでいます。
コンセント型は日本と同じ。



IMG_2474

サイドボードには毎日違うフルーツが届けられます。
初日はこれ。
この果物、朝六時にはランブータンだったけれど、
午後、外出から帰ったら、ローズアップルに変わっていました。
朝にお部屋に入ったから、午後からまた新しくしてくれたのですね。
 

毎回、気持ちの良いホテルだなあと思うのは、身近な所だとハウスキーパーの繊細な心遣い。
バスルームに置いた歯ブラシやコスメティックポーチ類はハンドタオルの上に綺麗に並べて下さり、
シャンプーやボディーソープは、
ゲストが使って置いた場所を、次回からは定位置にしてくれたり。
ベッドの上に置いた帽子と日傘とTシャツはベッドの角に綺麗に並べてありました。
やっぱり行き届いてる、おもてなしの優しい気持ちが伝わって来る。。





IMG_2476

到着した時に頂いた小さなレイは、帰る日まで部屋中に良い香りを放っていました。
窓の外にはチャオプラヤ川が広がります。


何しろ六時台に入れたので、朝寝をしようと思いましたがだめダン。
目がぱっちりダン。

と言う訳で、ホテルの中をちょっと散策に行きましょう。

2016 タイの旅 羽田空港

毎度、慌ただしい旅の始まりです

JALのタイ便は夜中日付が変わってからの
フライト。
休暇の為のフライトならお仕事を終えて
飛べるから有難いけれど、
ビジネスマンには、チョット迷惑かも。
夜中飛んで朝バンコクに着いて、
現地でお仕事をして、また夜便で羽田に
戻りそのまま出社。

非常にヤダな

私の患者さんに正にそんな出張をされて
いる方がいて、
「い、いつ寝るんですか?」って伺ったら、飛行機で寝ますから、ですって。
しかも帰りの飛行機の中✈️でレポートも作成するそうな。

私には、機内でもお仕事なんて、
出来ない。。。


さて、羽田ではキャセイのラウンジにも入ってみました。

image


オリジナル・ノンアルコールカクテルは、
グレナデンシロップの甘い香りとレモンの
酸味がとても良かったです。


お料理は、数は多くはないけれど丁寧な一品です。


うふふ。
お目当は、これ。

キャセイのラウンジの担々麺のファンは、
多いのです。


一回麺を持ち上げて
写真を撮って無いのに気付き
慌てて撮りました。

だから、表面が歪。。

聞きしに勝る美味しさ!
麺もシコシコだし、何よりスープが絶品でした。
濃厚なスープ〜。
ピーナッツの風味も豊か!

ご馳走様でした。

さて、赤組のラウンジでもチョット休憩して、ではでは、微笑みの国へ💕

タイの休日

つかの間の休日でしたが、
深夜便での往復ならアジアの国なら
十分に楽しむ事が出来ます。


お仕事が終わって日付が変わり機上の人。
二泊でも楽しさは120%です。
夜便で戻れば、朝から仕事が出来ます。
いきなり現実に戻され、余韻は楽しめませんが(笑)


image

お休みは短かったけれどで、
こんなステキなお花一杯の
オリエンタルホテルの休日を
過ごせました。

ノルマンディの夜

タイ料理はいくら食べても
飽きません。

でも昨夜は、ノルマンディに
決めていました。



image




お料理も美味しくて、ホスピタリティも
アジアならではのきめ細やかさ。

大好きだなあ。
最新コメント
ギャラリー
  • お伊勢さん
  • お伊勢さん
  • お伊勢さん
  • お伊勢さん
  • お伊勢さん
  • お伊勢さん
  • お伊勢さん
  • お伊勢さん
  • お伊勢さん
  • お伊勢さん
  • お伊勢さん
  • お伊勢さん
  • お伊勢さん
  • お伊勢さん
  • お伊勢さん
  • 2016 タイの旅 ホテルのロビー
記事検索
最新トラックバック
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ