女性医師の呟き

仕事にプライベートに頑張っている一女性医師の独り言です。

お知らせ

とっても遅過ぎですが、今日、初詣に行って参りました。
私は、元々恥ずかしい位無宗教なのですが、お参りに行くのは
必ず成田山新勝寺。
一つ前の日記は、帰り道、参道のお店をぶらぶらしながら、携帯で撮った写真でした。

DSC00104
1月中の成田山はとっても混みます。
以前1月2日に初詣に行った時は、山門を上がるのに警官の方が何人もいらして、
交通整理をして、牛歩の様にしか前に進めませんでした。

今日はもうその混雑も落ち着いた所だったのか、とてもスムースに
参拝出来ました。

DSC00105
大本堂の裏手には綺麗に梅が咲いていました。
きれい〜〜。
大本堂で11時の御護摩祈祷が始まる前に
1月31日を晦日正月と呼ぶ事をお坊様がお話下さいました
正月最後の日。
この日に、松の内に年始回りをしなかった家を訪ねる風習も有るそうです。
今日初めて知りました!

そうなんだぁ〜。
今日までお正月なんだぁ〜
今日って何だか縁起良い〜


お正月に何か始めるって縁起良い事のはず

皆様お知らせです
今日からブログを新しくさせて頂きますです

訳も分からず、え〜い、どうにかなるだろ〜〜、なんて
勢いで始めましたこのブログも今日のこの日記で810個になりました。
良く続けられた物だと思います。
そろそろ容量も一杯になり、そろそろお引っ越しをしなくてはと思いながらも、
この日記にやはり愛着を感じて、お引っ越しを今日まで伸ばし伸ばしにして来ました。
でも、やっぱりしないとね。
愛着の有るこちらのお家からのお引っ越しを数時間前に決めました。

もし御時間が出来ましたら、新しい我が家も、どうぞ覗いて下さいね。

晦日正月

ee3aaf7a.jpg
少し遅くなりましたが、今日が初詣です。今年も良い年であります様に!

ご準備はいいでござるか?

今年もこんな時期になりましたですね。
今日からですね。
行けそうもないな〜、残念だな〜。
チョコレートの好きな方は、出店されているお店のチェックを HPでチェックする
だけでも楽しいですよ
リヨンだけのお店で、どこにも支店を出さないベルナシオンのチョコレート
うう、食べたいよ〜。

やはり今年の一番人気だそうです。

世界中からチョコレートが出店される訳ですが、日本も負けてはいませんよ。
ロッテが限定大きなパイの実で頑張れば、
京橋に有る明治製菓の100%チョコレートカフェも出店です

日本人の青木定治さんも出店されてますね。
漢字で書くとしっくり来ませんね〜(笑)
それだけ世界で活躍されてる方って事ですね
その他にも何人か日本の方も名前を連ねています。
がんばれ〜

以前からジャン=ポール・エヴァンが好きだけれど、この所、
今回、出店はされてないけれど、スペインのカカオサンパカが気に入っています。

DSC01168
ショップ内で食べる事が出来るチョコレートのソフトクリームは
チョコレートのコクと香りと、苦みまで感じられて、とっても美味しいです。
丸の内ブリックスで頂けます。

さあ、もうすぐですよ
今年はどんなチョコレートにしようかな。
楽しい季節がやって来ました

香港・ペニンシュラの旅 9

ブログネタ
香港 に参加中!
IMG_3422
さあ、ホテルに戻って参りました。
こちらの柱は、眺めているだけで歴史を感じさせます。
夜見るのとは、また違った味わいが有りますよ。
私、この柱を眺めているだけでも飽きないわぁ〜。

お部屋に戻ってお荷物を置いて、
ちょっとミネラルウォーターを頂いて
あ、丁度二時を過ぎた所ですね。
丁度良いですワン

ロビーに降りて、スタッフの方に名前を言おうとしたらしたら、
もう、言う前に
ニコニコと、夕べと同じお席に御案内下さいます。
着いたお席が気に入ったお席なら、同じ方が落ち着きますものね。

IMG_3417
日差しが入ってキャンドルや、ガラスがキラキラ光ってます。
きれいだわぁ。

なかなか、午後にホテル内でのんびり出来ず
出来る様で出来ないアフタヌーンティー。
今回、ひさしぶり〜に頂いて来ましたです。

IMG_3416
ランチョンマットもナプキンも可愛い。
クリスマスが終わっちゃったから通常の模様ですね。
通常の模様でもとっても可愛いです。
ブティックで売っていたら買いたい!でも有りませんです。

IMG_3426
ほんとはね、この三段重ねの取っ手、真ん中に入っちゃって邪魔でしょう。。
位置を避けようと、持ち上げようとしたら、重い〜〜〜。
向きを変えるのは自分では無理〜。
お願いしてちょっと向きを変えて頂いても良かったのですが、
そこまではねっ。

では夫々、側に寄ってみますよ〜〜。
スタ〜〜ト
IMG_3430
スコーンはレーズンです。
パカッっと二つに割ると、スコーンのお粉の良い香りがします。
ジャムとクロテッドクリームを塗って頂く至福の時
ほんと、おいちい
大きさは少し小振りになったのですね。

IMG_3429
キューカンバーのサンドイッチや、カレー味のタルト、バーガータイプのサンド
昔は香港らしく点心も出されたけど、無くなっちゃンだ。
ちょっと残念。

IMG_3432
パウンドケーキは薄く切ってあるけれど、
しっとりしてますよ
ケーキはプラリネタイプ。
私はプラリネがどうも不得意なのです。
トリュフチョコレートもどんなに高級だとしても
中がプラリネだと食べれないのです
チョコレートケーキあげる、その代りエクレアくれる?なんて
皆で分けっこで頂きます。

お茶はペニンシュラブレンド。
色々選べるけれど、やっぱりペニンシュラブレンドが
一番好きかな?

IMG_3420
日差しが外から丁度良く入って来ます。
さっきまでカメラを無くしてしょげてたはずだけど、
こんな日差しがチラチラ入って来る昼下がりは
ちょっと幸せだなあ。なんて自然に思えて来ます。
(香港に来られるんだから物凄く幸せなんですけどね



IMG_3435
中華の朝ご飯とは言ってもまだまだ中華に飢えております。
そこでこんな物をオーダーしちゃう訳です。
お、美味し過ぎる
先ずは目の前で揚げて下さったのかと言うほど、
あちち。
パリパリっと噛むと、中にプリプリの海老が当ります。
小さめのスプリングロールなので中には何種類もの具が
ワサワサ入っていません。
シンプルなので余計海老の甘さとか、揚げた油の香ばしさが
際立ってました。
ここにもお醤油に唐辛子。
美味しいんですよね、この唐辛子。
買って帰りたい、売ってたらって感じでした。

IMG_3441
こちらのスタッフの方は皆さん、ゲストの視線を良く拾って下さると思います。
一瞬視線が有ったら、ではなく半瞬視線が重なろう物なら、何か御用ですか?って視線で返して下さいます。
これって、こんな風に私の駄文にしちゃうとなんでもない事に思えるけれど
実は、そんな簡単な事じゃないと思うのです。
それは、今話題の辻仁成 『サヨナライツカ』の舞台
バンコクオリエンタルホテルでも感じた事。
そう言う方達が沢山いて、そのホテルを支えて行くからこそ
一流と言われ続けるのではないかと思います。

そんな事をつらつらと考える穏やかな昼下がり。

中二階では演奏が始まりました。


香港・ペニンシュラの旅 8

ブログネタ
香港 に参加中!
楽しくお買物も終え、ピアに戻った私達。
今日は、海面がエメラルドグリーンに見える所もあります。
なんだか、ハワイの海みたい、写真撮っちゃお!

そして、右のスカートに手を入れた私。

   (*_*)(*_*)(*_*)

    ? ? ? 

な、ないんだけどーーー、



あわわわわ。


ない、ない、ない==============

そうです、スカートの右のポケットの中にカメラは
もうすでに、いなかったのだ


猛ダッシュで

まだ写真撮ってるの〜。早く船乗りますよ〜〜。
(イライラ〜)
的に待っている家族の元へ。

ないの、カメラ、カメラがないのぉぉ〜。
と、申しましたら

まあ、我が家族の優しい事。

なんて言ったと思います?

○○ちゃんはとっても、おばかさん。ぷぷぷ。
ポケットにいれたあなたが悪いのです。
次の災難に遭う事への神様の注意です。

なんて素敵な家族・・・・・・・


それでもSOGOにタクシーで戻り、インフォメーションに
滞在先を記入してもし出たらご連絡を頂く届け出を出し、
お化粧品売り場と、福引き会場(がらんがらん、引きました。
チョコレートのお菓子二箱と、お化粧ポーチが当りました)と、
トイレをチェック、やっぱりなかったと
肩を落とし、きっぱりと諦めて(怪しい、きっぱりは。)
次の予定に間に合う様に、
SOGOから、タクシーを吹っ飛ばしてペニンシュラに戻ったのでありました。

仕方ないんだわ、だって私どこで落としたか全然覚えてないんだもん。
落ち着いて考えると、行きのスターフェリーで写真を撮った以降、
カメラなんて気にしてなかったし、
もしや、すり? って可能性も有る訳で。

そうだ、むか〜〜し、
妹は地下鉄でヴィトンのバッグを開けられ、
手が入った瞬間に気が付いて難を逃れ、
父は三人組のスリに挟まれ千円しか入っていないお財布を取られたっけ。
千円しか盗れなくて残念なスリの方達でした

私は、、なくしたのかな?盗られちゃったのかな?
もしかして、私のカメラを持ってる人、
大切に使って欲しいなあ。
赤くてとっても可愛いサイバーショットだから。

とっても残念だったけど、でも、ちゃんと気を付けなさいって
お正月の元旦に、ご訓示を頂いたと思う事にしました。

DSC00007
いきなり、どっかんとマフィンのお写真で申訳ございません。
これ、ペニンシュラから買い求めたマフィンなのです。
アーモンド&ポピーシード。
大きいんです、野球の硬球よりは大きいです。一個頂くのは無理です。

ブティックで前日までに注文しておくと帰国日に
クロワッサンもスコーンも買えますよ。
今日は半分を頂きながらの日記のアップです
あ〜、今日の日記は難所だった〜〜。

香港・ペニンシュラの旅 7

ブログネタ
香港 に参加中!
午前中のロビーは人は多い物のまだまだ静かです。

IMG_3421
さあ、いくよ〜〜ん。
って向かうのはスターフェリー
お正月に香港に来たら元旦には必ずスターフェリーに乗船。
なんだか、もう我が家の決まり事の様になりました

クルーズの世界を知るまではあんなに船酔いとか酷くて、
スターフェリーでもただただ、まっすぐ前を向いて、
なるたけ遠くの景色を見てないと、
酷く酔っちゃう感じでしたのに、揺れる船内で立って香港島の写真や行き交う船を撮ってても平気。
人間病いは気から、酔わないと思えば平気なのかしらん〜。

香港島の目的地は『香港SOGO 銅鑼灣店』
何をしに・・・

女性の皆様、

『桃井かおり』
『小雪』
『ピテラ』

で、ピ〜〜ンと、来ませんでしょうか。

これ。。
200912_c_05
この会社ご存じでらっしゃいますでしょ。
このお写真はHPからお借り致しました。
(このお写真は日本で今キャンペーンしているお品です。)
SK-llをずっと使っています。
色物は海外の物を使いますが、基礎化粧品はずっとこちらの物を使用しております。
極たまに、以前は浮気をして違う会社の物を買ったりしましたが、
やはり浮気してごめんなさい!!て感じで、よりを戻します。
最近は、全く浮気もしません

わざわざ、何故に香港まで行って、日本の物を買う訳?
とお思いの事と思いますが、
女性の皆さん、お耳をダンボにしてどーぞ。

めちゃくちゃ安い、死ぬほど安い
  買わないと損、絶対買って!


すみません、はしたなくて・・・・

でも本当なんです。
昔、初めて日本とのお値段の違いに気が付いた時は
計算を間違えたかと思いました。

日本の約半額の物も有りますし、日本でお値段が高い物ほどお値引率が高いのです。
日本で買うより20%、30%お安いのはあたり前で
半額の物も有るのです。
毎日使用する物なので、やっぱりお安く買えたら、
女性は嬉しいですよね。

多分SOGOでなくても香港ではSK-llはお安いと思うのですが、
SOGOさんのカウンターの方は何時も(今回は久しぶりだけど)
とても丁寧だし、テキパキお仕事が早いです。
何せ、我が家は女三人がそれぞれ買う訳ですから包むのもお支払いも
3倍のお仕事量。慣れない方の応対だと、女三人分の
お買い物の処理は、お仕事とは言え、大変な事と思います。
SOGOの女性の方は地元の人間ではない私達にも、何時も優しくして下さって
お得なセットも教えて下さるし、私はこちらのカウンターがとても好きです。

そして、日本では考えられないほどのサンプルのお土産を下さいます。
日本だと、毎回伺う度に下さる訳では有りませんし、

DSC00065
こんな風に大盤振る舞いな事はないなあ・・・
見えにくいと思いますが、パックも入っているのですよ。
このパック日本だと、一つ1600円するんですよ。
いいのかなあ。。でも、うれしい。。

そして香港の方の商魂は逞しいですね。
香港のマツキヨ、『sasa』では、このサンプル品を全部一つずつ商品として
売っているんです。
日本円にして250円から300円、乳液だと900円位。
日本で、マックスファクターや資生堂の試供品をそのまま値段を付けて
マツキヨで売ったら、法に引っかかりそうです。
初めて、商品として売られているのを見た時には、かなりビックリしましたです。
男性の方々には実感が湧かないかもしれませんが、
女性の方はちょっとビックリされませんか?

かなり、偏った日記だけど、SK-IIが好きな方、
トライしたい方、香港に行かれる予定がお有りでしたら
日本の価格を頭に叩き込んで(笑)お出掛けしてみて下さいね。


そして、かなりお得気分満載になった後、気が緩んだ私に
あれは起きたのだ



香港・ペニンシュラの旅 6

ブログネタ
香港 に参加中!
元旦の香港の朝は明けるのが遅いのです。
ぐっすり休んで七時になってもまだ、暗いです。
普段6時過ぎに起きる私には、まだ夜な感じです
もちょっとして、シャワーを浴びて窓に戻ってみれば。

IMG_3408
おーーー
まじかに、スーパースターアクエリアスが!

元日の朝、船を見る、これは私にとって、
とっても幸先の良い出来事なのです
初めて手が届く距離で、クルーズ船を見たのも元旦の香港でした。
スータースターヴァーゴを見ました。
船に一歩でも入ったら、そこはインターナショナルな外国な場所になる事をその時
オフィサーの方が説明して下さりました。
だから、私達は許可無くは一歩も中に入る事は出来ない訳で。
たった数歩先、船に一歩でも入ったら、そこは外国になっちゃうと言う、
事実に物凄く驚きました。
その年の九月、私の初めてのクルーズが始まりました。
ご縁ですね
今年はピアに行く前から見る事が出来て、
もう凄く縁起が良いです(感涙)



昨日はお部屋に戻ってもまだまだ起きていましたし、
それにあんなに御馳走を頂いたのですから、今日の朝ご飯はなし。
お腹が一杯で入りません。

の、訳が無くて、のんびりインルームダイニングと致しました。
プールで人泳ぎして、
その脇で頂くカリカリトーストの朝食、メロジュース、卵料理のブレックファスト
も良いのですが、
やはり今日はインルームダイニングが正解でした。

チャイニーズブレックファスト。
IMG_3409
何種類かのディムサムがセイロに入っています。海老シュウマイ、にら饅頭、
蟹シュウマイもいたな。それに大根餅。
そしてお粥です。
チキンか海鮮か、ビーフから選びます。チキンもさっぱり。美味しかったけれど、
ビーフに軍配上がるかな。
お粥のビーフなのに、立派なビーフ。お肉おいし〜〜
赤い千切りは、一見パブリカに見えますが、唐辛子なのです。
かなりからみきてま〜〜〜〜〜す。
さっぱりした薄味のお粥をそのまま頂いた後、今度はレタスの千切りと唐辛子をぱらば
らっとお粥に載せて、日本のお醤油よりちょっと濃いめのお醤油をたらっと掛けて頂くと、
中華粥の出来上りです。ザーサイも、あれっ、こんなにザーサイって美味しいの!!!
   すみません、一眼レフの方にはお料理の中身撮ってなかったのです。

さ、エネルギーチャージも十分。お出掛けですぞ

香港・ペニンシュラの旅 5

ブログネタ
香港 に参加中!
DSC00091
New Year's dessert surprise
半月型のツヤツヤのチョコレートでカバーされたムースに
赤いてんとう虫と四ツ葉のクローバーのマジパンがデコレイトされていました。
アイスクリームも添えられています。
コーティングのチョコレートはちょっと苦みが
利いていていて、中のムースはとろ〜ん、とした口溶け
2と0と1と0を象ったチョコレートで出来た数字ももムースに飾ってあります。
ペニンシュラのチョコレートを使ったデザートは、とても美味しいです。
そして、美しいんです
って、稚拙な私の文章力じゃ、さっぱり分かりませんな。
悲しい

ではどんなに可愛いデザートが出されるか、
以前取ったの写真をど〜〜ぞ〜〜。

DSC00232
2002年の『ベランダ』でのデザート。
円盤もチョコレートなので頂けます。
アイスクリームと言うより、パルフェに近い感じ。
中にナッツが入っています。
おいしかったです〜

DSC00439
2004年のザ・ロビーのデザート。
お皿の黒いぷちぷちはチョコレート。
お皿とグラスのを繋ぐ様に、ここにも四ツ葉のクローバー
2005がチョコレートに描かれています。
こんな風にして頂けると、後で振り返っても
何時のデザートだったか直ぐ分かって、とっても楽しいですね。

さて、さてお食事以外の写真は、一眼レフのお写真が少し有りますです。

IMG_3393
トイレに行くために階段を上がる前にパチリ。
風船のドーム。
ちょっと何時もより風船の数が少ないかも。
これではカールおじいさんのお家みたくお空を飛べませぬ。
(良い映画でした〜、あの映画は。実に深い映画でした

DSC00219
こちらは75周年記念の時の大晦日を彩った風船。
この風船、欲しかったな〜〜
風船って、シャボン玉と同じ様に、やっぱり夢が有ります。

ペニンシュラのガラディナーの凄いなあと思う所は、8時に始まったディナーが、
デザートが終わってほどなくするとカウントダウンになる事です。
4時間も掛かっているのに、退屈しませんです。
お料理のサーブされるタイミングや演出が上手なのだと思います。

お食事を楽しんでいると、女性のスタッフが大きな藤の籠に一杯の
カウントダウンを楽しむグッズを各テーブルに配って下さるのです。
例えば、赤い銀紙を巻いた紙ラッパだったり、日本にも昔からある、
ピロ〜〜って吹くとピヨピヨピヨ〜〜って紙の筒みたいのが伸びて、また巻き取られて行く
あの紙の笛。
モールで作られたレイ。
ひらひらキラキラする紙テープ。
そんな小さなおもちゃを配って下さいます。
どのテーブルでも、皆、童心に帰ってスタッフが下さるおもちゃをニコニコ顔で
受け取っています。
子供がサンタさんから、君にはこれをあげるねって受け取る、そんな感じかなあ

IMG_3396
各テーブルのキャンドルはこんな風に、長い三本立てです。
真っ白くて長いキャンドルって、とてもノーブルな感じでとても素敵です。
ちょっとピントが甘いです。残念。




さてさて、スタッフが皆にシャンパンを配って
下さり始めました。
いよいよカウントダウン。

10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 

わ〜〜、海の方で花火もあがりましたよ〜〜。
   皆さん前の方にいらして、お写真は有りませんです。
   じゃんねん。

Happy New Year !

偶然にも知人がおりまして、
 今年もどうぞよろしくお願い致します!
 が出来ました。

まあ、ご縁が有りまして、往復の便も同じだし
お席までとっても近かったです。

IMG_3378
タワーの客室エレベーターへ続くエントランスのこちら。
何回通っても暖かみの有る場所です。

IMG_3402
ホテルのロータリーでは、まだまだステージが続いています
もうちょっと下にいて、のりのりでも良かったかも。

でも考えてみたら、それは長い一日でした。
朝六時に起きた時は、まだ成田のホテルだったんですもの。

IMG_3470
窓一杯に広がる夜景。
こちらではカーテンは開けたまま休みます。
素敵な夜景ですもの、閉めちゃうなんて勿体無い

ターンダウンに頂いたエビアンを頂いて、ではではお休みなさい

 まさか、驚愕の元旦になるとは まだ、思っても見ない
 私なのであった。

つづく


香港・ペニンシュラの旅 4

ブログネタ
香港 に参加中!
前回用意されたお席は、一番真ん中に近い
良いお席だったのですが、何分外へのドアが開く度に
ざむーい風がピュっと入って来て
寒くて寒くて、場所を変えて頂きました。
ですので、今回はちょっと奥の方へと、リクエストをメールでお願いしていましたです。
今年は程よい場所で、寒くなくて音楽や人のざわめきも感じられて
ゆっくりお食事も会話も、音楽も楽しめそうですよ。

IMG_3400
唯一、私が撮れた写真。。
男性にはキラキラのシルクハット、
女性には、このカチューシャが配られます。
これを頂くと、やっぱりうれしいわ〜〜


しかし・・・・
くどい様ですが、以下お料理のお写真は惨憺たる有様。
妹もサイバーショットで撮っているはずなのに、どうなっちゃったの?(?_?)
酷過ぎる、、、と妹に申しましたら、

妹曰く、写真は折角あげたのだし、これ以上何を言う〜〜
だそうです。
まあ、それは、そうですな。
多くは望むまい
でも、楽しい写真沢山撮ったのになくなっちゃったんだも〜〜ん

真っ黒な写真が続きますです。
せめて、お料理のタイトルを打ち込みますので
済みませんが想像されて下さい。。
(あ〜〜、悲しい)
DSC00081
Charcoal-grilled goose liver terrine with rhubarb
and William pear compote gelee

本来はあまりテリーヌになると匂いが気になっちゃう事が有るのですが、
こちらは、レバー本来の良い香りがして、口に入れるとねっとりと、レバーの甘味が感じられて、
とても美味しかったです。
それにも増して、四つの付け合わせが綺麗。
左から、ローズ色のゼリー、透明感の有るルビー色、イエローのゼリー、そしてブラウン。
中にルバーブが甘くて酸っぱくて、黄色の宝石にはペアーが
シャリシャリと、右端は栗を甘く炊いた物にアーモンドが
カリッ。
それはそれは綺麗な四つの宝石がお皿に並んでいる様で、
最初のお皿から繊細なお料理への期待感が高まりました。
やっぱりアジアのお料理は芸が細かいです。
それに美しいです。
これがハワイだと、そうはいかないですもの。。

DSC00087
Wild mushroom consomme with venison goulash
ravioli and aged Madeira

ははは
なんだか、真っ黒な墨見たく映っておりますな。。
本当はブラウンでちゃんと中は透明なコンソメですなり。
底に周囲がフリンジになったヒマワリの様なラビオリが二つ入っております。
何時もとっても素晴らしいと思うのは、こんなに多くのゲストが、各テーブル、
それぞれ食べるスピードも違うのに
ちゃんとタイミング良く熱々の物をサーブして下さる事です。
八時にディナーが始まって、カウントダウンまで、良い具合にお食事が進んで行きます。
スタッフは上手に頃合いを見てサーブしています。出来そうで出来ない事です。
ハワイでガラに出席すると時間を持て余しちゃうの。
こんな大イベントでのお食事ですもの、ちょっと位、醒めていても
誰も文句を言う方はいますまい。
でも、本当熱々のスープが出て来ます。
ペニンシュラ、さすがだ
何時も減塩醤油とかに慣れちゃっている私達にはちょっとだけ塩味が強かったかな?
でもとっても美味しいんですよ

バンドの演奏も盛り上がっております。
Stand by me が演奏された当りから、どんどん盛り上がって来まして、
ほら、クルーズでお食事の後音楽で盛り上がると、皆が前の人の肩に手を置いて
皆が連なって音楽に合わせて行進する、あれ。
あれも始まります。ロビーのドアは開かれて、
外までずっと行進して大きな輪になって戻って参ります。
見ていても、それだけで楽しいです

DSC00089
あちらの方は、お食事を頂いて、途中でダンスを楽しむために席を立って、またお席に戻って次のお食事に進む、こんな風にガラディナーを楽しむのはとっても素敵な方法ですね。
それに合わせて、ディナーの進行を合わせるスタッフの目配り気配りもさすがです。
そうは普通上手くいかないですものね。


その後に
Boston lobster royal with Cognac cappuccino
浅めのあつあつのお皿に、ロブスターのお出汁がたっぷり出た
茶碗蒸し(みたいの
フランス料理では何て言うんでしょ?フランって言うのかな?
誰か教えて
その上にロブスターの身がたっぷり乗って、それこそカプチーノの泡。
その泡もロブスターの香りが一杯です。

Golden pinapple and bergamot sherbet infused with Jamaican rum
大きなヒマワリの様なパイナップルのチップが飾られたパインのソルベ。
滑らかな酸味と甘味でクールダウン出来ました


そして、メインです。

DSC00088
Wagyu beef combination-slow roasted striploin with its braised short -rib and oxtail roll,black truffle sause
凄い真っ黒な写真。。
だけど、とっても美味しかったです。
左端の低温でゆっくりローストされたお肉は、
噛みごたえは有るのに、柔らかくて、お肉の旨味がしっかりする
ステーキでした。これ、ぴか一に美味しいですよ。
真ん中のワインで煮込んだお肉も、右端のカネロネに包まれたオックステールも
深い味わいでした。
三種類のお肉の味を楽しませて下さいました。


さて、スタッフの皆さんがキラキラ光るバッチを胸に付けていらっしゃられました。
ピカピカ幾色にも光るんです。
最初はスタッフしか付けてらっしゃらなかったのですが、
途中から私達にも一人ずつ丁寧に胸元に付けて下さいました。

DSC00016
可愛いでしょ〜。
ペニンシュラの文字も2010も入っています。

DSC00011
実際には、色々な所が黄色や、緑や、赤に
ピッカンピッカン光るんですよ。
スイッチでオフに出来るし電池も交換出来るし、
大切に取っておこう

DSC00028
左側が今回のガラディナーのメニュー。
右側は1997年に返還の年を迎えるニューイヤーズイブ1996年のディナーのメニュー。

DSC00030
写真をクリックして頂くと、上の方に1996のNo.が見えます。
この年の盛り上がりも凄かったです。

すみません。
ディナーの日記だけでこんな長さになってしまいまして。
しかも、まだ終わらない
でも、人間の記憶ってどんなに楽しかった事も時間が経つと
色褪せてしまうから、だからちょっと長くなるけれど残しておこうと思います。
大晦日のガラディナー、もう一回だけ御付き合い頂けますか?




香港・ペニンシュラの旅 3

ブログネタ
香港 に参加中!
ロビーに降りて行きますと、もう沢山の方が飲み物を楽しんでいらっしゃいます。
赤や白ワインの他に緑色のカクテルに、ライチーのカクテル、その他ソフトドリンクも振る舞われていました。
カクテルはバーで供される、きちんと大きなカクテルグラスでサービスされます。
写真が無くて残念なのですが、綺麗なグリーン、ミントか
メロンのリキュールのカクテルかと思ったら、なんとキューカンバーのカクテル。
グラスのふちにはちゃんとキュウリが飾りに刺してあったので
間違いない
サッパリした飲み心地、瓜の皮の近くの青っぽい香りもして、
それがとても爽やかで美味しかったです。

IMG_3392
ロビーの真ん中のスペースにはカクテルと共に、
会話を楽しむ方が一杯。
スタッフの方もゲストの写真に一緒に入ってパチリ。
スタッフ同士でもパチリ。
とってもアットホームな雰囲気に溢れてます。
チェックインをして下さった女性が仰られていた通り、
正しく私達もご一緒にお祝いしいます!って感じが溢れています。


(さて、以下は妹に、頼むから写真をくれ〜〜〜、と言って貰った写真です。
 貰っておいて、言うのも非常に恩知らずな話なのですが)

 でも、どうしたら
 こんなざらざらの画像になっちゃったんだろう(ノ_・。)

気を取り直して、では続き、行きま〜す。

DSC00073
五年ぶりに訪れてちょっと驚いた事。
以前はこんな時には日本人やアメリカ、ヨーロッパからの方が圧倒的に多い印象でした。
でも、今回は何と言っても地元の方が多い。
お顔は日本人かな〜って思って見ていると
あちらにもこちらにも知人が入らして
広東語?でお互いにご挨拶をしていると言う感じでした。
今まさに経済の中心に居る国、何事もエネルギッシュに
がむしゃらに伸びている国の力強さをここにも見い出した感じです。

DSC00074
以前はお正月に宿泊すると、オープントップバスでスターフェリー乗り場まで案内して下さり、
ペニンシュラホテルが借り切ったスターフェリーで
綺麗な夜景や、クリスマスのイルミネーションを九龍側、香港島側と40分位掛けて巡ってくれました。中ではペニンシュラのスタッフの方がちびボトルのシャンパンにストローを刺して勧めて下さり、暖かいグリューワインもサービスして下さいました。
それがコンプリメンタリーサービスでした。
考えてみるとかなりバブリーです
残念ながらもう、そのサービスは無くなっていました。
その代り他の部分でサービスを強化されたのでしょうね。

DSC00075
外のステージでは演奏と歌が続いています。
でも風が強くて、折角の外のぱりっとした
白いテーブルクロスが掛けられたスタンドテーブルで
音楽を楽しみながらのアペリティフと言う訳には
行きませんです。
寒いです〜。

八時少し過ぎ、アペリティフを楽しんだゲストは、
ホテル内の思い思いのレストランでのディナーのために散って行きます。

さあ、私達もお席に案内して頂きますです
季節の変わり目風邪を引かないでね。
Recent Comments
ギャラリー
  • お知らせ
  • お知らせ
  • 晦日正月
  • ご準備はいいでござるか?
  • 香港・ペニンシュラの旅 9
  • 香港・ペニンシュラの旅 9
  • 香港・ペニンシュラの旅 9
  • 香港・ペニンシュラの旅 9
  • 香港・ペニンシュラの旅 9
  • 香港・ペニンシュラの旅 9
  • 香港・ペニンシュラの旅 9
  • 香港・ペニンシュラの旅 9
  • 香港・ペニンシュラの旅 9
  • 香港・ペニンシュラの旅 9
  • 香港・ペニンシュラの旅 8
  • 香港・ペニンシュラの旅 7
Recent TrackBacks
Mamma Mia!The Movie (Horlicksの勝手にレビュー)
大好きなハワイ
お医者さんのすすめる船酔い対策 (藤原雄一郎のクルーズワールド)
秋の夜に
甘すぎる (あ) (ψ(*`ー´)ψ 慈松塾の"ほにほに日記")
あまい!
情報インフルエンザ (コミックから実用書まで)
インフルエンザの判定
MRI検査/MRI検査 (なるほどキーワード)
メモ用紙
女性医師の呟き (★★★ taka's diary ★★★)
28日に思う事
  • ライブドアブログ