2010年01月24日

さらに新しいブログを開設しました。

本当に、こちらのブログはほったらかしで…。訪問して下さる方には大変申し訳なく思っております…。


murui's


すでに1年以上経過しておりますが、murui'sでは、主に風景写真を扱っております。

何卒、よろしくお願い致します。


2008年04月14日

新しいブログを開設致しました。

かなり長い間、こちらのブログを放っておいてしまい、訪問して下さった皆様には大変ご迷惑をおかけいたしました。

「テレビゲームとサイコさん」をしばらく休止し、新しいブログに注力することにいたしました。新ブログの方でも、ゲームの感想をアップさせていただきます。

実は、バンドでボーカルをやっておりました。細々とではありますが、ライブ活動も行っております。

ゴンボリズム GOMBO RHYTHM blog

諸事情により、新ブログではコメント非表示となっておりますが、今後とも、何卒よろしくお願い申し上げます。



murui0320 at 22:16|この記事のURLTrackBack(0)その他 

2006年08月21日

[PSP]カルネージハート ポータブル 感想(3)

Carnage Heart PORTABLE(カルネージハート ポータブル)
ジャンル:シミュレーション
開発  :アートディンク
発売  :元気
発売日 :06.08.03
価格  :5,040円[税込]

ここの所、カルネージハートばかりやっているので、カルネージハート以外記事に書けず…。

CHP 2ch 大会のように、私的に大会は開かれておりますが、Genki公式の大会が開催されます。詳細はカルネージハートポータブル公式サイトに記されています。部分的に引用いたします。


■使用機体 :ハデス以外の全機体
■武器制限 :なし
■チーム編成制限 :3機(全て同一機体)
※同一機体とはソフトウェア・ハードウェアすべて同じ機体です。
※1つの機体設計図でチーム編成を行ってください。

■CPU制限 :無制限
■チップ制限 :無制限
■対戦時間 :120秒
■対戦領域 :540m
■戦闘ステージ :上級演習場
■バリケード設定 :あり

■参加希望者は、eメールに以下の必要事項を記入し(必須)、以下のレギュレーションに合った設計データを添付して、エントリー用メールアドレスまでお送りください。
・必要事項:参加者氏名(フリガナ)、連絡先(郵便番号、住所および電話番号/連絡がつきやすい曜日や時間帯があれば明記)、エントリーネーム(6文字以内/紙面に本名が記載されることを希望する場合は不要)。
■応募先メールアドレス
・Carnage@mediaworks.co.jp(2006年8月31日しめ切り)

気になるところを赤字にさせていただいたのですが、「連絡がつきやすい曜日や時間帯があれば明記」というのは、電話がかかってきてしまうということなのでしょうか?これは、「電撃プレイステーション誌上で勝敗を決する」関係で何か連絡が必要なのか、「東京ゲームショウ(9月23〜24日)の元気ブースで行われる大会で優勝を決める」時に本人が行く必要とかがあるのか、参加賞みたいなものを配布する理由なのか…。わかりませんが、電話番号を記入することが必須というところに引っかかってしまいました。メールアドレスにのせて機体を送るわけですし、メールに連絡すれば良いではないか、と思うのです。そんなに緊急に、電話でなければならない理由があるのでしょうか…。まぁ、それは上位に残った方のみに必要とされる個人情報なのかもしれませんが。

そして「3機とも同一機体」という制限があったのですね。すっかり読み飛ばしていました。

「CHP 2ch 大会」関連の2chスレッドでもあるカルネージハートポータブル 12機目では、どの機体が好ましいか、という話題が続いているようです。バッドドリームやバジリスク、ホイリーコーンなどの車両系はかなり強いようです。

しかし、「Genki Club」なるものに入会し、Jupiterにアップロードしてみようと思ったのですが、1週間以上経ってもGenkiからメールが来ない…。IDがわからないので、ログインできません。お盆休みが入ったからなのでしょうか?ということで、公式アップローダにはアップロードできていませんが、私の作成した機体はちまちまとテレビゲームとサイコさん 本館にアップロードしています。が、相変わらず弱い上に、大会レギュレーションとは異なり、3種類の機体を使っているデータばかりです…。掲示板を見たり、CHP専門のブログを見たりしていると、そのレベルの高さにびっくりします。

とはいえ、元々入っていたストーリーやデフォルト対戦相手を消化し切っても、こうして延々と強い対戦相手をダウンロードできるのですから、とても有り難いゲームです。

関連ページ
テレビゲームとサイコさん 本館 カルネージハート ポータブル muruiの作成した対戦データのダウンロード

当ブログ内関連記事
カルネージハート ポータブル 情報(1)
カルネージハート ポータブル 情報(2)
カルネージハート ポータブル 感想(1)
カルネージハート ポータブル 感想(2)

メーカー公式サイト
カルネージハート ポータブル 公式サイト
カルネージハート ポータブル Official Uploader”Jupiter”


本日のランキングは?

人気Blogランキング4
murui0320 at 21:01|この記事のURLComments(4)TrackBack(0)PSP 

2006年08月09日

[PSP]カルネージハートポータブル 感想(2)

カルネージハートPCarnage Heart PORTABLE(カルネージハート ポータブル)
ジャンル:シミュレーション
開発  :アートディンク
発売  :元気
発売日 :06.08.03
価格  :5,040円[税込]


カルネージハートシリーズがどのようなゲームなのかを私なりに説明した文章はカルネージハート ポータブル 情報(1)に記載致しました。こちらでの紹介はPS1時代の「ZEUS カルネージハートセカンド」の説明ですが、本作でも基本はほとんど変わりません。より細かいチップやプログラムの記述はカルネージハート ポータブル 公式サイトの「LABO」に連載されている「くじら先生のOKE講座」に詳しいので、興味のある方はご参照下さい。

さて、私はようやく「バトルゲーム」のハデスまで辿り着きました。ハデスに関しては、あまり近づき過ぎず、近くまで来たとしても格闘をしないようにすれば勝てそうなのですが、車輪系のアングリフ、ホバー系のアヌビスに勝てません。そして、プリースト・ロータス・チャーイカ・モッキンバードなどの飛行系には専用の対空機体を作って対応したのですが、陸上系・飛行系両方に対応できるチームが作れないです…。しかも、未だに味方を誤射します。結構派手に。目の前の味方は撃たないように設定しているのですが、距離と範囲の設定が私にはどうも難しく…。

また、カウンタを用いた誘導妨害装置の有効活用くらいまではどうにか漕ぎ着けましたが、カウンタを用いて敵の位置を正確に把握するとか、時間経過と共に行動パターンを変化させるとか、残り体力によって行動パターンを効率よく変化させるなどの芸当には至りません。頑張ってやろうとすると妙な所でルーチンが起こってしまい、上手く動きません…。

カルネージハート ポータブル Official Uploader”Jupiter”でダウンロードできる、「くじら」先生のチームプレミアとかには歯が立ちません。装甲10で間近まで一気に迫ってショットガンを撃つホバー系のチキンハンターが凄いです。えらいバクチの戦い方ではあるので、相性に寄っては瞬殺されるようですが、こういう尖ったプログラムを組みたいと思いながらもそうそう上手くは行かず。

全国のレベルはどのくらい高いのでしょう…。私は多分相当弱い部類になっているのだとは思いますが、それでも自分自身の技術を研鑽して行く過程はなかなか楽しいです。少なくとも攻略本のプログラムを打ち込んでいた「ZEUS」時代よりは、今の方が自由にプログラムを組めています。

muruiの作成した対戦プログラムを、一応テレビゲームとサイコさん 本館の「(特設ページ)カルネージハートポータブル対戦データ」からダウンロードできるようにしてみました。それなりに頑張ったのですが…、強くないです。

関連ページ
テレビゲームとサイコさん 本館 カルネージハート ポータブル muruiの作成した対戦データのダウンロード

当ブログ内関連記事
カルネージハート ポータブル 情報(1)
カルネージハート ポータブル 情報(2)
カルネージハート ポータブル 感想(1)

メーカー公式サイト
カルネージハート ポータブル 公式サイト
カルネージハート ポータブル Official Uploader”Jupiter”


本日のランキングは?

人気Blogランキング4
murui0320 at 21:20|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)PSP 

2006年08月07日

[PSP]カルネージハート ポータブル 感想(1)

カルネージハートPCarnage Heart PORTABLE(カルネージハート ポータブル)
ジャンル:シミュレーション
開発  :アートディンク
発売  :元気
発売日 :06.08.03
価格  :5,040円[税込]


フライング入手してから(私にしては)根詰めてやっておりましたが、ヘタレ過ぎなため「ストーリーゲーム」をクリアーするまでに相当時間がかかってしまいました…。今は「バトルゲーム」にて、せっせと新機体を手に入れるべくプログラムを組んでおりますが、弱いです私…。

本作は、今までのヘックス画面による戦略シミュレーションの色彩は一切無く、「ストーリーゲーム」でも基本は3 vs. 3の戦闘を章ごとに繰り返して行くものになっておりました。私は、ヘックス画面による戦略シミュレーションは苦手だったので、これで良かったと感じております。

少々懸念していましたロード時間ですが、ほとんど感じられません。PS1の頃の「ZEUS」が強力なロード時間を誇っていたためもあるのか、無茶苦茶快適であります。

「ストーリーゲーム」のシナリオは、ロボットプログラムを行うことを正当化させる情報を基本に置き、そこに映画「ブレードランナー」「ターミネーター2」「甲殻機動隊」「AKIRA」あたりの設定を混ぜ、心理学をかじった感じの用語をちりばめたようなものでしたが、私は案外好きなチープさでした。3DCGを全く使わず、静止画と文章が流れる辺りはほとんど紙芝居型テキストアドベンチャーです。台詞をしゃべったりしているのですが、私はほとんど音声を消してやってしまったので、あまりわからず…。しかし、ストーリーは初回からスキップができるので、読まなくてもゲームはさっさと進みます。悪くない配慮だと思いました。私は読んでしまいましたが。

「ストーリーゲーム」をまったくやらずに「バトルゲーム」から初めても良いのだと思います。このバトルゲームで用いる対戦データを、カルネージハート ポータブル Official Uploader”Jupiter”からダウンロードできます。

細かな感想を次回の記事で書きたいと思います。今は記事書きよりソフト自体をやりたいので、取り急ぎ。

当ブログ内関連記事
カルネージハート ポータブル 情報(1)
カルネージハート ポータブル 情報(2)

メーカー公式サイト
カルネージハート ポータブル 公式サイト
カルネージハート ポータブル Official Uploader”Jupiter”


本日のランキングは?

人気Blogランキング4
murui0320 at 22:16|この記事のURLComments(1)TrackBack(0)PSP 

2006年08月01日

[GBA]DIGIDRIVE(bit Generations) 感想(1)

「bit Generations[ビットジェネレーションズ] DIGIDRIVE (デジドライブ)
ハード :ゲームボーイアドバンス
ジャンル:アクション
メーカー:任天堂
発売日 :06.07.27
価格  :2,000[税込]

bit Generations第二弾の中では、デジドライブを購入致しました。一応「交通整理」がモチーフではありますが、それほど交通整理っぽくはありません。落ちものパズルの要素が強い、「分別ゲーム」だと感じました。

十字路の上下左右から3種類の「車」が流れて来るので、それを来た道以外の3方向に振り分けて行きます。最初の内は1種類、時間とともにもう1種増え、そして3種になります。

1つの道に5台以上の「車」が集まると、その道に「色」が付きます。色は車の種類ごとに異なっています。色がついた所にどんどん車を入れて行くとエネルギーが溜まります。道についた色は徐々に消えて行きます。色が消えてしまうと溜まったエネルギーが消えてしまいますが、道の色が消えない内に1台でも車を入れれば、色は復活します。

問題は、4方向しか道がないのに3種類の車が登場することです。2種類しか車がないのであれば、完全に各道の色が確定するのですが、3種類ですと、それぞれの道をそれぞれの種類で集めて行くことが難しくなるのです。つまり、1方向は、3種類の車をごちゃごちゃ入れて行く道にならざるを得ないというか、ジャンク道にすることになるというか、そういう感じです(もっといい方法があるのでしょうけれど…)。

ただし、エネルギーが溜まっている道にわざと他種類の車を入れることで、そこに溜まっていたエネルギーを倍にして、他の道へとエネルギー統合する技があります。これを意図的に使って、「ジャンク道」にせず、ガンガンエネルギーを倍々にして溜めて行く方法が一番有効なのかとも思いますが、はっきりいってそこまで頭が回っていません…。

また、エネルギーが溜まった道に、たまにやって来る「救急車」を入れることで、その溜まったエネルギーを右側のゲージに移すことができます。溜まっていれば溜まっているだけ、右側に行った時にゲージが上がります。右側のゲージは「メートル」単位です。500m、1000mを超えた所で新背景画像や新BGMが入手できましたので、多分次は1500mなのではないか、とは思います。右側のゲージにもリミットがあり、下側から迫って来る掘削機のようなものに、「コア」が追いつかれるとゲームオーバーです。掘削機から逃げるために上昇するメートルがスコアとなっています。

4方向全てに色が揃うと、いわゆるフィーバータイムになります。フィーバータイム中はガンガン車が現れます。それも、必ず色の道に導けるような方向からのみ車が現れますので、段々スピードが速くなる車の速度に反射神経が追いつければ、延々とフィーバーしていられるのかもしれません。そして、「ミスった」時点でフィーバータイムが終了するのですが、その時に「ミスった」道に溜まっていたエネルギーが右側ゲージに移されます。さらに、任意に救急車を呼べるストックが増えます。

BGMは、かなりスローテンポのジャズ系テクノで、スウィングするドラムが素晴らしい出来です。デジタル系の音を多用していたdotstreamとは異なり、かなり生音を意識したBGMだと思います。背景画像と言いましたが、言ってみれば色替えを行うだけであります。しかし、色が変わるだけで相当イメージが異なります。私は白黒の背景を好んで使っています。

また、背景をゆっくりと回っている図形は、起動する度、ゲームを始める度に変わります。ただの塗りつぶした四角だったりするのですが、エッジ部分がぼやける処理がされており、非常にセンスの高いまとまりを示しています。

ファミ通クロスレビューでは8/7/6/7 と随分低い点数を付けられておりましたが、多分7や6をつけたレビューアは「ちょっとやっただけ」でレビュー記事を書いたのではないかと思います。このゲームの「取っ付き」はあまり良くないですし、見ただけではどういうゲームかは分かり難いです。しかし、何回か繰り返す内に「自力で」コツを発見し、やる度に自分が成長していることが感じられる部分が楽しさの中心部分ではないかと思います。説明不足とも書かれておりましたが、私はそれほど不親切とは感じませんでした。

何か、脳のどっかが鍛えられている感じがしないでもないゲームです。私はかなり好きなゲームです。

当ブログ内関連記事
bit Generations 渋谷パルコでの展示会を見て来ました。
bit Generations 情報(2)
bit Generations 情報(3)
bit Generations 情報(4)
dotstream(bit Generations) 感想(1)

メーカー公式サイト
bit Generations公式サイト


本日のランキングは?

人気Blogランキング4

2006年07月29日

[DS]Wi-Fi対応アソビ大全 情報(1)

42 All-Time Classics(アソビ大全の欧州版)
メーカー:任天堂オブヨーロッパ
発売日 :06.09.29
価格  :20ユーロ
備考  :Wi-Fi対応

少々遅いニュースで恐縮です。Nintendo iNSIDEによると、06.09.29にヨーロッパで発売される「だれでもアソビ大全」の欧州版「42 All-Time Classics」は、収録されている「大部分の」ゲームがWi-Fi対戦できるそうです。「Wi-Fi対応 役満DS」が発表になりましたので、アソビ大全もWi-Fi対応版を出してくれないかな、とは思いますが、これが出てしまうとかなり中毒になるような気も…。

是非!!坊主めくりをWi-Fi対戦で!!!

当ブログ内関連記事
アソビ大全 感想(1)


本日のランキングは?

人気Blogランキング4

[DS]ゲーム&ウォッチコレクション(クラニンプレゼント)情報(2)

クラニン06172昨日より受付開始です。私は申し込み終了致しました。花札がいきなり初日で掃けてしまった教訓なのでしょうか、それとも主力プレゼントだからなのでしょうか、1日過ぎた今でも、まだ在庫有りです。ありがたいことであります。500ポイントと厖大ですが、もしポイントに余裕があるようでしたら、手に入れておいてはいかがでしょうか。

当ブログ内関連記事
ゲーム&ウォッチコレクション(クラニンプレゼント)情報
クラニン花札到着

メーカー公式サイト
クラブニンテンドー
クラブニンテンドー 新プレゼント登場。(Nintendo.com内)

情報元サイト
iTmediaにおける紹介記事
Nintendo iNSIDEにおける紹介記事

本日のランキングは?

人気Blogランキング4

2006年07月25日

クラニン花札到着

クラニン花札2クラニン花札1







クラニン花札3







クラニン花札4クラニン花札5







クラニン花札6クラニン花札7







クラブニンテンドーで400ポイントと交換することで得られるプレゼント、クラブニンテンドーオリジナル花札です。
最初の応募期間に乗り遅れ、次の7/14に申し込み、先日到着しました。

私は花札を購入したことがないので、一般的にどのようなサイズで、どのような箱に入っているのかわからないのですが、このプラスチックケースを開けると、厚紙に包装された花札が入っておりました。…うぅん、開けてみたいけど…、開けてもきっと使うことはないし…、じゃぁこのままとって置いてどうするかというとどうもしないし…、しかし、すぐに開けてしまうのも躊躇われるし…。

やっぱ開けない。

まだ、クラブニンテンドーに在庫はあるようです。

当ブログ内関連記事
ゲーム&ウォッチコレクション(クラニンプレゼント)情報

メーカー公式サイト
クラブニンテンドー
クラブニンテンドー 新プレゼント登場。(Nintendo.com内)

情報元サイト
iTmediaにおける紹介記事
Nintendo iNSIDEにおける紹介記事

本日のランキングは?

人気Blogランキング4

2006年07月19日

[GBA]dotstream(bit Generations) 感想(1)

「bit Generations」dotstream
ハード :ゲームボーイアドバンス
ジャンル:レース
メーカー:任天堂
発売日 :06.07.13
価格  :2,000円[税込]

class 2でつまっておりますが、やっています。何だか、昔ディズニーが作った映画「トロン」のバイクレースを思い出しました。「トロン」では、バイクの走った後に光の尾ができていたりしたでしょうか?記憶がかなり曖昧ですが…。後は、そぎ落とした画像とチープなテクノ調のBGMが、逆に近未来の印象を強めているからでしょうか。ちなみに「トロン」はゲームの世界に入ってしまう話でした(確か、ゲームに負けると死んじゃう設定だったと)。

最初、渋谷パルコでのbit Generations展示会の時にこのdotstreamの音楽を聴いたとき、もの凄い音質が良いように感じていたのですが、あれはやはりヘッドホンが良かったからなのかもしれません。旋律系の音はほとんどFM音源のような矩形波、リズム部分は随分凝ったドラム音です。これは私が自分で曲を作るときにも好んで用いる組み合わせなので、私の琴線には触れています。そのギャップから来る主旋律系音源のチープさが際立つ感じが良いのです。ただ、あまり一般受けはしないのかもしれません。私もそれほど音楽に詳しいわけではないので何とも言えないのですが。

私の持っているiPod用のイヤホンで聴いても、あまり音質が上がった感じはしません。やはり良いヘッドホンやイヤホンで、かなりボリュームを上げなければ、音質は高く聞こえないのでしょう。それはMOTHER3だって何だって同じかもしれません。ただ、音楽のセンスは高いと思います。

ゲーム自体は障害物を避けて行く、横方向強制スクロール型レースゲームです。自機の操作は、
上下の避け
ブレーキ
アイテムの使用
ダッシュの使用

です。アクセルはありません。そして、斜めに移動する時には他の機体が通った後の「線」をまたげますが、真横方向の直線になると、他の機体が通った跡を辿ることはできません。自動的に重ならない場所に移動させられます。移動先に障害物があると、当たってしまいます。そのため、上位になるほど障害物を避けやすくなります。

他の線のすぐ隣のラインを走ると、スリップストリームに入ります。画面下の「スリップストリームゲージ」が一定量溜まると、速度が徐々に上がって行きます。スタート時には、自機は必ず最下位から始まるので、スリップストリームを活用する必要があります。

ダッシュを使用するには、「ライフ」を消費します。ライフは「障害物に当たっても良い回数」で、最初は2です。つまり、障害物に当たらなければ2回ダッシュができるわけですが、ダッシュを2回してしまうと、1回障害物に当たっただけでロストになります。私はゴール直前に2回ダッシュをする方法を採っていますが、それが正解かどうか…。

コースを2周すれはゴールですが、スタートラインには「ピットイン」できる場所があり、そこに入るとライフを回復できます。回復だけではなく、2より増やすこともできるようです。Bボタンを押せばピットインが解除されるので、ダッシュ数とピットインタイムをギリギリで活用する方法を見つければタイムが縮まるのかもしれませんが、そこまで見つけ出す気力が私にはないです…。

一応、ランクは3段階あって、グランプリが5つあります。各グランプリごとにコースは5つです。もしかしたらすべてクリアすると次のランクが出たりするのかもしれません。グランプリごとに決まったモチーフのリズムパターンがあり、背景の色も統一されています。

まだ私は「formation」や、タイムアタックをほとんど行っていませんが、ゲームとしての完成度はなかなかのものだと思います。2,000円が高いかどうか、という点ですが、これを旧ゲームボーイアドバンスやSP、DSでやると「2,000円は高い」と感じます。しかしこれは、ゲームボーイミクロとセットのソフトなのだと思います。どちらかというと「ゲームボーイミクロを使って、こんなスタイリッシュなゲームをしてる俺ってちょっとかっこいいかも」という、誰からも賛同されなそうな自己満足に浸るための道具のようにも思われます(そして私は浸っています)。そう考えると、2,000円は「あり」です。ゲームの内容としては携帯電話のアプリで十分なレベルなのですが、これはそういう問題ではありません。多分、だからこそAmazonでは「ゲームボーイミクロ用ストラップ」が付属してプレゼントされていたのでしょう。まぁ、そりゃ初週「3種合計でも1万本には程遠い状況」を示すわけです(ソース:忍の閻魔帳より)。

購買層としては、サターン用として初代「WIPEOUT」などが出た96年あたりの「クールゲーマー」なる層を狙った節があると私は感じているのですが、さて…。ただ、私は大変満足しております。ミクロとセットで。

ゲームボーイミクロを購入してしまったようなヘビーな方には、購入をお勧め致します。

当ブログ内関連記事
bit Generations 渋谷パルコでの展示会を見て来ました。
bit Generations 情報(2)
bit Generations 情報(3)
bit Generations 情報(4)

メーカー公式サイト
bit Generations公式サイト


本日のランキングは?

人気Blogランキング4

2006年07月15日

[PSP]ロコロコLocoRoco 感想(1)

LocoRoco(ロコロコ)
ハード :PSP
ジャンル:アクション
メーカー:SCE
価格  :5,040円[税込]
発売日 :06.07.13

久しぶりにPSPソフトを購入致しました。CMだけではどういうゲームか中々伝わらない場合もあるかと思いますが、あの「曲」が凄まじいインパクトで頭に残っておりました。地面を傾けて動かしてゴールに導く、という所までしか知らず、後は絵の質とCMで流れる曲に負けて購入しました。

とにかく音楽が非常に素晴らしいと思います。CMでも流れている「ロコロコのうた」が素晴らしいです。メロディーラインとしてはどこかの民謡のような感じも致します。多少「ソフマップのテーマ」にもコード進行が似ているように感じてしまう私はイケナイのかも…。

CMでも見られる黄色いロコロコ以外にも、ピンク色の「フランス語訛り」女子ロコロコや、「イタリア語訛り」系の男子ロコロコ、ロックっぽいロコロコなど、確認した所では6種類いました。仲間を見つけると主人公を交替できます。すると、「ロコロコのうた」をそれぞれの訛りで、それぞれの声で歌います。私はメインの黄色いロコロコの舌ったらずな子ども声が一番好きですが、他のロコロコの声もなかなか味があって悪くありません。

ステージ中に使われる曲はいくつかありますが、ステージごとに曲があるわけではなく、使い回し曲も多いです。氷のステージではこの曲、大樹のステージではこの曲、というように決まっているようでした。

また、仲間ごとに「持ち歌」があります。新しく仲間が見つかったステージでは、その見つかったキャラで進めて行くのですが、その時に流れる曲が「持ち歌」です。持ち歌の時には、小さいロコロコが歌に合わせて口を動かしています(あぁ、違うか。ロコロコが歌っています、と書けば良いのですね…)。
この「持ち歌」は、ステージ上で「眠っている」キャラを起こす時の歌になります。すやすや眠っている太陽や月などを、10匹くらいに分裂して「持ち歌」を歌うことで起こします。叩き起こすのではなく、歌で起こすのです。起きたとき、それぞれのキャラはにっこり笑って起きます。このモチーフが持つ優しさと暖かさがたまりません。

大雑把に操作法とシステム
完全な2D作品
LRでステージを傾ける
LR同時押しでロコロコを弾く
○ボタンちょい押しでロコロコ分裂、長押しで合体
ロコロコは赤い実を食べると1段階大きくなる(最大20匹分)
ステージ内には「ムイムイ」という隠しキャラが3匹いる
赤い実も隠されているものがある
マリオで言うところの「コイン」は「ピコリ」という
100ピコリでミニゲームを1回行える
ミニゲームはクレーンゲームで、「ロコハウス」という箱庭のパーツが手に入る
ムイムイもパーツをくれる
ステージクリア時に、ロコロコの数(x/20)、ムイムイの数(x/3)、タイム、ピコリの数がカウントされ、得点が算出される

ポリゴンを使用してはおりますが、2D作品です。そしてポリゴンを、徹底的に「ぷよぷよ」表現に用いています。ロコロコ自体はもちろん、ステージの地面もかなり「ふにょふにょ」する箇所が多く、非常に気持ちよい表現にまとまっています。グラフィックは曲線主体の描画です。グラデーションはほとんど使用せず、パステル系の単色を上手く使った「デザイン」です。これは非常に良いと感じました。単色で単純なグラフィックかと思いきや、その動きと拡大縮小しても粗くならないこと、背景が常に柔らかに動いていること、分裂したロコロコが皆異なった動きをすることなど、性能が低いハードでは不可能だった表現が見られ、「うわぁ、綺麗だなぁ」と感じます。
これは結構凄いことだと思うのです。開発費がどれほどかかったのか私は知りませんが、それでも「リアル」なグラフィックを追求した場合よりは随分安かったのではないでしょうか…。それでも「美しい」と感じられること、これは素晴らしいことです。PSPならでは、という所がどこなのかと言われると難しくもありますが、私は「ドットの細かさ」は、このゲームにとって非常に必要だったのではないか、と思っています。

細かい箇所まで書き込み、それが表現されるには細かいドット・高い解像度が必要なことはわかりますが、「曲線を滑らかに表現する為に高めの解像度が必要だった」と感じさせられたのはこのゲームが初めてでした。

ゲーム自体は、ものすごい面白いかどうかと言われると何とも言いがたい所があります。しかし、「操作できるプロモーションビデオ」という感じも致します。それほど音楽とキャラの動きが主体・かつ質が高いものとなっているように感じます。そして、この方向は間違っていないように思います。

あんなに大量にCMを投入していることに疑問は感じるものの、ゲーム自体はとても素晴らしいものだと感じています。静止画ではロコロコの魅力はかなり減じてしまいます。さらに、音楽と一緒にこのゲームを操作したとき、かなりの幸せ感が得られます。

滅多にゲームオーバーになりませんし、隠しキャラを探そうとしなければ難度も低いです。隠しコースなどを探そうとするとそれなりに技術を必要とするようです。このように、やる人によってその難度を調節できるのは大変ありがたいです。

後は、PSP自体のLRボタンの押し心地さえ快適だったら言うことはありませんでした…。

追記:
どうも、色ごとに動きの特性も違って来るようですね。
黄色いロコロコは子供みたいに歌って笑う。
ピンクのロコロコは、ちょっと生意気な女の子。
青いロコロコは食いしん坊でのんびり屋さん。
赤いロコロコは早口でいつも興奮状態。
黒いロコロコはおこりんぼうでしゃがれ声。
緑のロコロコはスピード好きのキザ。
もしかしたら、ロコハウスでの自由行動に影響があるのかも…。

関連情報サイト
iTmedia でのロコロコ紹介記事
impressでのロコロコ紹介記事

メーカー公式サイト
LocoRoco 公式サイト


本日のランキングは?

人気Blogランキング4
murui0320 at 23:38|この記事のURLComments(7)TrackBack(2)PSP 

2006年07月13日

[PSP]用のWi-Fiコネクタ?

楽天市場で紹介されているこれは…??んんーと、PSP版のWi-Fi USBコネクタを、プラネックスコミュニケーションズというあまり聞き慣れない会社が出している、ようですが…。うぅん、ファーストが出しても良いのではないでしょうか。

しかし、これは魅力的です。多分どうせ結局私のMacには対応していないんでしょうけど、魅力的です。

メーカー公式サイト
プラネックスコミュニケーションズ株式会社

本日のランキングは?

人気Blogランキング4

2006年07月11日

[DS]音をつなごう!グンペイりばーす 情報(1) と、横井軍平氏について

[DS]音をつなごう!グンペイりばーす
ハード :ニンテンドーDS
メーカー:バンダイナムコゲームス
開発  :Q-エンターテインメント
発売日 :2006年秋
価格  :5,040円[税込]

Nintendo iNSIDEにて、「[DS]音をつなごう!グンペイりばーす」についての紹介記事が載っております。
このタイトルを見て「何だよ、グンペイはそのままが面白いんだよ、別に音なんてつなげなくて良いんだよ、余計なことを」と思ったのですが、開発がQ-エンターテインメントと見て印象が変わりました。

Q-エンターテインメントについて

セガの開発子会社ユナイテッド・ゲーム・アーティスツの元社長で「セガラリー」「[DC]スペースチャンネル5」「[PS2]Rez」を開発した水口哲也氏が設立した開発会社。2004年にバンダイと新レーベル「qb(クエストビート)」を立ち上げ、「[PSP]ルミネス」、「[DS]メテオス」を発売。

ということで、水口氏が関わる作品になります。音をゲームに組み込むセンスは抜群のチームだと思いますので、少し楽しみです。

公式サイトでは、タッチペンを使ってパネルを移動させるデモが見られます。なるほど、グンペイはタッチパネルでやると快適そうですね。
公式サイト内では、完全にグンペイのゲームシステム解説のみなので、「音をつなげる」部分は一切わかりません。つなげた時に音楽になる「メテオス」系なのでしょうか。キャラクターが2人紹介されておりますが、「バンドブラザーズ」のキャラ絵を意識しているような絵柄です。1人はベースを持った女子、もう1人はエレキギターを持った男子。ということで、明らかに音楽が絡んでいるわけですが…。もしかして、音楽に合わせて線を消すとか…??グンペイだけで十分ゲーム性が確立している気がするので、蛇足にならなければ良いな、と思います。

ちなみに、「グンペイ」とは、横井軍平氏の名前から来ています。

横井軍平氏
1965年に任天堂に入社。「ゲーム&ウォッチ」「ファミリーコンピュータ」などのゲーム機のコントローラにある十字キーを開発した事でも有名。他にも「バーチャルボーイ」等の開発に携わる。バーチャルボーイは非常に不振だったが、その損失の責任を取るために辞任を迫られたわけではなく、1996年、任天堂を自主的に退社。本人は元々50を過ぎたら好きな事をすると語っており、バーチャルボーイは任天堂への置き土産だったとされるが、社内には引責辞任の雰囲気があったとも言われている。
その後、より自分のやりたい商品開発を目指し、株式会社コトを設立。「くねくねっちょ」等の携帯ゲームを企画した他、「ワンダースワン」の開発にもアドバイザーとして参加。しかし、独立して1年後の1997.10.04に、交通事故により石川県小松市の病院で死去。享年56歳。ワンダースワン用のパズルゲーム「GUNPEY」は1999.03.04に発売されているが、これは横井氏が監修していたもので、その残された企画書を元に作られたもの。


横井の哲学:「枯れた技術の水平思考」
既に広く使用されてメリット・デメリットが明らかになっている技術を、他の用途に用いることができないかを考えること。高価な最新技術は商品開発の邪魔になることが多いため、ごくありふれた技術をまるで違う目的に使うことで、ヒット商品を作ろう、という哲学。
「儲かる商品づくりには最先端はかえってマイナスになる」。そして「散々使いこなれて、枯れてきた技術を、水平思考、つまりまるっきり違う目的に使うことによって、ヒット商品というものは生まれ出るのではないか」
1997.07.19横井氏の基調講演より[死去の3ヶ月前]

「ゲーム&ウォッチ」
1960年代後半から1970年代前半にかけて、シャープとカシオを中心として「電卓戦争」と呼ばれる激しい価格破壊と技術革新による競争が海外市場を巻き込む形で発生。そのため、小型の液晶画面と半導体の生産設備は過剰になっていた。これを遊びに用いれば、コストが安く抑えられ、しかも新しい遊びを提供できるという発想から、「ゲーム&ウォッチ」が開発・発売され、大ヒット商品となった。この成功例はゲーム機開発のひとつの模範となり、横井氏が手がけたゲームボーイやファミリーコンピュータ、スーパーファミコンも同様の方式を基としていた。

久しぶりにワンダースワンとグンペイを引っ張り出して来ようかな。横井氏に敬意をはらいながら。

当ブログ内関連記事
メテオス レビュー
Rez 感想

メーカー公式サイト
「[DS]音をつなごう!グンペイりばーす」,「[PSP]Gunpey Rebirth」公式サイト
水口哲也氏のブログ「水口日記。」

本日のランキングは?

人気Blogランキング4

2006年07月10日

[DS]チンクルRPG(もぎたてチンクルのバラ色ルッピーランド)情報(2)

もぎたてチンクルのバラ色ルッピーランド
ハード :ニンテンドーDS
ジャンル:RPG
メーカー:任天堂
価格  :未定
発売日 :2006年

Nintendo公式サイトの左下に、チンクルの犬?アイコンがあり、それをクリックすると「もぎたてチンクルのばら色ルッピーランド」の体験版にジャンプします(ちなみに、Macでは見られませんでした…)。

私は、チンクルハウスの左上にあった「4コママンガ」の凄さにびっくりしました。何だか、うぅん…、子どもがこれを見て…、あぁ、「おぼっちゃまくん」とかの乗りか。そうか。うん。
そして、部屋の中にあるマンガを取ろうとすると、いきなり坊主が部屋に上がって来てそのマンガを拾い上げ、「ひろったよ」とかぬかし、金を取られます。凄いです。

そして、テレビモニターのような所をクリックすると登場する、紫のチンクルスーツに身を包んだ金髪女性も良いインパクトです。これは今までのスクリーンショットにもなっていました。スタッフも自信を持ってお送りしている女性なのでしょう。怖いです。

「ルッピーランドをもうそうしますか?」→「はい・いいえ」というのもイッてます。

ただ、この体験版をやってみて、ゲーム性に感激したわけではなく、結局「ネタ」がわかっただけ、という感じも致しました。部屋の外に出た後、もう少しゲームとして面白くなるのかなぁ、とは思うのですが…。「ネタ」ゲーム、なのかなぁ…。

チンクルの動きはかなり滑らかで、良い意味でムカつけます。

当ブログ内関連記事
[DS]チンクルRPG(もぎたてチンクルのバラ色ルッピーランド)情報(1)

メーカー公式サイト
Nintendo.com



本日のランキングは?

人気Blogランキング4

2006年07月08日

[GBA]bit Generations 情報(4)

bit Generations 公式サイト内にて、体験モニターの方々が感想を書き込んでいる掲示板がございます。購入前に一応目を通すと参考になるかと思います。

私は一応、渋谷パルコで行われていた展示会にて、実際の音を聞いているので、その音質の高さを知ってはおりますが、紙面やCMだけですと、中々そこまでは伝わらないものだと感じます。しかも見た目があまりにもシンプルであるため、余計に誤解を受ける可能性もあるかもしれません。そういった意味もあって、体験モニター及び掲示板での感想記入という形態を採っているのでしょう。

来週7/13(木)に、dotstreamBOUNDISHDIALHEX の3作品が同時に発売されます。全て2,000円です。私はdotstreamをAmazonで予約しました。実際に動いている絵を見る限り、BOUNDISHにも興味を覚えたのですが、少し様子を見ます。

実際にしっかりとプレイしている方々の感想を公式サイトで見て頂く方が参考になると思いますが、一応週刊ファミ通でのクロスレビューを記入しておきます。
dotstream 9/6/7/8
「とにかくカッコイイ」「クールなビジュアルとサウンド」「タイムアタックは白熱する」「アイデアとセンス次第で人を楽しませることは十分可能だというお手本のようなソフト」
DIAL HEX 7/6/8/6
「飽きが来るのは早いかも」「六角形の魔力に取り憑かれたように、ぐいぐい遊べてしまう」「派手さはないけどコツコツ楽しめる」
BOUNDISH 7/5/7/7
「メイドインワリオのプチゲームに近いノリ」「対人戦向き」「ワンカートリッジ対戦ができるのも◎」

公式サイト内での評価は、総じて「楽しめるが、2000円出す気にはならない」というもののようでした。とりあえず、私も実際にやってみてから、当ブログ内に感想を寄せたいと思います。

当ブログ内関連記事
bit Generations 渋谷パルコでの展示会を見て来ました。
bit Generations 情報(2)
bit Generations 情報(3)

メーカー公式サイト
bit Generations公式サイト


本日のランキングは?

人気Blogランキング4
カウンタ



Amazon.com
サーチする:  
Amazon.co.jp のロゴ
おすすめサイコゲーム