脊髄小脳変性症になり病気が進行するにつれて、パニックやイライラは増すばかりである。一体この世界に難病なる厄介な物があるのはなぜか。その原因は何か。どうすれば治ることができるのか。何故、この私が患者となってしまったのか。などなど、わからないことだらけである。

 このまま行けば、間違いなく、5年後かそれ以上か、その間治療法が開発されなければ、いずれ確実に
数年後にはこの病気が原因でこの世を去る事になるのだろう。

 正直なところ、それまでの間如何に充実した楽しい毎日を送れるかが、目下の最大の興味である。
 どのように考え、どのように日々の生活に臨み、どうすれば少しでもつらい症状を軽減できるのかが、最も知りたいところである。

 それに加えてでは、一般論として、そもそも生命とは何なのか、今日地球という星に蔓延している病の原因はどこにあり、それらを克服する方法としては何があるのか。残された時間の一部を使って、そのようなことの答えを求めていきたい。


にほんブログ村 病気ブログ 脊髄小脳変性症へ
にほんブログ村



脊髄小脳変性症 ブログランキングへ