先週辺りから、また急に病気が進行した気がしている。

 以前にも書いたが、この病気の進行は(私の場合)なだらかに悪くなっていくのではなくて、階段様に悪くなっていく印象がある。ある時急に「ガクン」と、それまで出来ていたことが出来なくなってしまうのだ。

 先週辺りから、急に歩行がしづらくなってきた。
 今では、掴まるところなしには、ほとんど立っていられない。一歩一歩歩く度に、頭がグラグラと目眩がする。

 これまでは、主に前後方向にふらつくだけであったが、ここに来て、急に左右方向のふらつきも激しくなり、一歩歩を進めるたびに転倒しそうになる。

 歩けなくなってきた!「ついに来てしまったか!」

 平行棒などに掴まりながらのリハビリで、なんとか筋力だけは維持していかなければ・・・

 まだ特殊な杖(ロフストランド・クラッチ)を使ったり、つたえ歩きであれば、ほんの数歩の歩行はできなくもない。

 が、これからは歩けないことを前提として自立生活を送ることのできる方策を立てていかなければならない。


にほんブログ村 病気ブログ 脊髄小脳変性症へ
にほんブログ村


 
脊髄小脳変性症 ブログランキングへ