脊髄小脳変性症とは、ALSなどの神経難病の一種で、小脳の細胞が次第に死滅することにより
次第に運動機能(とくにバランス機能)が失われていく怖ろしい難病である。
 難病であるということは、いまだ治療法がなく、有効な薬剤もない。

 脊髄小脳変性症(SCD)とは、実は単体の病気をさす病名ではない。病型は何種類もあり、
それらを総称して脊髄小脳変性症と言っているにすぎない。

 病気の詳細については「
難病情報センター」等に詳しいので、そちらをみてほしい。



脊髄小脳変性症 ブログランキングへ

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。