「篤姫」「あしたの、喜多善男」「エジソンの母」「未来講師めぐる」の4本。
こりゃおもしれぇーーっ!…と、大興奮を覚えた作品は見当たらなかったけど…まぁ、とりあえず今期はこの辺を週末にさらってみようか、と。

「篤姫」は…ぶっちゃけ主役のお姫様役のお嬢さんは苦手なんですが(旦那の方は嫌いじゃない/笑)ま、三宅弘城が出るってんで、当座、様子見。
「あしたの、喜多善男」…何をやってもさえない人生に絶望した男(小日向文世)が11日後に自殺を決めた、その最後の11日間を描く作品らしい。初回はその設定の紹介に終始した感じだったけど、いろいろとイワク有り気な周囲の人物(生瀬勝久やら小西真奈美やら…)の謎はこれから明かされていくらしく、地味ながらちょっと楽しみにしてる。
「エジソンの母」…子供がいっぱい出てくるドラマ。しかも小学校1年生、いやぁ賑やか賑やか…つか、うるさいったらありゃしない。ま、それは仕方の無いこととして、冒頭で「君は面白くない。」とあっさり婚約を破棄されてしまう女教師が伊東美咲で主役。ちなみにこのあっさり振る婚約者の谷原章介が実に飄々としていていいのだよ♪個人的にはそこしか観る気ない(コラ)
でもって「未来講師めぐる」。塾講師・めぐる(深田恭子)は、お腹が満腹になると相手の20年後の姿を見てしまう奇特体質の持ち主、と言うキテレツ且つゆる〜い設定のクドカンドラマ。そのゆるさは想像通りだけど、まだちょっと助走段階かなぁ。あ、このドラマはHPの方が面白い。

そうそう、もうひとつ楽しみしてるのがあるんだった!ふふっ、同世代にはきっと懐かしいコレ…です(笑)