武蔵義塾ようこそ!

蕨市の学習塾

お知らせ

武蔵の冬期講習 新入生募集開始!!

2学期期末テストも終わり、結果が出始めていることと思います。
本人の今学期の試験評価はどうだったのでしょうか?
試験直前の勉強の仕方は良かったのでしょうか?
試験1週間前の日程の立て方、その過ごし方は良かったのでしょうか?

当、武蔵義塾では、12/3(月)より『2018 冬期講習  JUST do It ! 』受講生募集を開始しています!
この冬休みに、1〜2学期の復習・予習、勉強の仕方、試験テクニックなどを教わる絶好の機会です。
3学期に・・・、入試直前に・・・、標準を合わせ、この10日間(12/25〜1/7)徹底的に通塾してみることで、勉強の仕方、試験テクニックはもちろん、各自の実力に添った学習計画を立て、実力UPを計ることが出来る講習を行なっていきます。 
是非、この機会に無料体験講習をお試し下さい! スタッフ一同お待ちしております!

詳しくは武蔵義塾 048-447-0278 斉藤 までご連絡いただくか、当塾のホーム・ページ 武蔵義塾冬期講習』をクリックして下さい。 よろしくお願いします。

     
個別自立学習指導 武蔵義塾 代表 斉藤征孝


高校入試作文(小論文)の書き方

もうすぐ12月です。師走、クリスマス・シーズンですが、中3受験生にとっては、大事な期間となります。
最近、国語の条件作文の苦手な生徒が増えています。特に条件作文の書き方について、調べてみました。

 公立高校入試の国語の条件付作文」。
配点が大きく、作文で高得点を取れると合格に大きく近づくことが出来ます。国語の入試で出される作文は、与えられた文章や表・グラフに対して考えを述べさせられるものが多いです。いわゆる「感想文」ではなく「小論文」です。

 1段落目は自分の考えが筆者の意見(表やグラフが示していること)に反対ではなく賛成であることを言います。なぜ賛成の立場かというと、その方が簡単だからです。反対するには筆者以上に説得力のある文章を展開する必要があり、仮にそれができても加点されるわけではないのでメリットがありません。

 2段落で体験談を紹介することで、1段落で述べた意見が正しいことの証明となるので具体例を書きましょう。都合の良い体験談がなければ創作してもOKです。


 作文の採点は減点式。うまい表現があっても加点されませんが、ミスがあれば確実に減点対象になります。

「だ・である」調か「です・ます」調のいずれかに統一しましょう。

☆ 「話し言葉」がある
 「でも、だけど」→「しかし」/「なので」→「だから」/「やっぱり」→「やはり」                       というように「書き言葉」で書こう。

漢字のミスがある よくあるのが「友達」の横線2本のミス。ただ、 「友達」と書くよりは「友人」と書いたほうが、ミスもなく時間短縮になります。

☆ 「事・時・物」が漢字
   形式名詞であり、「こと・とき・もの」とひらがなで書きましょう。

☆マスの使い方ミス
  段落最初の1マスは空けて書きましょう。

☆マスから字がはみ出している
  減点対象になるので書き直しましょう。ひらがなのかたちにも要注意です。

作文で高得点を取れるように、日頃から練習しましょう

今年一年 ありがとうございました

 冬期講習会、最終日です。外は寒いですが、教室内は、静かな中にも熱気と緊張感のある、ホットな学習空間となっています。

 本日は冬期講習6日目、今年最後の講習日です。受験生だけの講習日となっており、6時間の講習時間を4科目に振り分けての学習が行なわれています。連日6時間の講習をこなし、宿題も各教科結構出されており、少し疲れ気味のようですが今年最後の一日を、皆頑張っている姿が室内にあります。 
年明け1月後半には、東京都・埼玉県私立高校入試がはじまります。なんとか年初の私立高校合格を勝ち取り、3月の埼玉県公立高校入試勝利に向けて、中学3年間の学習基礎・応用をこの数週間で徹底的に学習してもらう予定です。
1月は4日より講習再開の予定です。

 この一年間、武蔵義塾を応援いただきまして真にありがとうございます
個人に合わせた丁寧・適切な指導を心がけて今日まで講習を続けてまいりました。来年もこの指導方針を胸に、講師一同頑張ってまいりますので、今後ともよろしくお願い申し上げます。
皆様、良いお年をお迎え下さい!

スタッフ一同

2016  ありがとうございました

 2016年 12月30日(金) 武蔵義塾  冬期講習会 Just do it !! 」 年末最終日

 武蔵 「2016 冬期講習会 Just do it !! 」も5日目、中日を迎え今年最後の講習日となりました。2学期 期末テスト以降、塾生たちは、冬期講習期間中もそれぞれの課題に向けて、日々試行錯誤しながらも頑張っております。
おかげさまで、個別自立学習指導 武蔵義塾も今年で創立28年目を無事に終えることが出来ます。これも今までに支持して頂いた塾生、ご父母の皆様、はもちろんのこと 周囲の方々に支えられての28年でした。本当にありがとうございます。

 2017年の講習初めは、1月4日(水)〜8日(日)までの冬期講習会 後半の5日間、新学期開講は1月10(火)〜となっております。
 来年も、受験生、在塾生たちの成績向上は言うまでもなく、一人ひとりの性格や心情を理解しつつ勉強の楽しさ 大切さ、努力したことが報われた時の「自分自身の力」を実感してもらうことも願っております。

 今後とも、皆様からの信頼を糧にスタッフ一同、誠心誠意 頑張っていく所存でおりますので、
来年も何卒よろしくお願い申し上げます。


個別自立学習指導 武蔵義塾
代表 斉藤征孝&スタッフ

『2016 武蔵 冬期講習会 Just do it!』

 クリスマスまで、あと3日。
今日、塾生達は2学期の終業式です。
今年も余すところ10日ばかり、受験生にとっては、勝負の時期がやってきました。

 我が、武蔵義塾も、201612/26(月)〜1/8(日) 10日間(60時間)、『2016 武蔵 冬期講習会 Just do it!』を催します。

 今年度、埼玉県公立高校入試は、数学・英語に入試問題の選択制が加わり、理・社科は時間延長(40分⇒50分)となり、記述式問題文が増えてきています。成績上位校は、数・英 選択科目を選び、理・社科は問題内容が難しくなるといわれています。
今年の受験生は、この変更内容に真っ向から臨まねければなりません。当塾でも、この試験変更内容に取り組み、各科目の問題内容に対応策をしっかり講習して参ります。

 また、今学期 期末テストの結果が出揃い、内容の良くなかった塾生たちにとっては、この冬期講習はだめだった部分や、?の部分をしっかり補習する絶好の時間です。3学期の学年末テストの結果上昇のためにも、意欲的に講習に参加して下さい。
 今週まで行なってきた個人面談による期末テスト内容分析のダメだしは終わっています。その際に言われた問題点、欠点などを反省し、学年末テスト・実力テスト、そして次年度のテストに向けて、この冬の講習会でメキメキ実力を付けて下さい。  

 さぁ、楽しい3連休が終わったら、いよいよ実力アップの年末 「武蔵の冬期講習会2週間(10日間)が始まります。
皆さん、気合を入れて冬期講習に参加しましょう!
われわれ、武蔵義塾 講師一同も、もちろん 充電満タンでお待ちします。

ヒート・アップで寒い冬を乗り越えろ!!

では、楽しい週末をお過ごし下さい!

熊本地震 お見舞い

「平成28年4月14日(木)21:26ごろに熊本県熊本地方を震源とする、マグニチュード6.5(暫定値)の地震が発生し、最大震度7が観測されました。」
ちょうど、塾から塾生が去りホット一息ついていた頃でした。
プロ野球の結果をネットで観ていた時、インターネットニュースに突然書き込まれてきたこの内容を見ながらも、私は、大して気にも留めていませんでした。
なぜなら、地震列島いつでもどこかで地震は起きているような感覚があったからです。そして、自宅へ帰って見たニュースは、「九州もやられのか!」という驚きでした。
さらに、その28時間後の4月16日1時25分頃に、
「熊本県熊本地方を震源とする、マグニチュード7.3(暫定値)の地震が発生し、この地震でも最大震度7が観測されました。」と。
翌朝の映像は前日のニュースよりももっと惨状があらわになって映し出されていました。

東北太平洋沖地震からようやく5年が過ぎ、地元ははまだまだ復興途上の現状が知らされる中で、今度は九州が地震災害に見舞われることとなり、被害に遭われたかたがたの現状を思いやると・・・・。

4/20(水)現在、発生日から震度5以上のゆれ16回、余震と言われるもの697回を数えており、恐ろしい日々を送っていられる事でしょう。
学生時代の友達が熊本に居り、4/22(金)久しぶりに上京するということで、遭うことになっていましたが、先日「残念ながら断念する」との連絡があり、状況を確認してみましたが『何とか無事だったが、周囲は大変な状況です』とのこと。「がんばれ!!」としか言えず、無念の思いが残りました。


私たち一人ひとりが出来ることは少ないかもしれませんが、みんな同じ気持ちを持って何か手助けできることをすることで、少しは役に立つのではないかと思っております。
がんばれ!九州!! がんばれ! Touhoku!!


「平成28年熊本地震」に伴い、被害に遭われた方々におかれましては、心からお見舞い申し上げます。
また、亡くなられた方とそのご家族には心よりお悔みを申し上げます。
 
                                                          
                    武蔵義塾 塾長 斉藤征孝&スタッフ

受験生の皆さん、お疲れ様でした。

 こんにちは、亀山です。

 高校受験も後は発表を残すのみとなりました。
 暑い夏も寒い冬も受験に向けて頑張ってきた生徒の皆さん。
 本当にお疲れ様でした。
 とりあえず今は、存分に遊んでください。そして最後の中学校生活を楽しんでください。

 春休みは遊ぶことがメインでよいと思います。
 ただ、毎年言っていることですが、遊びすぎてこれまで勉強したことを忘れてしまわない程度に。
 遊ぶことも大事。勉強することも大事です。
 高校の勉強はこれまでとは比べものにならないくらい難しいものになりますから。
 
 中学を卒業する生徒の皆さん、これからも頑張ってください!
 大きく羽ばたいてくれるのを期待しています。
 楽しく明るく、勉強していってください。

 そして、中学2年生の皆さん。来年は皆さんの番です。
 1年はあっという間です。
 そして、何事も積み重ねが大事です。
 1日1日を大切にして、よく学び、よく遊びましょう!

奥田です!

新しく講師として入った奥田です!

現在、埼玉の某理系大学に通っています。

この武蔵義塾には小学校3年生から中学を卒業するまで6年以上通っていました!
いざ講師として塾に入ると、やっぱり生徒として塾にいた頃とは違うものを感じます。
ただ、今塾に通っている中学生を見ると懐かしさも感じたり・・・

とにかく、これから頑張っていきますので、どうぞよろしくお願いします。

むさしプラス始動!

 寒い日が続いております。
受験生の皆さん、風邪には充分お気をつけください。
年末猛威を振るっていたインフルエンザは
だいぶ落ち着いてきたようですが、まだまだ油断は禁物ですョ。

 我が武蔵義塾も新規講座に取り組むこととなり、
今月2月10日、新聞チラシにて「むさしプラス」新規開講
宣言させていただきました。
HPには、少し前より閲覧可能な状態に
しておりましたが、ご覧いただけましたでしょうか?
001


 武蔵義塾「むさしプラス」では、
最近のお子様たちの下校後の安全、こども預かり施設の不足、
先日発表された「2020年度 大学入試制度改革案」の内容などから
小学生の帰宅までの安全確保と、今後の教育内容の大きな変化に
対応するには、今この時期に「むさしプラス」の育脳教育と
施設の開放を、導入していくことが大事だと考えております。

 特に先日発表された、「2020年度 大学入試制度改革案」を見ますと、
2020年、現受験生の7割が利用している「センター試験」が廃止されます。
現在の小学6年生からこの対象になりますので、
小学生以下の保護者にとっても無関心ではいられないと思います。
大学入試制度が変わるということは、
現在行われている、高校、中学校、小学校の
教育内容も変わってくるということです。

 むさしぎじゅくでは、
小学校低学年期に「公式や正解を暗記させるだけではなく」
「自分で考えて、自分で工夫する」「問題を解決する」
勉強することの楽しさや、力をつける学習法など、
そして、ご両親の子どもたちへの教育のかかわり方なども
提唱していきたいと思っています。
003

是非、チラシ・HPをご一読の上、
無料体験講習を申し込んでいただけると
「むさしプラス」の目指しているものが
将来、お子様たちにとっても
必ず「プラス」になるとお解りいただけると
確信しております。

よろしくお願いします。

2015 新年明けまして おめでとうございます

 新年明けまして おめでとうございます
今年もよろしく お願い申し上げます。

 寒くはありますが、おだやかで
のんびりしたお正月を過ごしております。
昨年末にわずらいました「咳喘息」とは、
残念ながら、まだ一緒におります。
日々、咳との格闘と、薬漬け、
ほとんど炬燵から出ることもなく
怠惰な生活となっております。

 しかし、元旦だけは毎年恒例初日の出を拝もうと
意を決して、朝六時半に家を出ました。
暗い東の空にはどんよりとした雲がたなびき
「こいつぁ、春から・・・、縁起が悪いわぃ」という悪い予感。
日の出の7時ごろに合わせて、戸田橋土手へ徒歩急行。
昨年も同じようでしたが、
今年は30分待っても太陽は出ず、
遠くにスカイツリーがかすかに見えておりました。
帰り際にふと見上げた東の空に
光り輝く太陽が見えました。
今年の運勢はこんなものでしょうか?
002


 帰宅後、家族での新年のご挨拶。
地元の蕨神社へお参りに出発。
今年初めて会う方に「幸運」を貰おうと想像しつつお参り。
初おみくじは、『大安』ゲット。
『こいつぁ、春から縁起が良いわぃ・・・!』と、つぶやいていると、
主治医の・・・先生と遭遇。ご挨拶を交わし
中受の息子さんのご紹介を受け、そして激励のコメント。
「昨年からの、咳喘息がまだ治らないんですが・・・」との、
心の声は封印しました。
003

005

この新年初出会いは、いったいどうなのでしょう!?
私にとって良かったのでしょうか・・・・?

 続いて三学院へ・・・。
朝の九時ごろのお参りは
どこも空いており、楽々お参りでき
頼みごともすんなり聞いてもらえる様な気がします。
012

010
006

お墓参りも済ませ、さあドライヴモールへ・・・。
恒例、福袋探しに参戦するも体力が続かずギブ。
早々に帰宅し、新春4日からの講習再開に備え
体力温存を計ることとしました。
ほとんど、収穫の少ない一日でした。


今年が皆様にとって良き一年でありますよう
お祈り申し上げます。

また、今年は『武蔵義塾』積極的に前進する予定でおります。
皆様の強力なご支持をいただきつつ
スタッフ一同頑張っていく所存でおりますので
今後ともよろしくお願い申し上げます。
塾長 斉藤征孝 &スタッフ一同
・・・
武蔵義塾HP
武蔵義塾HP

お問い合わせや
お申し込みは
こちらからどうぞ
QRコード
QRコード
武蔵義塾について
未来への飛躍のために

なぜ個別自立学習指導なのか?!

 一人ひとりの人間の顔が違うように、それぞれの能力やレディネス(学習に対する適合と成熟の状態)も違います。それを学年別、あるいは能力別にクラスを編成し、授業を進めると、ある生徒にとってはちょうど良く、ある生徒にとっては物足りなく、大半の生徒にとってはさっぱり分からない、という教える側のみが満足する授業になりがちです。

 武蔵義塾では、最初からすべて個別の対応で指導を進めます。

 「理解十分な所は時間をかけず、理解できにくい所は時間をかけ、分かるまで教える」事ができるのは、個別指導だからこそです。

能力のない生徒は一人もいない
努力の足りない生徒はたくさんいる
自ら考え、自ら学びとる姿勢を大切に!

 学習は、解答にたどりつくまで、または内容を理解するまでのプロセス(過程)が最も大切です。それらまでも手とり足とり教わっては、自分の頭で考えたことにはなりません。苦労して出した解答、何度も練習して覚えた内容ほど定着度が高いものです。大切なのは、生徒自ら考え、自ら」学びとる姿勢。辞書や参考書を駆使して自分で問題を解決してゆく学習が自立学習です。それが生徒自身のものとなったとき、これまでより学力が伸びたと言えます。

 とは言っても、いくら考えても解けない問題や理解できない内容を覚えようとしても、それは無理であり、時間の無駄にもなります。また、分からない問題や内容は、生徒によって皆違います。 

だから、武蔵義塾の個別自立学習指導

 武蔵義塾では、一人ひとりが今何にどのような力を注ぎ学習を進めるべきかを、生徒、保護者、塾と三者で個々に相談し、学習計画を立てます。

 計画を実行して行くのは生徒自身。自ら考え、自ら学びとる姿勢を育むことが、武蔵義塾の役割だと考えています。

 生徒一人ひとりが個々の目標に向かい、意欲を持って自立学習に臨めるような学習指導。

 これが武蔵義塾の「個別自立学習指導」です。
アクセス
お問い合わせは、武蔵義塾 斉藤まで。
335−0004 
蕨市中央6−11−16
048−447−0278
  • ライブドアブログ