むさしのDIY工楽部 ~会員募集中~

”5年後も輝ける”DIY+を目指しています。 仲間といっしょに一味違ったDIYを楽しみませんか?

むさしのDIY工楽部は2016年4月に発足しました。
入会申し込みは、随時受け付けますので、当ブログへ非公開コメントにてご連絡願います。
クラブ運営の詳細は2015.12.9の記事からご確認いただけます。

今回は、単管パイプを使って、タイヤや屋外作業用の道具を収納するための収納ラックを作りました。

本日の作業で使用した材料は下記の通り。

1.単管パイプ 4mm:8本
2.直行クランプ:30個
3.自在クランプ:6個
4:垂木止めクランプ:6個(本日は未使用)

購入金額は約2万円です。

IMG_4600


■ 設置場所

エコキュートの右横、犬走コンクリートの上です。
室外機の他に、配管パイプがあって苦労しました。

IMG_4599
IMG_4598


■ 完成

Hさんのおかげで、垂直、水平はバッチリです。
頑丈過ぎるほど頑丈なラックの完成です。

今後、棚板や屋根を取り付けて本当の完成になります。

IMG_4603
IMG_4605


配管パイプや電気メーターの障害物はなんとか避けることが出来ました。

IMG_4614

IMG_4611

 

2017年の1回目の活動になります。

今回はダイニングテーブルの天板の再塗装を行いました。
天板はナラの集成材で、短辺がラウンドしています。
サイズはおよそ800×1,600mmと大型で、6人用です。

まず、ウレタン塗装を電動サンダーが剥がします。
最初#180を使ったのですが、細かすぎたようで、なかなか塗装が剥がれません。
そこで、ホームセンターで購入した#120に変えると、今度はあっという間に剥がれました。
IMG_2153
IMG_2155
IMG_2156
IMG_2157

次にブラウンの着色剤を塗布
やや斑模様になっているのは、集成材の性質のバラつきによるものと思います。
IMG_2159

最後に水性のウレタンニスを塗ります。1回目
IMG_2161


2回目は、塗る前に#400のサンドペーパーで表面を削りました。
IMG_2162

完成!

IMG_2163

久しぶりの活動報告になります。
11/3(木)文化の日に、古民家再生をしている”素人大工”さんの現場を、クラブメンバー2名で訪問しました。


■ セルフビルドの物置と母屋

ブルーシートのポーチがあるグレーの屋根の建物が、セルフビルドの物置です。
物置は資材置き場の3畳と工具置き場の4.5畳の2部屋で、ブルーシートの下が作業場になっていて、とても使いやすそうです。


IMG_4105_convert_20161106213713 IMG_4104_convert_20161106214343
IMG_4103_convert_20161106213814 IMG_4107_convert_20161106213843

■ 母屋の再生は膨大な作業量

母屋はなんと江戸時代末期に建てられたとのこと。
もともとは茅葺屋根で、何度かの改築を経て、現在に至っているということです。

屋根や外壁の一部、内装では和室やトイレが完成していますが、見た目にも作業量の膨大さが判り、改めて古民家再生の大変さを認識しました。しかも、”素人大工”さんの作業はとても丁寧ですので、なおさらですね。

IMG_4093_convert_20161106213925 IMG_4092_convert_20161106213958

土間の天井は梁の上に付け替えたそうですが、その大変さは尋常ではなかったそうです。
その甲斐あって、素敵な天井に仕上がっています。

IMG_4088_convert_20161106214025 IMG_4097_convert_20161106214312 

■ 煙突設置のお手伝い

この日はちょうど薪ストーブの煙突を立てているところで、少しお手伝いをしました。
煙突はコストダウンのために二重煙突を自作されていました。
断熱材はセラミックファイバー製だそうで、苦労を厭わない随所の工夫がさすがでした。

IMG_4109_convert_20161106214248 IMG_4111_convert_20161106214211

今回の記事をお気に入りいただけましたら、
どちらかのボタンに応援のポチッをお願いします。

     
にほんブログ村  にほんブログ村

このページのトップヘ