声のいろいろ言葉の不思議 ーボイスエクスプレッションー 

イヤホンとヘッドホンにはこだわる私。
なぜかと言うと、まず一番目に
「聞こえ方がどうか?」「音がどうか?」
と言う事が、とても大切なことだからです。
レコーディングなどの時も、聞こえ方により ”やりにくい、やりやすい” が、変わり、
当然そのことで、演奏の良し悪しにも影響がでます。
特に、歌の場合は!です。
声は、自分の内耳から伝わって聞こえる音と、自分が出した声を空気を伝わって、又聞き取っている、
2つの伝わり方をした音を、演奏者であるボーカリストは聞いています。
ボーカリストは、楽器でもあり演奏者でもある。どう聞こえてどう聞きながら歌うか?
と言う事は、とても繊細でボーカリストの方達ももっとこだわって良い部分だと思います。
もちろんこれは、ヘッドホンやイヤホンというハード面だけではなく、
どういう音作りをしてくれるか?どういうバランスを作ってくれるか?
という、制作者やエンジニアの方達の腕にもかかっていることですが。

私の場合は、自分が歌う時と、演奏をジャッジする時では、使うヘッドホンも変えています。
簡単に言うと、歌う時とディレクションをするときでは、聞きたい部分に違いが有るからです。

そして、長時間聞く私にとって、耳を疲れさせないこと!
これもとても大事です。
長時間使用するのなら、やはりオーバーイヤータイプのヘッドホンを使用します。
耳の中に入れるイヤホンよりも、耳を全体におおう形のヘッドホンの方が、鼓膜との間に空気の層が少し広く取れますから、密閉感が緩和され、耳が疲れません。


さて、
ご報告おそくなりましたが、実は先日アメリカのヘッドホンとイヤホンブランド、
Klipschのハイレゾ対応イヤホンx20iのレビューも書かせて頂きました。
このイヤホンは、Klipschの最高級品!(お値段もです。。。)
恐いくらいに、「本当はこんな音がしていたのか!」と気が付かせてしまうイヤホンです。
特に生弦で録ったものや、アコスティックサウンドは、すぐそこで演奏されているような、音が再現されます。ハイレゾ対応ですが、もちろんそれ以外の音も、素晴らしい音で聞くことが出来ます。
詳しくは、レビュー読んで下さいね!
http://www.klipsch.jp/lp/x20i-special-site/review/

今年の5月、素晴らしい景色とお天気に恵まれた中で、レコーディングを進めていたシンガーソングライターYou-SuKeのミニアルバム、予定よりも、だいぶ遅れてしまいましたが、
ミニアルバム「時の音」(Toki no Ne)の発売が10月2日に決定いたしました
今回は、私もプロデュース、ディレクション、作詞、コーラスなどなどにいろいろに携わりました。
季節は秋をむかえましたが、そんなレコーディングの日々を振り返ると。。。
キッチンIMG_8176

ベンチIMG_8133
響きが良いので、キッチンでコーラスを歌う!と、
いきなり言い出してもパッとセッティングしてくれた、ロクさんに感謝!
録りの時は超真剣でしたが、

セレクトIMG_8234
ディレクションIMG_8221-1









今回、関わって頂いたアレンジャーの方達、エンジニアの方々、食時担当のスタッフも含め、色々な方達に感謝いたします。

さて、アーティストのYou-SuKeは、なんと現役の農業家でもあります!
アルバム準備の曲作りは一年以上前からスタートしていました。
レコーディングから発売まで、なぜこんなに時間がかかってしまったか?と言いますと、、、

この一年間に間には、本当に色々ありました。
農業に携わる彼は、お天気一つ変わってもスケジュール調整の変更が出ます。
雪や風、雨や台風、部屋の中で仕事をしている私達には解らない事情がどの季節にもついて回りました。
さらに春には、You-SuKeのお父様が亡くなり、曲作りが少しストップしたり。。。
でも、その後の彼は、頑張りました!決断力も強くなり、
レコーディングは予定通り5月にスタートしました。
ただ、歌入れが終わってから、「田植えシーズン」に突入。
農繁期になり、色々と作業がストップしてました。
でも、シンガーも農業も彼の本業。
バランスを取りながら、進めなければいけません。
そんななかで、やっと完成したアルバム。もうすぐ皆さんに聞いて頂くことができます。

配信などの詳細含め、またお知らせさせて頂きますが、
まずは、発売記念ライブのお知らせをさせて下さい。

フライヤー 時の音3



日程は、下記になります。今回は、私もコーラスや歌で全て参加しますよ!
皮切りは、素晴らしい季節の軽井沢のステキなイタリアンレストラン、「マジカメンテ ビバッコ 軽井沢」さんです。美味しいディナーを召し上がりながら、是非!


☆ライブの日程は下記になります。
・10月2日(日)「軽井沢マジカンメンテビバッコ」
 OPEN:17時、 START:18時
 〒389-0102
  長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢野沢原1323-1387
  TEL 0267-46-8917 

・10月16日(日)小淵沢「三郎屋」
  OPEN :17時、START:18時
  山梨県北杜市小淵沢町10123-3
  TEL 0551-36-4372

・10月29日(日)気仙沼「K-port」
  OPEN:18時 START:18時半
  宮城県気仙沼市港町1−3
  TEL 0226-25-9915

☆予約などのお問い合わせは、You-SuKeのHPで追ってお知らせいたします!!
http://www.you-suke.info/event.html









 「ごはん」ってやっぱり基本だと思う。
温かいご飯、美味しい食べ物を作ることは、その家庭と家族のベースと言うか、根っこの部分を作る物。
その家のご飯が食べられる場所が、お家(おうち)。
私は仕事で外に出ることも多いから、全て完璧にやる時間は無いものの、ご飯を作ることは、どんなに疲れていても基本外せなかった。
 息子が小さい時、なにか悪い事をして、「部屋に行って反省しなさい!ご飯無し!」と叱っておいて、時間になると自分ほうがどうしても気になって、後から部屋のドアの前におにぎり置いておいたり。
家の中に一大事が起きても、家族で喧嘩して口をきかなくても、自分は食事が喉も通らない位に落ち込んでいても、ご飯は作ってテーブルにならべた。
「家のごはん」というのが、何事においてもその家庭の基本。
長年の日々のなかで、心や身体に染みわたるもの。と思っていたから。
言葉にしなくても、なんだか伝わるし解る。そんなふうに思っていました。

 
そんな想いは家族でもなかなか伝わらないけれど。。。
でもね、物事は期待や見返りを期待して、自分が表現して伝えるのじゃないから、
期待した通りの反応が得られ無くても、けして落ち込みすぎないで。
自分が伝えたい気持ち、心を表して行くことが大事だと思う。
伝えて表現する事は、やめちゃいけない。自分の為にも。


弁当2CA390411 のコピー

そうそう、ごはんの話しにもどりますが、
息子のお弁当も幼稚園からハイスクールを出るまで、ずっと作っていた。睡眠時間3時間でも、朝5時半起きで。
ただ、“お母さん”としての私には、その思い出は、けして辛い嫌な思い出じゃない。
大変だったけどね(笑)毎日写真撮って、自分を励ましていました
今でも、ニヤニヤしながら思い出す想いで

本日は、女優さんのボイスエクスプレッションの稽古です。
ところで、
ボイスエクスプレッションの稽古ってなにをするの??
って、方にちょっと説明
ボイスは、そのままの”声”と言う意味と、”意見・主張・考え” と言う意味も含めます。
そして、エクスプレッションは”表現”つまり、”あなたの意見、考え主張を表現として表す”
さらに、”あなたらしさの表現” のトレーニングです。

内容は、というと。。
声の表現はもちろん、台詞表現やアクセント、イントネーション、リズム、スピード、
それぞれが合わさり、エクスプレッション、つまり表現や表情になります。
でも、そのための大切なのは、想像力、イマジネーションとイメージ
この、イマジネーション力とイメージ力を豊かにアップすることが、
歌手や俳優、パフォーマーに、とってもとっても重要で大切な事
だから、五秒連想の単語を言う!なんてトレーニングも

でも、イマジネーション力とイメージ力をつける、これは、俳優達だけではなく、
日常生活のなかでの、コミュニケーションにも、とても重要です。

もちろん、基本の呼吸や発声は毎回の基礎に入っていますよ。

さて、今日は曇り空、でも花粉も凄そう!!
頑張りましょう

I雲MG_6843

今年の冬は暖冬でしたね。
その分、春の気温になったこの数日の花粉の量が、ハンパではない!!
と、感じるのは私だけでしょうか??

いえ、この数年アレルギーの薬も色々変えたり改良され、ちょっと花粉症が軽くなったか??
などと感じていた私ですが。。。。
今年は、来ましたね
目は真っ赤だし、クシャミは出るし、頭は痛いし、
でも、一番困るのは、喉のアレルギー反応。。。
喉も、赤く充血してしまうんですよね。。。
その中で、仕事で沢山声を出していると、もちろん、喉を痛めます
私は「喉のケアのプロ」でもありますから、花粉に負けられない
その時々、その状態、その季節や、体調、コンディションに合わせ、ケアをしますし、
アーティストさんや、俳優さんへのアドバイスも仕事のうち。
通常、普段のケアは、もっぱら自家製「レモン蜂蜜」を使ったもの。
それを水やお湯に溶かして、うがい、ステージドリンク、ハーブティーなどに入れて、普段の飲み物として利用します。
蜂蜜は、粘膜保護やコーティング作用が有るので、イガイガしたときにも、
喉を痛めたときにも最適
ミネラルも、レモンのビタミンCも加わるので、汗をかくシーズンもとても強い味方ですよ。


で、話しは戻りますが、今年の花粉シーズンの対策と乗り越え方。
1,マスク
2,手洗い・うがい
3,帰宅したら、なるべく早くシャワーかお風呂で、髪や肌についた花粉を洗い流す。
これは、基本の3原則

さらに、鼻水・鼻づまりがあれば、「生理食塩水での鼻うがい」
をくわえます。
生理食塩水を使うと、ツンとした痛みが無く、鼻の中にある花粉を洗い流せますから、
おすすめです。鼻の噛みすぎで、鼻の皮がむけた。。。なんて方にもおすすめ
でも生理食塩水は、お医者様での処方箋が必要です。
内科、耳鼻科などで相談されてください。

さらに、今年は良い物、頼りになりそうな物が届きました。
プロポリススプレーIMG_6761

HABAの「笹プロポリススーパースプレー」
またまた、ここでも蜂のパワー頂き!ですが、
蜂蜜よりもロイヤルゼリーよりも、さらに上を行く蜂さんのパワー「プロポリス」の
スプレータイプ。
4月に発売ですから、一足早く効能を試させて頂いております。

プロポリス、みなさん身体に良いのは解っていても、
匂いがきついし、味も苦くて苦手。
と言う人、多いと思います。
プロポリスキャンディーなどは、今までもありましたが、
正直、あまり”美味しい飴”とは言えないし、
第一、プロポリスはお値段高め
などで、取り入れなかった方。

これは、プロポリスを新しい形ですよね。スプレータイプなんて、無かった。
箱に書いて有る使い方は、「1回~3回プッシュしてお飲み物などに混ぜてお召し上がり下さい」
と、ありますが、私は、直接、喉にスプレーして使っています。
その方が、口の中にプロポリス特有の苦い辛さがひろがらないので、
今まで、プロポリスが苦手な方にも大丈夫!
でも、喉が荒れているときや、使いすぎた時には、少し浸みます。
ちなみに、花粉アレルギーな上、声をたくさん使う私は、仕事の後は、かなり浸みます。。。
でも、スプレーの後5分〜10分何も飲んだり食べたりしないで浸透させていくと、
喉にコーティング感を感じます。

私が使ってみて、このスプレー、声の出方など、声そのものに作用するというよりは、その元の喉を守るスプレーという感じです。
声を使う方には、今までのケアにくわえて頂くと良いと思います。(喉の詳しいケアはまた次回!)
☆ 1,しっかりと、うがい→ 2,「笹プロポリススーパースプレー」をしっかり浸透させたあと→ 3,蜂蜜ドリンクなど喉のいつものケア。
の順番が良いと思います


プロポリスは抗菌作用にすぐれ、自然の抗生剤なんて言われていますから、
持ち歩いて、人混みや空気が気になるときにシュッと一拭き出来るのは、
最強で画期的
みなさん、チェックしておいて下さいませ






だいぶ前に書いた韓国のバンドの楽曲に書いた歌詞です。
なかなか骨太な歌詞ですね。
言葉数の少ない歌詞で苦労したけれど、
今自分で読んでもいろいろなメッセージが当てはまりますね。。。

               
          「窓」
                           詞 森 真帆

あの窓を開けて あいつが飛んだ日
届いた新聞に 名前も無かった

違う夢で手を打って 本当の夢をきらうのか
近道ばかりを捜している 焦る心で

聞こえてるかい? 自分の声が
雨が止まないから そこから動けない


俺の声は変わったかい? 
振り向くことは 意味が無いなら
しまい込んでいる心は 叫んでいないか?

あの窓を開けて あいつが飛んだ日
届いた新聞に 名前も無かった





☆さて3月までの期間限定MUSIC JOY渋谷での特別講座。
3月のスタートは3月4日(金)からになります
それぞれ個性的な講座内容ですから、”なりたい自分” ”やりたいこと!” に是非挑戦、そして近づいてください

お申し込み、詳細は過去の記事、下記HPからお願いいたします

http://blog.livedoor.jp/musashis9-voice/preview/edit/309aef6bd32b500e21239b69d3969cea

時間枠の変更が少しあります。
ご確認の上、お問い合わせMUSIC JOY渋谷 03−5456−8303までお願いいたします。
是非お申し込み下さい。
http://www.miyajimusic.com/school/shibuya/pro_voice/

声を出す為に呼吸法が大事
ということは、みんな何となく知っているけれど、
実は呼吸だけではなく、
もう一つとっても重要な事は、声帯や喉を、どのような状態を保ち声を出すか?
と言う事も、とっても重要なことです。
声帯や喉に力が入り、堅く締め付けた状態や、緊張状態で声を出す事は、
とても重い負担を声帯にかけてしまうことになります。
悪くすると、喉を痛めてしまいます。

ところで、喉を痛めたときにお世話になるお医者様が「耳鼻咽喉科」ですね。
実は、私は病院の耳鼻咽喉科のお医者様にお願いして、
声を出しているときの声帯と喉の様子を
実際にカメラを入れて、何回か見せて頂いた事が有ります。
喉や首筋に力を入れた、悪い出し方、低い声、高い声、
喉や声帯に力を入れずに、自然な感じで出したとき。
ファルセット出だしたとき、
などなど、様々な状態で実際に声を出して、喉と声帯の状態を観察しました。
自分が声を出した時の状態をカメラで見ながら、色々と実験をした人は、
余り居ないと思いますが、(ちなみに、私はどうしても見たくて知りたくてたまらない派)
わざと無理矢理な喉を締め付けた出し方をすれば、
喉の内部も、キュッと堅く声帯の振動も均等ではなく、
負担をかけていることが、一目瞭然
反対に、無駄な力を入れず喉を柔らかい状態で声を出すと、
吐く息が声帯をスムーズに通り、振動もバランス良く綺麗に出ていることが、実際に確認出来ます。
本当に実際に見ながらやってみると、その違いははっきりと分かります。
「負担のかからない声の出し方」というものを実際に目で見ながら確認。
これはとても重要な事だと思っています。

しかし、病院の診察室で大きな声を思いっきり出して、「ハァー」「アー」
なんて歌っている人は、とっても珍しいと思う。。。
(お医者様も言っていましたが。。。。)
で、自分の喉をカメラで見ながら、「はい、今度は喉に力の入った悪い出し方です」
「次は負担のかからない出し方です」なんて言いながら。
自分でもかなり不思議な姿かと。。。(笑)
でも、実はお医者様も、歌っている時の状態の喉を見ることは初めてのこと。
先日も、某大学病院で'、お医者様もとっても興味深げに、「なるほど!良くわかる」と。(笑)

声や歌の表面的な表現の部分だけではなく、
メカニズムや性質を知ることは、とっても大事だと思っています。
その上で、それぞれのトラブルや利点、工夫を考える。
声は身体が発するものですから、男性や女性によっても違いがあるし、
年齢や体型によっても違いがあります。
もちろん、日本人や欧米人によっても声帯の長さ、声帯の筋肉の太さや弾力、歴然とした骨格の違い首の太さや、肺活量の違いもがありますから、当然、欧米人と同じ歌い方、声の出し方では喉に無理がかかったり、通用しない部分が沢山あります。(気をつけてください

パフォーマンス、表現することにおいて一番大切なことは、もちろんマインドセンス、スピリッツです。でも、「想い」だけでは伝えられないし、想いを伝える術を磨かなくては表現できません。
アーティストや話し手、俳優達が自分のパフォーマンスを思いきり十分に表現出来るように、
私も、疑問に思ったことや知りたいと思ったこと、新しい知識をしっかり吸収していきたい

と、思っています。
だって、色々な事を知る、また自分の考えを確認する。って、楽しいですよ

このところ、一ヶ月に一回の更新になってしまったブログ。
反省しております。。。
2015年最後の本日。
書いているうちに、
私自身の意見や考え方、私の”ボイスエクスプレッション”の話題で、コラムにさせて頂きました。
来年は、もっとマメに更新します

みなさま、来年もどうぞよろしく



☆1月からのスタートも募集開始中です!!

さて3月までの期間限定MUSIC JOY渋谷での特別講座。
1月のスタートは1月15日(金)からになります
それぞれ個性的な講座内容ですから、”なりたい自分” ”やりたいこと!” に是非挑戦、そして近づいてください

お申し込み、詳細は過去の記事、下記HPからお願いいたします

http://blog.livedoor.jp/musashis9-voice/preview/edit/309aef6bd32b500e21239b69d3969cea

時間枠の変更が少しあります。
ご確認の上、お問い合わせMUSIC JOY渋谷 03−5456−8303までお願いいたします。
是非お申し込み下さい。
http://www.miyajimusic.com/school/shibuya/pro_voice/




「阿吽(あうん)の呼吸」と言う言葉があります。
辞書によると、
 あうんのこきゅう
【意味】 阿吽の呼吸とは、二人以上の人が何かをするときの、微妙な気持ちや調子。また、それがぴたりと合うこと。

と、出ています。
息のあった仕事をしている人達や、チーム、グループ、カップル、の人達を
表現するときにも使いますね。

つまり、
「言わなくても解る人」「言葉で示さなくても、理解しあえる人」
「相手が何をしようとしているのか、もしくは何を欲しているのか理解しあえる人」同士のことを意味して言ったりするけれど。

本当に、そんな人と仕事や日々の生活を送ることが出来たら、
とっても素敵なことです。

でもこれは、お互いの意識が向き合っていなければ通じないことですね。
『相手を解ろう、理解しよう、感じよう。相手に伝えよう、気づかせよう』
そんな意識が一方だけでなく、お互いにないと、一方通行のコミュニケーションになってしまって、
「あうんの呼吸」は生じない。
「言わなくても解る人」「言葉で示さなくても、理解しあえる人」のつもりが、
”ただ、感心がない” ”スルーしていただけ”
なんて、ことにもなりかねない。

「阿吽の呼吸」で通じるそんな間柄になるまでに、
伝えること、表現する日々もたくさん必要ですね。。。



☆12月月からのスタートも募集開始中です!!

さて、10月からスタートしたMUSIC JOY渋谷での特別講座。
12月のスタートは12月4日(金)からになります
それぞれ個性的な講座内容ですから、”なりたい自分” ”やりたいこと!” に是非挑戦、そして近づいてください

お申し込み、詳細は過去の記事、下記HPからお願いいたします

http://blog.livedoor.jp/musashis9-voice/preview/edit/309aef6bd32b500e21239b69d3969cea

時間枠の変更が少しあります。
ご確認の上、是非お申し込み下さい。
http://www.miyajimusic.com/school/shibuya/pro_voice/

このページのトップヘ