嫉妬の炎が 哀しみの涙を燃やす。それでも絶え間なく湧き出る感情。永遠に 闇の中で輝き続ける。『テレーゼのため息』は そういうイメージで描いた。確かに その数ヶ月前まで友人に付き合って 毎回毎回初見を装い映画『Avatar』を3回以上は観た。でもこんなつもりでは ...