August 25, 2018

自分にしか聞こえない音

先日、住んでいるマンションの屋上と思われる場所から、ブーンというノイズが聞こえ始めた。
すぐ階下に住んでいるため、天井づたいに聞こえるその音がどうにも気になって仕方がない。
灯油の配管工事を行ったことは知っていたけれど、
工事の後に騒音が出るなんて全然聞いていなかったし想像もしていなかったので、
すぐ後の休日、管理人室へ問い合わせに向かった。
一時的な騒音ではなくて24時間鳴りっぱなしのブザーのようなノイズで
耳障りで夜も眠れないほどだったからやむを得ない措置だ。
まぁ世間一般的には苦情の類いに分類される住民行動だろう。


管理人室の入口に着くと、日勤の管理人と僕と同階の真向かいに住んでいる初老の男性がいて、
煙草を燻らせながら世間話に花を咲かせていた。
二人とも「おや、珍しい人がやって来たぞ」というような顔をしてこちらに視線を向けた。
非喫煙者の僕はニコチンの匂いが充満する管理室内へ数年ぶりに入った。
管理人室なんて特に用がない限り行く機会がない、あたかも近所の交番のような場所だ。


「すみません、水曜日頃からブーンという音がおそらく屋上から聞こえるんですけど、
他の住人からは何も声は挙がっていませんか?」
「いやぁ聞いてないなぁ」と管理人。
すると真向かいの住人が「あ、そういえば変な音、するなぁ。
冷蔵庫が古くなったから、ついに買い替えの時が来たかくらいに思ってたよ、ハハハ」
「それは冷蔵庫からじゃなくて、明らかに屋上から聞こえてますよ」と僕。
「夜もうるさくて気になって眠れないんです」
真向かい男「いやぁそれはね、気にし過ぎだよ。
まだ若いから聴こえるだけで、俺は全く気にならないし、まぁ酒でも飲んで寝るしかないね」
その発言に非喫煙者かつ下戸の自分はちょっとだけ不愉快な気分になったけれど、
人それぞれ気になる音の度合いが違うということはよくわかるので、その場では黙っていた。
場の空気を察した管理人が「でもどんな音がするかちょっと行ってみますか」
と言ってくれて、現場検証を了解してくれた。
真向い男は「じゃ私はこれで」と行ってそそくさとその場を去っていった。
そして54歳と65歳過ぎと思われる痩せ型男性2名が真夏の日差し降り注ぐ土曜日の午前11時に、
築40年を迎えるマンションの壁に垂直に設置されている鉄のはしごをせっせと登ることとなった。
それだけでも大層な話だけれど、
登り切った後に聴こえてきた異音はその比ではないほど大層けたたましかった。
余談になるけれど、自分が暮らすマンションの屋上からの眺めが素晴らしいことを初めて知った。


「あれ? あそこからブーンって、音、しますね」と素っ気ない管理人。
どうして他の住人が気にならないかが不思議なほど、
屋上の機械室からはブーンというノイズが僕の耳にははっきり聞こえた。
それは自室で夜な夜な聞こえていた音と同じ周波数の異音だった。
そして僕以外の管理人の耳にもその音は確実に届いていた。
どうやら配管工事と一緒に万が一に備えての非常用の装置を新設したらしい、
という話をその場で管理人から聞かされて、その機器からの騒音だと100%確信した僕は
「この音、何とかなりませんか? 業者に来てもらって直してもらいましょうよ」と提案した。
「だって今まで聞こえなかった音がこの機械をつけたから聞こえてるわけで、
これが原因としか考えられないじゃないですか?」
「そうですね」と管理人。僕は「お願いします」と言い残し、
その場で音問題は解消されないまま、一旦絶景の屋上にて現地解散となった。


それから数週間後、帰宅すると天井からの異音がしなくなっていた。
自宅の留守電には管理人からのメッセージが残されていた。
「屋上のブーンという音の件、すみませんでした。業者に機器を直してもらいました。
音、もうしませんよね? よろしくお願いします」


♪ ♪ ♪ ♪ ♪


この一件で僕は住人を代表してマンションの管理側に苦言を呈したことになるわけだけれど、
他の住人からは一切苦情も声も挙がらなかったらしい。
確かにマンションに居を構えているのは定年後の耳が遠い年配者がほとんどで、
本当に若い者にしか聞こえない周波数だったのかもしれないとは思う。
しかしそれにしても何故あれほどの大きくて耳障りな異音を
数日間、誰も気にならなかったのだろうという漠然とした疑問が残った。
何と言っても僕よりはるかに若い家人ですら、何も気がつかなかったという素っ気なさだったのだ。
100世帯以上が暮らしているマンションで、僕だけが大騒ぎしているのはどう考えても異常過ぎる。
管理人は音が発生する場所に行ってはじめてその音を認識した。
行くことがなければきっと誰もがあの音の存在すら知らなかった。


もしかして、あの音は「自分にしか聞こえない音」だったんじゃないか?


そもそも管理人は同じマンションの違う棟に普段はいるので、あの音は聞こえない。
でも真向男には絶対に聞こえているはずだ。
それなのに「古くなった冷蔵庫の音かと思った」という、まるで部外者かのような発言に加え、
「気にし過ぎ」や「酒飲んで寝れば気にならない」という僕に対しての
一連の発言には、半分(というかほとんどが)冗談だとは思うにせよ、
何かしら看過できないものがある。
別にその発言に対して腹を立てているわけではなく、
「音」に対する自分の向き合い方を指摘された気がしたのだ。


つまり僕には「他の人には気にならない/聞こえない音が聞こえる」というおかしな特性があり、
それは他の人には「家庭用電化製品からの異音程度の音」だったり、
「気にしなければ聞こえない音」程度しか聞こえないのかもしれないということ。
そして僕はその特殊な「音」にずっと固執して(表現を変えれば「気にし過ぎて」)、
そのことについて声をあげて、さらには自分以外の者にその「音」を聞かせに行くことまでして、
同意を求めて、それなりの時間と手間をかけて事態の終結にまで至らせたということ。
そうまでして僕はこの本来は聞こえてはいけない「音」を無音にさせたかったということ。
僕は「音」に対して人並み以上に何らかのこだわりを持っているのかもしれないということ。
「自分にしか聞こえない音」に対する思いは他者には理解不能なレベルかもしれないということ。
そのようなすべてを真男にあげつらえ一蹴された気がしたのだ。
極端な言い草になるけれど、音楽好きな僕の人格までも全否定されたように感じていた。


やっぱりあの音は「自分にしか聞こえない音」だったんじゃないか?
自分にだけ問題になる音だったんじゃないか?
僕以外の人にとっては、もしかして異音という感覚がなかったんじゃないか?
いや、音としてすら認識されていないんじゃないか?


例えばこれを音楽に言い換えるなら、
「僕にはこのペイル・ファウンテンズの曲中のトランペットが素晴らしい音に聴こえます」
「ほらどうですか? 聴こえるでしょう?」
「この音に対して何か意見があったら教えてくださいよ」というのが自分のスタンス/生き様で、
「同感です!いいですよね!」という稀有な人がいて、
「確かに聴こえるね。それで?」という大勢の人がいて、
「いやこれはレコード盤からのノイズじゃないの?」というヘソ曲がりな人もいて、
さらには「全然聴こえないよ」という変人までいる。つまりはそういうことだ。


「音」に対峙する際の感覚は十人十色、三者三様なのはこれまでの人生経験上わかっている。
でも僕はたとえ酒を一升飲んだとしても
心に残った「音」を絶対に忘れないし忘れられないし(そもそも酒が一滴も飲めないし)、
一旦気になった「音」は気になって仕方がないし、
その「音」を自分以外の他者に言葉にして何とか伝えたいし、
伝えたことを認めてもらえれば幸福だし、
そういった一連の情動を有意義だとも思っているし、
この動きがなくなると自分が自分でなくなるとまで思っているし、
これこそが自分自身なのだという考えに至りました!というだけの話なのだが、
マンションの屋上からの異音がそこまでの話かい!と思った人は、
きっと永遠に管理人のような部外者的立場を貫くだろうし、
男(最終的には男まで短縮された)のような傍観者でしかいられないだろう。
本当に聞こえなかった人々は論外として。


表現欲とか当事者意識過剰とか自己正当化とか発言しない者不要論とかの問題ではなく、
このような役回りを自分側のものとした僕には、もうそういう道しか歩けないんだなということ、
そして問題提起を怠りあらゆる場面で思考を停止させることだけは多分しないだろうなということ、
さらには、これからも音楽が奏でる「音」(特に「ネオアコースティック」)に、
自分の耳で反応し、感動し、言葉にし、喧伝し、伝達し、表現する役割を果たしていきたいなと
強く思うに至った夏の出来事だった。


「自分にしか聞こえない音」は確実にある。

「自分にしか聴こえない音楽」があるのと同じように。  
Posted by muselection at 21:00Comments(2)life | music

July 02, 2018

19860702 Prefab Sprout LIVE in JAPAN

1986年7月2日(水)東京厚生年金会館ホール。
EPIC SONY系の洋楽新人バンドを招待して開催された
【NEW ARTIST SHOWCASE】を観に札幌から長雨で蒸し暑い東京へ上京。
お目当ては勿論Prefab Sproutの初来日公演。
チケットは今では信じられない破格の2000円。
当時のプリファブは前年に2ndアルバム『スティーヴ・マックイーン』(日本ではデビュー盤)が
発売されたばかりで、まだ知る人ぞ知る的な地味な存在だった。

prefablivejpan


新人バンドのプロモーションが主な目的だったため、おそらくは招待客も多かったのだろう。
客席はよくわからないニューキャッスルからの新人の
盛り上がりに欠ける聴いたことのない奇妙な音楽を前に、異常なほど静まりかえっていた。
演奏、拍手、演奏、拍手の繰り返し。
僕の隣の席の女性はライブ終盤に名曲『Cruel』が演奏される頃には
大きないびきをかいて寝ていたほどだった。
(この日の模様は録音されFMで放送され、詳細は以下のサイトにある)
http://www.sproutology.co.uk/concerts/prefab-sprout-kousei-nenkin-hall-tokyo-july-2nd-1986/

newartistshowcaseps5


1st『Swoon』、そして奇跡の名作2nd『Steve McQueen』で完全にノックアウトされ、
インディーズ時代のシングルを含め、すでに10枚を超える彼らの音源を入手済みで、
日本一のプリファブファンを勝手に自称していた僕にとっては、
新宿5丁目の大ホールという場で、全くもって信じられない光景が次々と繰り広げられていた。
のちにブライアン・ウィルソンと並ぶ
稀代のソングライターの一人と称えられることになるであろう男が
目の前で生でギターを弾いているというのに、この冷ややかな空気は一体なんだ?

newartistshowcaseps1


そんなわけで怖いもの知らずでこのあと就職試験を控えていた札幌の一大学生だった僕は、
演奏以外のメンバー紹介の時にでも、大声で「ウェンディー!」と絶叫し
静寂の場を打ち破ってやろうとひそかに考えていた。
けれども絶好のタイミングの直前になって、やはり恥ずかしさが先に立ち、
扁桃腺あたりまで出ていた声を直前でこらえてしまった。
今となってはあのとき大声で叫んでおけば、
ある意味「お宝音源」になっていたのにと超がつくくらい激しく後悔している。

prefablivejpan2


結局事実上これが最初で最後のPrefab Sprout来日公演となった。
そして彼らがヨーロッパ以外で演奏したのも最初で最後のこととなった。
CXのYさんに『Cruel』を生で聴ける機会は二度と訪れなかった。
僕にも世界最高のバックヴォーカリストを目にすることも
ミドルズブラ出身の女性の名前を大声で叫ぶ機会も再び訪れることはないだろう。
それだけの歳月が流れてしまった。

newartistshowcaseps4


30年以上経ったというのに今でも、
メトロファルスやバービーボーイズのメンバーも鑑賞していたあの夜の奇妙な静けさと、
冷ややかな場の雰囲気を変えられなかった自分の不甲斐なさが忘れられないでいる。

prefablivejpan1

  
Posted by muselection at 21:00Comments(0)Prefab Sprout | music

January 23, 2018

Alvvays について語るときに我々の語ること

always1

Alvvaysはリリースから時が経っても聴く機会が殆ど減らない希有なバンドだ。
挨拶代わりの1stから完全にメタモルフォーゼした2ndが超名盤なのは衆知の事実だけれど、
何がそんなに我々を惹きつけるのかずっと考えている。
本当は何も考えず奏でられる音にただ浸っていたいのだけれども、
彼女達の圧倒的な魅力がそれを許してくれないので少々語ることにする。

思うにAlvvaysは、
これまで幾つもの支流によって形成されてきた
インディーロックという一本の大河の集大成的アイコンになった。
たった2枚のアルバムで。
それはもしかしたら早合点かもしれない。あるいは幻想かもしれない。
でもそもそもロック自体が共同幻想であり、音楽は夢を見る装置ではなかったか。

現時点においてのインディーロックの「完成形」が今、我々の目の前にある。
その同時代的な喜びから味わえる多幸感はPains of Being Pure at Heart以来ではなかろうか。
そしてそれを供与しているのが英国ではなく
米国やカナダのバンドなのは非常に興味深い顕れで、
そこにこそAlvvaysが集大成的存在になり得た鍵が隠されていると思う。

60年代的ポップ感、ポストパンク的独創感、ネオアコ的叙情感、
シューゲイザー的耽美感、ドリームポップ的浮遊感。
これまで多くのバンドから供与された音楽から僕達が愛し体感してきた恍惚の感覚。
そしてこれから先も希求し続けるであろう新たな感覚。
Alvvaysはその感覚を全方位的に包含している。

alvv

先ほど我々の目の前にあるものを「完成形」と表現したが、
もっと的確に言い換えれば我々は今、色彩豊かな「地層」の前に屹立している。
綿々と受け継がれてきた音を堆積してできたインディーロックの「地層」。
様々な支流を受け入れ流れ続けてきた大河の対面に垂直にそびえ立っている青史の「地層」。
Alvvaysの奏でる音が「音層」や「史層」に反響し、重なり合う。
あまりにも美しいレイヤードの光景に
もはや我々は赤子のような出で立ちで恍惚するしかなくなっている。
それはあたかも2ndアルバム『Antisocialites』のジャケットのように。
0010990287_10

恍惚感が良質なメロディーに乗って我々に降り注いで来る。
さらにその表現様式は美女の危うげなヴォーカル。
極上の贅沢を目の前にして、我々はいつまでもAlvvaysから耳も目も心も離れられない。
一度味わってしまった恍惚の快楽から片時も逃れられない。

always52

おそらくAlvvaysを解く鍵は、
前述の感覚を臆することなく自らのスタイルに取り込めるだけの
「純粋性」と「度量」を有していたかどうかにあるのではないだろうか。

always21


Weblog Broken English Version is HERE...
  
Posted by muselection at 21:45Comments(0)

August 27, 2017

ROUGH TRADEと徳間ジャパンと1983年/第4章

1983年という年は多くが劇的に変化した特別な年であり、
音楽シーンがアコースティック系へと本格的に舵を切った画期的な年であり、
その大きな潮流をリアルタイムで体験できた大変幸福な年でもありました。
その年の徳間の合併は偶然ではなく必然で、時代の流れの中に否応なく組み込まれていたのです。

確かに日本での発売は英国よりも遅れます。
ただインターネットも、もちろんネットショッピングもなく、
CDやビデオすら一般にそれほど普及しておらず、物資輸送だってままならなかった時代に、
遠隔地の英国で発売された輸入盤を我々が入手すること、
それ以前にリリース情報を正確に知り得ることの困難は計り知れなかった。
それを数々の試行錯誤を繰り返しながらも流通し伝搬した徳間の企業行為はまさに偉業とも言えます。

生半可な気持ちで英国のインディーポップを日本で支援はできません。
それは今でも同様です。規模は違えど我々も人生を賭けているのは相違ありません。
1980年代前半のROUGH TRADEと徳間ジャパンの捨て身とも呼べる覚悟や信念は凄まじかった。
それが1983年に一旦結実した。この史実は肝に銘じておくべきだと思います。

1983年という地殻変動的な時代の空気感を的確に読み取ったラフトレの大英断と、
それを日本で後方支援した徳間の心意気がなければ、
おそらくThe Smiths以降のC86やギターポップなどはそれほど響き渡ることもなく、
現在のシーンの風景やアーティストの顔ぶれも全く違うものになっている可能性だってありますし、
もしかすると「ネオアコ」という言葉自体、この世に登場することはなかったかもしれません。

5051



最後に【25RTL-3】RADIO TWELVEのライナーノーツに記されている、
1983年11月の鳥井賀句さんの名文を紹介します。

ここには「ネオアコ」はもちろん、「ネオアコースティック」という言葉すら欠片も出てきません。
ここにはただシンプルな時代洞察があります。冷静さの中に垣間見える期待と興奮とともに。

極めてパーソナルで、だからこそリアルな同時代的共感。
深淵な森の中で、何かをもがきながら掴み取ろうとする焦燥感。
そして森の中を駆け抜けたのちに、きっと訪れるであろう漠然とした希望感。

これこそが心から伝えたかった1983年の空気感であり真理なのです。

_________________________________________
_________________________________________

最近某国内レコード店らの強力プッシュによってある種の隠れた流行音楽となった感じもある、
これらのモダーンなアコースティック・ミュージックのことを、
現在のインディーズ・ニューウェーブの新たな時代的潮流と見るか、
ポスト・モダーン現象、あるいはモダーン・フォークロア・ミュージックと名づけるか、
単に家内制ニューウェーブのポップ化、フォーク化ととるか、
ネオ・フォーク・リバイバルと見るか、安易なノスタルジア回帰ととるか、
軟弱趣味音楽、エレクトロニクス音楽の反動とみるか、
それとも個への回帰、内省的自己憧憬と自己洞察として積極的に時代論の中に位置づけるか、
今はそれは各聴き手個人の判断に任せたい。

時代論の中にこれらアーティスト達の極めて個的な歌をはめこむことよりも、僕は今、
ひとつの風景論の中に彼らの吐息にも似た歌の息づかいを流し込んでみたいと思っている。
Weekendの見た「部屋からの風景」とは何か?
ロバート・ワイアットの歌う「君の想い出」は苦いか甘いか?
それぞれのアーティストがそれぞれの戸口を開けて、
僕達自身の姿を映し出しているかもしれないから。

「僕らのことを淋しがり屋と呼ぶけれど、僕らは単にひとりきりでいるだけさ」
アズテック・カメラ『思い出のサニー・ビート』より


52


第3章へ  
Posted by muselection at 21:00Comments(0)music | life

August 26, 2017

ROUGH TRADEと徳間ジャパンと1983年/第3章

ROUGH TRADE(通称:ラフトレ)の歴史や作品については周知の事実なのでここでは割愛します。
ただポストパンクを中心に良質なインディーポップを送り届けてきた老舗にも
やはり「経営」と「インディーの火を消せない使命感」の狭間で苦悩した時期があり、
ショップから独立した1982年直後はまさに直面していた時期なのです。

3738

本国英国の音楽シーン自体が、当時話題を振りまいたシンセサイザーを使用した
ダンスミュージックやエレポップなどのニューウェイヴの興隆と共に、
ポストパンクさえも様々な形に変容し枝分かれしていった1983年です。
世界のいたるところでマイケル・ジャクソンの『スリラー』がメガセールスを記録していた1983年です。

徳間ジャパンが『ラッキー・ビートニクス』だ! これからは『ダンス』だ!と煽ってみても、
全世界的なシーンの趨勢に立ち向かえるはずがありません。
ラフトレも同様に、やはりマイケル・ジャクソン的ではない、
いわゆる「ニッチ」な「コア」な「マニアック」な路線に活路を見出すしかなかったのです。
そもそもがインディー精神の権化だけに、その方向性を見失うことは考えられませんでしたが、
そんな渦中にインディーシーンでは、ポジパンやゴシック、ネオサイケなどの支流に混じって、
新たな風=アコースティック系が登場してきたのです。

37

1983年末発売の徳間ジャパン第3弾日本編集盤LP 【25RTL-3】が新風の到来を象徴しています。
【25RTL-3】V.A. / RADIO TWELVE
帯文/ロンドンライフは新陳代謝(アコースティック)しています。
   シティーナチュラリストがオンエアする

4041

Weekendの『A View From Her Room』から始まり、
Strawberry Switchbladeの『Trees and Flowers』、
そしてAztec Cameraの『Walkout To Winter 12"』『Queen's Tattoos』と続き、
Robert Wyattの『Round Midnight』で終わる全12曲のラジオ番組仕立てのコンピレーション。
まさに帯文にあるように「アコースティック」系「新陳代謝」を生んだかのように感じたものです。

4442
4546

80年代的な仕様はともかく、そこにはもうゴリゴリのポストパンクはいませんでした。
必然的に徳間ジャパンも時代の風や空気感を感じ取ったのです。
そう、時代は静かに密かに確実にアコースティック系に移行していました。
振り返ると、ラフトレにおけるその先駆者はYoung Marble Giants〜Weekendであり、
ポストカードからの使者Aztec Cameraだったのでした。

46-2


そして深い混迷を吹っ切ったのが1983年にデビューしたThe Smithsのその後の大躍進であり、
セールス的にも経営的にもラフトレの窮地を救ったのがスミスでした。
ラフトレの全てとまでは言えませんが、
間違いなくスミス作品のリリースがラフトレのその後の動勢を決定付け、
その結果、徳間ジャパンが向かう道も定まったように当時は思えたものです。

4849-2

あれからもうじき35年が経とうとしているにも関わらず、
こうやって当時の音楽シーンを題材に大好きな文章を書ける自分の核になる部分を形成したのも、
間違いなくYoung Marble GiantsやAztec CameraやThe Smithsなどの素晴らしい曲、
ひいてはROUGH TRADEや徳間ジャパンが育んだ1983年の矜持があったからこそだと信じています。

47


第2章へ    第4章へ  
Posted by muselection at 21:00Comments(0)music | life

August 20, 2017

ROUGH TRADEと徳間ジャパンと1983年/第2章

1983年は我々インディーポッパーにとって非常に重要な年です。
それは徳間音楽工業とジャパンレコードが合併し
徳間ジャパンになった年だからだけではありません。
前述のAztec Cameraが『High Land, Hard Rain』をリリースした年。
もちろんそれも枢要です。でももっと重大な出来事が。

そう、The Smithsが『Hand in Glove』をROUGH TRADEからリリースしたのが1983年なのです。
《RT131》は5月に英国で発表されたものの、残念ながら日本国内盤の発売はありませんでした。
それは多分7インチというフォーマットでもあり徳間の合併混乱期でもあったからでしょう。

14-1

1983年当時ディスコミュージックを中心に世界の音楽界を席巻していた商品仕様は12インチでした。
新生徳間ジャパンでの初の12インチ【15RTL-1】は先述のWeekend。
続く【15RTL-2】はAztec Camera『Oblivious』。
今では「ネオアコ/ネオアコースティック」と呼ばれる作品が先陣を切りました。

1618
1719
2021


そしてその流れは翌1984年にもThe Smithsの『This Charming Man』【15RTL-3】、
『What Difference Does It Make?』【15RTL-4】でさらに加速し、
未発売の憂き目にあっていた『Hand In Glove』は、Sandie Shawとの共演【15RTL-5】となって日本発売されました。
英国でのリリースは一部1983年でしたが、日本での発売はすべて1984年です。
このThe Smithsの一連の12インチのリリース状況を鑑みれば、趨勢が決したのは1984年とも言えます。

2324
2225

一方、徳間ジャパン発売のLPの方は、1983年という時代に即し【25RTL-4】でJazzateers、
【25RTL-5】でRaincoats『Moving』、そして翌年満を持して『The Smiths』【25RTL-6】と続きます。
繰り返しになりますが、【25RTL-1】はVirgin Prunesの『...If I Die, I Die』でした。

ここまで述べてきて何故【25RTL-2】【25RTL-3】を抜かしたのか?
実はそれが今回の本題です。

本題に入るまでにこれだけ数多くの言葉を重ね、積もりゆく時代考証を必要としているのは、
それだけ事実や真実を伝えたいという意識の顕れだと思っていただいて結構です。
1983年がどういう時代だったのかを知り、ひいては当時の空気感が伝わることで、
我々が現在好んで聴いている音楽の聴こえ方すら変わってくると信じているからです。

26



閑話休題。
既述のように1983年、新生徳間ジャパンのラフトレ紹介第一弾LP【25RTL-1】は
ポジパンのVirgin Prunesで、【25RTL-4】はPaul Quinnも在籍したJazzateersでした。
さて、その間の【25RTL-2】と【25RTL-3】はいったい誰の何という作品だったのでしょうか?

27

【25RTL-2】V.A. / LUCKY BEATNIKS
帯文/今夜の気分は全身ダンス感覚!!
解説文要約/ラフトレを中心にジャパンレコード発売の洋楽の中で
      リズム重視・楽しいビートなど、ここ数年の音作りのサンプル。<日本編集盤>

2829

はぁ?
ポジパンとポール・クインの間の【25RTL-2】が『ラッキー・ビートニクス』?
「ダンス感覚」? 「ビート」って何? おまけに収録メンバーもバラバラですよね?
Scritti Polittiはまだしも、Aztec Cameraの『Oblivious』や『Walk Out To Winter』でビートを感じろ?
挙げ句の果てには、Mackey Feary? ハワイのカラパナっていうバンドの人じゃん!

3031

この意味不明の暴挙から読み取れるのは、
英国を含め全世界的に音楽シーンの変革が同時発生的に1983年に起っていたため、
誰彼構わず万人が未来を予測しかねていたということです。
これまでなかった新しいセンスや新たな風が吹き荒れる予感だけは感じ取れる。
何かが変わり始めていることだけは予測できる。でも何がどう変わるのかが読み取れない。

ROUGH TRADEにしても「これからシーンで何が流行るのか」がさっぱり見当がつかない。
そのラフトレ作品を日本に紹介する立場の徳間ジャパンに至ってはなおさらのこと。
えい、ディスコも流行ってるし、試しにガバッとこれでくくってみるか!が、「ビート」だったのです。
まぁ、かなり早い「マンチェスタームーブメント」を起こそうとした、と考えるのが妥当です。
しかしそれにはあまりにも強引すぎましたし、何せ時代の趨勢と役者が圧倒的に不足していましたが。

3233

ただとにかくレーベル内の曲を集めてショーケース的に紹介する方法は
好敵手のCHERRY REDが実証済で、当時の流行でもありました。
日本でもトリオによって、前年の1982年に「新感覚派音楽大集合」と謳われた
『Pillows & Prayers』【AW-20005】が、セールスはどうあれ話題性では確実に成功していたのです。

34
3536


この『ピロプレ』の再現を『ラッキー・ビートニクス』で徳間が狙ったことは容易にうかがえます。
しかしながら二匹目のドジョウにも二番煎じにもならなかったことは時代が証明しています。
1983年のこの企画は確かに先鋭的ではありましたが、残念ながら「ラッキー」なことは皆無でした。
いやはやラフトレも日本独自でこんな無茶な企画を打ち出した徳間にはさぞかし驚いたことでしょう。
そして「アンラッキー...」とボヤいたかもしれません。
ただ繰り返し言えることは、それほどまでに当時のシーンは混迷を極めていたということです。
この史実だけは記憶にとどめておくべきだと思います。

第1章へ    第3章へ  
Posted by muselection at 21:00Comments(0)music | life

August 19, 2017

ROUGH TRADEと徳間ジャパンと1983年/第1章

1983年当時、ROUGH TRADE作品を日本国内で発売していたのは
徳間ジャパンというレコード会社でした。
当時はCD普及前でアナログのLP/EPが大部分。
帯やライナー付の販売価格は2500円だったので【25RTL-XXX】という品番でした。

01

そのラフトレ紹介第1弾、徳間での品番【25RTL-1】は、Virgin Prunesの『...If I Die, I Die』。
初回から何とも微妙な選択。
まぁダブリンの一応ポストパンクバンドなので大きな方向性は間違ってはいませんが。

このVirgin Prunesの1st、プロデュースはWireのColinNewmanで、
当時興隆していたポジティブパンク(通称ポジパン)に括られていました。
徳間の当時のポリシーは「英国での流行を日本に伝えたい」一心だったのです、きっと。
だってのっけからポジパンだったのですから。



ちなみに12インチ邦盤は1983年には1500円が相場で、
徳間もその第1弾に【15RTL-1】としてWeekend『Live At Ronnie Scott's』を発売しています。
ラフトレの紹介を始めていきなりLPがポジパンで、
12インチがアリソン・スタットンだなんて節操なさすぎですよね?

03

徳間ジャパンだって著名なレコード会社です。
ラフトレとのライセンス契約はあったにせよ、発売作品を選ぶ権利くらいあったはず。
それでもこの節操ないラインナップで品番のスタートを切ったのは、あえてそうすることで
英国で起こっているシーンを直接紹介するというポリシーを遵守しようとしたのでしょうか?

実はこれには裏事情があって、
徳間ジャパンは元々「徳間音楽工業」と系列会社の「ジャパンレコード」とが1983年に合併してできた会社で、
元来こっち系の音源を扱っていたのはジャパンレコードの方で、
徳間は島倉千代子などあっち系?ばかりだったので、合併の影響でチョイスが多少混迷していた模様。

04

更に言うとラフトレ作品も徳間ジャパンより先にジャパンレコードが
すでに1980年から【RTL】シリーズで発売していたのです。
【RTL-1】はPop Group、【RTL-2】はCabaret Voltaire、
【RTL-3】はYoung Marble Giants『Colossal Youth』という強力布陣でした。

05

ジャパンレコードは矢野顕子など異色の邦楽の他、
1982年までFallやRaincoatsやRobert WyattやScritti PolittiやGist等のポストパンク作品を、
半ば売上度外視で次々日本国内に流通していました。
最早先見の明というより、ラフトレと心中していたようなもの。合併もやむなしです。

0607

ところが1982年の後半、ラフトレの趣向が変わってきて、
先に登場したWeekendが『La Variete』を発表。
ジャパンレコードも【RTL-31】として翌年追随しましたが、
従来のゴリゴリのポストパンクとは全く雰囲気が違うアコースティック系。
おまけに会社自体にも合併の噂が浮上。

weekend1

weekend2

そして運命の1983年、ジャパンレコードが【RTL-34】として日本発売したのが
Aztec Camera『High Land, Hard Rain』。
これが実質的な真打ちとなり、その後シリーズコンピ『Clear Cut』をリリースし、
合併前の最後っ屁ともいえるThis Heatでジャパンレコードの【RTL】シリーズは幕を閉じました。

0910
11

こういった経緯があって1983年途中に徳間ジャパンは、
その前身であるジャパンレコードの遺産をそのまま引き継ぎ、
当時英国で流行していたポジパンやアコースティック系、
つまりはラフトレの時代に即したリリース作品を日本で発売することになったのです。
ただこの「時代に即した」という点がミソなのですが。

何故「時代に即した」がミソかと言うと、
一介のインディーズだったROUGH TRADEの重大な転換期と、
ジャパンレコードと合併して徳間ジャパンとしてスタートを切ったタイミングが絶妙に一致しており、
それが1983年という「ひとつの大きな時代的分水嶺」だったからです。
これは音楽の神様のいたずらか?と思うほど。

1213

第2章へ  
Posted by muselection at 21:00Comments(0)music | life

June 20, 2017

北欧ポップ 棚卸し2017

ABBAやa-haやRoxetteやCardigansやCloudberry JamやRay WonderやClub 8や
CessnaやLake HeartbeatやLoch Ness MouseやSondre Lercheなどなど、
とにかく北欧には星の数ほどたくさんいいバンドやミュージシャンがいるけれど、
そりゃあUKとは近いし、スウェーデン、ノルウェー、フィンランドの他に
デンマークを含めれば4ヵ国にもカテゴリーが及ぶから、それだけ多いのは当然とは思いつつ、
どれもこれも好きでたまらないので、時間を作って棚卸ししてみたら案外壮観でして。

C-gJ3z1U0AAeGm7

Peter Bjorn & John   Team Me     Lacrosse
Pacific!         SiN     I'm From Barcelona

大好きな北欧ポップを並べてみたら、ジャケットは何故か全部イラストもの。
2006年作なのに、すでに軽い懐かしさ。

♪ Young Folks



From Sweden

C27qaVxVEAAG9ga

■Eggstone
Eggstoneを聴くとちょっと暖かくなる気がする。
札幌より北国の彼らが「Winters do〜」って歌ってるのに何故かほっこりするのは、
それだけハートフルな音を奏でてるって事だよね。

♪ Marabous


EggstoneのCrunchy Frogからの再発アナログを買おうかどうか迷ってる。
でも迷ってる時点で答えはもう決まってる。
あとはタイミングだけ。ベルが鳴るのを待っている。

♪ Waiting For The Bell


■Wannadies
スウェーデンのパワーポップバンドWannadiesのオリジナルアルバム&編集盤。
シングルを含め作品発表の時期毎に異なるシリーズのアートワークが曲と共に楽しめた、
絶えず疾走感を携えた素敵なバンドだった。いつかひょいと復活してほしいなぁ。

C-0wG5fUIAAGzxH


■Blissful
スウェーデン史上空前絶後のポップバンド、
Blissfulのオリジナルアルバム3作『Greatest』『Orchestra』『Vitamins』。
問答無用のメロディー。魂の叫びにも似たトランペット。つまりは最強のネオアコ。

C_tYWMDV0AI2iKh


■Happydeadmen
スウェーデン至高のバンドはやっぱりHappydeadmen。
ネオアコ/ギタポの金字塔『Science Fiction』など元祖直系のハイクオリティな名曲群。
4thはレアで未所有だけど、他作は絶えず心の中で響いてる。

DBeqNe2VoAEBmMK

♪ Science Fiction


■This Perfect Day
スウェーデンのバンドの中でも最上級に好きだった、This Perfect Day。
個人的に何故かしっくりくるバンドで、それはきっと同じ北国の田舎育ちだから。
素直で純朴でメロディー重視の曲は、90年代のDJの際に北欧の爽風を吹かせた。

DBZm9FFU0AA6SlL


■Acid House Kings
スウェーデンのAcid House Kings、
1st『Pop, Look & Listen!』はドイツのMarsh-Marigoldから1992年発表のネオアコ名盤。
CDのみでも四半世紀も経てば結構貴重盤。素朴で晴天の休日には最適!

DARdSNrVYAAATuC


■Red Sleeping Beauty
ユニット名の由来はMcCarthyの曲、2015年復活したスウェーデンのRed Sleeping Beauty。
復活前2作とシングル集は90年代インディーの宝箱。
晴天にふさわしいハッピーチューンばかり。まさに好日のサウンドトラック。

DAMhD-4UQAAmMqK


■Atomic Swing
スウェーデン出身Atomic Swingの1993年1st〜1997年3rd。
同じ北方圏に位置する札幌で2回もライブをしてくれた彼ら。
ほとばしるグルーヴが堪らなかった。
2006年に復活したようだけど残念ながら未聴。買ってみっかねん。

DAB_pOtUQAAFDIr


■Beagle
良質なメロディー満載!スウェーデンのギタポバンド、Beagle。
全2作のLPとCDでは配色や質感や裏面意匠が微妙に違うワン。
さすが北欧モノはデザインにこだわりがあるワン。
『Within』の方はエンボス加工のジャケットで手触りが最高だワンワン。

50


■Grass~Show
スウェーデンのGrass~Show。
DJで御用達だった唯一のアルバム『Something Smells Good In Stinkville』と
日本編集盤『Vertigo』。
美メロ+パワーポップ=魔法的!長い人生を乗り切りまShow!

C_3p5tZVwAADWtX


■Sambassadeur
スウェーデンのポップバンド、Sambassadeur。
脱ネオアコのアルバム『Migration』『European』は
北欧の自然を想起させるサウンドに純朴な声質の女性ヴォーカルが絡み、
独自の世界観が広がる名盤。

C-vn6KXU0Ak9tYC


■Seashells
スウェーデンのポップバンド、Seashells。
1995年の2nd邦題『恋の銀行強盗』にはネオアコ名曲の『Lovebirds』が口笛と共に収録。
後にQuinceやCloudberryがフォローしたのも大いに頷ける清新なポップセンス。

C_d-xCpUQAAoEz1

♪ Lovebirds


■Merrymakers
トランポリンズと共にセコハン安価棚の常連、スウェーデンのMerrymakers。
「ビートルズを神とジェリーフィッシュを父と崇めて」いた彼らが
現実にアンディをプロデューサーに迎えたのはまさに乾坤一擲。
夢叶い二作で散ったのはきっと本望。

C_81yaFUQAQIn06


■Popsicle
スウェーデンのインディーポップバンド、Popsicle。
1995年セルフタイトル内の『Not Forever』が名曲すぎる。歌詞にも感涙。
  I can change I'm not the same
  Not forever

♪ Not forever


C_Y2Np_WAAEZG4M


■Cinnamon
スウェーデンの女性voバンド、Cinnamonの2ndを。
セシルカットが似合うFridaの歌声はキュートな魅力全開。
ストックホルムの街を歩いた時「パッパッパッパ〜♪」が脳裏に蘇ってきて妙にほっこりしたっけ。

C_oOYI4VwAUzXH1

♪ The Missing Persons File


■Excuse
スウェーデンのバンド、Excuse。
1996年の1st『Century』はビートルズ直系のポップソングが13曲も。
あのトーレヨハンソンが共同プロデュース。ライナーはあの仲真史さん。
メロディアスな曲群に溺れてみては。

C_jGSEWUQAEyUr3


■Drowners
Suedeの曲がバンド名のスウェーデンのDrowners。
1996年のデビュー盤『Destroyer』はさすが北欧だけあって
ジャケットやフォントの使い方などデザインが洒落ていた。ラウドな音も◎。

DAbtuqdXkAAc83z


■Eskobar
スウェーデンの美形トリオEskobar。
2001年の2nd『There's Only Now』には
北海を越えるのに10年かかったマンチェスタービート名曲『Move On』が収録。
あぁ「マッドチェスター」という物言いはやっぱり嫌いだ!

DAg-dScXYAI4ctx


■Whipped Cream
スウェーデンのレーベルSNAP。
Eggstone『In San Diego』とWannadies『Aquanautic』のカタログ間の
Whipped Cream『Tune In The Century』が不出来なわけがなかろうもん。

DArRiXvXUAEhghm


■Scents
スウェーデンのSoap〜Snapで密かに野に咲いた花、Scents。
『タンポポ』と『ポピー』の2枚のシングルにはあのトーレヨハンソンがハーモニカで参加。
黄と赤の色彩鮮やかなジャケットが表裏とも美しすぎる!
Scents=香り。フローラルないい香りが漂いそうな清涼メロディーが最高!

06


■Loudean
スウェーデンのオルタナ女性voバンド、Loudean。
ワナダイズ等のSoapからの1997年作1st傑作シングル『Stereo』の子供ジャケットを見開きで。
童心に返って滑り台滑りたい!

C_EJWH-UwAEJmjo


■Tribeca
マンハッタンの南街と同じ名前のスウェーデンのバンドTribeca。
2002年のデビューアルバム『Kate−97』は
(裏面掲載不可なくらい)やさぐれたジャケットから想像できない程小粋なシンセポップ満載。
テイクミーアウトトゥナイトって!

DAmAkLqWAAAd4zx


■Easy
またまたスウェーデンのSnap Recordsから。
カタログ【SNAP12】は同国出身、Easyの2nd『Sun Years』。
彼らどうやらルックスに大いに自信があるようで。
さて盤を含むアートワークにメンバーの顔は一体何個あるのかな?

07


■In Elvis Garage
スウェーデンのギターポップバンド、In Elvis Garage。
高らかにホーンが鳴り響く爽快感溢れる唯一のアルバム『winning by cheating』は
タンバリンスタジオ全盛期作品!

40



From Denmark

■ Gangway
デンマークのポップ職人、Gangwayのオリジナルアルバムと編集盤。
解散前の意味深な題名の最終作『That's Life』が1996年だから
2017年に新作発表だと何と21年ぶりの復活!10月にはライブ予定!
頭皮と作曲センスが再び光り輝くね!

C_JK_QkV0AA_1OQ

Gangway復活のデンマーク語のニュースサイトが全然理解不能だったので、
ググッと翻訳したら、とんでもない和訳だった。
まぁギリ何とかわかるけど、左下の「それでもはげ」って。。。
全世界ポップファンの期待を一身に背負っての再結成だっていうのに
「それでもはげ」って。。。あんまりな翻訳!

C_JUOEXUMAE3bov


■Northern Portrait
デンマークのインディーポップバンド、Northern Portraitの全作品。
基本姿勢は言わずもがな80年代のSmithsだけど、
その姿勢を貫く愛と勇気と純粋性に対して猛烈なシンパシーを感じてやまない。

C-qMlV0UIAQ83OR


■Mew
通算7作目の新譜が出たデンマークのバンドMew。
2003年頃の作品の一連のアートワークに今でも惚れ惚れしている。
凛とした佇まいがあり、音もそれに拮抗するように魂へ直接響いていた。
やはりアートワークは感性や姿勢の象徴であるべきだろう。

C-lQLFUVoAAvGzY


■Birgit Lystager
デンマークの歌姫、Birgit Lystager。
1970年のセルフタイトルは北欧産ジャズボッサの最高峰。1983年の共演盤(右)も名盤。
心おどる音楽と共に「いい感じ!」で毎日を満喫しましょう!

C-55pbAWAAIzbef

♪ Christina (Tristeza)



From Norway

CyRa9TWUUAAP1gO

どちらかというと冬に聴くのはやっぱり北欧モノだな。
北欧でもノルウェーだな。
ノルウェーと言えばフラリッポリッピかキングスオブコンビニエンスかアーランドオイエか
ロイクソップかアーハかポゴポップスかディランモンドグリーンかソンドレラルケかセリアだな。
あれ?Team Meはどこさ行った?

■Dylan Mondegreen
いつも急に聴きたくなる。それは北海道の夜道でよく見かける光景だからではない。
ザ・スミスっぽいギターと哀愁のトランペット。歌詞も素晴らしい最高の一曲だから。

♪ Deer In Headlights


IMG_3068 (1)


■Askil Holm
ノルウェー出身のAskil Holm。
2003年邦盤アルバム『Seven Days In The Sun』は、
北欧の澄んだ空気に満ちた陽気と元気と勇気を届けるナンバー満載の傑作。
青空続きだったあの頃を振り返るにはぴったり!

C_TrCfkVYAEkeNN


■Pogo Pops
Kings of Convenienceと同郷ノルウェーはベルゲンのバンド、Pogo Pops。
1993年日本オリジナルジャケデビュー盤『Pop Trip』。
普遍的ポップが満載でも札幌ライブは売れ行き不振で公演中止。ポポポ。トホホ。

DAHMyjyUQAEsRcp



From Finland

■Poverty Stinks
フィンランドのサイケポップバンド、Poverty Stinks。
1993年日本独自発売の編集盤にはBlack Sabbathの1970年の名曲『Paranoid』のカヴァーが収録。
他の北欧のバンドとは一風異なったセンスが光っていた。

DAWvRGmVYAAOson


■Tigerbombs
ハはのヒにフぃんらんどのヘっホ°こばんど、Tigerbombsを。
持ち味は恥ずかしげもないおふざけニューウェイヴ魂。
マジで2001年結成のバンド?と疑う位の直球性/純粋性は
北欧の虎爆弾を名乗る輩の常識にトラわれないポップの真剣解釈?

45


____________________________________________

でも何だかんだ言って北欧ポップで
最も良質で、最も心の琴線に触れて、最も好きなのは、ノルウェーはベルゲン出身の
■Kings Of Convenience ではないかと。活動を再開してくれないかなぁと願うばかり。

Kings Of Convenience

  
Posted by muselection at 21:30Comments(0)TrackBack(0)music | life

February 12, 2017

【ネオアコ】がカッコ悪い7つの理由

かっこいいことはなんてかっこ悪いんだろう

これは早川義夫が1969年のジャックス解散直後に発表したソロ・アルバムのタイトルだが、
今回のテーマである「【ネオアコ】はどうしてカッコ悪いのか」とは全く意味が異なっている。
早川義夫の方は「カッコつけ(すぎ)るとカッコ悪い」という意味合いだろうけれど、
今回のアジェンダは「そもそもカッコ悪いものはいつまで経ってもどこまで行ってもカッコ悪い」、
ひいては自虐的かつ逆説的に「カッコ悪いことはなんてカッコいいんだろう」
という意味合いであって、明らかにスタート地点が異なっている。

【ネオアコ】のスタート地点については、
ネオアコZINE´△僚説にも記したが、簡潔にまとめると…
________________________________________

現状の否定として誕生した【ロック】が体制的になり、
そのことへの反発から湧き出た【パンク】も
否定の否定という二重否定以上の現象を生み出さず、
代わって否定を肯定する姿勢から誕生した【ポストパンク】が
1980年代前半に英国のインディーロックとして台頭。
その【ポストパンク】から派生したスタイルが、
従来のアコースティックミュージックより「新しい」ことから
【ネオアコースティック】と呼ばれるようになり、
その新鮮な発想とアプローチはごく自然に反作用的な否定を生むことに成功。
【ネオアコ】は1990年代に日本の某バンドが流通に寄与した単なる略称で和製英語。
________________________________________

f2c00c1d


■1■ そもそも成り立ちからしてカッコ悪い

カウンターカルチャー=【ロック】のカウンターカルチャー=【パンク】の
カウンターカルチャー=【ポストパンク】のさらに派生形が【ネオアコースティック】だなんて、
結局ふりだしに戻っているような気もするし、あまりにもまどろっこし過ぎてカッコ悪い。

【ネオアコースティック】は否定を肯定する姿勢から反作用的な否定を生む。

非常に哲学的で禅問答的でひねくれていて一見難しい物言いに聞こえるが、言い換えると
「人生は悪夢のようなものなのだから、私は私なりに生きてゆくんだもん」という、
どこかで聞いたことのあるような台詞になる。
そしてその台詞の世界観に、1980年代前半に激しく共感した方々と
後追いでその世界観にハマった方々が、きっと今こうしてこのブログを読んでいると思われるが、
僕達/彼らに共通しているのは、
これまでのぬるま湯的な既成の世界観を覆す『The Queen Is Dead』の精神。
つまり【ネオアコースティック】は、The SmithsのMorrisseyの歌詞の世界観そのものなのだ。
(「スミスはネオアコか」の論議に全く興味がないのは、
「スミスこそがネオアコースティックだから」という結論を持っているからだけでなく、
論点が完全にずれているからである)

■2■ ひとりぼっちはカッコ悪い

そんなわけで、そもそも【ネオアコースティック】が否定の肯定から端を発しているせいか、
「どうせ僕なんて」的な自己憐憫やその反動からの自己愛など
思春期特有の趣きも手伝って、どこまでいっても単位は「自己」、つまり「個」だ。
そう考えると「個」単位の音楽であるからして、いつどこの「個」が名付けたのか、
【ネオアコースティック】や【ネオアコ】という呼称の発祥も当然定かではなくなる。
また、過去に「個」の世界観を持つ音楽に傾倒していたことに対して、
「哀愁」や「サウダージ」といえば聞こえはいいが、
どちらかというと「後ろめたさ」に近い感情を抱き始めるのも真っ当な社会人の成れの果てだし、
さらに加齢と共にもっと「個」から解放されていればという悔恨の念とセットになって、
どこかで「こんな音楽を聴いてきてよかったのだろうか?」という
過去から現在への自分自身=「個」へ跳ね返った疑念をも抱くようにもなり、
挙げ句の果てには「あの狂った季節は何だったのか?」を検証したくなり、小生のように
ネオアコZINE> と称して家系図を紐解くがごとく「相関図」を作ってみたくなるような、
そんな後ろ向きの構造が【ネオアコースティック】や【ネオアコ】の内部にはある。

sotowaku

群れるのもカッコ悪い。だからといって孤独を貫くというのもどうだろう。
「孤高」という言葉には確かにカッコいいイメージがあるけれど、
突き詰めて煎じていくと、結局寂しい「ひとりぼっち」という悲しい事実に行き着いてしまう。
Aztec Cameraが『Oblivious』で歌っていたような
「僕らのことを淋しがり屋と呼ぶけれど、僕らはただ一人きりでいるだけさ」
といった、いわゆる「個」の本質、本性である強がりの姿勢が
【ネオアコースティック】や【ネオアコ】にはいつの時代も垣間見える。
これは到底カッコいいとは言えない「引きこもり」的かつ「閉じこもり」的な姿勢だ。
この姿勢が発展して、第三者が【ネオアコースティック】や【ネオアコ】のことを語ったり、
【ネオアコースティック】や【ネオアコ】の曲をかけたりすると、
鼻で笑うような対応しかできなくなるような人間性が生まれる。
【ネオアコースティック】や【ネオアコ】に関与すること自体がカッコ悪さの極致であり、
器の小さい人間のさらなる増殖に寄与している気さえする。
もしかするといいだけ分別もついて歳をとり人間関係を殊更重視するようになった
2017年の今だからこそそう感じるのかもしれない。
1983年には「一人きりでいる」という姿勢がものすごくカッコよく感じたのだから。
それは当時の時代的空気感がそういう風潮だったことも大きいが、
何より「今が一番時代の最先端だ」といった
今では決して抱くことのできない絶対的自信があったからだろう。
今の時代には誰も自信なんて持てっこない。
やはり長年生きていると、過去の方が美しく思えることの方が多くなるものだ。
八神純子の『思い出は美しすぎて』が浮かんだ方は、すでにこの退行現象に陥っている。



■3■ めんどくさいのがカッコ悪い

さて「【ネオアコースティック】や【ネオアコ】」と2つの言葉を並列的に書くと長くなるし、
もう難儀なので、これからは【ネオアコ】に絞ることにしたいのだが、
こう前置きすることすらカッコ悪い。というよりめんどくさい。
そう、【ネオアコ】はめんどくさいのだ。

どのバンドが【ネオアコースティック】で、どのバンドが【ネオアコ】か。
時代的にどこまでが【ネオアコースティック】で、どこからが【ネオアコ】か。
そういっためんどくさいテーゼから始まって、
音的には似たような【C86】や【アノラック】や【twee pop】との相違も全く不明確で、
言葉を使う時もいちいち思案しなければならず、とにかくあちこちでめんどくさい。
多くの音楽評論家の適当な解説による何だかややこしい時代背景も同時に孕んでいて、
実態がつかめないのが何より複雑だし不甲斐ないしめんどくさい。
そのめんどくささが今の時代に【ネオアコ】という言葉を発する瞬間に付き纏い、
そういった些事に拘泥している自分自身にもカッコ悪さを感じるという負のスパイラルを生む。

■4■ 胡散臭さがカッコ悪い

【ネオアコ】も【ネオアコースティック】もいくら英語に直しても実は日本でしか通用しない。
それも何だか音楽価値的に低くなっている要因のようで何だかちょっとカッコ悪い。
どうせなら世界共通語の【インディーポップ】がこの2つよりも深く浸透していれば、
この問題は全く勃発しなかったのに、どうして【ネオアコ】だけが広く伝播してしまったのか。
それはもしかしたら日本の「ファッション」と密接に関係していたことが大きいかもしれない。
例えばファッション雑誌『オリーブ』。例えばアニエスbのボーダーシャツ。
例えばカジヒデキの短パン。(そういえばPale Fountainsの『Just A Girl』も縦縞に短パンだな)
そのカジヒデキがどのような経緯で独特のファッションスタイルに到達したかというと、
実はDerek Jarmanが監督したThe Smithsの『The Queen Is Dead』(また登場)のPVでの子供の
衣装がまさしくボーダーシャツに短パンで、それがカッコよく見えたから、ということらしい。
そのインタビュー記事をネットで読んで、大いに納得した。

衝撃を受けたものへのオマージュを込めて、そのスタイルを踏襲する。
そこに【ネオアコ】の正体を見たような気がしたからだ。
とどのつまり【ネオアコ】は【ネオアコースティック】に衝撃を受けた者が奏でている音楽で、
所詮二番煎じであり真似事に過ぎない。
日本人が英国人の音楽やファッションを模倣しようとしても、
どうやっても越えられないハードルが立ち塞がっているはず。
何も人種や国籍や言語の話を持ち出そうとしているわけではない。
精神的にも肉体的にも、そもそも構造や背景の違うオリジナルな西洋文化を
オマージュと称して東洋で踏襲することなんてやっぱり無理な相談なのだ。
それは結局、模倣や真似になってしまう。模倣や真似は非常に胡散臭い。
特に音楽に対し影響を与える可能性が高い「ファッション」は、
やはり一過性の流行という意味合いも濃くあり、そういった意味でも胡散臭さを手伝っている。
永続しそうもない、その場限りの音楽。
渋谷をうろつくような奴らが騒いでいる音楽【渋谷系】が揶揄されるのは、
小さい島国日本でごく一部が騒いでいる音楽【ネオアコ】が揶揄されることと同様、
そういった怪しくて本物ではない胡散臭さの象徴のような気がしてならない。
ポップアイコンを標榜し「ファッション」と共に時代と添い寝するだけの刹那的な存在は、
やはり胡散臭いと言われても仕方がないし、イミテーションにはそもそも価値がない。
うわべだけをとらえるとどうしてもきつい物言いになってしまうけれど、
胡散臭いものはどう転がしても煮ても焼いても、やっぱりカッコいいとは言えない。



■5■ 何だか語感もカッコ悪い

ここまで来て何だか【ネオアコースティック】の略語という役割を超えたところに、
【ネオアコ】のカッコ悪さがあるように思えて仕方がなく思えてきた。
それは先述のように、めんどくさく胡散臭いことも決定的な要因だと考えるが、
きっと【ネオアコ】という言葉の響き自体にもカッコ悪い問題は潜んでいる。

「キムタク」や「ミスチル」のような破裂音がないので語感的にも弱々しいし、
「オコエ」ならまだしも【ネオアコ】の「ネ」が弱音っぽく、
「オア」という言葉の並びも何だか脆弱で、どう贔屓目に見てもカッコ悪すぎる。

■6■ 意味不明なのがカッコ悪い

【ネオアコ】という言葉だけでは意味がストレートに伝わらないのも非常にマイナス要素だ。
【ギターポップ】なら「ギターを使ったポップなんだな」とわかるし、
【シティポップ】なら「都会的な洗練されたポップなんだな」とすぐ認識できるのに対し、
【ネオアコ】は冒頭の序説にも記したように、時代考証的にも一周廻らないといけないし、
一周回った分だけハードルが上がって、更に難しくわかりにくく使いにくくなっている。
やはりこの四文字だけでは直感的に意味を理解できないもどかしさやめんどくささがある。
【ネオアコースティック】であれば「アコースティック」があり、ちょっとカッコいい響きで、
音や楽器を想起させることから、何となく純粋で汚れていないイメージは伝わるものの、
【ネオアコ】ときたら現代の広告代理店的戦略であれば絶対に採用されない最悪の代物だ。
「AIDMA(アイドマ)の法則」がまるで成立していない。

また、【ソフトロック】や【ポストパンク】や【インディーポップ】のように、
「ロック」や「パンク」や「ポップ」といった既成の音楽ジャンルを示す単語が
【ネオアコ】には盛り込まれていないのも重大な欠陥だ。
【ネオアコ】だけではそもそもどういう意味なのか、何のカテゴリーなのか、
これは一体音楽のジャンルなのかという大前提すら判断しにくい。
つまりは思考回路を働かせなければならず、今となってはそれすら働かせるのがめんどくさい。
めんどくさいのは現世においては、カッコ悪いの代名詞でもある。

では【ネオアコ】にとってかわる新たな用語は? という当然の疑問があることは百も承知だ。
ここまでカッコ悪いを(意に反して)連発しておきながら、
何の代替案も持ち合わせていないのは輪をかけてカッコ悪いし、
【ネオアコースティック】好きを標榜している自分にも相応の意地や沽券というものがある。

まず「ロック」という単語は極力排除したい。
どちらかというと個人的には「ポップ」に近いテイストを語感で感じたい。
「ロック」にはカッコつけすぎてカッコ悪くなる危険が孕んでいる。
その点「ポップ」は丸くて柔らかく、誰からも愛される汎用性がある存在のような気がする。
【ネオアコ】は基本「ポップ」であらねばならない。「ロック」である必要はそもそもない。

【ネオアコ】が有する精神性に、
いつでも緑に満たされる常緑樹になぞらえて「エヴァーグリーン」というのがあるので、
【エヴァーポップ】というのはどうだろう?
「Ever」という単語は、Oasisを想起させるからNGとか、
Feltに『Evergreen Dazed』という曲があるからOKとか、
いや「エヴァー」なんてハナから意味がわからないとか、いろいろ意見が分かれそうだ。

ではもっと包括的な言葉として【ネオポップ】はどうだろう?
「新しいポップ」。
【ニューミュージック】だともう過去に日本で既出なので、
それをポップに言い換えただけだけど、
【ネオポップ】だと現代美術ですでに使用済だから仕方なくOKとか、
新しい清涼飲料水みたいだからNGとか、こちらも賛否両論ありそうだ。

それならば折衷案として【ポップロック】あるいは【ロックポップ】はどうだ?
いやいや、これでは全く音が想像できやしないし、そもそも本質を見誤っている。
もうわけがわからなくなってしまった。ここまで来ればもうゲシュタルト崩壊だ。
あぁ頭も悪いがカッコも悪い。うーんこまった。

■7■ 結局僕達自身がカッコ悪い?

もう論も尽きた。精も魂も尽き果てた。
これはもうじき53歳になるオジさんが考えるべき問題ではない。
53歳はもっと会社の経営におけるリスクヘッジについて思考を巡らせるべき年齢であるべきだ。
同い年のRoddy Frameだって、最近は何も語らず静かにしているじゃないか。
そして、もはやこれ以上論を続けることにもあまり意味を見いだせないし、
これ以上続けると話がもっとややこしい方向に行って、
めんどくさい思考を捻り回さなければならず、それこそカッコ悪さの上塗りになってしまう。

【ネオアコ】がカッコ悪いのは、もしかすると往年の愛好者である僕達が、
【ネオアコ】砲よろしく、こうやっていまだに口うるさく物言いをするからかもしれない。
いや、きっとそれが最大の要因なんだろう。
悔しいけど。



それでもなお【ネオアコースティック】や【ネオアコ】を愛し聴き続けてるのには、
人知を超えた何か宇宙的な力が作用しているとしか思えない。
この件についてはまた日をあらためて考察したい。  
Posted by muselection at 22:00Comments(0)music | life

December 29, 2016

おそらく世界屈指

神懸かり的な巡り合わせによって発生した一瞬の化学反応で
普遍性を封じ込められたものは、
エヴァーグリーンで永遠に輝きを放ち続ける名作となり得る。
Prefab Sprout『Steve McQueen』。
あまりにも奇跡的な出会いの結晶。

『Steve McQueen』のことを愛する度合い。
『Steve McQueen』の所有数。
おそらく世界でも屈指の存在だと思う。

もし明日絶命するなら絶対聴いておきたい作品。
人生で出会うことができて心底良かったと思える作品。
そういう作品に巡り会えたとしたら、それは本当に本当に幸福な生涯。
僕の場合それは間違いなく、Prefab Sproutの『Steve McQueen』。

jpg-large


CkrJrIXUUAMKxVK
  
Posted by muselection at 22:46Comments(0)TrackBack(0)Prefab Sprout | music