ブログネタ
航空無線通信士 に参加中!

航空無線通信士

航空無線通信士試験

航空機に施設する無線設備並びに航空局、航空地球局及び航空機のための無線航行局の無線設備の通信操作(モールス符号による通信操作を除く。)
次に掲げる無線設備の外部の調整部分の技術操作
イ 航空機に施設する無線設備
ロ 航空局、航空地球局及び航空機のための無線航行局の無線設備で
  空中線電力250W以下のもの
ハ 航空局及び航空機のための無線航行局のレーダーでロに掲げるもの
  以外のもの
第四級アマチュア無線技士の操作の範囲に属する操作

※航空無線通信士は、航空運送事業(エアライン)用航空機に開設された航空機局やこの航空機と通信を行う航空局などで、通信操作に従事する者、パイロット・航空管制官・航空整備士などが取得すべき資格。
就職先として定期運送用操縦士・事業用操縦士・航空整備士・航空管制官・運航管理者・グランドスタッフ(地上職員)・ 陸上自衛隊・海上自衛隊・航空自衛隊・海上保安庁(航空通信士)など。
-------------------------------------------------------------
航空無線通信士試験 受験資格
年齢、性別等について何の制限なし
-------------------------------------------------------------
航空無線通信士試験 試験内容
多肢選択(マークシート)式で無線工学、法規、英文和訳・和文英訳が各々90分、英会話が30分以内

航空無線通信士試験科目
無線工学・法規
英語 ・英文和訳・和文英訳・英会話
電気通信術
電話 1分間50字の速度の欧文による約2分間の送話及び受話

■航空無線通信士電気通信術試験(電話)
電話 1分間50字の速度の欧文(欧文通話表)による約2分間の送話と受話
送話は、試験執行員が受験番号順に受験者の氏名を呼んでから試験室へ入室する。 問題用紙に記載されている英文暗語を欧文通話表に従い発声する。
受話は、欧文通話表に従った英文暗語を聴取し解答用紙に記入する。
--------------------------------------------------------------
航空無線通信士合格率 試験結果
年度 平成22年度
申請者数(人) 3,005
受験者数(人) 2,740
合格者数(人) 1,234
合格率(%) 45.0
全科目免除者数 17
注 申請者数、受験者数、合格者数には、全科目免除者数を含まない。
--------------------------------------------------------------
航空無線通信士試験日程
年2回(8月・2月)
--------------------------------------------------------------
航空無線通信士試験
各都道府県受験会場
--------------------------------------------------------------
航空無線通信士試験 受験料
9,050円
-------------------------------------------------------------
航空無線通信士養成課程
日本無線協会は航空無線通信士養成課程を実施している。
養成課程講習会受講後、修了試験合格で航空無線通信士が取得できる。
航空無線通信士 養成課程受講時間
英語50時間 法規25時間 無線工学23時間 電気通信術2時間
--------------------------------------------------------------
航空無線通信士試験 申込・問合せ
日本無線協会 〒104-0053 東京都中央区晴海3-3-3



「電波受験界」無線従事者国家試験指導雑誌、試験問題解説