ブログネタ
航空無線通信士過去問題 に参加中!

航空無線通信士過去問題

航空無線通信士過去問

※年度ごとにZIPファイルに圧縮済み。デストップなどに保存後、解凍下さい。
↓航空無線通信士過去問題ダウンロードPDF印刷
■航空通過去問・解答
平成14年航空無線通信士 平成15年航空無線通信士
平成16年航空無線通信士 平成17年航空無線通信士
平成18年航空無線通信士 平成19年航空無線通信士
平成20年航空無線通信士 平成21年航空無線通信士
平成22年航空無線通信士 平成23年航空無線通信士
平成24年航空無線通信士 平成25年航空無線通信士
平成26年航空無線通信士 平成27年航空無線通信士
平成28年航空無線通信士
航空無線通信士受験体験記
航空無線通信士試験 試験内容
無線工学、法規、英文和訳・和文英訳が各々90分、英会話が30分以内
航空無線通信士試験科目
無線工学、法規、英語 (英文和訳・和文英訳・英会話)
電気通信術: 電話 1分間50字の速度の欧文による約2分間の送話及び受話

航空無線通信士合格率

航空通合格率 平成24年 受験者数2,170 合格者数 644 合格率29.7%
航空無線通信士試験日程 年2回(8月・2月)
航空無線通信士試験 受験料 9,050円
航空無線通信士養成課程
日本無線協会は航空無線通信士養成課程を実施している。
養成課程講習会受講後、修了試験合格で航空無線通信士が取得できる。
航空無線通信士 養成課程受講時間
英語50時間 法規25時間 無線工学23時間 電気通信術2時間
航空無線通信士試験 申込・問合せ 日本無線協会



「電波受験界」無線従事者国家試験指導雑誌、試験問題解説