ブログネタ
第三級海上無線通信士過去問題 に参加中!

第三級海上無線通信士過去問題

第三級海上無線通信士過去問

※年度ごとにZIPファイルに圧縮済み。デストップなどに保存後、解凍下さい。
↓第三級海上無線通信士過去問題ダウンロードPDF印刷
■3海通過去問・解答
平成14年第三級海上無線通信士 平成15年第三級海上無線通信士
平成16年第三級海上無線通信士 平成17年第三級海上無線通信士
平成18年第三級海上無線通信士 平成19年第三級海上無線通信士
平成20年第三級海上無線通信士 平成21年第三級海上無線通信士
平成22年第三級海上無線通信士 平成23年第三級海上無線通信士
平成24年第三級海上無線通信士
第三級海上無線通信士試験 試験内容
無線工学90分、法規150分、英語90分、英会話30分
第三級海上無線通信士試験科目
無線工学・法規・英語(英文和訳・和文英訳・英会話)
電気通信術
電話 1分間50字の速度の欧文による約2分間の送話及び受話
直接印刷電信 1分間50字の速度の欧文普通語による約5分間の手送り送信
第三級海上無線通信士電気通信術試験
電話 1分間50字の速度の欧文(欧文通話表)による約2分間の送話及び受話
送話は、試験執行員が受験番号順に受験者の氏名を呼んでから試験室へ入室する。問題用紙に記載されている英文暗語を欧文通話表に従い発声する。
受話は、欧文通話表に従った英文暗語を聴取し解答用紙に記入する。
直接印刷電信 1分間50字の速度の欧文普通語による約5分間の手送り送信
備付けのパソコンを操作し欧文の入力送信を行う。
第三級海上無線通信士試験 合格率
3海通 平成24年度 受験者数 675 合格者数 222 合格率32.9%
第三級海上無線通信士 試験日程 年2回(9月・3月) 受験料 8,850円
第三級海上無線通信士 就職求人
・任用の条件であるもの 海上自衛隊の技術海曹(一海通・二海通・三海通)
・受験資格があるもの 甲種消防設備士(甲種特類を除く) 海技士 (電子通信)



「電波受験界」無線従事者国家試験指導雑誌、試験問題解説