2016年04月18日

2016年04月18日

私たちに出来ること。。

日本人の五人に一人は『エンパス』
(感情移入共感能力者)だと言われています。

エンパスの人は自分と他者との境界線が曖昧で、

人の痛みや悲しみの感情が
まるで自分のことのように分かってしまう

という、非常に繊細な感性の持ち主です。

今回のような被災地の現状を見るにつけ、
自分に何ができるのか?
そう思うばかりで何もできない自分の無力感に苛まれ・・。。

心理学的にみると、このタイプの人は、
ふさぎ込んでしまう、鬱的になってしまう割合が多いようです。

スピ的には、
グラウディングで対処する。
マントラで癒す。
チャクラを閉じる。。

等々言われてますが・・・

クソくらえです!

このような現状においては、それは全く意味をなさないでしょう!


今のあたなに、ふさぎ込むような現実が襲っているのですか!
自宅が崩壊してるんですか!
命の危険がどこにあるのですか!

自分で自分を往復ビンタしてやってください!



東北大震災では、地元の人たちが「自分に出来ること!」と、
女性たちは流れ着いた食材や
自宅にある食材を持ち寄って炊き出しをはじめました。
津波から二日後(翌日?)でした。

ご主人が、、親と、、連絡が取れない方々でさえも、

「これが今、私に出来ることだから」・・と。。

阪神淡路大震災でもそのような光景がたくさんありました。。


今一番頑張っているのは被災地です!

被災地の皆さんではないですか!


自分に何ができるのか?
映像を観てふさぎ込んでいるだけの方がもしおられるのであれば、
それはふさぎ込んでいるだけではなく、あなたは、

ネガティブなエネルギーを現地に送っているだけです!

どうか、エネルギーバンパイアーになるのはやめましょう!


私たちに何ができるのか?

募金も大きな出来ることです。

各市役所では義援金の募集を行ってます。
コンビニでもスーパーでも。


そして、私たちにできることは・・

普段通りに元気いっぱい過ごすこと!

今、与えられている幸せを・・

当たり前の日常を・・

有り難く過ごすこだと思います。。





008005013



















musestar at 15:25|PermalinkComments(3)clip!