2017年10月10日

ダイアモンド・チルドレン


今日は写真を一枚も撮ってません。

というのは・・
ドエライアクシデント!?
私にとっては、この世の地獄、阿鼻叫喚〜!!
的出来事がありまして。。


生き物で、私の大の苦手なものは、
(文字を打ちこむことすらできないのですが・・頑張る!)
,にくんと△まくんです。

今日、出先で要件を済ませ、
ルンルン気分で軽快に駐車場へ向かっていたとき・・
(以下書けない〜〜けど頑張る〜)左の靴に何かを感じ・・
そのまますたすた歩いて行けばいいものを、
私、振り返ったんです〜〜、すると、△・・・

<<<ギイャャャャ====!!!!>>>


そこは、送迎のバスやタクシーが停車していて、
たくさんの人が行きかっていた・・
その少し手前の誰もいない並木道での出来事
多くの人には、大発狂だけが聴こえてその主は誰だかわからなかっただろう。。

そこに知合いがいたら絶対!
靴を脱ぎ捨てて飛びついていたに違いない私〜!
(その経験あり)
靴を脱ぎ捨てるわけにもいかず・・
一人で対応するしかないその現実に意識朦朧〜で・・
駐車場までの道のり・・
(ここはどこ〜わたしはだぁれ〜的記憶を半分飛ばしながらのお念仏的)
呻き声をあげながら・・でした。

トランクにあった新聞紙に左の靴を包み・・
今も、その靴はトランクの中。玄関には右靴だけがある。

お気に入りの道中。
帰りに、コスモス畑や川の風景を撮ろう・・と思っていたのですが、
もう〜それどころではありませんでした。
楽しみにしてた美味しいパン屋さんにも行けなかったよ〜

ってなわけで、写真がないのだ。。





★゜・*:....:*・゜★゜・*:....:*・゜★゜・*:....:*・゜★゜・*:....:*・゜★




さて、昨日、ダイアモンド・チルドレンの記事を書いたからか?

・・その夜、見た夢です。


真っ白いお布団(ベビーベッド?)に裸の赤ちゃんがいました。
私は赤ちゃんに寄り添い、「まぁ〜可愛い」と、
赤ちゃんにいろいろ語りかけました。

すると、この赤ちゃん、私の話を理解している!と感じ。。

まずは、「ウウー」と言ってみると、「ウウー」
「バブバブ」と言ってみると、「バブバブ」

次に、「お花」「お花」「お空」「お空」「綺麗」「綺麗」
この子、直ぐに吸収できるんだ!と。

ベビーベッドの向こう側を見ると、
分娩台で出産後の処置をしてもらっているお母さんが見え・・

この赤ちゃん、たった今、生まれたばかりなんだ!

「おめでとう!」というと、「ありがとう!」ですって〜!

私は、赤ちゃんの胸(柔らかい肌)に頬を寄せてお話してたので、
その子の瞳を見ることは出来なかったのですが、
産湯に入れてもらったところだな〜と思い・・

この子、スポンジのように即効でなんでも吸収できるんだ・・
驚異的情報能力を持っているんだ・・
いや、すでに何でも知っているオトナ!と思い、
そのうち、生まれたての赤ちゃんと、
なんやら普通に(大人同士的な)会話をしていました。


その途中で、目が覚めたのですが・・
あのような赤ちゃん(存在)が、
「ダイアモンド・チルドレン」なんだと思いました。

実るほど首を垂れる稲穂かな・・ 的な、
そして、ナニゴトにも動じない!

ハイアーセルフ本体が肉体に宿った

かのような、凛とした赤ちゃん(存在)でした!



今宵は・・ウナサレそうですが〜〜
宇宙音で松果体を活性化し・・
素敵なドリームワークを期待いたします









musestar at 23:27│Comments(0)clip!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔