December 14, 2004

SH901iC使用感

SH901ic写真:ビューアースタイルのSH901ic。
確認しにくいと思うけど、カメラ起動でTVに写ってるドラクエのオープニング画面を撮影してみた。


ひと通り使ってみました。
今回はこの携帯が売りのAVケーブルだけで直接miniSDにTV録画が出来る「AVビューアー」、
iTunesでAAC変換した音楽が聴ける「ミュージックプレイヤー」、
「電子ブックビューアー」などは未使用なんで、通常使用での感想。
そして、基本的に前機種P2102Vとの比較です。

○良い点
・AF付きのカメラは使える。夜間以外の通常撮影ならもうデジカメいらないかも。
・SHARPのブラウザ自体の性能なのか、全体的に起動が早い。特にアプリやメールの送信は体感的にストレスがなくなった。
・文字入力がかなり楽。NECのブラウザがいかに使いづらかったかが分かる。
・「AQUOS」の液晶技術を改良した、モバイルASV液晶搭載というだけあって液晶が美しい。自宅の液晶TVに近い視認性。
・3Dサウンドって期待してなかったけど、内蔵着メロで聴いてて感心した。内臓アプリで自分で音の定位をいじるのもおもしろい。

×悪い点
・ゲームをしていないので今のところは不便は感じてないけど、マルチタクスがない。
・液晶画面が2.2インチと小さくなったためか、文字が少し小さく感じる。もちろん文字の大きさは三段階に変えられるが、自分にとってちょうど良い大きさがない。
・カメラのレンズ部分に最近のSONY機のようなカバーがないため、置く場所に注意が必要。
・メニューやメールなどのスクロールボタンが携帯側面にあることに慣れてたので使いづらい。特にビューアースタイル時はページ送り不可能(?)
・各種設定がかなり細かく分割されてるんで、自分なりのカスタマイズをすべてするのに苦労する。(贅沢な不満点かも)
・自分は時計を身につけてるんで問題ないが、背面液晶がないため、人によってはちょっと時間やメール受信を確認したい時に不便?

ざっと思いついたことを書いてみました。
操作感には個人差があるので、実際にお店でホットモックをいじることをおすすめします。
何といっても現金購入だと3万ぐらいします。
決して安い買い物ではありません。


余談ですが、鍵盤弾きとしては内臓音源がFM音源からPCM音源に変わったのが気になります。
PCM音源は生楽器の再現に優れてるので、そういった曲を着メロに使用する人には良い音に聞こえるけど、エレポ好きにはFM音源のほうが好み。
DX-7を弾いてきた世代だし、あの抜けの良い音は再現性の低い携帯電話には一番合ってる気がする。
着メロは「着信を知らせる」のが目的であって、「曲を聴く」ことは二次的なものだから、何となく曲として美しく感じる音より確認しやすい音が必要。
自分で作ったことがある人なら分かると思うけど、曲によってはベースなんかを本来の音域で打ち込んでも、携帯のスピーカーだと聞きづらいので音域を変えたりすることもある。
でも凄いよね、二十年くらい前の単体シンセよりも優れてる音源がチップセットとしてこの小さな携帯に搭載されてるんだもん。

64和音だと同時発音数的にも余裕があるんで、久しぶりに自分で着メロを作ろうかな?
もしかしたらステレオスピーカーになったことで思わぬ効果があるかもしれないし。
12/18 追記:
AVケーブルで、HDDレコーダーに録りためてあった番組をminiSDに移してみた。
これ、思ってたより見れますね〜
P2102Vの時は起動も遅いし実用的な気がしませんでしたが、全画面表示させれば十分視聴し得る映像。
色々ぶち込んで暇つぶしに使おうと思います。

次は着モーションを試さなければ。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/museum80s/10806329
この記事へのトラックバック
もうかれこれ2週間も風邪を引いています。今年の風邪はしつこいのですね~。 そんなわけでblogもお休みがちでしたが、じつは書く事もなかったりしたとゆー理由が一番大きかったりします。風邪で出かけないからしばらく映画も観てないし。出かけなくてもできるドラクエばっか
SH901iC 購入【映画、音楽、本のコト ---odateh blog---】at December 27, 2004 21:16