2008年07月19日

「本物のWebアクセシビリティー・セミナー」のご案内

盛会のうちに終了いたしました
予想以上に多くの方が受講くださいました。
本当にありがとうございました。
本物のWebアクセシビリティー・セミナー
−「知ってる・やってるつもりになっていませんか?」
ユーザーが求める本物のアクセシビリティお見せします!−


セミナー概要
開催日時:2008年7月18日(金曜日) 19時〜21時30分
開催場所:株式会社クリーク・アンド・リバー社セミナールーム
(住所)東京都千代田区麹町2丁目10番9号 C&Rグループビル
応募定員:100名
対象者:IT関係従事者、Webサイト運営者(行政、公的機関、企業等、団体等)


あなたは、ユーザーがウェブサイトで本当に必要としていることをご存じですか?

今回のセミナーでは、現在の技術で最良のWebアクセシビリティが理解できます。特に、評価ツールだけではわからないユーザーテストからみえてきた、Webアクセシビリティ・ユーザービリティについて、ユーザーの生の声と共に、理解していただく事が目的です。


もしかしたら、「ウェブアクセシビリティ」とはなにか、ご存じない方もおられるかもしれません。

しかし、公的機関や企業のウェブサイトに関わる方の多くは、アクセシビリティを十分に理解されていると思っておられるかもしれません。


「今さら、Webのアクセシビリティって、必要なことは言い尽くされてるでしょう。」

「SEOにも有利だからって、ウェブアクセシビリティの本は何冊も読んだよ。」


ところで、そのWebアクセシビリティの知識は、確実にユーザーの要望に沿っていますか?思ったとおり、ユーザーが満足するサイトを提供できていますか?

もし、あなたが多数の書籍や講演で学んだWebアクセシビリティの知識が、ユーザーが求めるものとすれ違っていたら?ユーザーが思ったとおりの反応をしてくれていないとしたら?せっかくアクセスしてくれたユーザーを、そのサイトは取り逃してしまっているかもしれません。


「障害者や高齢者を相手にしたアクセシビリティより、ユーザビリティとアピール度を高めて利益に結びつけないと意味ないでしょ。」


このようにアクセシビリティを特殊な人を対象としたものと考えて、ユーザビリティを重視しておられる方も多いかもしれません。しかし、お客になろうと訪れたユーザーが、トップページを派手だけど使いにくそうと感じてそのまま立ち去っているとしたら?しかも、ゼロから1へ引き上げるのがアクセシビリティで、ユーザビリティはアクセシビリティが前提だとしたら?もしかしたら、とんでもない思い違いでサイト構築をしているのかもしれません。


ハーモニー・アイは視覚障害者と高齢者を主な会員として、8年間にわたって使いやすいWebサイトとはどのようなものかを問い続けてきました。ホームページで話題となるデザインやマルチメディア等の手法とは異なり、常にユーザー目線で使いやすいサイトとなるように検証や評価を行ってきました。

今回のセミナー開催にあたっては、ユーザーの立場で日本の代表的な与野党5サイトのアクセシビリティを検証しました。

※政党名は五十音順
 共産党
 公明党
 社民党
 自民党
 民主党

これら5政党のサイトを公的なサイトの代表ととらえ、


・評価ツールで判定されるアクセシビリティとは

・ユーザーが求める本当のアクセシビリティとは

・両者の違いと生かし方とは


といった点を明らかにしていきます。


※当日参加者への限定特典
『Webアクセシビリティ−標準準拠でアクセシブルなサイトを構築/管理するための考え方と実践−』
当日、この書籍を割り引きで購入いただけます。




主催:NPO法人ハーモニー・アイ
協賛:株式会社クリーク・アンド・リバー社 プロフェッショナル・エデュケーション・センター
後援:(株)大塚商会社会貢献委員会、(社)読売光と愛の事業団、関西デジタルコンテンツ事業協同組合、CSS Nite運営委員会
協力:株式会社インフォアクシア、UAI研究会、株式会社デジタルコミュニケーションズ、有限会社キゴウラボ、(株)東洋印刷(予定)


参加費とお申し込み
参加費:3,500円
※参加費は、当日、受付にて申し受けます。
※領収書を発行いたします。
※クリーク・アンド・リバー社ご登録の方は、500円特別割引が適用されます。
3,500円→3,000円 

特別割引を適用でのお申し込みは、こちらの別ページで受付中。



一般申し込み:電子メールで
harmony0718@harmony-i.org
まで件名「アクセシビリティセミナー申し込み」とし、氏名、所属、電話、e-mailをご記入のうえ、お申し込みください。

個人情報の取り扱いに関して
参加お申し込みいただいたメールアドレスにお知らせメールや開催後にフォローメールをお送りすることがあります。

入力いただいた個人情報は、NPO法人ハーモニー・アイで管理します。 個人情報は、本セミナーの運営、および関連セミナーのご案内のみに利用し、他の目的での利用および外部へ開示、提供をすることはございません。
キャンセルについて
お仕事の状況や、病気などでキャンセルを希望される方は、必ず以下のメールアドレスからハーモニー・アイ事務局まで、ご連絡ください。
harmony0718@harmony-i.org


タイムテーブル
開場・受付:18時30分〜19時

前半
開演・オープニング:19時〜19時10分

特別講演1:19時10分〜19時35分 (25分間)
「Webアクセシビリティ概論」 渡辺隆行氏

特別講演2:19時35分〜20時(25分間)
「FLASHのアクセシビリティ」 植木真氏

休憩 (15分間)

後半
研究発表:20時15分〜50分(35分間)
「評価ツールだけでは役立たない!ユーザー評価で分かった使えないアクセシビリティの実態」
NPO法人ハーモニー・アイ研究会
ハーモニー・アイオリジナルの視覚障害者Web活用の現状DVD放映

パネルディスカッション 20時50分〜21時30分 (40分)
「東西の視覚障害者に、生の声を聞く(関西ユーザーはSkypeで出演)」

※会場の参加者にも、skypeを通して質疑応答いただきます。
※タイムテーブルはあくまでも目安です。多少、当日の流れによって調整しながら進行します。

セッション概要と講演者プロフィール
特別講演 渡辺隆行(わたなべ たかゆき) 
講演の内容
米国で出版された「Web Accessibility:web standards and Regulatory Complaiance」を和訳した、第1章の「Webアクセシビリティを理解する」の部分を、皆さんへわかりやすくお話をしていきます。まだこの本を読んでいない方は必見です。

プロフィール
東京女子大学現代文化学部コミュニケーション学科教授。ITRC UAI文化会主査、(財)日本規格協会 情報技術標準化研究センター情報アクセシビリティの国際標準化調査研究委員会・Webアクセシビリティ部会主査

特別講演 植木真(うえき まこと) 
講演の内容
Flashムービーをアクセシブルにする方法を、書籍「Webアクセシビリティ」をベースにご紹介します。この講演では、CS3で追加された、ムービーにキャプションを手軽に付加することのできるコンポーネントのデモや、アクセシブルなFlashコンテンツの事例紹介なども交えて解説します。

プロフィール
株式会社インフォアクシア 代表取締役社長。
サイト診断、ユーザーテスト、ガイドライン作成、教育/研修等を通じて、主に企業サイトのアクセシビリティ確保をサポートするコンサルタント。
JIS X 8341-3の策定に関わった後、現在は W3C/WAI のWCAGワーキンググループにて「WCAG2.0」の策定にも従事。主な著書(共著/監修)には、「Dreamweaverプロフェッショナルスタイル」、「Webアクセシビリティ?標準準拠でアクセシブルなサイトを構築/管理するための考え方と実践?」などがある。また、Webアクセシビリティのポータルサイト(http://www.infoaxia.com/)も運営している。

パネルディスカッション参加ユーザー
モデレーター 武者圭(むしゃ けい)
社会福祉法人視覚障害者支援総合センターで講師として、日本語・英語・ドイツ語・フランス語・イタリア語・楽譜の分野で点訳ボランティアの養成に携わる。大学生のときから視覚障害者として「サウンドスケープ」を研究し、まちなかの音環境への提案、公共施設の誘導サイン音のデザインなどを行っている。また、軽度呼吸不全や骨生育不全など複数の重複障害をもつ経験から、幅広い観点でユニバーサルデザインについての提案や助言を行っている。

関東から 土居 由知(どい よしとも)
関西から 園順一(その じゅんいち)ほか2名出演


このセミナーへの問い合わせ NPO法人ハーモニー・アイ事務局までお願いします。
harmony-i@harmony-i.org




★この記事をツイッターにRTする!(別ウインドウが開きます)