好調な企業決算と、
ムニューシン財務長官が税制改革の進展に楽観的な見方を示したことを受けて、
昨日のNY市場で、
米国株はまずまずの上昇。

確かに企業決算は安心材料ですけど、
税制改革の方はなあ・・・・・・。
本当に信用していいのかなあ?
信じたいけど、あまり期待しないでおこう、という感じです。

米国株は、
S&P500で、
0.76%のリバウンド。

セクター別で見ると、
まちまち。

リスクオン地合いで金利が上がったため、
公益、生活必需品などのディフェンシブなところは小幅安でしたけど、
他はそろって好調でした。


ドル円も上昇。
109円台にしっかり乗せてきました。

このまま110円にチャレンジできるかどうか?は、
週末の仏大統領選挙次第でしょうけど、
今朝がたのテロは不安材料だなあ・・・・・・。


にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村