ストックボイスなどの解説を見聞きしていると、
今日の上昇は上海で中国株が上がっていることが安心につながっていたらしいです。

しかし、ホンマにそうなのか?

確かに昨日の米国株は下がっているので、
それは一見マイナス材料だけど、
昨日の日本株は先行して結構下がっていたので、
下がった、とはいえ、それほどではなかった、
米国株の結果はむしろフォローになったと思うし、
それよりなにより、
102円台にまで急上昇したドル円がものすごい買い材料になったと思うんですけど、
それらよりも中国株ですか・・・・・・。
そんなに影響力があるんですねえ・・・・・・。

業績にダイレクトに効くのは、
普通に円安だと思うんだけどなあ・・・・・・。
中国株の動向って、具体的にどう日本株に響くのか?
分かったようで、いまいち良く分からない説明なんですけどね。
(-_-) ウーム

まあ、別にいいんですけどね。
102円ちょうど位にまでNY市場で上がったドル円、
この株高がフォローになって、
さらに上げ幅を拡大して、
102円20銭台ですからね。
これは嬉しいですよ。
( ̄ー ̄)ニヤリ

しかし、そうか、
これだけ急激に円安に振れた割には、
日本株の上昇幅はさみしい気がするな。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村