ISM製造業景況感指数が50を下回り、
予想を下回ったことはかなり意外でした。

中国の製造業PMIが予想よりも良かった直後だっただけに、
そう思ったのは、
私だけではなかったのでは?
中国が良いなら、当然アメリカも良いよね?と思われていたと思うので。

もう12月になったというのに、
米中通商協議の第1段階の合意すらまだできず、
このままでは15日に関税が引き上げられそうだし、
マーケットがリスクオフに振れるのも当然だったかと。

米国株は久しぶりにまとまった下落となりました。
まあ、連日主要3指数が史上最高値を更新する日々が続いてたので、
これくらいの調整があっても、
なんてことはないと思いますが。

これまた意外な気がするんですけど、
株と同時に債券も売られて、
金利は上昇したんですよねえ・・・・・・。
先月末の調子の反動が出たんでしょうか?
(-_-) ウーム

金利は上昇しましたが、
株価に引きずられたんでしょうか?
ドル円は若干円高に振れて109円ちょうど近辺。


にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村