36歳で完全にリタイアした無職の日記

2006年の7月に完全リタイアした個人投資家、という名の無職です。(;^_^A トランプ大統領のツイートに振り回されるのに嫌気がさして、ノーポジになってしまいました。未練がましく市場ウォッチと毎日の食事&買い物について書いています。

トルコ2009

2009年トルコ旅行 前夜(荷物)

そろそろ出発しようと思ったのですが、
荷物を忘れてました(^^)

用意したものは以下の通りです。
私が男であることを勘案しても、荷物は少ない方だと思います。
海外出張に出ると、迎えに来てくれた人にいつも、
荷物はこれだけですか?と訊かれたものです。

・パスポート&そのカラーコピー(大昔に取ってあった)
・旅程表(ツアーがくれた)
・日本円:1万円(1,000円札で10枚)
・クレジットカード各種(一応、VISA、Master、JCBと分けてある)
・保険証

・長袖シャツ:1+1枚(1枚は着ていったもので、+1枚が荷物です。以下同様)
・下着上下セット:1+2セット
・靴下:1+6セット
(いつもなら現地で洗うのでもっと少ないけど、今回は連泊がなかったので)
(こういう時のために、古いのを残してあったので、1度はいたら捨ててきた)
・トレパンの下だけ(寝巻き用。上はもし寒かったらセーターを着て代用)
・水着(温泉プールが日程にあったので、必携だった)
・ジャンパー
・セーター

・耳栓
・タオル1枚(今回はまともなホテルに泊まれるので少ない)
・ハンカチ1枚

・ガイドブック
・文庫本5冊
(いつもは読んだら捨てるので、古本を用意してたけど、
今回は図書館で借りた)

・ウイスキー500ml
(現地での値段が分からなかったので、
ペットボトルにいつものを入れて持っていった。)
・水900ml
(同様に現地での値段が分からなかったので、最初の方の分だけでもと、
ペットボトルに水道水を入れて持っていった。)

・歯磨きセット
・安全かみそり
・ポケットティッシュ6ヶ
・ウェットティッシュ3ヶ
・胃薬(百草丸)
・スリッパ(ホテルで前にもらってきた、ぺらぺらのやつ)
・シャンプー(旅行携帯用の小さいやつ)
・石鹸小
・ビニール袋3枚

・インスタントカメラ3ヶ(数年前に消費期限が切れてたけど、大丈夫だった)
・いつも持っている手帳&ボールペン
・時計
・電卓(携帯用の小さいやつ。普段使いでもあります)

・帽子(日差し対策)
・リップクリーム(トルコは乾燥した気候と聞いたので)
・マスク(同様に乾燥対策)
・折りたたみ傘

一番気を使ったのは、ペットボトルに入れたウイスキーです。
もし機内で漏れたりしたら、荷物がメチャクチャになる。
何度もひっくり返して漏れないことを確認したうえで、
厳重にビニール袋で包んで梱包しました。
到着した時無事だったのを見て、心底ホッとしました。

次回こそ出発します(^^)。

2009年トルコ旅行 2009年5月20日

まったく意外なんですが、私と親父のやりとりが受けているようなので、
(ブログを読んでくれている知人からも電話で聞きました)
出来るだけ思い出して書きたいと思います。

さて、ようやく出発です(^^)。

出発もまあまあ早いし、私の実家は田舎だし、
ということで、始発ではないですが、その少し後の電車に親父と乗りました。

思い起こして欲しいのですが、
その頃は新型インフルエンザが流行していて、
かなりの問題となっていました。
私は病気に対して、根拠のない自信を持っている人間なので(^^)、
まったく対策を取りませんでしたが、
慎重(チキン)な親父はマスクをしていました。
欧米では、予防には効果が低いとされているので、
むしろマスクをしている方が異様だと、言ったんですけど、
聞き入れられる訳も無く(^^)。

でもまあ、
電車の車両の中に、親父以外にも数人マスクをしている人がいました。
ほとんどの方は普通にしていましたけどね。

そのまま中部国際空港、セントレア着。
今回の旅行での最大のサプライズは、
ここで起きました、と言うか、ここにありました。

指定されたHISのブース(屋台?)に行ったら、
同じツアーらしき方から挨拶されました。
老夫婦と言ったら怒られそうな、リタイア直後くらいの夫婦お2人です。
こちらも愛想よく挨拶を返したら、一言。
「私たちだけみたいですよ」
最初は何のことやら?意味が分かりませんでした。

それで、???の頭のまま、
ブースでパスポートやらなんやらを出して手続きをしていたら、
添乗員さんが登場。
そして、衝撃的な宣言。
「今回のツアーは私たち5人だけですから」
はあ???

なんとまあ・・・
私と親父の二人と、もう1組さっきのご夫婦、添乗員さん、全5名。
これで終わり。

新型インフル、恐るべし・・・
どうやら、他の申し込んだ皆さんはキャンセルされてしまったようで・・・
道理でツアーが統合されてしまった訳だ・・・
多分そんなことではないか?とは思っていましたが、
まさかここまでとは・・・

この4人で、添乗員さんと、現地ガイドさんを独り占め(^^)
なんというぜいたくな・・・
ありえないだろう・・・ (゚∀゚)アヒャヒャ

しかし、かわいそうなHISさん・・・
まあ、キャンセル料でかなり補填されているとは思いますが、
流石に足りないでしょう?そうじゃないのかな?

しかし、私の頭をよぎったのは、
あの夫婦がいなければ、このツアーは、私と親父で完全独占。
スケジュールも何もすべて思うがまま。
惜しいなあ・・・
(腹黒ですか?そうですか・・・)

もちろん口には出されませんでしたが、
あの夫婦もきっと同じことを思ったことでしょう(^^)
(そんなことないですか?そうですか・・・)

ちょっと失敗したのは、
セントレアは初めて利用する空港だったので、
(以前自分で旅行した時はまだ小牧だったし、出張はいつも関空からだった)
自分のゴールドカードで使える空港のラウンジの場所が分からず、
無料で飲める野菜ジュースなどを飲み損ねたこと。
あてにしてたのに・・・。
(トイレに行きたくないので、朝から水分を控えてた)

一応事前にネットで調べておいたんですが、
私は方向オンチなものですから(T_T)。

搭乗手続きなんかを済ませたら、
もうラウンジには入れない場所まで来ていました。 
(ゴールドカードなんて、分を過ぎたぜいたくに思われると思いますが、
勤めていた会社の社員カードで、全員ゴールドw 
しかも辞めた後もそのままでOK、永久会員、素晴らしいw)

エアラインはコリアンエアー。
機内食も含めて可もなく不可もなく。
親父は日航でないと信じられん、と乗る前はやたら難色を示していましたが、
乗ってみたら、全然大丈夫だった、と方向転換。
日航が破綻した今となってはまったくの笑い話です (゚∀゚)アヒャヒャ

米国系ですと、機内のお酒は有料になったと聞いたことがありますが、
普通に無料でした。
私は時差ぼけ対策(という名目w)で、
いつも機内では酒をかっくらって爆睡してるので、
お酒がタダじゃなくなるのは超困る(^^)。

インフルの影響で飛行機も空いているのかと期待したんですが、
(エコノミーでも、空いていれば全然楽ですからね)
残念、ほぼ満席状態でした。
そして韓国の仁川で乗り換え、
無事、夜にイスタンブールの空港に着きました。
荷物が紛失するなどのトラブルも無く、
人数が人数ですから当然か(^^)、
親父だけが空港で両替して、
(別々にやるより、手数料が少なくて済むので、
二人で行くと、こういうメリットもありますね)
現地のガイドさん(大柄なトルコ人女性、日本語達者)を紹介され、
そのままホテルに案内されて、その日は終了。

まあまあのホテルだったんでしょうけど、記憶は特になし。
持ってきたウイスキーを呑んで就寝。
(ペットボトルから漏れていなかったか?
荷物を受け取ってすぐに確認しましたが、無事で安堵しました。
今後もこの作戦は使えるみたいです)

こうして初日は終わりました。翌日に続きます。

2009年トルコ旅行 2009年5月21日 1

荷物のところで書き忘れていましたが、
私のゴールドカードには、海外旅行傷害保険が付与されています。
親父は出発前に、HISで入りました。
5,790円でした。

更に書き忘れていましたが、
ツアー料金は、前に書いたように179,000円でしたが、
他に、空港使用料が2,500円、トルコの入出国税が1,600円、
各自にかかっています。
燃油サーチャージはツアー料金に込みでした。
したがって、私の分として、183,100円かかっています。
細かく言えば、
それに自宅から空港までの往復の電車代もかかっています。

そしてもう1つ。
親父が空港でトルコリラに両替したのは、1万円分です。
ちょっと多いんじゃないかな?と私は言いましたが、
これでも少ない、全然足りない、と言い張ります。
あの人が海外でいつもどんなお金の使い方をするのか?知らないし、
(家では、特に他の家族のお金の使い方には超超超うるさいくせに、
自分の、特に家の外でのお金の使い方は、かなり派手らしいw)
そんなことで初日からケンカするのも大概なので、
それ以上は黙りました(^^)。

手数料込みで149.25トルコリラになりました。
1トルコリラ=67円。
チャートなんかを見ると、当時のレートは60数円だったようなので、
かなり手数料を取られてますねえ・・・
仕方がないですけど。
これでも空港は換金レートが悪くないところだった筈です。

ちなみに、今の為替レートだと57円くらいですか・・・
10%ほど円高に振れています。
相当円高になった後に行ったつもりだったんですが、
甘かったですね。
ちなみにドル円は96円弱といったところでした。

ところで、国内でどこかに行くときもそうですが、
私が一番気にするのはトイレです。
(もしお食事中の方がいたらすいません)

温水洗浄便座至上主義派なのですが、
海外でそんなものは期待するだけ無駄というものです。
それで、朝トイレに入ったら、
その後すぐにシャワーを浴びることにしていました。
ですので、朝食から出発まで、時間的に余裕がないと苦しいです。
いつも逆算して、朝食を摂るようにしていました。

トルコのトイレは、独特のトルコ式で、
詳しくはガイドなんかを見ていただきたいのですが、
蛇口がついていて、
ひねるとちょろちょろと水が出てきます。
しかし、それでお尻を洗えるというものではないです。
(最後まで利用法が理解できませんでしたw)

移動中には極力入らないようにしていましたが、
やむをえないときは、
普通に紙を使った後、更にポケットティッシュを濡らして、使っていました。
これは日本でもそうしています。
最近はスーパーなどのトイレも温水洗浄便座になってますから、
よほどやる必要はないのですが・・・

実質の初日から長くなりました(^^)。
続きます。
Twitter プロフィール
なぜか?アイコンの画像は壊れていますが、誰が何と言っても、上のはTwitter アイコンです。(^^)
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村
プロフィール

mushoku2006

2006年の7月に36歳で完全にリタイアして無職になりました。それでHNはmushoku2006。

投資は趣味。

リタイア前は日本の個別銘柄のスイングトレードで1億円近くまで資産を増やしました。

以降、米国債⇒メガバン劣後債⇒再び日本株⇒米国株と投資対象は推移してきました。

分散投資が苦手なので、基本的に1銘柄だけに全資産を集中投資するスタイルでした。今はノーポジ・フル円キャッシュです。(;^_^A

裏芸はダイエット。
身長は166cm程度で、体重はmax 94kg ⇒ 54kg 

記事検索