36歳で完全にリタイアした無職の日記

2006年の7月に完全リタイアした個人投資家、という名の無職です。(;^_^A トランプ大統領のツイートに振り回されるのに嫌気がさして、ノーポジになってしまいました。未練がましく市場ウォッチと毎日の食事&買い物について書いています。

チャイナショック(2015)

イエレンさんにがっかり (今週の資産運用)

先週の相場:

FRBが利上げをしても据え置きとしても、
どちらにしてもマーケットは落ち着きを取り戻し、
株価は騰がると思っていましたが、
イエレンさんのメッセージの伝え方の拙さで、
見事にぶち壊しになったと思っています。
がっかりしました。

アメリカ株は前半好調でしたが、
FOMCの後にすっかり崩れてしまい、
S&P500は、
トータルでは0.15%の下落となりました。

今週の相場:

不透明感はまったく晴れませんでした。
これでは相場の低迷は終わりそうにありません。

アメリカや中国の経済指標に一喜一憂する相場展開が継続すると思います。
それにつけこんだファンドの大暴れもね。

先週の私の資産動向

私のメルクは、
ほぼ横ばいに終わりました。

週の前半は指数や0.4%UPとなったセクターETFよりも好調だったんですが、
後半にがたがたになってしまいました。

既に一報が出ていたはずのイーライリリーの糖尿病新薬のニュースが、
これほどのダメージになるとは思ってもみませんでした。

足元をしっかり見ていなかった自分の失敗です。
残念・・・ (;-ω-)=3

ドル円は、
対円で若干の円高に振れました。

合わせると、
資産は先々週末比較で若干の減少となりました。
ハァ ━ (-д-;)━ ァ...
総資産の昨年末比(課税年度ベース&課税考慮後): -4.37%
含み損は16.24%

今週の戦略

ひたすら辛抱を継続。
先週末には前年比でプラ転してくれるとばかり思っていましたが、
大甘でした。

年内にチャラまで回復してくれるかなあ?
なんか不安になってきましたよ。



FOMC後の相場展開予想 2

FOMCでの利上げ見送りを受けて、
今後のマーケットの展開を予想するものを色々と読んでいたんですが、
中で注目したくなったのは、
ロイターさんのこの記事。

〔アングル〕米利上げ見送りで市場の高ボラティリティは継続か

その中で、

>>「FRBが政策金利の長期見通しを3.75%から3.5%に引き下げたことが、
>>FOMC前に売られていた高配当株を押し上げる可能性がある」

>>
高配当株の値上がりによって年末のS&P総合500種は2200、
>>つまり17日終値よりも約200ポイント(10%)高くなるだろう


こんな見解を述べられたポートフォリオマネジャーがいました。

高配当株の値上がりで指数が10%も上がるのであれば、
高配当株そのものはもっともっと騰がるじゃないですか!
( ̄ー ̄) ニヤリッ

そこで、高配当銘柄と言えば、
私のメルクですよ。

これは決して私だけがそう叫んでいるわけではなく、
アメリカのYahoo Financeのメルクのheadlinesや、
SBI証券のHPでバロンズなんかを読んでいると、
高配当銘柄としてメルクが時折取り上げられています。

この方の予想が当たって欲しいなあ・・・・・・。
と言うか、わらをもすがる、といったところですか。
( ̄∇ ̄*)ゞ エヘヘ

まあ、その前に「キートルーダ」が肺がんにも無事適用となって、
それを受けて急騰してくれると大変嬉しいのですけどね。
m(._.)m おねがいします

しかし、どうもメルクが弱い弱いと前から思っていましたけど、
それはやはりメルクがグロース株ではなく、
公益セクターのような高配当銘柄としてだけ評価されているんじゃないだろうか?
なので今までの利上げ局面で選好されてこなかったのではないだろうか?

私は「キートルーダ」によって、メルクがグロース株として評価されることを願っているんですが、
利上げが遠のいて、
それによって高配当に陽が当たって、それで上昇することになるのかもしれない。
(-_-) ウーム




FOMC後の相場展開予想

初めにお断りしておきますが、
私はほぼすべての財産を(アメリカの大手製薬メーカー)メルク株に投じていますので、
FOMC後のアメリカ株とドル円の相場展開に資産額が思いっ切り左右されます。
その辺の勤め人の年収分くらいは平気で動きます。

また、皆さんもご存知だと思いますが、
根がえらく楽観的な人間です(投資については特にそういう傾向)。

ですので、
私の予想は完全にポジトークであり、願望です。
それを承知された上で、ああ、こんな意見もあるなあ・・・・・・程度に笑って読んでいただければ幸いです。
( ̄∇ ̄*)ゞ エヘヘ

結論:

今回は利上げは見送り。
しかし、年内に実行含みというコメント付き。

私自身の希望は、
今回に利上げをしてもらって、
ただし、これで当分次は無いよというコメント付き。

FOMCで利上げがあろうとなかろうと、
その後の相場は堅調な展開となる。

理由:

利上げをした場合は、悪材料出尽くしで買いが入るから。

瞬間的には条件反射的な売り物が出て大幅に下がるかもしれませんが、
その後に見直し買いで大幅上昇へ。

利上げを見送った場合は、安心感から買いが入るから。

ただし、その場合は逆に、
今後に不透明要因が残ることから上昇幅は限定的なものになる。

なので、私的にはさっさと利上げをやって欲しい、という希望になります。

でもねえ・・・・・・。
さすがにこれだけマーケットが動揺していると、
やりきれないかなあ?
イエレンさんは腹をくくり切れないかなあ?
IMFとかにあれだけ言われて、それでもやって、えらいことになったらと思うとねえ・・・・・・。
という予想になります。





Twitter プロフィール
なぜか?アイコンの画像は壊れていますが、誰が何と言っても、上のはTwitter アイコンです。(^^)
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村
プロフィール

mushoku2006

2006年の7月に36歳で完全にリタイアして無職になりました。それでHNはmushoku2006。

投資は趣味。

リタイア前は日本の個別銘柄のスイングトレードで1億円近くまで資産を増やしました。

以降、米国債⇒メガバン劣後債⇒再び日本株⇒米国株と投資対象は推移してきました。

分散投資が苦手なので、基本的に1銘柄だけに全資産を集中投資するスタイルでした。今はノーポジ・フル円キャッシュです。(;^_^A

裏芸はダイエット。
身長は166cm程度で、体重はmax 94kg ⇒ 54kg 

記事検索