36歳で完全にリタイアした無職の日記

2006年の7月に完全リタイアした無職です。2019年の8月に投資判断を間違えて、ノーポジになってしまい、そのまま資産運用を停止しました。未練がましく市場ウォッチと毎日の食事&買い物について書いています。

投資家引退

1年に1回、株に1.5億円投入して、もし3.0%さや抜きできれば、1年間に必要な収入が得られるが・・・・・・。( ̄へ ̄|||) ウーム


昨日の記事の続きみたいなもんです。

資産の半分ちょっと、1.5億円を株に投入して、
もし3%のさや抜きができれば、
税引き前の利益が450万円で、税引き後に360万円残る。

ということは、
残りの半分弱の資産は温存したまま、リスクにさらさないまま、
1年間の生活費として必要なだけのお金をゲットすることが、
それで計算上はできるんだなあ・・・・・・。

3%くらいのチャンスであれば、
それも1年に1回くらいであれば、
待っていれば、
どこかで来そうな気もするなあ・・・・・・。

それくらいであれば、
マーケットがすっかり読めなくなってしまった私でも、
何とかなるような気がするなあ・・・・・・。
などと捕らぬ狸の皮算用をしてしまいます。

しかし、一見、イージーなタスクのようで、実は全然そうでもない。
そんなことは重々承知しているはずなのに、
そんな夢みたいな妄想をしてしまうとは・・・・・・。

やっぱり、売った後の株価を見るたびに、後悔で精神的ダメージを受けているな。
ボディーブローのように効いている気がする。
どこか、マーケットを見ることができないところへ旅にでも出るべきなのかもしれない。
ハァ ━ (-д-;)━ ァ...


にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村





1年に1回、2.5%、株でさや抜きできれば、2.75%の米債券ETFを1年間保有し続けるのと同じだけの収入が得られる。( ̄へ ̄|||) ウーム


今更なんですけどねえ・・・・・・。

やっぱり、
今は債券の金利が低すぎるよなあ・・・・・・。
到底、リスクに見合ったリターン(金利)とは思えない。

BNDで2.75%の金利収入を得るとして、
税引き後は、ざっくり0.72を乗じて、1.98%ほど。
2%にも届かない。

同じだけの収入を株の売却益で得るには、
2.5%抜ければOK。

ということは、
米国株でも日本株でもいいけど、
1年にたった1回チャンスをものにして、たった2.5%、さや抜きができれば、
1年中金利や為替の変動リスクにさらされながら、BNDにベットし続ける必要はなくなる。
残りの期間は円キャッシュにしておけばOK。

実際問題、
毎年必ず2.5%、株の売却益をゲットできるのか?と問われれば、
かなり難しいとは思います。

思うんですけど、
かと言って、
BNDをずっと保有し続けることのリスクと比べて、であれば、
株でワンチャンスを取りに行くのと、
果たしてどちらの方がリスクが高いのか?
微妙・・・・・・と言わざるを得ない。

私がかつて債券(米国債、もしくは、大手銀行の劣後債)を保有していた時と比べて、
あまりに条件が悪い。

それよりは株で売却益をゲットする方がイージーに思えてしまうなあ・・・・・・。
( ̄へ ̄|||) ウーム

基本的には、投資家を休眠していて(引退)、
1年に1回、これは絶好機だ!と思える時だけ起きてきて(現役復帰)、
上手く売買できたら、また眠りにつく(再び引退)、
そんなうまい調子いったらいいんだけどねえ・・・・・・。
( ゚∀゚) アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \



にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村





では、東証で上場されている債券ETFはどうか?


為替手数料やドル転のタイミングを見る難しさがありますし、
それよりなにより配当金にかかる税金が不利なので、
東証で上場している債券ETFで良いものがあれば、
買いたいと思ったんですよ。

アメリカの投資適格債全体に連動している、
AGGやBNDの日本版があればよいと思ったんです。

一目、一番それに近そうだったのは、
iシェアーズ 米ドル建て投資適格社債 ETF(為替ヘッジあり) (1496)
だったんですけどねえ・・・・・・。

見てみたら、
えらいこと利回りが高い。
信託報酬が0.28%もあって、
AGGやBNDの0.04%と比べたら、文字通りけた違いに高いのに、(-_-;) ナンデ?

と思ったら、
私はうかつだなあ・・・・・・。
これって、全部社債じゃん!

比較する対象がLQDじゃないとアカンかった。
( ̄▽ ̄;)

LQDは信託報酬が0.15%なので、
比べれば、1496の方が当然高く、
多分、そのせいでなんだろうけど、
LQDの3.35%という分配利回りと比べて、1496は2.96%と低い。
(昨日の朝、見ていた時点の数字です)

ですけど、
為替手数料や税金のことを考えれば、まあまあ買えるレベル。

しかし、社債かあ・・・・・・。
私は米国債メインでいきたいんだよなあ・・・・・・。

ただでさえ、債券と株価が連動性を強めている、と言われている状況下で、
株価が急落するようなリスクオフが起きたときは、
社債も同じように、とまでは言わないまでも、結構落っこちてしまうのではないか?

過去5年くらいのチャート見てみましたけど、
S&P500とLQDの相関性は微妙。
長い目で見れば、同様の値動きに見えますし、短期間で見れば、逆相関にも見えます。

ただ、LQDとAGGを比較してみると、
非常に似た値動きではありますが、やはりAGGに方が値動きがマイルドですね。
( ̄へ ̄|||) ウーム

それにしても、
AGGやBNDにも社債は含まれてはいますけど、25%程度に抑えられているのに、
その割にLQDと利回りの差が0.6%程度しかない。
LQDのリスクプレミアムが少なすぎやしないか?
こんなものなのか?
┐(^-^;)┌ さて・・・・・・?

もう1つ気になる流動性については、
マーケットメイク制度の対象銘柄なので、
ある程度は保証されているようです。

いまいち、この制度のことがよくわかっていないんですが、
板を見ると、出ているのは、売り買いともに1億円程度の注文ですか。

もしアレを全部食べちゃったら、その後はどうなるんだろう?
(1億円程度なので余裕で食べられる)
また同じような売り注文がすぐに出現するんでしょうか?

あと、現値より、少しですけど、乖離したところにあるので、
(気配の出し手が、自分が損をするような売りを出すわけがないから当然だが)
食べちゃったら、割高ではないのか?

そして、この銘柄は永久にこの制度の対象なんだろうか?
自分が売りたくなった時に、対象ではなくなっていたら、身動きが取れなくなるぞ。
┐(^-^;)┌ さて・・・・・・?

東証も頑張ってくれてはいるんでしょうけど、
元来流動性が低いものは手が出しづらいよなあ・・・・・・。

これらのことを考えると、
正直言って、
BNDやAGG、あるいは、少し譲ってLQDの方が望ましいと思いました。
円ベースで見れば、資産価値があまり変動しそうにない、という安定性も好ましい。


PS:

しかし、どうしてAGGやBNDではなく、LQDやHYGに類似したETFを上場したんだろう?
AGGやBNDの方がメジャーだと思うんですけどねえ・・・・・・。
(米国債の7~10年債に絞ったものなら他にある)

やはり少しでも利回りが良いものの方が市場参加者の目には魅力的に映ると思ったからか?
リスクは高くなるのにね。
┐( ̄ヘ ̄)┌ ヤレヤレ・・・

PS2:

これは為替ヘッジありなので、
それがどれくらい効くのか?わかりませんが、
金利上昇=債券価格下落の場面で、
AGGやBND、LQDであれば、米ドルも対円で上昇するので、円建ての価格は相殺されますけど、
この1496は一方的に下落してしまうのでは?

もしそうであれば、
もし買っちゃった後に、金利の上昇局面が来てしまったら、
価格下落が厳しいことになるのでは?

逆に言えば、
うまくタイミングを見計らうことができれば、ですけど、美味しく買える可能性がある。

LQDと比較チャートを見てみたんですけど、同じ方向で動いているので、
多分、この推測は正しい気がする。

そういう意味でも、
BNDやAGGに比べれば当然、似た感じのLQDよりもリスクがかなり高いものなのかもしれない。
( ̄へ ̄|||) ウーム

PS3:

今日の終値を見ると、
昨日、LQDが下がっていたのに、
なぜかプラスで終了してた。
(-_-;) ナンデ?

やはり流動性が低いから?
こういう謎の値動きをしているものは、私には買えないなあ・・・・・・。
(;^_^A


にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村





Twitter プロフィール
なぜか?アイコンの画像は壊れていますが、誰が何と言っても、上のはTwitter アイコンです。(^^)
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村
プロフィール

mushoku2006

2006年の7月に36歳で完全にリタイアして無職になりました。それでHNはmushoku2006。

リタイア前は日本の個別銘柄のスイングトレードで1億円近くまで資産を増やしました。

以降、米国債⇒メガバン劣後債⇒再び日本株⇒米国株と投資対象が推移。

分散投資が苦手。基本的に1銘柄だけに全資産を集中投資するスタイルでした。2019年夏にノーポジ・フル円キャッシュとなり、資産運用を停止しました。以降は資産を取り崩して生きていきます。(;^_^A

裏芸はダイエット。
身長は166cm程度で、体重はmax 94kg ⇒ 54kg 

記事検索