【Amazon.co.jp限定】リアム・ギャラガー & ジョン・スクワイア (メガジャケ付)

【Amazon.co.jp限定】ピアノ・マン 50周年記念デラックス・エディション SACDマルチ・ハイブリッド盤 (7インチ紙ジャケット仕様) (メガジャケ付)

【Amazon.co.jp限定】ペイパーカッツ (シングルス・コレクション 2000-2023) (メガジャケ付)

1: 湛然 ★ 2019/03/05(火) 21:27:46.07 ID:a/zVGtf+9
2019.3.5 21:00 BARKS
ストレイ・キャッツ、40周年のニュー・アルバム『40』リリース

2019年にデビュー40周年を迎えるストレイ・キャッツが、ニュー・アルバム『40』を5月24日(金)にリリースすることが明らかになっている。ブライアン・セッツァー(G,Vo)、リー・ロッカー(B)、スリム・ジム・ファントム(Dr)の3人が結集した約26年ぶりのオリジナル・アルバムだ。

同新作には、本日3月5日(火)に公開された「Cat Fight (Over A Dog Like Me)」をはじめとする12曲を収録。プロデューサーにピーター・コリンズ、エンジニアにヴァンス・パウエルを迎え、2018年末、米ナッシュビルのBlackbirdスタジオでレコーディングが行なわれたのだという。

新作のリリースに際して、3人は次のようにコメントしている。

   ◆   ◆   ◆

「俺たちが極めて個性的なバンドだということをみんなに理解してもらわなければならない。俺は古いホロウ・ギターを弾いているし、スリム・ジムはバスドラとスネアとシンバル1枚という3ピースか、あるいはさらにシンプルな2ピースのドラム・セット。リー・ロッカーはアップライトのアコースティック・ベースだ。新しい曲を用意して、連中にそれを聞かせるのは俺の役目だ。着想そのものはいたってシンプル。けれどもそこから、俺たちは斬新で刺激的なサウンドを生みだした。で、わかるだろう? それがみんなにも気に入られたってわけだ」──ブライアン・セッツァー

「この新作は、まるで俺たちの最初のレコードみたいだ。俺たちは一緒にレコーディング・スタジオに入り、隣り合って並んだ。そしてアンプのボリュームを目一杯上げて、演奏したんだ。そしてその成果は、言葉ではとても説明できない。ここにはバンドが最高の状態にあるときだけに得られる閃きと、魔法のような瞬間があますところなく捉えられている」──リー・ロッカー

「3人とも、このアルバムは昔ながらのやり方でレコーディングしたいと考えていた。最先端の音楽と、時代を超えた、昔ながらのすばらしい音楽の融合──それこそがずっと、俺たちのインスピレーションの源だったわけだからね」──スリム・ジム・ファントム

   ◆   ◆   ◆

日本盤は初回限定盤、通常盤の2形態での発売となり、ボーナス・トラックとして「Too Hip, Gotta Go」を追加収録。初回盤のみオリジナル・デザインのTシャツが付属する。

なお、6月からは40周年を記念したワールド・ツアーも開催予定となっている。アルバム・リリースの発表に合わせて、新たにアメリカ公演のスケジュールが公開された。

ニュー・アルバム『40』
2019年5月24日(金)発売
■初回限定盤:CD+オリジナルTシャツ付
VIZP-161 ¥5,000+税

■通常盤:CDのみ
VICP-65524 ¥2,500+税
※歌詞・対訳・解説付/日本盤ボーナス・トラック1曲収録

1. Cat Fight (Over A Dog Like Me)
2. Rock It Off
3. I’ve Got Love If You Want It
4. Cry Danger
5. I Attract Trouble
6. Three Time’s A Charm
7. That’s Messed Up
8. When Nothing’s Going Right
9. Desperado
10. Mean Pickin’ Mama
11. I’ll Be Looking Out For You
12. Devil Train
13. Too Hip, Gotta Go ※日本盤ボーナス・トラック

(以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)

001
https://img.barks.jp/image/review/1000165168/001.jpg

002
https://img.barks.jp/image/review/1000165168/002.jpg 003 (1)
https://img.barks.jp/image/review/1000165168/003.jpg

https://www.barks.jp/news/?id=1000165168
元スレ:http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1551788866/
先月SHAKIN’ PYRAMIDS来日してたな。


5: 名無しさん@恐縮です 2019/03/05(火) 21:37:50.55 ID:wb75TzdI0
>>3
まじかよ!
まだやってるんだ!
ネオロカビリーw
ではストレイキャッツ、レストレスと同じくらい好きなんだけど。
またくるかな?

8: 名無しさん@恐縮です 2019/03/05(火) 21:47:11.65 ID:c2YSziWP0
>>5
SHAKIN’ PYRAMIDSって言ってもレストレスとフレンジーの人がメンバーとして弾いてましたよ。再来日はどうでしょうね、小遣い稼ぎで又来るかもしれないですね。ここ数年でレストレス、シャークス、ポールキャッツ、サーフラッツも来てましたし。

4: 名無しさん@恐縮です 2019/03/05(火) 21:36:46.55 ID:cke5SFNO0
すげーな
老けたけどこのビジュアル保ってんだな

7: 名無しさん@恐縮です 2019/03/05(火) 21:40:38.26 ID:L+YzaHPh0
立ったままバスドラをキックしてる奴が一番偉い
何故足がつらないのか不思議

10: 名無しさん@恐縮です 2019/03/05(火) 21:47:41.81 ID:M5dnzGs50
元祖ブランキージェットシティ?

13: 名無しさん@恐縮です 2019/03/05(火) 22:07:11.46 ID:lOVhNXdZ0
ブラックキャッツのパクり

21: 名無しさん@恐縮です 2019/03/05(火) 23:23:13.32 ID:i40UIhuO0
懐メロ洋楽スレにいつも現れる
一発屋の人
まだ来てないのか

22: 名無しさん@恐縮です 2019/03/05(火) 23:34:35.50 ID:0IgNL+Vm0
>>21
呼んだか?
ストレイ・キャッツは知っているが、代表曲が思い出せない

25: 名無しさん@恐縮です 2019/03/05(火) 23:45:10.33 ID:1A5P3j1P0
>>10
パクリというか好きで尊敬してて共演もしてるからね
Red Guitar And The Truthとかストレイキャッツみたいで凄いかっこいいと思った
>>13
ピンクドラゴンとかクリームソーダのバンドだっけ?
>>22
ストレイキャッツストラットが好きだなあ 
凄いかっこいい


11: 名無しさん@恐縮です 2019/03/05(火) 21:49:59.04 ID:ksUYQDym0
げっ、40年も経ったのかよorz

14: 名無しさん@恐縮です 2019/03/05(火) 22:16:24.57 ID:NDInp9gg0
老けたなぁ

15: 名無しさん@恐縮です 2019/03/05(火) 22:42:04.79 ID:ieimRD7v0
まじかー楽しみだ

20: 名無しさん@恐縮です 2019/03/05(火) 23:18:01.85 ID:x4ZrlgYY0
>3. I’ve Got Love If You Want It 

これジミー・リードのやつかな?

23: 名無しさん@恐縮です 2019/03/05(火) 23:39:59.48 ID:ibnzcGNN0
この3人で揃ってやるのは最初の解散以来初だっけ?

24: 名無しさん@恐縮です 2019/03/05(火) 23:43:23.57 ID:c81HC5Rc0
当時は横浜銀蠅とブラック・キャッツとストレイ・キャッツと松田聖子が好きだったな

28: 名無しさん@恐縮です 2019/03/06(水) 00:02:03.47 ID:pMxgl4MN0
>>24
シーナ・イーストンは?w

26: 名無しさん@恐縮です 2019/03/05(火) 23:50:24.91 ID:Ezxlln7N0
Rock This Town好きな曲だな


27: 名無しさん@恐縮です 2019/03/05(火) 23:50:30.38 ID:Nz3nx2E90
ストレイキャッツでツアーするって記事があった気がするけどまさか日本は外されんだろな
一番人気あるの日本だろうし


関連記事
【ロカビリー】ストレイ・キャッツ、25年ぶりにアルバムを2019年リリース!

ストレイ・キャッツが復活! 再結成ライヴを米国で4月に開催

好きな昔のロカビリー歌手を一人挙げてけ

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット