どうやら僕が崇拝しているエリックマーティンによると

そろそろ育児もおわったしシンガーとしてもう一度Mr.BIGを再会したいということ。

なんでも昔喧嘩状態だったビリーシーンにも電話をかけて一緒にやろうと話をしたらしい。

この話はもうすぐ雑誌に載るらしいんだけど。

まあ俺だったらビリーシーンに怒られたら怖くて二度と電話できないけどね。



というわけで俺からしたらMr.BIG再結成なんてノーベル賞受賞よりも嬉しいわけなんです。

俺がはまりだしたころには解散していたので、まさか生音で楽しめるなんて!

明日CDの発売日だぁ!とか胸をウキウキさせることができるなんてなんて新鮮なんだろう。

そこでギターはどっちだろう?リッチー、ポール?

それともエリックの友達の10代の少年だろうか。昔エリックがギターをおしえたら10年後にすばらしいギターリストになった

とかいうやつの話をインタビューできいたことがあったっけかな。みんな気づいてないけど三人目の可能性もあるんだよね。

でも依然としてポールの人気はすごいですね。なんたって弦跳びスイープだし、ギターソロがかっこいいもんね。

green sixty mind のイントロがたっぴんぐになるかどうかって感じですね。リッチーはふつうに弾いてたしバージョンがちがう・・・


なんか苦労が多いエリックだけど、今度は仲良く素晴らしいバンドを作って欲しいですね。

またヴァンヘーレンのオーディションのときみたいに泣かないで欲しい笑。

そんな僕は最近ポールが作った名曲take coverにはまってます。

僕がMr.BIGファンになったのは初めてこの曲をきいたときなんですよね。

かっこよすぎて今でも涙がでそうです。

語りすぎた・・・ばいちゃ