音楽情報・まとめ MUSIC.com

ROCK&POPSを中心にニュースやリリース情報、その他2ch内の話題等を雑多にまとめていきます。

    カテゴリ: リリース情報

    1: 湛然 ★@\(^o^)/ 2017/04/18 05:52:10.91 ID:CAP_USER9.net
    2017/04/17

     SHOW-YAの新曲「NO REGRETS」とSHOW-YA vs クリスタルキングのコラボレーション楽曲「愛をとりもどせ!!」の配信が決定した。

     この2曲は『ぱちんこCR北斗の拳7 転生』使用曲2曲となり、「NO REGRETS」の北斗の拳コラボレーション動画も公開となった(https://youtu.be/_emOGy2ZEoE)。


     北斗の拳をイメージして描かれたSHOW-YAの新曲「NO REGRETS」は、作詞・森雪之丞、作曲・寺田恵子による新時代のラオウのテーマ。そして北斗ファンにはおなじみの「愛をとりもどせ!!」は、SHOW-YAとクリスタルキングとのコラボレーションによる、ロック・デュエット・ヴァージョン。SHOW-YA本来の骨太ヘヴィ・サウンドを前面に押し出し、ハードロック・アンセムとなっている。

    ◎リリース情報
    配信限定シングル
    『NO REGRETS/愛をとりもどせ!!』
    2017/04/26 配信開始


    http://www.billboard-japan.com/common/sys/img/news/00000050/50006/image.jpg
    http://www.billboard-japan.com/d_news/detail/50006/2
    *続きを読む

    1: 湛然 ★@\(^o^)/ 2017/04/15 08:37:15.79 ID:CAP_USER9.net
    M.C.ハマー『Please Hammer Don't Hurt 'Em』がアナログレコード再発
    2017/04/15 06:25

    全世界で1,000万枚以上を売上げた、M.C.ハマー(M.C. Hammer)のヒット・アルバム『Please Hammer Don't Hurt 'Em』(1990年)。日本でもヒットした「U Can't Touch This」ほかを収録した本作が新たにアナログレコードで再発。
    Capitol Records75周年記念の一環でリイシューされます。海外で5月19日発売。

    ●『Please Hammer Don't Hurt 'Em』

    1. Here Comes The Hammer (Side A)
    2. U Can't Touch This (Side A)
    3. Have You Seen Her (Side A)
    4. On Your Face (Side A)
    5. Help The Children (Side A)
    6. Dancin' Machine (Side B)
    7. Pray (Side B)
    8. Crime Story (Side B)
    9. She's Soft And Wet (Side B)
    10. Lets Go Deeper (Side B)


    ・M.C. Hammer / Please Hammer Don't Hurt 'Em
    http://amassing2.sakura.ne.jp/image/jacket/large/2017/70373.jpg
    http://amass.jp/87440/


    ∥動画∥
    MC Hammer - U Can't Touch This [MCHammerVevo]
    *続きを読む

    1: イセモル ★@\(^o^)/ 2017/04/14 09:16:31.27 ID:CAP_USER9.net
    シンガー・ソングライター、長渕剛(60)が16日放送のフジテレビ系「Love music」(深夜0・55)で新曲を初披露することが13日、分かった。完成したばかりの「Loser」(5月24日配信開始)で、立ち上がる負け犬を歌った応援歌。5年ぶりとなる新アルバムを夏に発売することも発表。一昨年の10万人オールナイトライブを成功させてもなお高みを目指す長渕は「敗北は負けではないことを伝えたい」と力を込めた。

    2015年8月に静岡・富士山麓で10万人を動員したオールナイトライブなど、数々の伝説を作り上げてきた孤高のスーパースター・長渕が、敗北者の歌を届ける!

    「できたてホヤホヤ。昨日作った曲を今日演奏するようなスピードだったけど、楽しかったよ」

    16日から日曜深夜枠に移り、放送時間が55分に拡大した「Love-」(通常0・30)に初回ゲストで登場。今月に入って産声を上げた「Loser」を4日の収録で初披露し、充実の表情を見せた。

    約2年ぶりの新曲のテーマは「負け犬」。理不尽な世の中で、自分らしく生きようとする敗北者たちへの応援歌だ。

    1986年のTBS系主演ドラマ「親子ゲーム」の主題歌「SUPER STAR」を担当した長渕は、「30歳で♪I’m a Super Starと歌い、60歳にして♪I’m a loserと歌う」とニヤリ。

    自身も利益を追求する音楽業界の中で、理想の音楽を表現する矛盾と格闘中。富士山麓ライブを成功させても「勝った気がしない」と満足することはなく、「敗北の歌こそ今歌うとき」と制作。「敗北はゼロから立ち上がるスタート。負けて何が悪い!と掲げた拳の強さ、敗北者のエネルギーを歌った」と熱く語る。

    以下略 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170414-00000501-sanspo-musi
    *続きを読む

    1: 湛然 ★@\(^o^)/ 2017/04/13(木) 21:45:30.64 ID:CAP_USER9.net
    2017/04/13 19:02

    モダン・ジャズの父と呼ばれる、テナー・サックス奏者&コンポーザーのチャーリー・パーカー(Charlie Parke)のトリビュート・アルバム『The Passion Of Charlie Parker』が6月16日に世界同時リリース。
    リリース元はユニバーサル・ミュージック。

    この作品は2015年に没後60年を迎えたチャーリー・パーカーの功績を称えて企画されたもの。
    プロデューサーには名匠ラリー・クラインを起用し、新たに歌詞をつけ、カート・エリング、グレゴリー・ポーター、キャンディス・スプリングス、メロディ・ガルドーなどのジャズ・ヴォーカリストをフィーチャーし、チャーリー・パーカーの生涯を1枚のアルバムを通して表現した作品となっています。

    またミュージシャンには、デヴィッド・ボウイの遺作『★』に起用され一躍注目されたテナー・サックスのダニー・マッキャスリンをアルバム全編に起用している他、ベン・モンダー(g)、マーク・ジュリアナ(ds)など、
    今日のジャズ・シーンにおいて最先端を行くミュージシャン達が起用されています

    ●『ザ・パッション・オブ・チャーリー・パーカー』“The Passion Of Charlie Parker”
    2017年6月16日(金)世界同時リリース
    UCCI-1040 ¥2,808(税込)

    <収録曲>
    1. ミート・チャーリー・パーカー (チャンの序曲)Featured Vocalistマデリン・ペルー
    ※「オーニソロジー」ヴォーカル・バージョン
    2. チャーリー・パーカーの墓碑銘(葬儀)Featured Vocalistバーバラ・ハニガン
    ※「ヴィザ」ヴォーカル・バージョン
    3. ヤードバード組曲(天才の青春時代)Featured Vocalistグレゴリー・ポーター
    ※「ヤードバード組曲」ヴォーカル・バージョン
    4. ソー・ロング(ニューヨークへの脱出)Featured Vocalistジェフリー・ライト
    ※「K.C.ブルース」ヴォーカル・バージョン
    5. エヴリ・リトル・シング(信奉者の歌)Featured Vocalistルシアーナ・ソウザ
    ※「ブルームディド」ヴォーカル・バージョン
    6. セントラル・アベニュー(ロサンゼルスへの暗い旅)
    ※インタールード
    7. ロサンゼルス(密売人の歌)Featured Vocalistカート・エリング
    ※「ロサンゼルス」ヴォーカル・バージョン
    8. リヴ・マイ・ラヴ・フォー・ユー(チャンのラヴ・ソング)Featured Vocalistキャンディス・スプリングス
    ※「マイ・リトル・スウェード・シューズ」ヴォーカル・バージョン
    9. フィフティ・ダラーズ(天使と悪魔)Featured Vocalistジェフリー・ライト
    ※「セグメント」ヴォーカル・バージョン
    10. 52丁目の王様(チャンの宣言)Featured Vocalistメロディ・ガルドー
    ※「スクラップル・フロム・ジ・アップル」ヴォーカル・バージョン
    11. サル・プレイエル(パリへの旅)
    ※インタールード
    12. アプレ・ヴ(チャーリー・パーカーの神格化)Featured Vocalistカミーユ・ベルトー
    ※「オー・プリヴァーヴ」ヴォーカル・バージョン


    プロデュース:ラリー・クライン

    <パーソネル>
    ダニー・マッキャスリン(ts), ベン・モンダー(g), マーク・ジュリアナ(ds), エリック・ハーランド(ds),
    スコット・コリー(bs), ラリー・グレナディア(bs),クレイグ・テイボーン(p, Wurlitzer, Hammond B-3 org)


    ・VA / The Passion Of Charlie Parker
    http://amassing2.sakura.ne.jp/image/jacket/large/2017/70278.jpg
    http://amass.jp/87345/
    8: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2017/04/13 21:53:34.64 ID:z7ZTw8sn0.net
    チャーリー・パーカーてアルトだろ?
    *続きを読む

    1: 湛然 ★@\(^o^)/ 2017/04/14 04:52:34.67 ID:CAP_USER9.net
    スピッツの30年を網羅する全シングル集に新曲3曲、過去アルバムのアナログ盤も
    2017年4月14日 4:00

    今年デビュー30周年を迎えるスピッツの全シングル集「CYCLE HIT 1991-2017 Spitz Complete Single Collection -30th Anniversary BOX-」が、7月5日にリリースされる。

    この作品には1991年3月リリースのデビューシングル「ヒバリのこころ」から2016年4月リリースの「みなと」まで、配信限定を含む全シングルの楽曲と、2011年にドラマ主題歌に使用された原田真二「タイム・トラベル」のカバーを収録。
    さらに現在フジテレビ系「めざましテレビ」テーマソングとして放送中の「ヘビーメロウ」など、新曲3曲も収められる。
    新曲について草野マサムネ(Vo, G)は「最近のスピッツっぽい2曲と、バンド30周年のタイミングということで“ビートパンクバンド・スピッツの新曲”という想定で1曲。楽しんでいただけると幸いです!」とコメントしている。

    このうち2006年から2016年までのシングル曲と新曲3曲のみを収録した「CYCLE HIT 2006-2017 Spitz Complete Single Collection」も同時発売。
    過去にリリースされた2枚のシングル集「CYCLE HIT 1991-1997 Spitz Complete Single Collection」「CYCLE HIT 1997-2005 Spitz Complete Single Collection」のリマスタリング盤も発売される。

    さらにこれまでスピッツが発表したオリジナルアルバムとミニアルバム、全16作品のアナログ盤のリリースも決定した。このアナログ盤はマスタリングエンジニアの小鐡徹が手がけたニューカッティング版で、180gの重量盤。完全受注限定生産での発売となる。

    ◆スピッツ コメント
    草野マサムネ(Vo, G)

    前の「CYCLE HIT」をリリースしてから11年、音楽ソフトを取り巻く環境も随分変わりました。
    そんな中で再び“シングル集”をリリースできるのは、淀むことなくバンド活動を続けられたという証でもあり、大変ありがたいことです。
    なので今回張り切って新曲も3曲作りました。
    最近のスピッツっぽい2曲と、バンド30周年のタイミングということで“ビートパンクバンド・スピッツの新曲”という想定で1曲。
    楽しんでいただけると幸いです!

    (中略、>>2以降につづく)


    ・スピッツ
    http://natalie.mu/media/1704/0414/extra/news_header_Spitz_art201704.jpg
    ・スピッツ「CYCLE HIT 1991-1997 Spitz Complete Single Collection」ジャケット
    http://natalie.mu/media/1704/0414/extra/news_xlarge_Spitz_CYCLEHIT1997-2005.jpg
    ・スピッツ「CYCLE HIT 1997-2005 Spitz Complete Single Collection」ジャケット
    http://natalie.mu/media/1704/0414/extra/news_xlarge_Spitz_CYCLEHIT1991-1997.jpg
    ・アナログ盤が再発売されるスピッツの全アルバムジャケット。
    http://natalie.mu/media/1704/0414/extra/news_xlarge_Spitz_analog.jpg
    http://natalie.mu/music/news/228713
    *続きを読む

    1: 湛然 ★@\(^o^)/ 2017/04/13 13:28:47.68 ID:CAP_USER9.net
    2017/04/12 01:52

    フリートウッド・マック(Fleetwood Mac)の2人、リンジー・バッキンガム(Lindsey Buckingham)とクリスティン・マクヴィー(Christine McVie)によるデュオが初のアルバム『Lindsey Buckingham / Christine McVie』を海外で6月9日発売。リンジー・バッキンガム&クリスティン・マクヴィー名義。リリース元はAtlantic。

    2人のコラボレーションは、マクヴィーがフリートウッド・マックに復帰した2014年よりスタート。レコーディングは、フリートウッド・マックの『Tusk』ほかを作ったロサンゼルスのVillage Studiosにて行われており、フリートウッド・マックのバンド仲間、ミック・フリートウッド(Mick Fleetwood)とジョン・マクヴィー(John McVie)がリズム・セクションとして制作に参加しています。

    クリスティンがスタジオ・アルバムをリリースするのは、2004年のソロ・アルバム『In the Meantime』以来。

    アルバムからの1stシングルとして「In My World」が4月14日にデジタルとストリーミングでリリースされる予定です。

    なお、デュオは6月、7月に北米ツアーを行うことも発表しています
    ●『Lindsey Buckingham / Christine McVie』

    1. "Sleeping Around The Corner"
    2. "Feel About You"
    3. "In My World"
    4. "Red Sun"
    5. "Love Is Here To Stay"
    6. "Too Far Gone"
    7. "Lay Down For Free"
    8. "Game Of Pretend"
    9. "On With The Show"
    10. "Carnival Begin"


    Lindsey Buckingham & Christine McVie / Lindsey Buckingham / Christine McVie
    http://amassing2.sakura.ne.jp/image/jacket/large/2017/70217.jpg
    http://amass.jp/87248/
    *続きを読む

    1: 湛然 ★@\(^o^)/ 2017/04/14 05:29:53.63 ID:CAP_USER9.net
    2017-04-13 21:28

     歌手・西野カナの今年第1弾となる30thシングル「パッ」(5月3日発売)の新ビジュアルが13日、公開された。表題曲は28thシングル「あなたの好きなところ」(昨年4月発売)に続き、ビタミン炭酸「MATCH」のCMソングに起用されることも明らかになった。

     新曲「パッ」は、ポップで爽快なサウンドに「パッとはじけたいの」「人生一度きり」といったキャッチーな言葉を乗せ、日々の不安やストレスを吹き飛ばしたいという気持ちを表現した西野流応援ソング。
    同曲が起用されたMATCH新CMは、今月22日からオンエアされる。

     シングルは初回生産限定盤(CD+DVD)、通常盤(CD)の2形態。初回盤の付属DVDには、ジャケット撮影のメイキングおよびインタビュー映像が収録される。


    ・西野カナが新ビジュアル公開
    http://contents.oricon.co.jp/upimg/news/20170413/2089164_201704130819140001492086686c.jpg http://contents.oricon.co.jp/upimg/news/20170413/2089164_201704130819222001492086686c.jpg http://contents.oricon.co.jp/upimg/news/20170413/2089164_201704130819295001492086686c.jpg
    http://www.oricon.co.jp/news/2089164/full/
    *続きを読む

    1: 湛然 ★@\(^o^)/ 2017/04/12 04:43:50.41 ID:CAP_USER9.net
    ゆず×いきもの コラボ曲「イロトリドリ」MV公開 5人だからこその楽しい空気感
    2017-04-12 04:00

     人気デュオ・ゆずが12日、1月から“放牧中”のいきものがかりとコラボレーションした「イロトリドリ」のミュージックビデオ(MV)をフルサイズで公開した。5人でのレコーディングは、昨年秋頃から年末にかけて行われた。

     本作は、ゆずのデビュー20周年を記念したオールタイムベストアルバム『ゆずイロハ 1997-2017』(26日発売)に収録されるスペシャルトラック3曲のうちの一つ。
    ゆずが親交のある後輩ミュージシャンとのコラボを発案し、いきものがかり、back number、SEKAI NO OWARIとそれぞれ1曲ずつ、既存曲を新たにレコーディングした。

     いきものがかりの吉岡聖恵(Vo)、水野良樹(G)、山下穂尊(G)は高校時代、3人での初路上ライブで披露した楽曲がゆずの「夏色」だったとあり、ゆずからのオファーに大感激。
    同じ神奈川県の路上出身コラボとなり、いきものがかりのイメージに合ったアップテンポなナンバー「イロトリドリ」(2013年)を選曲した。

     レコーディングでは「5人だからこそ生み出せるサウンドや空気感」をテーマに、お互いにアレンジのアイデアを出しながら制作。この日公開されたMVは実際のレコーディング中に撮影され、合いの手や掛け合いなど“音楽の楽しさ”が伝わってくる作品となっている。

     吉岡は「今回のコラボのお話は本当にうれしかったですし、仮歌からレコーディングまで、ワクワクしながら歌い、とてもすてきな時間を過ごさせていただきました」と振り返り、
    「とてもにぎやかな楽曲で、ゆずさんとコラボさせていただいた楽しい空気感もたっぷり伝わる曲になったのではないかと思います」と話した。

    ■ゆず×いきものがかり「イロトリドリ」MV
    https://youtu.be/guj4AK7uIo8


    ゆず×いきものがかりコラボ曲「イロトリドリ」のMV公開
    http://contents.oricon.co.jp/upimg/news/20170412/2089026_201704120318910001491937218c.jpg
    http://www.oricon.co.jp/news/2089026/full/
    *続きを読む

    1: muffin ★@\(^o^)/ 2017/04/10 19:51:52.15 ID:CAP_USER9.net
    http://www.cinra.net/news/20170410-nakamurakazuyoshi
    2017/04/10 18:00

    5月24日にリリースされる中村一義のセルフカバーベストアルバム『最高築』およびライブDVDの詳細が発表された。

    『最高築』は、町田昌弘を共同プロデューサーに迎え、代表曲をバンドサウンドで新たに再構築して収録した作品。
    “犬と猫”“キャノンボール”といった楽曲に加え、ワンリルキスに提供した“ワンリルキス”のセルフカバーが収められるほか、ボーナストラックとしてアニメ『エンドライド』のエンディングテーマに起用された配信シングル曲“世界は変わる”が収録される。

    初回限定盤には、中村のジャケットを数多く手掛ける写真家・佐内正史による約60ページの写真集が付属。
    さらにこれまでにリリースされた全アルバムジャケットの缶バッジ10個付きの紙ジャケット仕様となる。

    同時発売されるライブDVDのタイトルは『ERA最高築 ~エドガワQ 2017~』。
    アルバム『ERA』をバンドアレンジで再構築したライブ映像に加えて、ライブ会場で撮影された“キャノンボール”のPVがボーナストラックとして収められる。

    ビクターエンタテインメントのオフィシャルTwitterアカウントでは、今回の発表にあわせて、抽選で中村のサイン入りポスターが当たるキャンペーンがスタート。
    さらに2作のリリースを記念して、5月23日に東京・渋谷の東京カルチャーカルチャー、5月25日に京都・紫明会館でトークとアコースティックライブで構成される『まちなかオンリー!最高チック!TOKYOTO』が開催される。
    チケット情報の詳細は中村のオフィシャルサイトをチェックしよう。
    (続きはソースをご覧下さい)

    http://www.cinra.net/uploads/img/news/2017/20170410-nakamurakazuyoshi.jpg http://www.cinra.net/uploads/img/news/2017/20170410-nakamurakazuyoshi02.jpg
    *続きを読む

    1: 湛然 ★@\(^o^)/ 2017/04/10 20:45:03.39 ID:CAP_USER9.net
    2017/04/10 18:33

    BOOWYのデビュー35周年を記念して、アルバム群の紙ジャケット復刻&180グラム重量盤アナログレコード・リリースが決定。紙ジャケは6月28日、レコードは7月26日に発売されます。

    以下、プレスリリースより

    <35>...その数字に、特別な意味はない。
    1982年にBOOWYというバンドがデビューしてから、今年で35年が経った、それだけのことだ。
    日本のロック・シーンはすでにBOOWY第3世代 と言っていい若いジェネレーションが中心となってドライブしているにもかかわらず、わずか6年という活動期間に過ぎなかったこのバンドが、いまだに影響力を持ち続けているのは紛れも無い事実だろう。
    BOOWYは、80年代後半というあのカオスの時代に、日本のロックに確かな実在を示し、あちこちに衝撃という楔を打ち込んだのだ。
    BOOWY以前、BOOWY以降という表現があるが、その一番の違いは、彼らが混沌の地平に明瞭な景色をもたらしたことではないだろうか。

    そんなBOOWYの功績を35周年という機会に、再度再発見することのできるよう、紙ジャケアルバムが限定復刻され、またLAのカッティングで新たな命を吹き込まれたLP盤でのリリースが決定した。

    35周年という機会に、彼らのそんな功績を肴に、あらためてBOOWYの美酒に酔いしれるのも悪くない。
    2017年。また新たな何かが生まれる年になるかも知れない。

    <商品概要>

    ●6/28発売 アルバム紙ジャケ復刻7W

    35周年BOOWY、アニバーサリー・イヤーの先陣を切るのは、現在入手困難な紙ジャケアルバムを限定復刻したシリーズです。
    2007年に初めてリリースされた紙ジャケリイシュー版6Wを、プライスダウンし限定復刻。
    それに加え、98年リリースのベスト盤「THIS BOOWY」の初回盤紙ジャケも復刻。
    共通価格:税抜2,300円(+税)

    (1)『BOOWY』 UPCY-9682
    佐久間正英プロデュース、ベルリンレコーディング、
    「Dreamin'」で幕開けする奇跡への序章。3rdアルバム。

    (2)『JUST A HERO』 UPCY-9683
    いよいよ本格的なブレイクを迎える、初のセルフ・プロデュース作品。
    「わがままジュリエット」「JUSTY」ほか収録。4thアルバム。

    (3)『BEAT EMOTION』 UPCY-9684
    チャート1位を獲得し、日本のロックの常識を覆した金字塔作品。
    「B-BLUE」「ONLY YOU」ほか収録。5thアルバム。

    (4)『PSYCHOPATH』 UPCY-9685
    シングルとして初の1位を獲得した「Marionette」や、ラスト・シングル「季節が君だけを変える」を収録した、名作の誉れ高い6thアルバム。

    (5)『SINGLES』 UPCY-9686
    解散後に発表された、全シングル曲と一部のカップリング曲を収録した
    シングル・コレクション・アルバム。

    (6)『オーケストレーションBOOWY』(アスターテ・オーケストラ・オブ・ロンドン) UPCY-9687
    BOOWYの代表曲をロビン・スミスによってオーケストラ・アレンジしたインスト・アルバム。
    アートワークは立花ハジメ。

    (7)『THIS BOOWY』 UPCY-9688
    全20曲収録、EMI時代の音源で構成された決定盤ベスト・アルバム。
    当時初回盤のみであった紙ジャケット仕様にて復刻。

    >>2以降につづく)

    ・BOOWY
    http://amassing2.sakura.ne.jp/image/jacket/large/2012c/14975.jpg
    http://amass.jp/87185/
    *続きを読む

    このページのトップヘ