音楽情報・まとめ MUSIC.com

ROCK&POPSを中心にニュースやリリース情報、その他2ch内の話題等を雑多にまとめていきます。

    カテゴリ:リリース情報 > 海外CD・DVD・配信

    1: 湛然 ★@\(^o^)/ 2017/03/22 20:45:06.49 ID:CAP_USER9.net
    2017/03/22 17:12

    ソニック・ユース(Sonic Youth)での活躍でも知られるサーストン・ムーア(Thurston Moore)がソロ・アルバム『Rock N Roll Consciousness』を海外、日本で4月28日発売。日本盤はボーナス・トラック、歌詞対訳、ライナーノーツ付(予定)。リリース元はEcstatic Peace library/Hostess。

    ソロ・アルバムのリリースは2014年の『The Best Day』以来、3年ぶり。通算5作目

    以下、インフォメーションより

    ニック・ユースやチェルシー・ライト・ムーヴィングのフロントマンとしてUSロック・シーンを牽引し続け、数々のアーティストに影響を与えてきているサーストン・ムーアが、ソロとしては3年振りとなる5枚目のアルバム『ロックンロール・コンシャスネス』をリリースします。更にアルバム収録シングル「Smoke Of Dreams」のデジタル配信も開始しました。

    本作ではポール・エプワース(アデル、ザ・ポップ・グループ、リアーナ、ポール・マッカートニー)がロンドンのチャーチ・スタジオにてレコーディングし、ランドール・ダン(ボリス、アクロン・ファミリー、ザ・ケイヴ・シンガーズ)がシアトルにてマスタリングを行っています。

    新アルバムには2014年からバンドとして共に活動するデビー・グッギ(B/マイ・ブラッディ・ヴァレンタイン、プライマル・スクリーム)、ジェイムス・エドワーズ(G/ノウト、クローム・フーフ)、スティーヴ・シェリー(Dr/ソニック・ユース、サン・キル・ムーン)が参加しており、彼等とサーストンは2015年にリリースしたアルバム『ザ・ベスト・デイ』以降約2年間の世界ツアーを共に周っています。

    スケール感のあるアンセミックな楽曲、歌詞に関しても詩人ラディオ・ラディユーとの共作を取るなど新たな試みに溢れ、変わらぬサーストンの創作欲が伝わってきます。テーマ自体も天使や女神との恋愛と言った神秘的なものから、新たな生命の誕生がもたらす癒しといった精神性を題材にしたものまで多岐に渡るなど今までのサーストン作品には無い新たな魅力が詰まった新作となっています。

    [source] http://hostess.co.jp/news/2017/03/013585.html

    ●『Rock N Roll Consciousness』

    1. Exalted(11:54)
    2. Cusp(6:33)
    3. Turn On(10:18)
    4. Smoke Of Dreams(6:04)
    5. Aphrodite(8:08)


    ・Thurston Moore / Rock N Roll Consciousness
    http://amassing2.sakura.ne.jp/image/jacket/large/2017/69418.jpg
    http://amass.jp/86354/


    ∥動画∥
    Thurston Moore - Cease Fire [ThurstonMooreVEVO]

    Thurston Moore - Smoke Of Dreams [ThurstonMooreVEVO]
    *続きを読む

    1: 湛然 ★@\(^o^)/ 2017/03/16 21:35:04.55 ID:CAP_USER9.net
    2017/03/16 12:28

    ビル・エヴァンス(Bill Evans)の晩年を代表する名盤『アイ・ウィル・セイ・グッドバイ』『ユー・マスト・ビリーヴ・イン・スプリング』と同じメンバーによる完全未発表コンサート音源(海賊盤でも過去に流通なし)が、40年の時を経て発掘。
    アルバム『On A Monday Evening』から「Time Remembered」が試聴可


    ●『On A Monday Evening』

    <収録曲>
    01.シュガー・プラム
    02.アップ・ウィズ・ザ・ラーク
    03.タイム・リメンバード
    04.T.T.T.
    05.いつか王子様が
    06.ミーニャ(オール・マイン)
    07.オール・オブ・ユー
    08.サム・アザー・タイム

    ☆英表記
    1. Sugar Plum
    2. Up with the Lark
    3. Time Remembered
    4. T.T.T. (Twelve Tone Tune)
    5. Someday My Prince Will Come
    6. Minha (All Mine)
    7. All of You
    8. Some Other Time

    <パーソネル>
    ビル・エヴァンス(p) エディ・ゴメス(b) エリオット・ジグムンド(ds)
    ★1976年11月15日、マジソン、マジソン・ユニオン・シアターにてライヴ録音


    ・Bill Evans / On A Monday Evening
    http://amassing2.sakura.ne.jp/image/jacket/large/2017/68361.jpg
    http://amass.jp/86085/


    ∥動画∥
    Bill Evans Trio | Time Remembered (Live) | On A Monday Evening [Concord Music Group]

    Bill Evans Trio | Up With the Lark (Live) | On A Monday Evening



    ∥関連∥
    ビル・エヴァンス・トリオの発掘ライヴ音源が発売決定(※上記のアルバムとは別の作品)
    http://amass.jp/86099/
    *続きを読む

    1: 湛然 ★@\(^o^)/ 2017/03/11 05:17:39.08 ID:CAP_USER9.net
    The Weekndがダフト・パンクとのコラボ曲「I Feel It Coming」のミュージックビデオを公開
    2017/03/10 14:39

    The Weekndがダフト・パンク(Daft Punk)とのコラボレーション曲「I Feel It Coming」のミュージックビデオを公開。水原希子が出演。この曲は2016年発売のアルバム『Starboy』に収録


    ・The Weeknd / Starboy
    http://amassing2.sakura.ne.jp/image/jacket/large/2016b/62919.jpg
    http://amass.jp/85846/


    ∥動画∥
    The Weeknd - I Feel It Coming ft. Daft Punk [TheWeekndVEVO]

    *続きを読む

    1: 湛然 ★@\(^o^)/ 2017/03/08 05:46:30.18 ID:CAP_USER9.net
    2017/03/07
    Billboard JAPAN

     先週末、ジョン・レノンとオノ・ヨーコの息子のショーン・レノンが、2016年12月に死去した女優のキャリー・フィッシャーと共作した新曲「バード・ソング」を発表した。

     自身のSoundcloudのページに掲載された声明には、この曲はフィッシャーが亡くなった後にレコーディングされたと書かれている。「彼女が亡くなった時、これを録音しなければならないと強く感じた」とレノンは明かしている。そして、「彼女が一緒に書いてくれた歌詞が素晴らしいと思うんだ。キャリーと僕は朝まで起きておしゃべりしたり、人生について偉そうに話したりしたものだった」と友人との思い出を振り返った。

     “夜更かしし過ぎることと鳥のさえずりを聞くこと”を歌ったというこのピアノ・バラードには、レノンが“prodigal angel”(才能豊かな天使)と形容する、ウィル・スミスの娘ウィロー・スミスがボーカルで参加している。公開されたヴァージョンはミキシングされていないデモで、ほんの数時間でレコーディングされたものだという。

    ◎「バード・ソング」音源
    https://soundcloud.com/sean-lennon-5/bird-song_r2


    http://www.billboard-japan.com/scale/news/00000048/48394/610x_image.jpg
    http://www.billboard-japan.com/d_news/detail/48394/2
    *続きを読む

    1: 湛然 ★@\(^o^)/ 2017/03/07 05:14:35.96 ID:CAP_USER9.net
    2017/03/07 00:12

    ニール・ヤングが「Peace Trail」のミュージックビデオを公開。この曲は2016年発売のアルバム『Peace Trail』に収録


    ・Neil Young / Peace Trail
    http://amassing2.sakura.ne.jp/image/jacket/large/2016b/64137.jpg
    http://amass.jp/85641/


    ∥動画∥
    Neil Young - Peace Trail (Official Video) [neilyoungchannel]
    *続きを読む

    1: 湛然 ★@\(^o^)/ 2017/03/06 22:44:48.28 ID:CAP_USER9.net
    2017/03/06 02:38

    イギー&ザ・ストゥージズ楽曲のリ・ワーク・ヴァージョンを、ザ・ストゥージズ(The Stooges)のギタリストであるジェームズ・ウィリアムソン(James Williamson)がデニス・テックと共に制作。デニスは“オーストラリアのストゥージズ”とも言われてる、デトロイト・サウンド直系オーストラリア・パンクの雄レディオ・バードマンのギタリスト。新たにアコースティック・スタイルにリ・ワークした4曲を収めたEP『Acoustic K.O.』が海外で3月31日に発売されます。

    リ・ワークしたのは、ザ・ストゥージズのアルバム『Raw Power』から「I Need Somebody」と「Penetration」、そしてイギー・ポップ&ジェームズ・ウィリアムソンのアルバム『Kill City』から「Night Theme」と「No Sense of Crime」。

    現在、「Night Theme」のミュージックビデオが公開されています
    https://www.yahoo.com/music/james-williamson-night-theme-192222001.html


    ・James Williamson & Deniz Tek
    http://amassing2.sakura.ne.jp/image/jacket/large/2017/68784.jpg
    http://amass.jp/85612/
    ACOUSTICS KO
    IGGY POP
    JUNGLE RECORDS
    2016-01-20


    5: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2017/03/07 00:08:02.11 ID:OuqfIoiD0.net
    ビーユアドッグがないとか
     
    2: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2017/03/06 22:57:31.34 ID:ctuo9voz0.net
    買いだな
    *続きを読む

    1: 湛然 ★@\(^o^)/ 2017/03/06 05:50:07.20 ID:CAP_USER9.net
    2017/03/06 01:55

    ドイツの音楽誌Rocks magazineによれば、シン・リジィ(Thin Lizzy)やホワイトスネイク(Whitesnake)などでの活躍でも知られるギタリスト、ジョン・サイクス(John Sykes)が17年ぶりの新ソロ・アルバム『Sy-Ops』を今年後半にリリースする予定。ソロ・アルバムのリリースは2000年の『Nuclear Cowboy』以来。

    同誌によれば、アルバムはすでに3年前に完成していたそうですが その後、サイクスを担当していたマネージャーが他界、「本当に信頼することができる人物を失ったため、ディスクを棚上げにした」とサイクスは説明しています。

    サイクスは2014年に新曲のサンプル音源集を自身のsoundcloudページで公開していました。以下で聴けます。
    https://soundcloud.com/johnsykesofficial


    またサイトBlabbermouthによれば、新作には以下のミュージシャンがゲスト参加している模様です

    * Josh Freese (WEEZER, A PERFECT CIRCLE, GUNS N' ROSES, DEVO): Drums
    * Tony Franklin (THE FIRM): Bass
    * Chris Chaney (JANE'S ADDICTION): Bass
    * Curt Bisquera (SARAH MCLACHLAN): Drums
    * Jamie Muhoberac (THE ALL-AMERICAN REJECTS, FLEETWOOD MAC, THE ROLLING STONES): Keyboards

    [source] https://www.rocks-magazin.de/meldungen/john-sykesr%C3%BCckkehr-aus-dem-eis


    ・John Sykes
    http://amassing2.sakura.ne.jp/image/jacket/large/2017/68778.jpg
    http://amass.jp/85609/
    *続きを読む

    1: 湛然 ★@\(^o^)/ 2017/03/02 21:04:16.20 ID:CAP_USER9.net
    2017/03/02 14:32

    ザ・ドアーズ(The Doors)が1967年にリリースしたデビュー・アルバム『The Doors(邦題:ハートに火をつけて)』。発売50周年を記念した50thアニヴァーサリー・デラックス・エディション(3CD+1LP)が日本でも発売に。日本盤は5月24日発売。日本盤(輸入盤国内仕様 - 完全限定盤)には「The Doorsオフィシャル50thアニヴァーサリーTシャツ(フリーサイズ)」も同梱されます。また同日には日本だけに認められたという3CDジャパニーズ・エディション(SHM-CD仕様)も発売されます。

    各エディションの内容は以下のとおり

    ●『ハートに火をつけて(50thアニヴァーサリー・デラックス・エディション)[Tシャツ付き限定盤]』

    <3CD>
    CD1 : オリジナル・アルバム ステレオ・ミックスのリマスター
    CD2 : オリジナル・アルバム モノ・ミックスのリマスター (初CD化)
    CD3 : ライヴ・アット・マトリックス 1967年3月7日
    * 『Live At The Matrix, March 7, 1967』は2008年にリリースされたが、今回は最近になって再発見されたというオリジナル・マスターテープの音源を採用。このオリジナルテープは長年に渡って失われていたと思われていたもので、2008年版は第3世代のテープから作られていました。

    <LP> オリジナル・アルバム モノ・ミックスのリマスター
    <付属物>
    12インチ・サイズのハードカバー・ブック
    レアまたは初出の写真
    ライナーノート
    ★The Doorsオフィシャル50thアニヴァーサリーTシャツ(フリーサイズ)

    [リマスター・エンジニア] ブルース・ボトニック

    ■ 輸入盤国内仕様 - 完全限定盤
    ■ 歌詞・対訳・新規解説
    ■ 英文ライナーノーツ対訳

    ●『ハートに火をつけて(50thアニヴァーサリー・デラックス・ジャパニーズ・エディション)』

    <3CD>
    CD.1 : オリジナル・アルバム ステレオ・ミックスのリマスター
    CD.2 : オリジナル・アルバム モノ・ミックスのリマスター (初CD化)
    CD.3 : ライヴ・アット・マトリックス 1967年3月7日
    *『Live At The Matrix, March 7, 1967』は2008年にリリースされたが、今回は最近になって再発見されたというオリジナル・マスターテープの音源を採用。このオリジナルテープは長年に渡って失われていたと思われていたもので、2008年版は第3世代のテープから作られていました。

    [リマスター・エンジニア] ブルース・ボトニック

    ■ 日本盤のみのリリース&高音質SHM-CD仕様
    ■ 新規解説/歌詞付/対訳付
    ■ 英文ライナーノーツ対訳(予定)


    このエディションは海外盤は3月31日発売。リイシュー元はRhino。

    50thアニヴァーサリー・デラックス・エディションは3CD+アナログレコード仕様。CDは、新たにリマスタリングされた『The Doors』のステレオ・ミックスとモノ・ミックスをそれぞれ収めた2枚、そして1967年3月7日にサンフランシスコのThe Matrixで行われたコンサートの音源を収めたライヴ・アルバム『Live At The Matrix, March 7, 1967』の計3枚です。アナログレコードにはリマスタリングされた『The Doors』のモノ・ミックスが収められます。『The Doors』のモノ・ミックスがCD化されるのはこれが初。またステレオ・ミックスも海外では10年ぶりのリイシューです。

    収録されるライヴ・アルバム『Live At The Matrix, March 7, 1967』は2008年にリリースされたことがありますが、今回は最近になって再発見されたというオリジナルマスターテープからの音源を採用。このオリジナルテープは長年に渡って失われていたと思われていたもので、2008年版は第3世代のテープから作られていました。

    今回のエディションには12インチサイズのハードカバー本も同梱。レアまたは初出の写真や詳細なライナーノートなどが掲載されます。

    >>2以降につづく)


    ・The Doors / The Doors (50th Anniversary Deluxe Edition)
    http://amassing2.sakura.ne.jp/image/jacket/large/2017/66451.jpg
    http://amass.jp/85462/
    *続きを読む

    1: 湛然 ★@\(^o^)/ 2017/03/01 20:54:18.64 ID:CAP_USER9.net
    2017/03/01 18:38

    ザ・キンクス(The Kinks)のレイ・デイヴィス(Ray Davies)が新曲「Rock ‘N’ Roll Cowboys」を公開。試聴可。この曲は10年ぶりの新アルバム『Americana』に収録

    以下のURLのページで聴けます
    https://www.washingtonpost.com/news/arts-and-entertainment/wp/2017/02/28/exclusive-a-new-song-from-kinks-leader-ray-davies/

    アルバムの日本盤は4月26日発売予定。Blu-spec CD2仕様。海外盤は4月21日発売。リリース元は海外はLegacy Recordings/Sony、日本はソニーレコーズ インターナショナル。

    スタジオ・アルバムの発表は2007年の『Working Man's Cafe』以来。新作は全15曲入りで、いずれもレイが作詞・作曲・編曲を手がけたオリジナル楽曲。レコーディングは、米オルタナ・カントリー・バンドのジェイホークス(The Jayhawks)と共に行われています。プロデュースは、レイ・デイヴィス、ガイ・マッシー(スピリチュアライズド、ドクター・ジョンなど)、ジョン・ジャクソン。

    本作は、2013年に発表した同名の自伝『Americana』がきっかけとなって制作された作品で、収録曲にも反映。“レイ・デイヴィスが体験したアメリカ”と言う、レイのレンズを通してアメリカ音楽の再解釈が行われています。またアルバムには自伝『AMERICANA』の抜粋ナレーションや、ジェイホークスのカレン・グロットバーグとのデュエットなども収録されます。


    ●『Americana』

    1. Americana
    2. The Deal
    3. Poetry
    4. Message From The Road
    5. A Place In Your Heart
    6. The Mystery Room
    7. Silent Movie
    8. Rock ‘N’ Roll Cowboys
    9. Change For Change
    10. The Man Upstairs
    11. I’ve Heard That Beat Before
    12. A Long Drive Home To Tarzana
    13. The Great Highway
    14. The Invaders
    15. Wings Of Fantasy


    ・Ray Davies / Americana
    http://amassing2.sakura.ne.jp/image/jacket/large/2017/67114.jpg
    http://amass.jp/85419/


    ∥動画∥
    ※「Rock ‘N’ Roll Cowboys」は、近日中に下記URLにおいても公開される予定

    ・Ray Davies - Poetry (Audio) [RayDaviesVEVO ] 

    *続きを読む

    1: 湛然 ★@\(^o^)/ 2017/02/20 22:37:55.40 ID:CAP_USER9.net
    2017/02/20 20:59

    リンゴ・スター(Ringo Starr)の新アルバムにポール・マッカートニー(Paul McCartney)が参加。リンゴは自身のツイッターにスタジオで撮影したポールとの2ショット写真を「来てくれて、そして素晴らしいベースを弾いてくれてありがとう。愛してるよ、ピース&ラヴ」のコメントとともに公開しています。米ビルボード誌によれば、リンゴの広報担当者が、ポールがリンゴの新アルバムに参加していることを認めているとのこと。またリンゴの新作にはジョー・ウォルシュ(Joe Walsh)も参加しているようで、リンゴ、ポール、ジョーの3ショット写真も公開されています

    Thanks for coming over man and playing Great bass. I love you man peace and love. pic.twitter.com/Z5kpyLLlkO
    #RingoStarr (@ringostarrmusic) 2017年2月20日
    http://pbs.twimg.com/media/C5EyiF2VcAABXV9.jpg
    https://twitter.com/ringostarrmusic/status/833502973204459520

    And look out Joe W. came out to play what a day I'm having peace and love. pic.twitter.com/8xQt2j5OLn
    #RingoStarr (@ringostarrmusic) 2017年2月20日
    http://pbs.twimg.com/media/C5E0SN_VUAAKfm_.jpg:l
    https://twitter.com/ringostarrmusic/status/833504899073662976


    http://amass.jp/85002/
    *続きを読む

    このページのトップヘ