音楽情報・まとめ MUSIC.com

ROCK&POPSを中心にニュースやリリース情報、その他2ch内の話題等を雑多にまとめていきます。

    カテゴリ:音楽ランキング > 国内最新

    1: イセモル ★@\(^o^)/ 2017/03/22 12:18:11.75 ID:CAP_USER9.net
    歌手のYUKI(45)が約2年半ぶりに発売した8枚目のニューアルバム「まばたき」が、オリコン週間ランキングで初登場1位を獲得したことが22日分かった。

    「まばたき」は累計30280枚を売り上げ1位を獲得。2位に4人組ロックバンド「KEYTALK」の2ndアルバム「PARADISE」、3位は米アカデミー賞で6部門を受賞した映画「ラ・ラ・ランド」のオリジナル・サウンドトラックがランクインした。

    以下略で送りしております。 2位以下など、全文は下記引用元よりご覧ください|ω・)
    http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170321-OHT1T50089.html
    まばたき
    http://www.hochi.co.jp/photo/20170321/20170321-OHT1I50092-T.jpg
    *続きを読む

    1: 湛然 ★@\(^o^)/ 2017/03/15 20:57:32.08 ID:CAP_USER9.net
    【ビルボード】『ラ・ラ・ランド』サントラ、じわりじわりと順位を上げてついに総合AL首位
    Billboard Japan 3/15(水) 14:30

     今週の総合アルバムチャート“Hot Albums”では、映画『ラ・ラ・ランド』のサントラが初登場から徐々に順位を上げていき、4回目のチャートインでついに首位を獲得した。

     2月27日付同チャートに初登場した『ラ・ラ・ランド - オリジナル・サウンドトラック』。公開前から大きな話題になっていた映画の上映がスタートすると、ミュージカル映画ということもありその楽曲にも注目が集まった。49位→9位→3位と順位を上げていき、今回ついに1位となった。この原動力になったのは、ダウンロードの1位のポイント。洋楽作品はダウンロードが強い傾向にあるが、映画の公開中はこの勢いが続いていくのかを見守りたい。

     2位と3位には、倖田來未が2枚同時にリリースした『W FACE~inside~』『W FACE~outside~』が並ぶ。CDセールスでは、『W FACE~outside~』が僅差で首位になったが、ダウンロードで『W FACE~inside~』が勝り、総合チャートでは順位が逆転した。そして、back number『アンコール』が先週6位から2ランクアップの4位に。発売から2か月以上経過したこともあり、CDセールスは落ち着いているが、ダウンロードでは3位、ルックアップでは断トツ1位になっており、まだまだこの作品を楽しんでいるユーザーが多いことがわかる結果だと言える。

    ◎【Hot Albums】トップ10
    1位『ラ・ラ・ランド - オリジナル・サウンドトラック』
    2位『W FACE~inside~』倖田來未
    3位『W FACE~outside~』倖田來未
    4位『アンコール』back number
    5位『÷(ディバイド)』エド・シーラン
    6位『Paradise Has NO BORDER』東京スカパラダイスオーケストラ
    7位『Ambitions』ONE OK ROCK
    8位『ALL SINGLeeeeS ~& New Beginning~』GReeeeN
    9位『「WE ARE X」オリジナル・サウンドトラック』X JAPAN
    10位『完ペキ主義なセカイにふかんぜんな音楽を■』バンドじゃないもん!
    ※■はハートマーク


    http://www.billboard-japan.com/common/sys/img/news/00000048/48717/image.jpg
    http://www.billboard-japan.com/d_news/detail/48717/2
    *続きを読む

    1: 湛然 ★@\(^o^)/ 2017/03/14 04:45:04.70 ID:CAP_USER9.net
    スポニチアネックス 3/14(火) 4:00

     歌手の倖田來未(34)が8日に同時発売したアルバム「W FACE~outside~」と「W FACE~inside~」が、20日付の最新オリコンチャートに1、2位で初登場することが13日、確定した。

     ともに2万枚以上を売り上げ、「outside」がわずかに上回った。1、2位の独占は自身初で、女性歌手では13年9月に西野カナ(27)が達成して以来5人目。今回の2作はいずれもベスト盤ではないオリジナルアルバム。女性歌手オリジナル2枚のワンツーは、故藤圭子さん(13年死去、享年62)が70年7月に「新宿の女/演歌の星 藤圭子のすべて」と「女のブルース」で達成して以来、実に47年ぶりの快挙となった。

     デビュー17年目の歌姫は「決して平たんな道のりではなかったですが、手に取っていただいた多くの方に感謝して、これからも挑戦を続けていきたい」と、喜びのコメントを寄せた。

     ここにきて人気のV字回復が顕著だ。“エロかっこいい”路線でブレークし、日本レコード大賞を初受賞してNHK紅白歌合戦に初出場したのが05年。08年にはラジオの「羊水が腐る」発言を巡って一時活動を自粛したが、その後もオリコン1位の“常連”は変わらず人気を博した。しかし13年、出場を続けてきた紅白への落選を機に勢いが陰り、長男(4)の育児もあって一線級での活躍から遠ざかっていた。

     昨年、活動を本格化させ、自身初の47都道府県ツアーを8カ月にわたって開催。各地で新規ファンを掘り起こし、関係者は「最近は10代のファンが増えている」と話す。従来の30~40代のファンには子育てトークなどでも共感を得ており、“ママかっこいい”路線で新境地を切り開いている。来月から再び47都道府県ツアーを予定しており、今後の活躍が注目される。


    ・倖田來未のアルバム「W FACE~inside~」と「W FACE~outside~」のCDジャケット
    http://amd.c.yimg.jp/amd/20170313-00000154-spnannex-000-0-view.jpg
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170313-00000154-spnannex-ent.view-000
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170313-00000154-spnannex-ent





    *続きを読む

    1: 湛然 ★@\(^o^)/ 2017/03/08 04:41:16.13 ID:CAP_USER9.net
    2017年3月8日4時0分 スポーツ報知

     昨年5月をもってライブ活動を無期限休止した、氷室京介(56)の最後のツアーを収録したDVDとBlu-ray Disc(以下BD)「KYOSUKE HIMURO LAST GIGS」が、いずれもオリコン週間映像ランキングで首位を獲得した。DVDとBDいずれも首位となったのは初めて。

     昨年4~5月にかけ全国7公演で行われた、計30万人を動員したツアーのうち、5月23日に東京ドームで行われた最終公演の模様を収録。35年のライブ活動の終止符としてトリプルアンコールまで行われ、3時間にわたり35曲が演奏された。今月1日に発売したDVD&BDは発売初週にDVD2・6万枚、BD4万枚を売り上げ、13日発表のオリコン週間DVD総合とBD総合ランキング(ともに集計期間2月27日~3月5日)でともに1位となった。

     これまでの氷室の映像作品の最高位は、DVD総合が11年12月発売の「東日本大震災復興支援チャリティライブ KYOSUKE HIMURO GIG at TOKYO DOME “We Are Down But Never Give Up!”」など3作が記録した2位が最高。BD総合も12年2月に発売した「KYOSUKE HIMURO TOUR 2010-11 BORDERLESS 50×50 ROCK’N’ROLL SUICIDE」の3位が最高だった。

     また、音楽DVDとBDの売り上げ枚数を合算した「総合ミュージック映像ランキング」でも1位を獲得。今週の映像ランキング主要3部門を制した。


    ・氷室京介のDVD&BD「KYOSUKE HIMURO LAST GIGS」
    http://www.hochi.co.jp/photo/20170307/20170307-OHT1I50094-L.jpg
    http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170307-OHT1T50141.html
    *続きを読む

    1: 鉄チーズ烏 ★@\(^o^)/ 2017/02/28 04:42:51.99 ID:CAP_USER9.net
     歌手のASKA(59)の5年ぶり最新アルバム「Too many people」(22日発売)が、3月6日付オリコン週間ランキング(集計期間20~26日)で初登場7位にランクインしたことが28日、分かった。

     同作はASKAの8枚目オリジナルアルバムで、15日に福岡のラジオ番組で生披露した「FUKUOKA」など13曲を収録。発売初週に2・2万枚を売り上げた。

     ASKAのソロアルバムの同TOP10入りは、2012年10月発売の「SCRAMBLE」が同年10月29日付で4位を獲得して以来4年4か月ぶり、通算11作目となった。

    スポーツ報知 2/28(火) 4:03配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170227-00000191-sph-ent
    *続きを読む

    1: 鉄チーズ烏 ★@\(^o^)/ 2017/02/28 04:44:46.64 ID:CAP_USER9.net
     歌手の小沢健二(48)の、22日に発売した19年ぶりCDシングル「流動体について」が、20年5か月ぶりにオリコン週間ランキングTOP10入りした。

     同作は、昨年5~6月に行った6年ぶり全国ツアーで披露した新曲7曲のうちの1曲。発売初週に3・8万枚を売り上げ、3月6日付けオリコン週間ランキング(集計期間20~26日)で2位初登場した。

     TOP10入りは、1996年9月に発売した「大人になれば」が同10月14日付で7位を獲得して以来。2位は95年1月発売の「カローラ2に乗って」と並ぶ自己最高位タイとなった。

     同TOP10のブランク期間・20年5か月は、男性ソロアーティストとして4番目の長さ。1位は北島三郎の40年半(69年7月21日付~10年1月18日付)、以下山本譲二(29年2か月)、五木ひろし(21年7か月)が続いている。

    スポーツ報知 2/28(火) 4:02配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170227-00000179-sph-ent
    *続きを読む

    このページのトップヘ