音楽情報・まとめ MUSIC.com

ROCK&POPSを中心にニュースやリリース情報、その他2ch内の話題等を雑多にまとめていきます。

    カテゴリ: 2chまとめ

    1: 名無し@\(^o^)/ 2017/04/25 17:49:02.33 ID:???
    週刊現代「プロが選ぶ!いま日本で『本当に歌がうまい歌手』ベスト50人」
    https://pbs.twimg.com/media/B6kmpxeCYAI_7Jo.jpg:large

    *1位 桑田佳祐(58才)  97点
    *2位 中島みゆき(62才) 96点
    *3位 山下達郎(61才)  93点
    *4位 小田和正(67才)  92点
    *5位 井上陽水(66才)  91点
    *6位 五木ひろし(66才) 89点
    *7位 沢田研二(66才)  88点
    *8位 都はるみ(66才)  87点
    *9位 石川さゆり(56才) 85点
    10位 玉置浩二(56才)  84点
    11位 桜井和寿(44才)  82点
    12位 中森明菜(49才)  81点
    13位 松任谷由実(60才) 79点
    13位 坂本冬美(47才)  79点
    15位 稲葉浩志(50才)  78点
    16位 布施 明(67才)  77点
    17位 吉田美和(49才)  76点
    18位 高橋真梨子(65才) 75点
    19位 椎名林檎(36才)  74点
    20位 松田聖子(52才)  72点
    21位 吉岡聖恵(30才)  71点
    22位 久保田利伸(52才) 69点
    23位 安室奈美恵(37才) 68点
    24位 前川清(66才)   67点
    24位 斉藤和義(48才)  67点
    26位 さだまさし(62才)  65点
    27位 由紀さおり(66才)  64点 
    28位 美輪明宏(79才)  63点
    29位 谷村新司(66才)  61点
    30位 矢沢永吉(65才)  60点
    30位 一青窈(38才)   60点 
    32位 鈴木雅之(58才)  59点
    32位 絢香(27才)    59点
    34位 竹内まりや(59才) 57点
    35位 西野カナ(25才)  55点
    36位 aiko(39才)     53点
    37位 森山直太朗(38才) 51点
    37位 郷ひろみ(59才)  51点 
    39位 氷川きよし(37才) 48点
    40位 森進一(67才)   47点
    40位 吉幾三(62才)   47点 
    42位 宇多田ヒカル(31才) 45点
    43位 平井堅(42才)    43点
    44位 松山千春(59才)  42点
    45位 森山良子(66才)  40点
    46位 ATSUSHI(34才)  37点
    47位 岩崎宏美(56才)  36点
    48位 長渕剛(58才)   32点
    49位 福山雅治(45才)  29点
    50位 細川たかし(64才) 28点
       
    *続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2017/04/22 18:23:59.72 ID:CAP_USER9.net
    埼玉県富士見市が4月8、9日に市第2運動公園で開催したアイドルグループ「ももいろクローバーZ」のコンサートで、東京都内にまで届くほどの騒音があったとして、市内外から約130件の苦情が寄せられた。

    市地域文化振興課によると、約20キロ離れた東京都西東京市や東久留米市からも電話があったという。市民に対しては、市報や近隣住民へのポスティングなどにより、事前に周知を図っていたそうだ。市は多くの苦情が寄せられたことについて、「配慮が足りず、反省している」と話している。

    一般論として、野外ライブについては、法律や条例などでどう規制しているのだろうか。また、あまりに大音量で周辺住民が被害を被った場合、損害賠償責任のリスクもあるのだろうか。山之内桂弁護士に聞いた。

    ●騒音の種別によって規制が分かれている

    規制にはどのようなものがあるのか。

    「騒音規制は、騒音の種別によって分かれています。

    一般の騒音は、環境基本法16条1項に基づく環境省の定めた環境基準(http://www.env.go.jp/kijun/oto1-1.html)があり、具体的にどの地域にどの基準を適用するかは、都道府県知事・市長が条例で指定することになっています。航空機・鉄道の騒音については、その特性に応じて政府が別途環境基準・対策指針を決めています。工場及び事業場における事業活動並びに建設工事、自動車の騒音については、騒音規制法によって、罰則付きで規制が強化されています」

    野外ライブについては、どのような規制があるのか。

    「野外ライブは、現行法上では、一般の騒音にあたりますので、その音源の場所に適用される環境基準を順守すべきことになりますが、違反した場合の罰則はありません。

    個人的には、仮設・一時的な音響設備であっても、一定の大音量を出せるものは、騒音規制法上の事業場に準じた罰則付き規制をすべきと考えますが、商業宣伝等の拡声器利用に関して平成元年6月に出された環境庁報告(https://www.env.go.jp/air/ippan/kakuseiki/attach/1989_06.pdf)や、騒音規制法の規制対象施設の在り方についての審議会報告(http://www.env.go.jp/press/files/jp/13760.pdf)からは、政府は規制強化の必要性を認識していない状況にあると思われます」

    ●健康被害があった場合は?

    もし騒音で健康被害があった場合はどうなるのか。

    「一般論としては、騒音によって、精神的・身体的な被害を受けた場合は、騒音源の管理者、所有者等に対して、不法行為に基づく損害賠償請求が可能です。

    もっとも、環境基準違反があったからといって、直ちに民事賠償責任を負うわけではありません。社会生活上、通常我慢するべき限度を超えた侵害行為により生じた、相当因果関係のある損害についてだけ賠償責任を負います。いわゆる受忍限度論というものです。どういう場合に受忍限度を超えたと言えるかは、個々の具体的事情によります」

    それでは、今回の野外ライブの場合はどうなのだろうか。

    「株式会社スターダストプロモーションが主催で富士見市が共催であり、音源は、富士見市の所有管理する第2運動公園にあったということなので、もし、同運動公園の敷地境界を越えて環境基準を超える騒音が伝搬したのであれば、主催者・共催者ともに環境基準違反になります。

    そして、環境基準が、『療養施設、社会福祉施設等が集合して設置される地域など特に静穏を要する地域』に対する配慮を求めていること、埼玉県生活環境保全条例、富士見市騒音及び振動の規制基準等を定める規則において、商業宣伝の拡声器利用には、実施時刻・連続放送時間・場所に関する制限が細かく規定されていること、などを勘案すると、それらの基準等にある要配慮事項の定めにも関わらず、それらの事項への配慮を怠り、結果的に周辺住民に被害が発生することになれば、主催者・共催者が民事賠償責任を負う可能性はあるでしょう。

    音の物理特性上、地形・気象状況等により、意外な場所にまで伝搬しうるので、完璧な対策は不可能かもしれませんが、少なくとも、近隣周辺住民に関する限り、きちんと敷地境界で騒音測定をして、音響機器の調整をしていれば著しい侵害行為を防げるのですから、もしそれを怠ったのであれば、被害結果に対する民事賠償責任は免れないと思います」

    富士見市によると、今回のライブによる騒音で、重大な健康被害の訴えはないとのことだが、事前に騒音の測定などはしていなかったという。今後、同様のトラブルが発生しないよう、野外ライブを開催する際には、事前の対策が重要になってくるだろう。

    (弁護士ドットコムニュース)2017年04月22日 10時13分
    https://www.bengo4.com/internet/n_5993/
    *続きを読む

    1: @Egg ★@\(^o^)/(★) 2017/04/20 20:03:29.88 ID:CAP_USER9.net
    楽しいはずのロックバンドのライブで骨折事故が起きた。

    オールスタンディングのライブ会場で、密集した客の上に乗っかって流れていく「ダイブ」行為をした客の足が顔面を直撃し、
    鼻骨を骨折したとツイッター上で報告があった。

    かねてから危険視されているダイブについては、「禁止」を掲げるライブも多い。
    一方で、ダイブも含めての「熱狂」がライブの醍醐味と考える向きも根強くいる。

    あるライブハウスの担当者はJ-CASTニュースの取材に対し、「ダイブはなければないに越したことはありませんが...」と複雑な事情を話す。

    ■流血止まらず、過呼吸に

    骨折したというツイッターユーザー「まちこ」さんは2017年4月17日の投稿で、当時の状況を詳細につづった。

    「ダイバー」の踵(かかと)がまちこさんの鼻に直撃し、激痛が走った。鼻と口から流血し、タオルで押さえても止まる気配がなかったため、
    気付いた他の客やライブハウスのスタッフによってホール外に誘導された。貧血状態になり、スタッフに応急処置を受けた。過呼吸にも襲われ、しばらく別室で休んだ。

    状態が落ち着くと、ライブが見られるモニター越しに観覧した。ただ、楽しそうな他の客を見ると「悔しい気持ちでいっぱいに」なったという。
    翌日、病院で鼻骨骨折の整復手術を受けた。ライブ後は、音楽を聴くと流血がフラッシュバックするため「ライブがトラウマになり、今後のライブが行けなくなりました」として、こう訴えた。

     「ダイバーさんの知らないところで倒れて一生の傷になった自分がいます。知ってもらえると嬉しいです」

    まちこさんは4月19日、J-CASTニュースの取材に応じた。22歳の女性で、4月14日に愛知県内のライブハウスで行われた今回のライブでは最前方で観覧していた。
    オールスタンディングのライブは「今年8回目」で、「去年まで含めると数えきれません」とたびたび参加し、ダイバーの存在にも慣れている。

    それでも、気にならない程度のあざができたことは何度かあったが、「ここまでひどい怪我は初めて」という。現在の心身の状態についてもこう明かす。

    「接客業をしておりますので、鼻を見られるという、人に対する恐怖もあります。手術後、痛みで何回も起きました。
    メガネをかける、化粧をする、洗顔全て痛いです。人の目が気になるようになり、 隣の人が少し手を動かしただけでもとっさに鼻を守ろうと手で隠してしまいます。

    音楽を聴くとフラッシュバックしてしまうので、今まで聞いていた音楽が聴けなくなってしまったこと、
    寝ようと思っても無音状態だと骨の折れた時の音が蘇ってしまうので、テレビをつけっぱなしにして気を紛らわして生活しています」

    >>2以降につづく

    J-CASTニュース 4/20(木) 18:45配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170420-00000007-jct-soci
    *続きを読む

    1: キングコングラリアット(やわらか銀行)@\(^o^)/ [US] 2017/04/19 22:54:09.00 ID:8mhNFjs10.net
    若い世代で難聴になる危険性が高まっている。
    かつてより、音楽ライブに積極的に足を運ぶ人が増え、イヤホンで必要以上の音量で音楽を聴くケースが目立つようになったからだ。
    世界保健機関(WHO)も世界で11億人が難聴になる可能性があると警告する。若者の音との付き合い方に何が起きているのか。 (田村匠)

    ※続きは以下
    http://style.nikkei.com/article/DGXMZO14882760U7A400C1NZBP00
    NIKKEI STYLE


    1日当たりの許容時間

    120dB 9秒 ブブゼラ
    115dB 28秒 ロックのライブコンサート
    105dB 4分 最大音量の音楽プレーヤー
    100dB 15分 ドライヤー
    95dB  47分 バイク
    85dB  8時間 車の騒音

    http://sign.jp/d7c62d08
    *続きを読む

    1: プーアル ★@\(^o^)/ 2017/04/21 00:11:45.59 ID:CAP_USER9.net
    激太りや顔面劣化が伝えられる浜崎あゆみ。インスタグラムに投稿された写真に、過度な修正がほどこされているのではないかとの
    疑惑も持ち上がっている。だが、そんな声をたったひとつの動画で一蹴したようだ。

     4月17日にインスタグラムで公開された動画がそうで、ツアーのテーマカラー「ピンクとパープル」に合わせて髪の色を変えたことを報告している。

     あゆの顔に寄ったアップのアングルで、彼女が髪の毛を見せつけるように頭を左右に振っている。肌は真っ白でツルツル。
    ツヤツヤした柔らかそうな唇と、クリクリした大きな瞳がとてもキュートだ。髪をいじるしぐさもキュン死もののかわいさなのだ。
    ファンからも「とっても似合ってる。かわいい」「肌がきれい」と絶賛の声が上がっている。

    「これは本当にかわいいですね。ドキッとしてしまうほどです。実は動画であるというのがポイントで、動画は写真と違って
    修正が極めて難しい。写真のような大幅な修正はできません。浜崎がインスタグラムに投稿した写真はかなり修正され
    ていると感じられますが、この動画はそこまでいじられていないでしょう。ということは、真実の彼女に極めて近いということです」(芸能ライター)

     たったひとつの動画でアンチを黙らせた浜崎。歌姫の冠はまだまだ色あせていないようだ。

    http://www.asagei.com/excerpt/79500

    https://scontent.cdninstagram.com/t50.2886-16/17971619_133008537238684_1626670132661059584_n.mp4
    *続きを読む

    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/04/21 12:45:54.06 ID:Y0twJD9ld.net
    アニソン大音量で流してしまったンゴクッソ恥ずかしい
    *続きを読む

    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/04/17 06:04:36.78 ID:oFjmHB1I0.net
    B'z「ワイも『イチブトゼンブ』が最後や・・・」

    ポルノグラフィティ「ワイなんて『メリッサ』が最後やで・・・」

    Mr.Children「ヒエッ・・・何年前やねん(ドン引き)」


    可哀想
    *続きを読む

    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/04/13 20:11:04.63 ID:zD1KZiGr0.net
    2015年のフジロックフェスティバルは7月24日から26日まで、例年通り苗場スキー場(新潟県)で開催され、
    大盛況のうちに幕を閉じた。会場周辺は緑豊かな大自然の中にあり、テントを張って宿泊する参加者も多い。

    「お酒飲みまくって、はしゃぎまくって、食べまくって、ナンパされてテントでSEXして... いい夏の思い出になりました。笑」
    「てかフジロック3日間で5人とSEXって、私ビッチみたいですね。。。 フェスティバルだから許してください。笑」」

    とフェス中に性行為をしていたと突然告白。
    否定的な意見も集まり、賛否両論の議論となった。女性はこうした意見にツイッターで
    「私も純粋に音楽を楽しみに行ったわけで、たまたまそこにSEXが加わっただけ」と反論、
    コラムニストの能町みね子さんも27日、「基本的に音楽と酒とナンパとセックスを楽しむものだと思ってる」と女性を擁護した
    http://www.j-cast.com/2015/07/30241590.html?in=news.yahoo.co.jp
    *続きを読む

    このページのトップヘ