音楽情報・まとめ MUSIC.com

ROCK&POPSを中心にニュースやリリース情報、その他2ch内の話題等を雑多にまとめていきます。

    カテゴリ:ニュース記事 > 政治経済・事件

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2017/04/22 18:23:59.72 ID:CAP_USER9.net
    埼玉県富士見市が4月8、9日に市第2運動公園で開催したアイドルグループ「ももいろクローバーZ」のコンサートで、東京都内にまで届くほどの騒音があったとして、市内外から約130件の苦情が寄せられた。

    市地域文化振興課によると、約20キロ離れた東京都西東京市や東久留米市からも電話があったという。市民に対しては、市報や近隣住民へのポスティングなどにより、事前に周知を図っていたそうだ。市は多くの苦情が寄せられたことについて、「配慮が足りず、反省している」と話している。

    一般論として、野外ライブについては、法律や条例などでどう規制しているのだろうか。また、あまりに大音量で周辺住民が被害を被った場合、損害賠償責任のリスクもあるのだろうか。山之内桂弁護士に聞いた。

    ●騒音の種別によって規制が分かれている

    規制にはどのようなものがあるのか。

    「騒音規制は、騒音の種別によって分かれています。

    一般の騒音は、環境基本法16条1項に基づく環境省の定めた環境基準(http://www.env.go.jp/kijun/oto1-1.html)があり、具体的にどの地域にどの基準を適用するかは、都道府県知事・市長が条例で指定することになっています。航空機・鉄道の騒音については、その特性に応じて政府が別途環境基準・対策指針を決めています。工場及び事業場における事業活動並びに建設工事、自動車の騒音については、騒音規制法によって、罰則付きで規制が強化されています」

    野外ライブについては、どのような規制があるのか。

    「野外ライブは、現行法上では、一般の騒音にあたりますので、その音源の場所に適用される環境基準を順守すべきことになりますが、違反した場合の罰則はありません。

    個人的には、仮設・一時的な音響設備であっても、一定の大音量を出せるものは、騒音規制法上の事業場に準じた罰則付き規制をすべきと考えますが、商業宣伝等の拡声器利用に関して平成元年6月に出された環境庁報告(https://www.env.go.jp/air/ippan/kakuseiki/attach/1989_06.pdf)や、騒音規制法の規制対象施設の在り方についての審議会報告(http://www.env.go.jp/press/files/jp/13760.pdf)からは、政府は規制強化の必要性を認識していない状況にあると思われます」

    ●健康被害があった場合は?

    もし騒音で健康被害があった場合はどうなるのか。

    「一般論としては、騒音によって、精神的・身体的な被害を受けた場合は、騒音源の管理者、所有者等に対して、不法行為に基づく損害賠償請求が可能です。

    もっとも、環境基準違反があったからといって、直ちに民事賠償責任を負うわけではありません。社会生活上、通常我慢するべき限度を超えた侵害行為により生じた、相当因果関係のある損害についてだけ賠償責任を負います。いわゆる受忍限度論というものです。どういう場合に受忍限度を超えたと言えるかは、個々の具体的事情によります」

    それでは、今回の野外ライブの場合はどうなのだろうか。

    「株式会社スターダストプロモーションが主催で富士見市が共催であり、音源は、富士見市の所有管理する第2運動公園にあったということなので、もし、同運動公園の敷地境界を越えて環境基準を超える騒音が伝搬したのであれば、主催者・共催者ともに環境基準違反になります。

    そして、環境基準が、『療養施設、社会福祉施設等が集合して設置される地域など特に静穏を要する地域』に対する配慮を求めていること、埼玉県生活環境保全条例、富士見市騒音及び振動の規制基準等を定める規則において、商業宣伝の拡声器利用には、実施時刻・連続放送時間・場所に関する制限が細かく規定されていること、などを勘案すると、それらの基準等にある要配慮事項の定めにも関わらず、それらの事項への配慮を怠り、結果的に周辺住民に被害が発生することになれば、主催者・共催者が民事賠償責任を負う可能性はあるでしょう。

    音の物理特性上、地形・気象状況等により、意外な場所にまで伝搬しうるので、完璧な対策は不可能かもしれませんが、少なくとも、近隣周辺住民に関する限り、きちんと敷地境界で騒音測定をして、音響機器の調整をしていれば著しい侵害行為を防げるのですから、もしそれを怠ったのであれば、被害結果に対する民事賠償責任は免れないと思います」

    富士見市によると、今回のライブによる騒音で、重大な健康被害の訴えはないとのことだが、事前に騒音の測定などはしていなかったという。今後、同様のトラブルが発生しないよう、野外ライブを開催する際には、事前の対策が重要になってくるだろう。

    (弁護士ドットコムニュース)2017年04月22日 10時13分
    https://www.bengo4.com/internet/n_5993/
    *続きを読む

    1: 毒霧(神奈川県)@\(^o^)/ [ニダ] 2017/04/23 15:47:30.26 ID:nok2bhk70.net

     http://news.livedoor.com/article/detail/12973358/

    北朝鮮・平壌で毎朝ながれる不気味すぎる音楽

    色々と話題を振りまいてくれる北朝鮮。本当にミステリーの多い国です。その中でもこれまたミステリー性の高いのが、早朝の平壌に響き渡るブレードランナーの主題歌みたいな音楽。

    静かな早朝のなか、大音量で不気味な音楽が流れています。こんな朝、圧倒的に嫌です。

    毎朝流れるこの曲、名前も不明で、どうして毎日流しているのかもわかりませんが、朝仕事や学校に向かうのにはまったく不向きで不気味な曲です。

    ウィキペディアによると、これは恐らく「Ten Million Human Bombs for Kim Il Sung(金日成のためなら1千万人の人間爆弾に)」という曲ではないかということです。

    目覚めから「人間爆弾になりましょう」なんていう曲を聞かなきゃいけないなんて、病みすぎてます。こちらがその人間爆弾の曲です。 
     

    *続きを読む

    1: アブナイおっさん ★@\(^o^)/ 2017/04/21 23:12:21.04 ID:CAP_USER9.net
    音楽の振興などに取り組む「ライブ・エンタテインメント議員連盟」が21日、国会内で総会を開き、
    人気バンド「サカナクション」のボーカル、山口一郎さんも出席して、コンサートのチケットが転売目的で購入され、インターネットで不当に高額で取引されている問題について意見交換した。

     石破氏はあいさつで「アーティストの切実な思いを議員も共有していこう。きちんとした立法に向け協力し、成果を得たい」と語った。

     続いて山口さんは「ミュージシャンとして一番大事なのは、支えてくださっているファンの皆さまだ。ファンの皆さまがチケット転売問題で一番被害を受けている」と強調。
    正規価格の「何倍、何十倍」もの値段でチケットが転売されていると紹介し、「音楽に関わっていない人たちが利益を得て、
    ファンはその高くなったチケットを手に入れるためお金を無駄に支払って文化を体験している。ミュージシャンとして許せないし、健全な音楽ファンが健全に文化に触れる状況を僕らは取り戻したい」と訴えた。
     山口さんは「皆さまのお力添えを得て、なんとかファンの皆さんを救っていただきたい」とも語った。

    総会にはアーティストからのメッセージも寄せられた。吉田拓郎さんは「チケット高額転売はNO!」、高橋真梨子さんも「転売目的での買い占めが横行している影響で、
    本当にコンサートを観(み)たい方々を困らせてしまっています」と訴え、法的対応を求めた。

     デーモン閣下は、アーティストに向け「各自のファンに対し『チケット高額転売取引に加担しないこと』を啓蒙(けいもう)してゆくべきだと考える」と呼び掛け、
    「自らの権益は可能な限り自らで衛ろうと努めるべきではないかな? 個人も、国家も」と結んだ。
    若者らに人気のバンド「UVERworld」のボーカルのTAKUYA∞さんは「法整備により解決してほしい」と求めた。

     総会には元女優の三原じゅん子参院議員、ダンスボーカルグループ「SPEED」の今井絵理子参院議員(いずれも自民)も出席した。

     コンサート会場などの近くの公共の場で転売チケットを売りつけるダフ屋行為は、都道府県の迷惑防止条例で規制されているが、
    ネット上の取り締まりは難しいとされている。

    http://www.sankei.com/entertainments/news/170421/ent1704210019-n1.html
    http://www.sankei.com/entertainments/news/170421/ent1704210019-n2.html
    *続きを読む

    1: かばほ~るφ ★@\(^o^)/ 2017/04/21 21:41:20.86 ID:CAP_USER9.net
    音楽団体が高額転売防止策 チケットの定価取引を仲介
    2017/4/21 20:57

    コンサートなど入場チケットのネット上での高額転売を防ごうと、
    コンサートプロモーターズ協会は21日、チケットの定価取引を仲介するサービス
    「公式チケットトレードリセール」(チケトレ)を6月1日から始めると
    「ライブ・エンタテインメント議員連盟」の会議で発表した。

    買い占めや転売による価格高騰で、ファンが入手しづらくなっているとの批判が高まっていた。

    チケトレの対象は、日本音楽事業者協会など4団体に加盟する法人が扱う
    発券済みの紙チケットが中心。公式サイトを開設し、チケット販売の「ぴあ」が運営する。

    47NEWS 共同通信
    https://this.kiji.is/228111720308408325?c=39546741839462401
    「ライブ・エンタテインメント議員連盟」の会議で、チケット高額転売の問題を訴えるロックバンド
    「サカナクション」の山口一郎さん(右端)=21日午後、国会
    https://nordot-res.cloudinary.com/ch/images/228122539976869366/origin_1.jpg
    *続きを読む

    1: @Egg ★@\(^o^)/(★) 2017/04/21 12:37:08.51 ID:CAP_USER9.net
    ヘヴィメタルバンド・LOUDNESSが、ツアーのため訪れた米国で入国を拒否されたと報道された問題で21日、
    バンドが公式サイトで米ツアーの延期を発表した。

    サイトでは「諸事情によりアメリカで予定していたスケジュールを急遽延期せざるをえなくなりましたことをお詫び申し上げます」と報告。

    「今回の経験を生かし、体制を整え直した上で、近い将来必ずやUSツアーを実現させたいとも思っておりますので、
    そのお知らせができる時までしばしお待ち下さいませ」とつづった。

    バンドの公式ツイッターでも「みなさま、このたびは御心配おかけしてすみません。メンバーも皆無事に帰国し、
    次のスケジュールに向けて、準備をしていますので、来月またライブでお会いしましょう」と呼びかけている。

    公演を行う予定だったシカゴの会場は日本時間19日、
    公式サイトで「LOUDNESSは米国政府による外国人の入国審査が厳格化されたため、入国できず帰国した」と発表していた。

    LOUDNESSは1981年にデビューし、84年からは米国やヨーロッパでもツアーを開始。
    その後全米デビューも果たすなど30年以上にわたって世界的に活躍している。

    オリコン 4/21(金) 10:46配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170421-00000312-oric-ent

    写真
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170421-00000312-oric-ent

    今回のUSツアーキャンセルに関するお詫びとお知らせ
    http://loudnessjp.com/jp/
    *続きを読む

    1: みつを ★ 2017/04/19 08:11:49.56 ID:CAP_USER9.net
    http://www.afpbb.com/articles/-/3125521?act=all

    【4月18日 AFP】米カリフォルニア(California)州で開催中の野外音楽フェスティバル「コーチェラ・バレー・ミュージック&アートフェスティバル(Coachella Valley Music & Arts Festival)」で14日、観客100人以上から携帯電話を盗んだ男が紛失デバイス特定アプリで追跡され、警察に逮捕された。

     警察によると、逮捕されたのはニューヨーク(New York)在住のレイナルド・デ・ヘスス・エナオ(Reinaldo De Jesus Henao)容疑者(36)。被害に気付いた数十人がアプリを起動してエナオ容疑者を見つけ、会場の警備員に取り押さえられるまで容疑者の後をつけていったという。エナオ容疑者はバックパックに盗んだ携帯電話100台以上を隠し持っていた。

     その後エナオ容疑者は重窃盗と盗品所持の容疑で警察官に逮捕され、1万ドル(約110万円)の保釈金で釈放された。(c)AFP

    2017/04/18 16:50(ロサンゼルス/米国)
    *続きを読む

    1: ボ ラギノール(庭)@\(^o^)/ [ニダ] 2017/04/19 06:38:46.15 ID:96c4DCcN0.net

    米国の医師が裸の患者の前でとんでもないことをやり解雇された。

    3月3日、アメリカのコロンビア地域のサンタ・クルス・デ・ボカグランデ医療センターにて、
    医者と看護師達は裸で寝ている患者の前で大音量で音楽を流し踊り始めたのだ。
    このときの光景がスマートフォンにより撮影され動画が拡散し発覚。
    どうやらその場に居て注意した人物がとっさに撮影したものと思われる。

    このときは手術中で患者は麻酔により意識が無い状態。看護師達はそんな患者の周りを
    くるくる回りながら笑顔で大はしゃぎ。該当する医者と看護師5人は解雇された。

    ■コロンビアでは過去にも同様の不祥事が
    コロンビアでは過去にも同様の不祥事があり、昨年9月に整形外科で患者の手術中に医者が踊り出すという動画が流出した。
    詳しくは下記記事を参照してほしい。

    http://gogotsu.com/archives/27911
    http://gogotsu.com/wp-content/uploads/2017/04/1.jpg http://gogotsu.com/wp-content/uploads/2017/04/2.jpg
    *続きを読む

    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/04/14 18:29:45.07 ID:o+Zifz+i0.net
    vinyljapan @VINYLJAPAN
    緊急の御知らせ
    Ian McCulloch本日の公演に御来場いただく予定の皆様へ。
    米国と北朝鮮の間で武力衝突があるというニュースを受け、Ianとマネージャーは無許可で日本から出国していることが判明いたしました。
    本日の公演はキャンセルせざるを得ない状況となってしまいました。

    取り急ぎ皆様に御知らせ申し上げます。
    VINYL JAPAN
    https://twitter.com/VINYLJAPAN

    http://pbs.twimg.com/media/C9Q1uqxV0AEytPL.jpg

    イアン・スティーヴン・マッカロク(Ian Stephen McCulloch、1959年5月5日 - )は、イギリス・リヴァプール出身のミュージシャン。
    ロックバンドエコー&ザ・バニーメンのボーカリストとして知られる。
    *続きを読む

    1: muffin ★@\(^o^)/ 2017/04/14 20:28:13.77 ID:CAP_USER9.net
    http://natalie.mu/music/news/228861
    2017年4月14日 19:49

    Chantyのshia.(G)が4月12日に警視庁に逮捕されたことが明らかになった。

    これはChantyのオフィシャルサイトで本日4月14日に発表されたもので、逮捕に関する事実関係は現在確認中とのこと。
    バンドはこれを受けて当面の活動を自粛することを決定。
    すでに発表済みのライブはすべて出演を辞退、もしくは公演自体が中止される。
    また予定されていた最新シングル「今年も春が希望という名の嘘をつく」のインストアイベントはすべて延期または中止となる。

    http://natalie.mu/media/1704/0414/extra/news_header_Chanty_art201702.jpg
    *続きを読む

    1: ストマッククロー(茨城県)@\(^o^)/ [CN] 2017/04/04 21:00:18.84 ID:aoeZmrtr0.net
    福井県警は4日、偽造クレジットカードを使ってたばこを購入しようとしたとして、詐欺未遂などの疑いで、中国籍の自称音楽プロデューサー、生志恒容疑者(33)=東京都豊島区=を逮捕した。 
    生容疑者は「知らない」と容疑を否認している。 

    逮捕容疑は昨年6月7日、別の男と共謀し福井市のコンビニで偽造カードを使い、たばこ14カートン(計約6万2千円相当)をだまし取ろうとしたとしている。 

    県警によると、カードの読み取りができず不審に思った店員が110番した。 
    福井署が同日に男を逮捕し、捜査の過程で生容疑者が浮上した。 

    http://www.sankei.com/west/news/170404/wst1704040078-n1.html
    *続きを読む

    このページのトップヘ