November 24, 2004

アコーディオンは、2種類あるのをご存じですか?弾くところが鍵盤になっているものと、ボタンになっているもの。鍵盤式アコーディオン奏者で、まず思いつくのは、coba(小林靖宏)ですよね。
そして、ボタン式アコーディオン奏者で、今人気急上昇なのが、今回ご紹介する桑山哲也です。彼にとって4枚目となる「Blooming」はおしゃれでポップなサウンドで、聴いていてわくわくします。
プロコル・ハルムの「青い影」や、ボサノヴァの「おいしい水」、バート・バカラックの「クロース・トゥ・ユー」など、ジャンルを超えた名曲を桑山流アレンジで聴かせる演奏もいいですが、この楽器をよく知っているかれならではの、アコーディオンの魅力を最大限引き出した、オリジナル曲がどれもすばらしいです。軽快なタイトル曲「Blooming」、パリの街角を連想させる「ワルツ・ドゥ・プランタン」、そして、二胡の賈鵬芳をフィーチャーしたバラード「ムーン・ドロップス」など、聴き応えのある曲がつまった1枚です。彼のHPのTOPから、1曲だけですが、試聴できます。
blooming

(20:45)

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. アコーディオンとハーモニカの素敵な共演:「心の愛(I Just Called To Say I Love You)/Toots & Sivuca」  [ Jalan Straight View通信-競馬と陽水とStevieに溺れる日々- ]   November 27, 2004 10:30
「Rendez-Vous In Rio /Toots Theilemans & Sivuca」の一曲目で、スティーヴィー・ワンダー(Stevie Wonder)の「心の愛(I Just Called To Say I Love You)」をやっている。これが、もうゴキゲン。
2. 桑山哲也『Fiesta』  [ 音楽四方山話 ]   December 20, 2004 10:59
フィエスタ 以前、かおりんさんのブログでアコーディオン奏者の桑山哲也に関するエントリーがあった。オフィシャルホームページで試聴してみるとなかなか良かったので、彼の'02にリリースしたアルバム『Fiesta』を買ってみた。彼のことは以前テレビで見たことがあったがそれ

この記事へのコメント

1. Posted by getsmart0086   November 26, 2004 00:39
以前どこかのテレビ番組で、この人のボタン式アコーディオンの演奏を見たことがあります。キー配列が複雑なのによく弾けるなと感心したことを覚えています。紹介していただいた試聴曲も良いですね。もうすぐボーナスなのでこの人のアルバムも買ってみたいと思います。
2. Posted by のるぶ   November 26, 2004 06:58
かおりんさん、いつも試聴先を探してきていただいて感謝です。

このひと、1年くらい前にFMラジオ(番組名は失念)に出ていたのを思い出しました。中学生の時に、並みいる大人たちを蹴飛ばしてコンクールで1位になり、「なんだ、アコーディオンなんて大したことないじゃん」と思ってしまい、何を勘違いしたのか暴走族に入ってしまった、ということでした。なんたる転換。いや、ミュージシャンだから変調か(笑)。

コンクールで彼の演奏を聴き、のちにこの人のお師匠さんになる方は、元Jリーグ選手(またまた名前を失念、テレビによく出る人なんだけど)のお父様とのことでした。
3. Posted by のるぶ   November 26, 2004 09:16
思い出しました。元Jリーグの選手は、現在はサッカー解説者の宮沢ミッシェルさんでした。

ところで、桑山クンのアルバムはかの「エイベックス」移籍第一弾と謳っていますが、もしかしてCCCDでは?(違ってたらいいんですけど・・・)
4. Posted by かおりん   November 26, 2004 09:52
♪getsmart0086さん
アコーディオンの音色って、秋にピッタリですよね。(あ、もう冬か!)
演奏しているところ、見たことないんですよ。一度見てみたい。

♪のるぶさん
暴走族出身ってことは、知ってました。でも、イメージ崩れると・・・と思って、書かなかったんですよ(笑)
そして、残念ながら、やはりCCCDです。
5. Posted by chic   November 27, 2004 10:33
すみません、アコーディオン繋がりで、記事を書いたので、トラックバックさせて貰いました。あまり、関係ないかもしれませんので、都合が悪ければ、削除して下さい。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: