2010年04月17日

BANDMAN vol5 第2弾プレゼント!

フリーペーパーBANDMAN Vol.5の
第2弾プレゼントが先日の15日より応募開始いたしました!
今月末日までの期間となりますので
みなさん、バリバリ応募してくださいね。

pick


さて、
今夜はDVD「あの頃、ペニーレインと」を見た。
ロックバンド系の映画で随分前から見ようと思いきやタイミングを逃してたけど
やっと腰を据えて見る事ができた。
良い意味でも悪い意味でもロックバンドとその周辺のファンや関係者との距離を描いた物語。
とてもいい映画だったよ。
もしかしたら賛否両論もある内容かもしれないが、
音楽、そしてバンドやメンバーを心から愛するからこそ辿り着く幸せや真実が描かれている。
年齢に関係なく、ロックバンドを愛する人なら何かしら理解できるところがあるんじゃないかな。

■あの頃ペニーレインと

musicsenmongai at 02:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)クルクルGIZMO 

2010年04月09日

ソフトバンク、ビクターに出資で音楽事業に参入!?

ソフトバンクモバイル株式会社が、
ビクターエンタテインメント株式会社への出資を検討している!?。

報道によると、
ソフトバンクは、月内の合意を目指してビクターへの出資交渉を進めており、
将来的にはビクターの株式を取得し子会社することで検討していくらしい。

果たしてどうなることやら!??

もしこれが実現したら、
モバイル業界の本格的音楽業界の参入になるのかも。
これって、
ある意味、興味深い事でもある裏腹に
とても音楽業界的には脅威でもあるんじゃないかなぁ。
もっとも、
モバイルコンテンツは目紛しい進展をとげているので「あり」でもあるけどね。
数年前から「着うたフル」などは凄まじい勢いでダウンロードされ
音楽メディア界ではダントツで売上げを伸ばしていたようだけど、
最近はちょっと低下し始めている様子。

実際にそんな状況を見込んで、一部のアーティストは
USBメモリアルバムなんかリリースし始めている。
要するに、パッケージCDをリリースしてもどうせPCに読み込んで
iPodなんかにAACやmp3に変換して聴かれるのなら
いっそ最初からそれ用のサウンドファイルにしちゃえ!って事。
これも時代の進化なのかもしれないが、
もしモバイル業界が音楽業界へ本格的に参入したら、
もしかして、

SDメモリ・アルバムなんかがリリースされるかもYO!!!???

これって、、凄い、、、が、ありえなくない。
しかも容量的に考えると、
20曲や30曲の話しじゃないでしょ。
100曲、いやそれ以上だってありえるかも。

いや〜こりゃ〜ビックリ、ボテグリハップン!ですわ。

でも何が一番怖いかと言うと、
音楽の価値が下がるって事だなぁ。
ダウンロード価格が今だって¥150〜¥200だっていうのに。。。
実際、海外では既に新曲だって無料でダウンロードできる仕組みがなされている。

じゃ、もしそうなったらどうするの?って考えると、
やっぱり音楽はライブに限るなって思う。
音源やアルバムはあくまで引きつける手段として流通し
最終的にはライブやコンサート会場に足を運ばせるって事になるのかもね。
今だって同じ訳だけど、
単にツールのひとつになってしまうのはちょっと寂しい気もする。

何が流行とかそういう事じゃなく、
昨今も含め、全ての形態がバランスよく残って、
各々が好きなメディアを選んで音楽を楽しめるようになればいいよね。

僕はモバイル派、
お姉ちゃんはPC派、
ママはCD派、
パパはレコード派、

みたいなね〜。

ohp2008


musicsenmongai at 23:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)クルクルGIZMO 

2010年04月04日

夢を諦めきれない男たち。

やっとレンタルして見た!


ANVIL 〜夢を諦めきれない男たち〜


イメージ的にコミカルな感じをしていたが、
とてもいいドキュメンタリーだったよ。
それにしても業界の支持は凄い。

内容を簡単に言うと、
1984年、HR/HMが全盛期に人気があったものの
それ以降ぱったりと、、、てな感じのドキュメンタリー。
バンド自体は核となるVo&GtrとDrの二人以外メンバーチェンジを繰り返すものの
未だ健在で30年も続けている。
30年って凄いなぁ。
日本にもそういうバンドもいくつかいるが、
ここまで拘って今も尚メジャーの頂点を目指している姿に敬意さえ感じた。
音楽がどうとかじゃなく、とてもアンヴィルのファンになった。
もう一度世界中で人気が出たら嬉しいね。
きっとこれを見た人はみんな少なからずそう思ったんじゃないかな。

80年代のバンドブームって面白かった。
またそんな時代が来て欲しいし、そんな時代を作っていきましょう!

anvil


musicsenmongai at 23:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)クルクルGIZMO