July 23, 2017

神戸開港150周年、世界の帆船大集合(5)♪

 韓国唯一の帆船が「コリアナ号」だ。

 しかし、セウォル号ではないが2015年沈没しかけたニュースがある。

 コリアナ号は、6月13日に英語ネイティブ教師同好会などの乗客34人と乗組員4人など38人を乗せて海上で一晩泊まった後、14日、出発元のヨット競技場に戻ろうとした際に、水深が低いところに船底がかかり座礁したものと見られている。


 14日午前11時頃、麗水市 (全羅南道)沖合で、38人が乗っていた「コリアナ号」が座礁し、船体は左に35度傾き、「沈没している」という通報を受けたものの、全員救助され人的被害はなかったという。



 コリアナ号について。

 韓国国際海洋都市研究院所有で、全長41.00m、総トン数135t。
 韓国南西部の海洋都市である麗水(ヨス)市を母港とし、小・中学生をはじめ企業研修等などのヨットスクールやセイルトレーニングを行っている「コリアヨットスクール」の旗艦船。
 4本マストのスクーナー型帆船で、韓国唯一のセイルトレーニングシップ。

 17日のライトアップ時には船には人がおらず、となりのロシアの「パラダ号」の方が賑わっていたので写真はあまり撮らなかった。






A_KobeHansen-520



A_KobeHansen-521



A_KobeHansen-522



A_KobeHansen-523


musicworld at 09:09|PermalinkComments(0)

July 20, 2017

神戸開港150周年、世界の帆船大集合(4)♪

 ロシアの帆船『パラダ号』を通じ、世界とのつながりを感じる。

 帆船には夢とロマンがあるのではないだろうか。

 外燃機関や内燃機関を駆動源とする船舶が出現するまで帆船は世界の海を駆け巡っていた。現在は帆船はその座を機関駆動の船舶に譲ったが、今でも練習船・実習船・観光船等として活躍している。

 特に神戸では「オーシャンプリンス号」など、帆船を観光で見ることができる。

 では、現在では帆船は衰退して行ったのであろうか。

 そんなことはない。

 例えば、スタークリッパー社がプロイセン号をモデルにした5本マスト・シップ型の大型帆船「ロイヤル・クリッパー」を初めとする3隻の帆走クルーズ客船をカリブ海域に投入した。

 また貨物船としては、原油高騰のあおりを受けた2007年以降、コンピュータで制御する大きな凧を装備したタンカーが運航されるようになった。このような機帆船は、第一次オイルショックの際に検討されていたが、帆を操作する熟練した船員が多数必要であり、これが人件費を抑えようとする船主との思惑と一致しないという問題点が存在した。現在は風向風速計からえられたデータをコンピュータで解析、帆を電動モータで正確に制御することにより船員を最小限にして、最大で燃費を15〜30%程度改善する効果があるとされる。

 2008年にはフランスの海運業者Compagnie de Transport Maritime a la Voile社によって、ワインの商用輸送が再開された。CTMVは108隻の古い帆走船を所有しており、その速度は8ノット程度ではあるが、環境問題に関するアピールや燃料代の節約になっている。

 その後も帆走を推進力の一部とした、帆船と汽船のハイブリッド船の開発は続いており、新愛徳丸計画の他、大学と海運会社により硬翼帆を使った省エネルギー帆船の研究が進められている。



 世界の主な帆船。

 R・タッカー・トンプソン ニュージーランド 45トン 26メートル 2本マスト・トップスルスクナー
 あこがれ 日本 362トン 52メートル 3本マスト・トップスルスクナー
 エスメラルダ チリ 3,673トン 113メートル 4本マスト・バーケンティン
 エンデバー 英連邦 180トン 40メートル 1本マスト・ヨット
 オーシャン プリンセス 日本 232トン 37メートル 2本マスト・スクーナー

 海王丸 日本 2,556トン 110メートル 4本マスト・バーク
 海星 日本 180トン 46メートル 2本マスト・ブリガティン
 観光丸 日本 353トン 66メートル 3本マスト・バーク
 咸臨丸 日本 384トン 49メートル 3本マスト・バーク
 キャリアド アメリカ 80トン 36メートル 2本マスト・ガフケッチ

 クアウテモック メキシコ 1,800トン 91メートル 3本マスト・バーク
 シナーラ 日本 82トン 29メートル 2本マスト・ガフケッチ
 酒呑童子 日本 −トン −メートル 1本マスト・ヨット
 ドーントレッダー 日本 131トン 33メートル 3本マスト・スクーナー
 ナジェジュダ ロシア 2,297トン 109メートル 3本マスト・フルリグドシップ

 日本丸 日本 2,570トン 110メートル 4本マスト・バーク
 パラダ ロシア 2,987トン 109メートル 3本マスト・フルリグドシップ
 ヨーロッパ オランダ 303トン 56メートル 3本マスト・バーク
 リベルター アルゼンチン 3,765トン 104メートル 3本マスト・フルリグドシップ





A_KobeHansen-515a



A_KobeHansen-511



A_KobeHansen-512



A_KobeHansen-513



A_KobeHansen-514


musicworld at 23:15|PermalinkComments(0)

July 19, 2017

神戸開港150周年、世界の帆船大集合(3)♪

 ロシアの帆船「パラダ号」の情報は少ないが、2012年の4月26日から30日にかけて、「長崎帆船まつり」に参加したそうだ。

 そのときのことがロシア情報サイト「スプートニクニュース」に掲載されている。



 4カ月間、120名の実習生らの人生は、演習、総員作業、狭い船員用共同船室の中での生活で満たされる。実習生らは「パラダ」号に乗船した時には、まだ初めて海に乗り出す子供だが、長崎帆船まつりのような世界的な大々的フェスティバルへの参加を経験し、ウラジオストック港へ戻ってくるときには、大人の船乗りになっていることだろう。国立極東水産大学のエレーナ・ゲリマノワ講師はそのように語った。

 「12年の4月26日から30日にかけて、「パラダ」号は長崎帆船まつりに参加します。このフェスティバルの枠内で、帆船パレードおよび乗組員の顔見世が行われます。すべての帆船は、長崎市民および日本各地からの観光客に開放されます。「パラダ」号がこのフェスティバルに参加するのは、実に6回目です。」

 長崎帆船まつりは12年連続で開催されている。このような催しは、隣国同士の文化と風俗に触れ、経験の交流する機会を与える。運航技術上の設計と艤装水準および実習生の訓練度合などが、「パラダ」号が世界で最も素晴らしい帆船の一つであるという評判を保つことを可能にしている。「パラダ」号は、世界で最も速い帆船としてギネスブックに登録されている。

 今年、「パラダ」号に乗船するのはロシア人の実習生だけではないとエレーナ・ゲリマノワ講師は話す。

 「毎年恒例の「パラダ」号の航海は、ロシア人の実習生の他に、上海海洋大学とシンガポール海洋アカデミーからの実習生も乗船することになっているため注目に値します。ロシアの「パラダ」号は、ウラジオストック、韓国のプサン、中国の上海、シンガポール、ベトナムのブンタウ、中国の大連、日本の長崎、ウラジオスットクの順に航路を巡ります。」

 「パラダ」号の美しい彩色と乗組員の素敵なユニフォームは世界中の港で、帆船愛好家の注目を集める。「パラダ」号が長崎帆船まつりに参加するのは初めてではないにもかかわらず、ロシアの帆船を一目見ようと日本中から観光客がやってくる。


 ※下の写真は今年の「海フェスタ神戸」でのセイルドリルの様子





A_KobeHansen-105



A_KobeHansen-107



A_KobeHansen-108



A_KobeHansen-109



A_KobeHansen-110



musicworld at 23:10|PermalinkComments(0)

July 18, 2017

神戸開港150周年、世界の帆船大集合(2)♪

 まずは、ロシアの帆船『パラダ号』について。

 パラダ号は、ロシア極東漁業技術大学所属の帆船で、ウラジオストック港を母港とし、海技学校や水産学校の学生の研修船として使用されている。

 幕末の1853年、ペリーの浦賀来航直後、ロシア使節極東艦隊司令官プチャーチンが通商を求めて長崎に来航したが、その時の旗艦がパラダ(現在の船とは別)だったと言う。

 マスト高49.50 m、全長108.60 m、喫水6.80 m、全幅14.00 m、総トン数2,987 t、セイル面積2771屐∩ヂ11ノットなど。

 今回の乗務員数は不明。いつも一定ではないと思われるが、数年前のハワイ寄港の際は、51名の乗員・教官と144名の実習生が乗り込んでいたそうだ。

 「長崎帆船まつり」の時は120名だったらしい。



 昨日の晩にライトアップされた帆船を見に行ったが、イベントが行われているメリケンパークにもロシア人水兵の姿が見えた。

 記念に撮影させて貰った。

 「スパシーバ」(ありがとう)が通じた。

 また、暗くなってライトアップが始まり、西から帆船を撮影して行き、最後にパラダ号になったが、船の回りには続々とロシア人乗組員が集まってきた。

 どうやら記念撮影していたようだ。

 ロシア人に会うと、「ドーブルイ ヴィエーチル」(こんばんわ)を連発したが、通じたようだった。

 彼らも喜んで、「スパシーバ」と言ってくれた。





A_KobeHansen-502



A_KobeHansen-503



A_KobeHansen-504


musicworld at 12:37|PermalinkComments(0)

July 17, 2017

神戸開港150周年、世界の帆船大集合(1)♪

 『神戸開港150周年』と言うことで、メリケンパーク周辺では色々な記念イベントがあった。

 そのなかで出掛けたのが、「世界の帆船大集合」である『神戸帆船フェスタ』が見られるメリケンパークから東の埠頭だ。

 今回珍しかったのが、停泊していながら帆を広げるパフォーマンスだ。
 「セイルドリル」と言うそうだが、「総帆展帆」(そうはんてんぱん)とも言われる。

 外国からはロシアや韓国から寄港してくれた。

 中でもロシアの『パラダ号』は珍しく、美しかった。

 もちろん、セイルドリルしてくれた(^-^)

 きょうから何回かに別けて世界の帆船の写真を紹介したい。



 最初はもちろんロシアの『パラダ号』。

 一回では紹介しきれないので、何回かに別けることとする。

 まずは船体の全体像と総帆展帆、ライトアップ写真を紹介。






A_KobeHansen-103



A_KobeHansen-104



A_KobeHansen-500



A_KobeHansen-501


musicworld at 23:27|PermalinkComments(0)

July 16, 2017

テニス大会で優勝する♪

 きょうは京阪奈でテニス大会があり、9時開催なので6時半には神戸を出ることになった。

 試合がある場所は京都の南の「精華町」、近鉄「学研奈良登美ヶ丘」からバスで15分位のところにある、「けいはんなプラザ」や「国立国会図書館」がある近くで、「ATR」と言う研究機関のコートだ。

 ここはわたしのブロック予選と全体の決勝トーナメントが開かれるコートだ。

 わたしたちが出た試合はジェンダーフリーで男女の区別がないが、小学生、女子、高年齢者の場合は15ハンディを貰える。

 午前中がブロック内のリーグ戦(総当たり)で、昼から決勝トーナメント戦となる。



 午前中は、ブロック内で全部で5チームあり、わたしは4チームと対戦したが、快勝を続け、最も取られても1ゲームだった。つまり、最悪でも6−1である。後は6−0で相手を仕留めた。

 予選はもちろん一位で通過。昼御飯とし、決勝トーナメントに備える。



 お昼はATRの近くの「丸亀製麺」。

 冷たい「豚しゃぶうどん」を注文する。
 豚しゃぶにサラダが乗った冷うどんだ。

 おまけとしてナスのてんぷらを貰う。これがとても美味しかった。



 昼一番は「ビンゴゲーム」。
 試合が長引いたため、13時半を過ぎる。

 早めに上がれば(ビンゴ)スポーツタオルやビールがもらえる。

 残念ながら遅めの上がりだったので、サントリーの「セサミン」を一袋だけもらう。
 まったく貰えなかった人のことを思えばましである。

 さて、決勝リーグであるが、わたしは予選1位だったのでシードとなる。

 すでにベスト4が確定だ。

 わたしの対戦相手は同じ会社の先輩のウッチーペアと京セラかどこかの会社のペアの勝った方だ。

 死闘を繰り広げたが、6−6タイブレークでウッチーは負けた。

 結局、わたしの会社で残ったのはわたしのペアだけとなった。



 ウッチーを負かした対戦相手だったが、いざ対戦すると弱かった。

 わたしは6−0で彼らに勝った。これで決勝進出決定。

 決勝ではインターハイレベルの女子ペアチーム。

 彼女らに予選で負けたあるペアは「彼女らは凄いぜ」と忠告してくれた。



 そして決勝。

 わたしたちの側のベンチはわたしの応援団が4名いた。「彼女らを応援してね。」わたしはやる前から勝てると思っていた。

 いざ対戦してみると相手の穴がすぐ分かった。

 強い方と弱い方がいて、弱い方のみを徹底的に攻めた。

 また、強い方もボディーに弱点があり、ボディーを攻めると強打できなくなった。

 かくして6−3で私たちが勝った。優勝だ。

 優勝トロフィーを貰い、記念撮影。

 優勝商品はグリップテープ。

 小さな大会ではあったが、優勝はどんな試合でもうれしいものだ。



 ※下の写真は「神戸開港150周年」の帆船




A_KobeHansen-100


musicworld at 23:29|PermalinkComments(0)

July 15, 2017

試合に向けて最後の調整♪

 きょうはテニスの練習の日。

 しかし外は暑そう。

 「こりゃ、死ぬかも。」

 外はジリジリとした容赦ない暑さだったので何名来るか心配だったが、ふたを開けてみると8名の参加。かなり盛況だった。



 たぶん、大阪では最高気温は36度であろう。

 神戸三宮では34度だと思うが、ここはちょっとした山のなか、32度位だと思う。

 それでも汗がひどく、5時前にはふらふら状態で試合を続ける。

 水分補給を兎に角頻繁に行う。

 水分さえ十分に補えば死ぬことはない。



 明日は京阪奈でのテニス大会。

 昨年はベスト4だったので、今年はそれ以上を目指す。

 ペアも昨年はC級の人だったが、今年はB級の上位の人でミスが少ない。
 優勝も見えるペアと言える。

 しかし、試合は水もの。何が起こるか分からない。

 先ずは決勝進出を目標に頑張ることとする。





DSC_0511


musicworld at 23:26|PermalinkComments(0)

July 14, 2017

思い出のマーニー♪

 金曜ロードショーでは二回目となるが、今週は『思い出のマーニー』を放送していた。


 『思い出のマーニー』(「When Marnie Was There」)は、イギリスの作家、ジョーン・G・ロビンソンによる児童文学作品だ。
 かたくなに心を閉ざした少女アンナが海辺の村に住む少女マーニーとの交流を通じて心を開いていく様子が描かれている。初版は1967年に出版社コリンズより出版され、25万部を売り上げたと言う。

 早くも1971年にBBCの番組「Jackanory」でテレビ化された。
 日本ではスタジオジブリの米林宏昌監督により長編アニメーション映画化され、2014年7月19日に公開された。3年前だ。
 米林にとっては2010年公開の『借りぐらしのアリエッティ』以来、4年ぶりの監督作品となる。



 スタジオジブリの中では絵のタッチや系統が主流とは違うようだが、静かな描写の中にも少女の心が読み取れる名作だと思う。

 まだ細部は完全に「意味」を理解できていないが、スタジオジブリの作品の中ではわたしは最も好きなものの一つであり、ときどきHDDに録画してあるやつを繰り返し観る。





DSC_0621


musicworld at 23:28|PermalinkComments(0)

July 13, 2017

死ぬほど蒸し暑かった日♪

 きょうは気温といい、湿度といい、死ぬほど蒸し暑い一日だった。

 京阪の一駅間の移動が2回あったため、熱中症になりそうだった。

 呼吸が荒くなり、鏡に映った顔は疲れ果てていた。



 お昼は食欲がなく、冷奴と焼きビーフンと味噌汁くらいとなる。

 昼からは体がだるく、動きたくない気分だった。

 あの世が少し見えた気がした。

 夕方になり、気温が下がってきて、帰りは比較的快適だった。

 本当に大阪の夏は暑い。





DSC_0605


musicworld at 20:45|PermalinkComments(0)

July 12, 2017

もうすぐ卒業生と飲みに行く♪

 私の組織では退職されることを「卒業」と言う。

 きょうはそんな「もうすぐ卒業生」の方と久し振りにお会いし、「ビールでも一杯」飲みに行くことにした。

 本当は「琴平」に行こう、と言う話を以前からしており行きたかったが、生憎水曜は定休日。

 「鳥貴族」と言う、違う店にした。

 おまけにおごってもらった(^_^;)



 さて、「琴平」と言うのは天満橋にある「二千円で食べ放題、飲み放題」の讃岐うどんがベースの店。

 ぶり大根、イカの里芋煮、筑前煮など和食党に嬉しい料理が「アンビリバボー」な価格で食べられる店だ。

 味付けはプロ。その辺の居酒屋とは違う。

 きょうは行けなかったが、また次回と言うことで。




DSC_0602


musicworld at 23:29|PermalinkComments(0)

July 11, 2017

オランダより未来を込めて♪

 。。。かどうかは分からないが、きょうは白人オランダ人女性が日本語でオランダの研究機関が開発した技術の売り込みに来た。

 今は手に持つ「スマホ」が全盛である。

 パソコンやデジタルカメラが大打撃を受けた。

 OSがWindowsからAndroidに変わり、シェアエコノミーなど新しいサービスが 大きな市場になってきている。

 彼女のプレゼンテーションで分かることは、これからは「ウェラブル」の時代となること。

 例えば、リスト型。

 今までは、風邪を引くと医者に行き、看護婦がそのときのピンポイントの体温を測り、医者が診断する。

 これからは、リスト型ウェラブルなどが1週間の体温を記録または送信し、その変化から診断することになると言う。

 開発要素は多いが、スマホの次も既に準備されていると言うことだ。




IMG_20170711_210001


musicworld at 20:58|PermalinkComments(0)

July 10, 2017

初めて見た今年の積乱雲♪

 最近、朝晩の通勤が死ぬほど暑い。正確に言うと「蒸し暑い」。

 それもそのはず、神戸灘区の天気図を見ると、朝7時で気温が27度湿度90%、夜9時で気温が28度湿度90%となっている。

 これをもとに不快指数を計算すると81。
 かなりの高い不快指数となる。

 じっとしているならまだかなりの人が我慢できる数値であるが、歩くとなると汗が吹き出る値だ。



 わが部署は「会議中の飲水禁止」と言う、聞いたことがないルールがある。いくら喉が乾いても、ペットボトルや水筒の水、お茶を飲むと怒られるのである。

 誰かが脱水で倒れるまで続くと思われる。

 理由は「会議中は会議に集中すべし」らしい。

 この論理から言うと、会議中のトイレも本当はダメであろう。

 でも、実態は偉いさんから電話が掛かると、会議中でも平気で中断する。都合よく解釈するのである。

 会議については、個人的には、まず「本当にその会議は売り上げに貢献するか、イノベーションに結び付くか?」と言うフィルターを通してから開くべきだと思う。

 「内向きの会議」がかなり多いので、そう言うのは無くすべきだろう。

 「コストキラー」と言う、出金(デガネ)を減らす運動があるが、その会議自体が開催が多く、効果金額の登録作業が煩雑なら、活動自体がアンチコストキラーではなかろうか。



 さて、きょうは今年初めて積乱雲を見掛けた。

 恐らく、あの雲の下は雨なのだろう。

 今年もピンポイント集中豪雨の季節が来た。





DSC_0615


musicworld at 23:05|PermalinkComments(0)

July 09, 2017

孫娘に会いに行く♪

 ボーナスが出たので先週末、孫娘のために服を買っておいた。きょうはそれを子供夫婦に届けるためにJRに乗って塚口の方まで出かけた(下の写真)。

 買ったのはファミリアと並ぶフランスの子供服のブランド。元町に店舗がある。

 ファミリアにあまりない色使いとデザインで、かなり着心地がいいのが特徴だ。



 取り敢えず午前中につく。

 服を渡し、孫娘を抱っこして、「ビールでも飲もうか?」と宴会モードに直行。

 お寿司や刺身を買ってくれていたので、それを肴にお昼(宴会)とする。

 やがて「八海山」の原酒が出てきて「飲もう。」と言うことに。

 孫娘はお昼頃からぐすって寝ていたが、3時頃にはすっきりモードで再登場。

 暫く写真撮影タイムとなる。

 その後は用事もあったため、早めにおいとまする。

 次回はお盆になるだろうか。

 孫娘の成長が楽しみだ。





DSC_0612


musicworld at 23:37|PermalinkComments(0)

July 08, 2017

雨が止んでテニス日和となる♪

 きょうは事前の天気予報では雨だったが、何とか曇りのち晴れまで回復、テニスに行くことにした。

 七月になると、かなり暑くなってきた。

 まだ梅雨なので蒸し暑い感じだ。

 さて、日本各地の港で「ヒアリ」が見つかっているが、広まる前に何とかして貰いたい。

 テニスコートで蟻に噛まれることが多いので。
 きょうも二、三回噛まれた。

 他の人も噛まれているのだろうか?

 私の汗が甘かったりして。



 さて、きょうはTさんの息子さんがコートに来た。息子と言ってもTさん自身が60を遥かに過ぎているので、歳は大体40位だ。

 昔かなりテニスをやっていたらしく、サーブなどのフォームが素人とは違う。

 ただ、かなり長い間テニスをやってなかったらしく、サーブは入らず、ミスショットも多い。

 多少でも戻ればかなりの強敵になりそうだ。




DSC_0524


musicworld at 23:27|PermalinkComments(0)

July 07, 2017

東工大の先生と飲みに行き、パラレルワールドに入る♪

 きょうは夕方、東工大工学院の世界的に有名な先生の講演会があり、参加した。

 もう40年も固体中の金属イオン伝導の材料を開発されている研究者だ。

 そしてつい最近、固体で液体中のイオンの移動より高い「イオン伝導度」を達成し、リチウムイオン電池を根底からイノベーションすることに成功したのだ。

 現在のリチウムイオン電池はスマホやノートパソコンやドローン、電気自動車などに使われているが、容量が小さく、発火の危険性もある。

 それらの課題が完全になくなり、まあ、現在のリチウムイオン電池の容量が3倍近くになる技術だ。



 講演の後、数名の人が「先生を囲んで懇親会をしよう」と言うことで、なんとかバルと言う居酒屋に行くことに。私も一緒に行くことにした。

 先生の実家は神戸で、今は単身赴任である。

 私の家の場所を言うと、「知ってる知ってる」と言う話に。ほんと、偉い先生だが地元の人だった。

 このバルの話もしておく。

 梅田の第4ビルの中にあり、付けだしの様な小さい碗が一杯お盆に乗せて出てくる。色々なものが乗っているので、好きなものを取って食べるのだ。

 また、大きなお皿の料理(主に温か系)も注文できる。



 この店でパラレルワールドに入ってしまった。

 トイレに行って帰ってくると、店が若干違う構造になっていたのだ。

 看板は同じ。店の入り口もひとつしかないはずなのに、カウンターの位置などが違うのだ。

 私の脳が可笑しくなってしまったのか。。。

 「あのー、私が出てきた店と同じはずなのに、なんか違うんですけど。。。」
 ほんとにパラレルワールドなら、何言ってるのこの人?と言うことで聞くだけ無意味なのだが、思いきって聞いてみた。

 「ああ、あっちの店ね。ときどきあるんですよ。あの角を曲がるとありますから。」

 なんと、時々パラレルワールドの入り口が開くらしい(^_^;)

 角を曲がると少しめまいがして、目の前に元の店が出現した。



 「いま、パラレルワールドに行ってきたんですよ。」

 「はあ?」

 「トイレから出ると良く似た店がもう一軒あり、そこの人に聞くと元の世界への帰り方を教えてくれたんです。」

 殆んどの人はきつねにつままれたような顔をしていた。

 そのうち、この店をよく知る人が何か閃いて喋った。

 「ああ、この店、トイレを挟んで二店舗あり、時々間違うみたいね。」

 。。。と言う結末だった。ちゃんちゃん!


 ※下の写真はそごうの七夕





DSC_0592


musicworld at 23:52|PermalinkComments(0)

July 06, 2017

EPA大枠合意♪

 きょうの大きなニュースは、日本とEU(ヨーロッパ連合)がEPA(経済連携協定)の交渉で大枠合意したことだ。

 安倍首相は6日、ブリュッセルのEU本部でトゥスク欧州理事会常任議長(EU大統領)、ユンケル欧州委員長と会談し、大枠合意を確認したものだ。2019年初めの発効を目指す。

 ヨーロッパ産のワインやチーズの関税が撤廃・削減されるほか、自動車や電気製品などの輸出の拡大が見込まれる。

 これにより、世界のGDPの3割の自由経済圏が誕生する。



 日本で有利になるのは自動車や家電メーカー、不利になるのは農家と言うことだ。

 しかし、農家も保護主義を続けても衰退するしかないのだ。イノベーションを促進するためには黒船と対峙しないと行けない。

 生き残る組織の条件は、変化に強いことではなく、変化に順応することなのだ。



 下の写真はコープの酸化防止剤無添加のワイン。

 フランスボルドー産は確かに味に優れているが、こちらは圧倒的に健康にいい。

 健康とか、こういう分野で日本の農家は強みを発揮するといいと思う。

 同じ土俵で戦わないことだ。






IMG_20170625_133345


musicworld at 23:55|PermalinkComments(0)

July 05, 2017

試合相手より虫に苦労する♪

 全英オープン『ウィンブルドン選手権』を毎日録画し、早送りで観ている。

 きょうは第3日で、錦織圭は、ウィンブルドンで七連勝中のフェデラーを芝に沈めたことのある、ウクライナのセルジー・スタホフスキーと対戦した。

 錦織はスタホフスキーにまだ勝ったことがないのだ。

 かなり苦しい展開であったが、結果は、錦織圭が6―4、6―7、6―1、7―6でスタホフスキーを破った。

 第9シードだった錦織はこれで3回戦に駒を進める。



 セルジー・スタホフスキーのバックのスライスには流石の錦織圭もかなり苦労した。1番コートは収容人数11000人とセンターコートの次に大きいが、芝がフサフサしていて、外のコートや練習会場とバウンドが違うため、慣れるのに時間がかかったようだ。

 また、虫(羽蟻)が彼らの周りにもぶれ、試合を観るほうも試合をやるほうも気になった。

 「ラリー中に虫が顔に当たってきたり、試合後もバッグに10匹くらい入っていましたわ。正直、相手より苦労しましたね。」

 今後、3回戦もぜひ活躍を観なければならない。

 それから、錦織であるが、毎年ウィンブルドンではテラスハウスみたいな家を借りて生活していると言う。

 かなり居心地はいいようだ。





DSC_0583


musicworld at 23:57|PermalinkComments(0)

July 04, 2017

台風3号もミサイルも無事に通過♪

 きょうは台風3号が直撃の可能性が高かったので、それに対応した動きをせざるを得なかった。

 朝は折り畳みでないジャンプ傘を持っていった。

 豪雨が3時からと天気予報が言っていたため、夕方は実験室に立て籠り、四半期報告会の資料を作成することに。

 ふたを開けると、台風の雨も風も大したことなく、帰りは傘を差さずに帰ることができた。



 日本が台風でてんやわんやしていると、北朝鮮がミサイルを2発発射してくれた(^_^;)

 取り敢えず無事に日本海に落ちた。

 二発のうち一発はICBM(大陸間弾道弾)だと北朝鮮は主張しているのが、もしそうならアメリカの「レッドライン」を越えたことになる。

 多分、アメリカも戦争はしたくないので、「いや、中距離弾道弾だ。」と言うことで片付けると思う。

 またまた北朝鮮の作戦通りだ。





DSC_0569


musicworld at 20:39|PermalinkComments(0)

July 03, 2017

蒸し暑かった一日♪

 今来ている台風3号の影響だろうか、きょうは朝から蒸し暑い一日となった。

 今晩も熱帯夜だろう。

 きのうは34度と暑く、この夏、初めてエアコンを点けることになった。

 急に気温が変化すると身体中がきしむ感じがする。

 午後からは体が急にだるく、重くなった。
 熱中症ではないと思うが、この時期注意が必要だ。




DSC_0551


musicworld at 20:43|PermalinkComments(0)

July 02, 2017

愛染祭りと愛染娘2017♪

 天神祭と並ぶ「大阪三大祭り」のひとつである『愛染祭り』が金曜日からきょうまで行われているが、今年は残念ながら行けなかった。

 例年の『愛染祭り』で最も心配なのが初日の『宝恵駕籠』パレードの雨である。梅雨の真ん中の祭りとは言え、やはりカメラのため、愛染娘のため、晴れてほしい。

 今年は何とか天気は持ったようだ。

 例年なら、『あべのキューズ』で12:45から出発式のイベントがある。

 ここは新参ものには分かりにくい。

 昨年も一応12:20を目途に会場に向かうつもりだったが、久し振りに来ると、『あべのハルカス』の行き先案内ばかりで『あべのキューズ』は見つかりにくかった。

 取り敢えず、5分くらい迷ったが、ほぼほぼ予定通りの時間に会場に到着した。


 
 ここで、愛染祭りの交通アクセスを復習しておこう。

 愛染堂へは、梅田からだと、谷町線『東梅田駅』で乗り『四天王寺夕陽が丘前駅』で降りる。駅から歩いて3分で愛染堂に着ける。

 しかし、『宝恵駕籠』出発式の場所は『あべのキューズ』三階だ。
 梅田から地下鉄御堂筋線『天王寺駅』で降り、迷わなければ、歩いて2-3分で会場に着ける。



 昨年の様子だが、まずは獅子舞の様な踊り。

 引き続き、『愛染女組』のパフォーマンスと歌のステージが始まる。

 そして愛染娘の紹介。

 司会は一昨年のミス愛染娘、羽田優里奈さん(ティアラを被った子)と、準ミス愛染娘の日下梨絵さんだった。

 驚いたのは愛染娘の中にリケジョがいて、特技は「シュレーディンガー方程式」と言ったこと。
 (一番下の子)

 まさにわたしがやっている量子力学計算(計算科学、第一原理計算)は、如何にシュレーディンガー方程式を精度良く近似計算で解くことなので、同じ世界のムジナだった^^;



 パレードは多少雨に降られたものの、ほぼほぼ曇り状態で完歩できた。

 愛染堂での『駕籠上げ』と記念撮影も無事完了した。


 ※下の写真は昨年の愛染祭りの様子





Aizen-103


Aizen-104


Aizen-105


Aizen-106


Aizen-108


Aizen-109


Aizen-110


Aizen-111


Aizen-113


Aizen-112


Aizen-114


Aizen-107



musicworld at 20:00|PermalinkComments(0)