天耕野人のむすび庵日記

今、明かされる天耕野人の日常、そして有機農業の奥義!!

やはり暖冬?

 エルニーニョ現象が起きているということで、いよいよ暖冬になるとの予報が出ています。確かに朝は少し寒いものの、日中は暖かい。私の場合は一日中つなぎ服(エンカン服)を着なければいけない日、耳当てを付けないといけない日が、感覚的に寒い日ということにしています。その意味ではまだ冬にはなっていません。
 さて先日菩提寺の二日市正行寺で「帰命円堂落慶法要」がありました。新しい納骨堂の落成式ですが、この建物の中に名工の方々により「八角堂(夢殿)」がつくられ、その中に善光寺の秘仏である「一光三尊佛」と同じものが高田派の由緒あるお寺から許可を得て作られ、まつられました。11月10日、11日の二日にわたって法要と落慶祝賀会が行われたのですが、その前日9日と終わった次の12日は雨でしたが、その時だけ晴天に恵まれ、私だけでなく多くの方々が仏様の計らいを思わずにはいられませんでした。
 11月12日から新しい研修生棚町君が来ています。当面は早良区西新の実家から通いです。埼玉の金子さんの所で一年研修をしてからですので、それで十分のような気もしますが、福岡で新規就農をすることを希望しており、そのためもう一年郷里の福岡で研修するということです。この一年は就農地探しを兼ねての研修となる見込みです。農業プラスアルファーで生計を立てられないか検討中です。ご支援を賜りますように。

冬の草も侮るなかれ

 本当に秋らしい秋がやってきて畑の草たちもすっかり冬の草に変わってきました。旺盛な夏の草に比べたら大したことはないだろうと思われるかもしれませんが、それがどっこいなかなか手ごわいのです。とくに10月以降に播くホウレンソウや小松菜などは、そのままにしておくと草に負けてしまいます。うちの畑で生えているのはホトケノザ、オオイヌノフグリ、ハコベ、スズメノテッポウ、ナズナなどですが、特にホトケノザとオオイヌノフグリはみっしりと生えるので、野菜がある程度大きくなるまで抑えていないと何を作っているのか分からなくなります。今日は研修生の水町さんと二人で殆ど一日かかってこれらの草取りをしました。幸い日中は暖かかったので気持ちよくやれました。こんなときホーキングがあればいいのでしょうが。
 一方早く播いた白菜や大根、キャベツなどは大きくなっていますのでこれから冬の草に負けることはありません。根元にはびっしり草が生えていますが多少肥料の横取りがあるでしょうが、大勢に影響はないでしょう。
 夏野菜の収穫を終えた畑ではもう来年の夏野菜準備も始まっています。来年の南瓜の予定地に緑肥と敷き草を兼ねたえん麦・ヘアリーベッチを播きました。ヘアリーベッチだけだと繊維が弱いように感じたので、昨年から混播しています。サツマイモの予定地にもこれからえん麦を播きます。サツマイモと言えども土作りは必要です。肥料分の少ない土作りは、毎年確実な収量と品質を得るためには欠かせません。

今年の里芋

 今年は夏が暑かっただけでなく雨も8月は平年の30パーセンほどの少雨でした。また台風もこちらの方には直接は来ませんでしたが、影響を受けて風の強い日も度々ありました。これは里芋にとって最悪の天候でした。しかしこれだけ過酷な天候であったので、逆に必死に対策をしました。これがかえって良かったのか、意外にいい出来でとなりました。
 このことの教訓は「条件のいいときでも油断してはいけない。条件の悪い時でも諦めずに最善を尽くす」ということかと思います。そろそろ美味しい里芋が届けられることでしょう。

DSC00262

28日予定の農楽会は

 28日に予定している農楽会はサツマイモ掘りだけでなく、秋冬野菜の手入れや定植作業もやりたいと思います。春夏に植えたり、種を播いていただいた野菜のその後の生育の様子っを見ていただこうと思います。もう収穫できるものもありますので、お好みに応じて収穫していってください。また残って夕食懇親会を希望される方は、特別に黒豆の枝豆をご用意いたします。ただ私がお寺の「お取越」という行事にでなければいけませんので、自主的に懇親をお願いします。明日雨が降った後少し寒くなるそうです。お気をつけください。28日日曜日は回復するようです。では奮ってご参加ください。

今年の秋は本物か?

 面積を減らしたとはいえ稲刈りが無事済んでホッとしています。コンバイン、乾燥機、その他の道具類の掃除・収納も終わりました。この後籾摺りをすれば今年の稲作作業は終わりです。販売は1年かけてやらねばなりません。米屋さんの仕事もするわけですから、単純に米価がいくらとはいえません。
 ところで今日19日の天気は変でした。夜明けから日中までめまぐるしく天気が変わり、外での仕事は断念しました。その代わり普段できない雑用を片付けました。雨に加えて風も吹き少し寒い感じでした。今年は夏の猛暑から一転して秋らしい天気が続いています。近年は秋らしく思える時期が短くなり、極端にいえば夏からすぐに冬が来るという感じでした。今年の秋は信用していいのでしょうか。エルニーニョの影響が出ると年末まで秋が続き、つまり暖冬となるのかも知れません。
 秋らしい天気が続いて、どちらかというと気温も低めできているので野菜の虫も少なめです。夏に播いたものだけがやられていますが、その他は綺麗な生育ぶりです。このまま無事収穫といきますように。
記事検索
月別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール

musubian

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ