2010年04月01日

みなさんありがとうございました!これはちょっと読んでほしい・・

早いもので2010年ももう4月ですね。

2009年9月にかなり見切り発車的に始めました谷澤農園の東京販売ですが、 なんとか今期の販売を終えることになりました。

買っていただいたり、アドバイスをくれたり、励ましてくれたり、ご飯をおごってくれたかたたちには感謝の念がたえません。

本当にありがとうございました。

そもそも知り合いがファーマーズマーケットの運営をやる会社にいて、はじめは本当に何の気なしに週末だけ販売していました。
ファーマーズマーケットでも9月10月なんて全然売れず、すっぱいと酷評されることも多々あり、逆に酸っぱいのが良いという人もいたり、酸っぱいのを料理に使いたいというレストラン関係者・シェフも結構いたり、ジャムを作ろうと言い出したり、試作品を作ってみたり、ファーマーズで知り合った栄養士の女の子に手伝ってもらったり、12月くらいからはミカンも甘くなりちょっと売れるようになったり、配送の注文が意外にたくさん来ちゃったり、でも全くやり方がわからずてんやわんやだったり、ポップを描くのが下手すぎて素人以下の店づくりだったり、でも手伝いに来てくれた女の子に描いてもらったらすごくいい感じになったり、隣に出店している人たちと仲良くなったり、事務局の人も良い人いたり、カゴ屋のお姉さんに将来を激しく心配してもらったり、キッチンカ―が高いけど美味しかったり、冬の雨の日は買ってくれない人全員を恨んだり、1月はバカ売れしてうはうはだったり、香川の県の事業振興課みたいなとこに相談に行ったらかなり酷評されたりして、でもなんとか続けてみたり、二人の高校の先輩にファーマーズマーケットで売っているのを発見していただいて同窓会に呼んでもらったり、たくさん注文していただいたり、谷澤はなんだかんだで農業でがんばる決意をして3月から香川の大きい農家さんで研修をしていたり、橋本もなんか農業関係の仕事のほうが多くなって早稲田農業稲門会を作って幹事長になったり、台東区入谷で八百屋をやることになったり、といろいろなことがありました。 
 
うーん本当にいろいろあったなと思います(笑) 
 
ですが、こうやってみるともっとあの時はあーしとけば・・・、もっとこ―いっとけばよかった・・・という後悔だらけではあります。
来期に繋げていくしかないですね。 
 
次は谷澤も橋本もミカンも、もっとパワーアップして帰ってくるのでどうぞ来期もよろしくお願いします!
このブログもちょこちょこ更新していきます。

また、橋本は本文中でもちょっと書いていますが台東区の入谷というところで4月から八百屋さんを始めることになりました(笑)
そちらのほうも、以下のブログで報告していきますのでどうぞよろしくお願いします。 
http://blog.livedoor.jp/hashimoto3strings/ 


本当にお世話になったみなさま、どうもありがとうございました。
あ、また6月にビワでちょっと戻ってきますね。
みかんの木の周りにはビワの木があるんです。
そちらもぜひお知らせさせてください。

 

musukomikan at 11:21|PermalinkComments(10)TrackBack(0)

2010年03月20日

最後の三連休!

橋本です。

しつこいですが20,21,22日のファーマーズマーケットで今シーズンの販売は終わりです。

今日谷澤と電話で話していたのですが、去年の9月からはじめてよく続いたよなとちょっとしみじみしてしまいました(笑)

谷澤はいま東名高速を香川から東京に向かって驀進中です 

事故るな谷澤!
気をつけろ谷澤!!

明日からがんばります★ 

musukomikan at 01:27|PermalinkComments(4)TrackBack(0)ファーマーズマーケット 

2010年03月17日

板橋!朝市!!)

最近全然飲めなくなった橋本です。

20,21,22日のファーマーズマーケットが今季の東京での販売の最後だとお知らせしましたが、追加情報です。

21日(日曜日)に板橋区の板橋宿不動通り商店街というところの朝市に出店します。
http://www.itabashi.or.jp/syotengai/fudo/

ファーマーズで一緒に出店している青森産直の会のかたが教えてくれました。
ありがとうございます!

なんかすごい盛り上がりらしいです。
朝の6時~8時までという超健康的な時間帯です。

この日は朝市が終わってから、青山のファーマーズにももちろん行きます。(たいへん)

谷澤はこの20,21,22日のために香川から死ぬほどみかんをもってきます。

全部はけるといいなー(希望 )

musukomikan at 15:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年03月16日

大注目!!(してください。。)

確定申告が期限内に終わらなかった橋本です。
(どーしよう・・・)


けっこう大事なお知らせです
(ぼくたちにとっては)

3月20、21,22日の国連大学前ファーマーズマーケットの出店が、今季の谷澤農園の東京直売の最後になります。

今年度、右も左もわからない状態で東京に進出してきた谷澤農園ですが
なんとか無事にシーズンを終えられそうです。

お世話になったみなさま、本当にありがとうございます。

お時間がありましたらぜひぜひ私たちの今年最後のファーマーズマーケットにお立ち寄りください!

心よりお待ちしています
(いつもよりサービスさせてもらいます★)


 

musukomikan at 16:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ファーマーズマーケット 

2010年03月14日

お久しぶりです

橋本です。
ご無沙汰していてすみません。

ブログの更新は途絶えていましたが、いちおうファーマーズでの販売を始め、活動はしていました。

ですが、先週のファーマーズで雨と風と寒さから過去最低の売り上げを叩きだしてしまい、若干心が折れてしまっていたことは否めません。

加えて僕はその暗黒の土日のうっ憤を晴らすかのように、翌日の月曜日からタイに旅行に行っておりました。(楽しすぎた・・・)

また谷澤はいま香川の大きな農家さんで研修中でして、ブログも満足に書けないくらい体を酷使しているようです。

というわけで、長らくブログを放置していました。すみません。

明日も国連大学前で販売していますのでよろしくです!!


 

musukomikan at 00:24|PermalinkComments(2)TrackBack(0)ファーマーズマーケット 

2010年02月26日

今週末は赤坂マルシェにも出ます

橋本です。

一週間て早いですね 

今週末2月27、28日も青山の国連大学前でのファーマーズマーケットに出店します。

そして、それにプラスして赤坂サカスのマルシェにも出店することになりました。
http://www.marche-japon.org/area/1301/

今回も谷澤がトラックで香川から東京までみかんを持ってきます。
みかんは大量にあるし、輸送費はトラック一台に載りきるだけなら一定なので、単純に販売の場所を増やせば利益は大きくなるんですよね。

同日に二か所での販売ははじめての試み。

ぼくが赤坂で、谷澤が青山にいます。

どっちかにしか行けない人は赤坂に来てください(笑)

 

musukomikan at 12:44|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2010年02月17日

尾張みかん!尾張みかん!!尾張みかん!!!

橋本です。

最近、尾張みかんについてこのブログで何回か記事を書きました。

正直、ぼくも初めて知った珍しいみかん。

ネットでもあんまり情報がでてこないです。

もうちょっとくわしく知りたいなと思って、googleで検索したところ

このブログが一番上位にヒットしました(笑)

うーん申し訳ない。。。



いま谷澤は香川でハッサクを収穫中です。

あわせて発送作業もしているので、ご注文していただいているかたはもう少しお待ちくださいね。
 
いま収穫中のハッサクは今週末のファーマーズマーケットに持っていきます。

完熟ハッサクを楽しみにしていてくださいね 
(意味ない絵文字だな。。) 

musukomikan at 13:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)みかん豆知識 

2010年02月16日

高松高校・神田会の餡餅雑煮の会

橋本です。

土曜日に僕と谷澤の高校のOB会の集まりがありました。

高校は高松高校というところでして(高ばっかりだな)、

卒業して東京にくる人が多いので、東京にもでっかいOB会組織があります。

そのなかでもこの神田会というアツイ会のみなさんに僕たちはよく目をかけていただいています。

旧正月に香川伝統の餡餅雑煮を食べるというのが、今回の会の趣旨なのですが、そこに

「みかん売りの若者を励まし、ベビーみかんを賞味する会

という副題をつけていただきました(笑)!


なんでもみなさんかなり飲むということで、渋谷駅近くのうどん屋さんで
お昼の13時から飲み始めいるとのこと。

ぼくたちは日中はずっとファーマーズマーケットでみかん売っているので、どうしても参加できるのは17時ごろになってしまいます。


宴もたけなわのところに素面で行くのはつらいよな



まーでもみなさん大人だからそんなハチャメチャではないだろう


 
こんな感じでした(笑)

__

お店に入るやいなや、汽車ぽっぽ状態でした(笑)

すごい・・・!!

さまざまな年代の方が無礼講(?)でお酒を飲んで語らっていて
すごい会だなと思いました。
おまけに60人くらい来ていたようです。

場に圧倒されながらもなんとか自己紹介させていただきまして、
持参したみかんをみなさんに召し上がっていただきました。
(ご注文までいただき、ありがとうございます!!)
 

それにしてもホントにいろんな先輩がいるんだな。。 

社会人になってすぐにこんな会に入れてもらえてよかったなと思いました。 


ちなみに讃岐名物・餡餅雑煮とはこういうものです! 
 
 __ 2

あんこ入りのお餅と白みそのお雑煮です。
香川以外の人にはなかなかのインパクトがあるみたいですね(; ̄Д ̄) 

musukomikan at 13:50|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2010年02月12日

りんごとみかんが・・・

橋本です。
また少しご無沙汰してしまった・・・。

今週土曜日、日曜日も青山国連大学前のファーマーズマーケットに
出店しています。

雨は降らないようですが、曇り空で寒そうな予報。。

カイロマストですね。


あと、そうそう!!

明日土曜日に限って、ブースを秋田チームとシェアします。

秋田の人たちは毎月第二、第四週に出店しているのですが、

今回は申し込みを忘れちゃった模様。

なので、急きょ僕たち香川みかんチームのブースと半分こすることに。

秋田は今回リンゴを持ってくるそうですが、

りんごとみかんの共演に驚かないでくださいね(・∀・)つ

 

musukomikan at 23:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ファーマーズマーケット 

2010年02月09日

FLAT香川の感想

橋本です。

先日ファーマーズの後にFLAT香川という、みかんを食べながら、谷澤農園や香川について話すという稀有なイベントがありました。
http://blog.livedoor.jp/musukomikan/archives/51366206.html

そこで20代の男女からいろいろな意見をもらったのですが、それについてちょっと思ったこと。

谷澤農園のみかんのためにみんないろいろなアイデアを出してくれたのだけど、
ちょっと面白いなと思ったのはそのアイデアが全部「売り方」に関わるものだったということ。

たとえば

・置き菓子のグリコのようにオフィスミカンを会社に置かせてもらう

・ニトリでこたつと一緒にセット販売する

・居酒屋でお会計の時に渡されるガムの代わりのものとしてみかんを提案する

などなど。 

 
このイベント自体は遊び企画だし、実現可能性なんかみんな度外視しての意見です。 

僕自身これが実際できるのか全然わからないし、もしかしたらこんな突拍子もない話が案外うまくいくのかもしれない。

でも、僕がはじめに言った、「面白いと思った」ことはそれら一つ一つのアイデアではありません。

なにかというと、(これも言ったけど)これらのアイデアがみんな「売り方」とか「見せ方」とかに対する意見だったということ。

つまり、いまあるミカンがどうやったらもっと売れるか、認知されるかという視点で考えたものであるということです。

どうしてこのことを面白いと思ったかというと、僕と谷澤がいままで相談してきた人たちは、

「とにかくミカンのクオリティを上げろ、特徴は何か、こだわりは何か、他のみかんとの違い、農薬は??」

などの「作り方」に重きを置いたアドバイスが多かったのです。

・他の農園のミカンよりいいものを作る

市場や直売で高値で売れる。
ネットでも価格競争にのまれずに売れる。

・どこにでもあるミカン

農協に安く引き取られるだけ。 
独自にスーパーに持っていっても買いたたかれるだけ。
さらに残ったものはP●Nジュースに買いたたかれるww

という構図を明確に示されます。

もちろん中・長期的な目標としては、他にない価値のあるミカンを作るというやり方は
避けて通れない王道だと思います。
 
だけど短期的な観点から見て、いまここにあるものをなんとか売っていくことというのも必要ではないでしょうか。

それはたとえば、FLAT香川で出たようなアイデアを実行することで達成されるかもしれません。

それにしても20代くらいの普段はおそらく企画や営業や宣伝のお仕事をしている人たちはこーいう意見を出すんだなーと妙に納得しました。

これまで相談してきた人は、市場のかただったり、レストランのシェフのかただったり、農家へのアドバイザーのかただったりです。

おそらくどっちが正しいとかではなく、どっちも必要なんですよね。

 
いいものを作る、いいやり方で売る。

農家は作るだけ、売るのは別のとこ(農協など)がやるという従来のやり方が崩れてきているとは思います。

別の言い方だと、やろうと思えば農家が作ることも売ることもできる土壌は昔よりは整ってきています。
(産直の発達や、ネットの活用など)

結局、両方がんばろー という話です。

まー何をいまさらな話ですが、ぼくはこのイベントでこんな感想を持ちました。 

musukomikan at 10:52|PermalinkComments(2)TrackBack(0)