2017年11月17日

2017年オムニバス公演キャストスタッフブログ⑮

こんにちは!劇団娘の予感最年少(17歳)の

「後輩からブログの素敵なバトンが渡されたので、流れを断たずいいバトンを引き継いでいきたい」

久木野です


もう、寒いですね毎日。最近はオリオン座がきれいに見えるので、冬が来たなあ……と思います
情緒があるなあ


あと、手がかじかんでリズムゲームがろくにできないので、冬が来たなあ……と思います
じょうちょがあるなあ



そんな冬の寒さにも負けず、わが娘の予感は活動しております!雨にも負けず!風にも負けず!冬の寒さにも負けず!テスト期間にも負けず!毎日活動しております。




それで、単位は取れるんですか?うーん……






今回私は、小道具と脚本を担当してます。3つあるうちの、「ふたりのよる」の脚本であり小道具です。


演出の橋本君からは、小道具に関して大量の無茶ぶりを食らっております。


そんなん作れねーよ!常識で考えろよ!なんだよ、その脚本!みたいな。




それで、書いたの誰なんですか?うーん……






今回のテーマは「一人〇〇ライフ」!公演名「solo」にかけた形ですね。


娘の予感部員は一人が好きな人が多いですね。私は、一人も割と大丈夫ですがどっちかといえばみんなでいる方が好きです


そもそも人によって単独行動のセーフラインってありますよね。一人カラオケはセーフ。一人焼肉はアウト。みたいな。


個人的には、一人カラオケはアウトです。でも一人ダーツはセーフ。一人観劇はセーフですが一人映画館はアウト。あるなし問題かな?




そんななかで、個人的なオススメは一人美術館です。


美術館て割と、人によって回るスピードが違うじゃないですか。私は割と、一つの特別展で2,3時間くらい観てしまう(なんとコスパがいい!)ので、美術館だけは自分のペースで見るためにいつも一人で行ってます。


人と合わせて休日に行くと、結構混んでたりしますしね。


屋内なので寒くてもモーマンタイ。皆様もこの冬、一人美術館ライフを楽しんでみては。










しかしそれよりもオススメなのは2017年劇団娘の予感オムニバス公演「solo」だぁ!

12/2,3に、アツい劇をお届けするぜ!!




□■□■□■□■□■□

東京工業大学劇団娘の予感2017年オムニバス公演『solo』

『潜って、昇って、』
 脚本・演出:西川菜月

アイツの心のなかを知らない男に連れ回されている。
「次で最後ですよ。」
そう言われて案内されたのは"記憶の階"だった。

『こまちぐも』 
脚本・演出:茂呂健太

お母さん
産んでくれてありがとう
愛してくれてありがとう

『ふたりのよる』
脚本:久木野光
演出:橋本陽平

あるところに、しんじんえほんさっかがいました。ゆめをかなえてさっかになったかのじょはアトリエをかい、そこでおしごとをしていました。しかし、そのアトリエではふしぎなことが……。

日時:12月2日18:00〜
          12月3日 11:00〜/16:00〜
 
場所:東京工業大学大岡山キャンパスS011講義室特設舞台
アクセス:東急目黒線・大井町線大岡山駅より徒歩10分

※開場は開演の30分前です。
※開演5分前までにお越しください。
※途中入退場はできません。
※無料カンパ制です。
 

不明な点などございましたらお気軽にお問い合わせください。

MAIL:musumenoyokan@gmail.com
TEL :080-1324-9298(柴田)
HP  :http://titechdramaclub.yu-nagi.com/
Twitter:@musumenoyokan 

□■□■□■□■□■□


それで、いいバトンは渡せたんですか?うーん……
2017年11月15日

オムニバス公演キャスト・スタッフブログ14

どうも、東工大の修飾語、チェックを愛用する飯島です。実は今回オムニバス公演でスタッフやキャストに華やかだとかベテラン感溢れるだとか無理な要望していたのはこの私だったのです。(全然触れてくれてないけど一人ひとり違う要望を出しているんだぜ。)今回は制作と当パンを担当しています。
テーマに入る前に一つ毎年この季節になって思うことを書きたいと思います。それは11月の扱われの雑さ!1が二つ続いている月なのになーんかパッとしなくね?といつも思うんですよね。他の月は何かと行事があるのに11月って何かある?そこで苦し紛れに出るのがポッキーの日といういや他ないのかよ!街中もこの間までハロウィンで盛り上がっているのにしばらくしたらもうクリスマスという。クリスマスって12月末じゃん。これは11月があまりにも他にないから仕方なくツリーを出してみたという感じが否めません。このことを他の人に言うと「11月は年越しに向けての準備の月だ。毎年大晦日は忙しいからここでみんな休みを取っているんだよ。」と言います。言われてみれば確かにそうですね。ちなみに11月11日は独身の日らしいです。まぁ個人的に二位は6月なんですけど。
…さて今回のテーマにいきましょうか、今回は「一人〇〇ライフ」
 僕は一人昼食ライフですかね。いや、ぼっちじゃんと言うと思いますが、一人の昼食も素晴らしいですよ。食堂で誰にも気を使うことなく優雅に食事が過ごせるわけですから。食堂で知り合いに会ってもお構いなし!空いている席に細々と食べるけどその寂しさを東工大パワー丼が全て吹っ飛ばしてくれる!(あ、寂しいって言っちゃったよ。)もう慣れっこだし、周りの楽しげな声にものともせず食い続ける忍耐力!いいことしかありません。なんたって人間誰しもが一人…ダメだこんなブログ続けられる気がしない…
となるとやはり一人人助けライフですかね!よく自転車が倒れるのを見たことありますよね?あれを見たらすかさず直すようにしているんです。この間も東工大の自転車置場を見たら自転車が転がっていたので直しました。しかしあの自転車を立て直すのは一台やると全て直さないといけないというデメリットはありますが、こっちはいいことしているから関係ありません!黙々とドミノ倒しで倒れている自転車をなおしていく。途中学生や教授がこちらを見ますが、なんとも思わないのかそのまま通り過ぎていく。いや、でもこっちは正統な行動をしているわけですし。やっと片付けたのに誰一人素晴らしいと賞賛しないのがこの一人人助けライフのデメリット。でもこれの最大のメリットって知っていますか?それは見て見ぬふりをした人々に手伝わなかったという罪悪感を植え付けること…しまった、もう一人の黒い自分が登場しそうになったのでこのテーマも打ち切りです。(これ、大喜利じゃないよ)
となると一人スタンプラリーライフですかね。実は小学生の頃からスタンプラリーが好きで最近行くんですよね。この間はコナンやポケモンをしました。全てを集めないと気が済まないので、たとえ知らないアニメのスタンプでも昔は押す一瞬の快感のために南は大船、北は熊谷をなんの観光もせず行ったものです。まあ最近はしなくなりましたが、スタンプを押して手帳を埋めるのはとても気持ちよく、達成感があります。え、なぜ一人でするか?…はい、終了!
こんなブログじゃ、次のくっきーさんにいいバトンが渡せない!大体テーマが…本当のぼっちにとってつらいテーマだし(考えたの自分ですけど)。何故か今ならワンピースのネガティブ光線を浴びても大丈夫な気がします。ということで消しかすで無理やりテーマを変えて
IMG_0608二人〇〇ライフをやろうと思います。
二人基礎練ライフです。実は昨日ある用事で音楽練習室にいたのですが、そこに新入生のMr.Heckに会いました。昨日は基礎練なかったのですがどうしてもやりたいということなので、僕指導で2時間半特別基礎練というか自主練やることになりました。いや、これで結構新入生と親睦は深まりましたよ?あまりにもいい思い出だったのでここに記します。ちなみにちゃんと発声、テンション上げやエチュードもやりました。ということで紹介します。新入生のTobias Heck君です!IMG_0604
よしこれで安心してくっきーさんにバトンが渡せる!さて一体何人がここまで読んでくれたかわかりませんが、ここまで読んだということはよっぽど娘の予感が気になるのでしょう。次の公演も観に来てくれるはずです。
□■□■□■□■□■□

東京工業大学劇団娘の予感2017年オムニバス公演『solo』

『潜って、昇って、』
 脚本・演出:西川菜月

アイツの心のなかを知らない男に連れ回されている。
「次で最後ですよ。」
そう言われて案内されたのは"記憶の階"だった。

『こまちぐも』
脚本・演出:茂呂健太

お母さん
産んでくれてありがとう
愛してくれてありがとう

『ふたりのよる』
脚本:久木野光
演出:橋本陽平

あるところに、しんじんえほんさっかがいました。ゆめをかなえてさっかになったかのじょはアトリエをかい、そこでおしごとをしていました。しかし、そのアトリエではふしぎなことが……。

日時:12月2日18:00~
          12月3日 11:00~/16:00~

場所:東京工業大学大岡山キャンパスS011講義室特設舞台
アクセス:東急目黒線・大井町線大岡山駅より徒歩10分

※開場は開演の30分前です。
※開演5分前までにお越しください。
※途中入退場はできません。
※無料カンパ制です。


不明な点などございましたらお気軽にお問い合わせください。

MAIL:musumenoyokan@gmail.com
TEL :080-1324-9298(柴田)
HP  :http://titechdramaclub.yu-nagi.com/
Twitter:@musumenoyokan

□■□■□■□■□■□
2017年11月14日

2017年オムニバス公演キャストスタッフブログ⑬

おはようございます、娘の予感一年の秋山です。

今回は宣伝美術として参加しております。フライヤーと立て看板のデザインを作るというお仕事をしました。座組の皆の協力があって無事デザインの方が完成しました。もしフライヤーや立て看板を見た方は、これ作ったの秋山ってやつなんだーって思っていただければありがたいです。(HPなどでもフライヤーのデザインは見られますので是非)

さて、今回のブログテーマは「あなたの一人〇〇ライフ」だそうです。

一人〇〇ライフだそうです

ネタが多すぎて困りますね。自分、一人で何かをするということが非常に多いのでその中から何かを選ぶとなると迷っちゃいます。
そうですね、個人的にオススメなのは一人動物園…ですかね
実際特にオススメというわけでもないのですが一番最近一人で普段行かない場所に行ったのがそれだったので。
夏休みに某アニメの再放送を見ていたときにBパートに入る前に某動物園の飼育員さんが某動物の紹介をしていたのを見て「この動物園うちの近所じゃん…」って思ってその動物園に行きたくなってそのノリでつい行ってしまいました。動機はこんなしょーもないことだったのですが行ってみれば普通に楽しかったです。一人で行くと完全に自分のペースで見て回れるので純粋に動物園そのものが楽しめるので良いものですよ。一応その日は園内をぐるっと一周回りきりました。ちなみに某動物はその時にはぐっすりと寝ていました。
動物園に限らず一人でどこかに行くというのはよくやります。水族館だとか何だとか色々行くのです。楽しいですよ。
というわけで、一人でも誰かとでもオムニバス公演solo是非見に来てくださいね
以下、公演情報です。

□■□■□■□■□■□  
東京工業大学劇団娘の予感2017年オムニバス公演『solo』

『潜って、昇って、』
 脚本・演出:西川菜月

アイツの心のなかを知らない男に連れ回されている。
「次で最後ですよ。」
そう言われて案内されたのは"記憶の階"だった。 

『こまちぐも』 
脚本・演出:茂呂健太

お母さん
産んでくれてありがとう
愛してくれてありがとう

『ふたりのよる』
脚本:久木野光
演出:橋本陽平

あるところに、しんじんえほんさっかがいました。ゆめをかなえてさっかになったかのじょはアトリエをかい、そこでおしごとをしていました。しかし、そのアトリエではふしぎなことが……。

日時:12月2日18:00〜 
          12月3日 11:00〜/16:00〜 
  
場所:東京工業大学大岡山キャンパスS011講義室特設舞台 
アクセス:東急目黒線・大井町線大岡山駅より徒歩10分 

※開場は開演の30分前です。 
※開演5分前までにお越しください。
※途中入退場はできません。 
※無料カンパ制です。 
 
 
不明な点などございましたらお気軽にお問い合わせください。 
 
MAIL:musumenoyokan@gmail.com 
TEL :080-1324-9298(柴田) 
HP  :http://titechdramaclub.yu-nagi.com/ 
Twitter:@musumenoyokan  
 
□■□■□■□■□■□