2020年12月20日

12月公演 終演ブログ

リモートという条件下でわざわざ御来場頂いた方、助言を頂きお世話になった先輩方、そして一緒に頑張ってくれた同期、後輩、そして新入生のみんなに、

ありがとうございました。感謝してもしきれません。それをまず、僕は言わせて欲しいと思います。

コロナ禍での演劇は、理不尽とイレギュラーだらけです。
2時間しかない稽古時間、
ほとんど時間が取れない仕込み、
灯体がほとんどない舞台、
パイプもない、
暗幕もない、
場当たりもできない、
ゲネもできない、
撮影機材も複雑、
常に感染リスクと隣り合わせ、

引退する3年はもちろん、みんな悔しい思いを沢山しました。


それでも俺らは演劇をする。


理不尽な世界でたくさんのものを失っても、
まだ生身の体が残っている。
だから、私たちは演劇をすることが出来る。

こんな条件下で演劇にすがる理由は何か。それをこの脚本に記しています。届かない人には届かないでしょう。承知の上で、自分は「叫ばなくちゃならない」痛みを、怒りを綴りました。

そして、この脚本は、これから演劇に関わる未来の人間へ向けたメッセージでもあります。届きますよう。

どうか、時代に負けずに、世論に負けずに、陰謀に負けずに。いい舞台を作ってください。

















★★★★★★★

「…湿っぽいの、嫌いだからよ。」

ばばば~~~~ん!!!!
初稿について発表しようと思います。
初稿とは!説明しよう!

初稿とは!
脚本は何度も練り上げられて書くものであるが!その一番最初のパターンを人は初稿と呼ぶのである!人によるが!俺はこの脚本を一週間で書き上げ、部員にコメントをもらって書き直したので!!!

初期の設定が大きく異なるのである!!!!
その中でもなかなかやばいやつを今回は紹介しよう。

【ネオの初期設定】
neo tictoc
ええ。
ネオはTictocerだったのです。
Tictoc、そしてインスタグラムに長けた現代っ子、音色ネオ。彼は少し生意気な男の子(もしくは女の子)で、司馬の熱意に駆られて舞台が進むごとにいろんなことを学び、変化していく。そんなキャラにしようと思っていました。

neo tictoc2ね。司馬も、ノリノリなんですよ。

しかも、Tictocのスペル間違ってるんですよね。

演劇人を苦しめる「過去公演フラッシュ」は、Tictocから派生したものでした。

本番では、ネオが瞬時にミシマの予感のドライブから那智の写真を探し出し、パワーポイントに張り付け、音を添付し攻撃していましたね。さすが主席。仕事が早いもんです。

【音色タオの初期設定】
初稿には音色タオなんて人間はいませんでした。

木村太郎、奴が音色タオです。
kimura
この舞台、なにかとキラキラネームが多いでしょう。その中で、平凡な名前でつまらないことがコンプレックスな木村君。

彼は、一幕の蒼羽の誘導により自分の心の中を丸裸にされてしまいます。

しかし、急に自分の心を吐露するきっかけが不鮮明かつ魅力的ではないとのことから、兄弟の設定に。

「自分が嫌いな人間の典型的な演技。それを直せるのは弟であるネオ、あいつだけだ。」
そういうわけです。

【舞監が出てきた】
そうです。
舞台監督もキャストでした。
bukan
コロナ禍の稽古は10人以下。
キャスト7人、オペ3人で稽古場が埋まってしまうために却下になりました。

【那智司馬の殺陣】
那智司馬の殺陣は曲に合わせたものでした。
tate
ええ。何を隠そう、

とっとこハム太郎です。
誰が何と言おうと、
ここを変える気はありませんでした(怖い顔)


ただでさえ暑苦しい劇の中で、これを入れたかったらしいです。じぶんは。

tate2
蒼羽「司馬のやつ、何も考えてないわけじゃなさそうだ。」


いやいや何も考えてないでしょ(#^ω^)

もっとなんか考えなさいよ(#^ω^)(#^ω^)(#^ω^)


★★★★★★
はい。以上が初稿でした。

自分から言いたいことはただ一つ。





改稿は、早めにやるんだぞ☆
    • 0 Comment |
2020年12月10日

2020年12月公演キャスト・スタッフブログ㉒

ブログブログ2
□■□■□■□■□■□■□
東京工業大学演劇研究部 劇団娘の予感
2020年12月公演『世界よ俺を見ろ』

脚本・演出 : 志摩司馬

日時 : 12月19日(土) 11:00~ 
          12月20日(日) 14:00~
          20:00~

場所 : YouTube Live

アクセス : Google form(https://forms.gle/BriszTB2s5PdG7hHA)からご予約いただければ、YouTube LiveのURL情報やアンケートフォームを事前にご案内いたします。
※Twitterやブログでも、公演直前にURLを公開致します。
※Googleformが利用できない場合は直接Gmailなどからお問い合わせください。
※また、公演終了後、YouTubeにアーカイブをアップロードさせていただく予定です。

◆あらすじ
 劇団ミシマの予感は二月後半からの活動休止を経て、十二月公演をもって再始動!!しかし、公演に向けて集まったのは五人だけ。他の部員たちはOG・御園那智の所属する劇団廃墟すずかけに奪われてしまった。そこで、考えたのは廃墟すずかけ旗揚げ公演「世界よ俺を見ろ」への乗り込み。つまり劇の乗っ取りである!
  そこで繰り広げられる新たな舞台は、自分自身を演じる「本物」の舞台。劇団ミシマの予感による再始動新入生勧誘三年生引退公演が今、幕を開ける!

◆キャスト
七草歩
水上凱斗
二谷時緒
横澤つき
大西魁
金森勇輝
安田ゆり

◆スタッフ
舞台監督 : 佐藤一歩 
演出助手 : 七草歩/中嶋柊太
照明 : 雨/布施絢大/吉川采里
音響 : 中司碧
美術 : 青木亮介/尾崎蒼/相田有希歩/藤居航涼/三浦滉平
宣伝美術 : 陳佳雅/そらとぶポルシェ
制作 : はも/小磯竜也

※開場は開演の30分前です。
※開演5分前までにお越しください。
※完全無料です。
※公演時間は70分を予定しています。途中休憩はございません。
 
不明な点などございましたらお気軽にお問い合わせください。
 
Mail:musumenoyokan@gmail.com
Phone:080-4046-6474 (舞台監督 : 佐藤)
Web:https://titechdramaclub.yu-nagi.com
Twitter:@musumenoyokan
□■□■□■□■□■□■□





    • 0 Comment |
2020年12月08日

2020年12月公演キャスト・スタッフブログ㉑

ハロー、全世界!

 

聞き飽きたかもしれないこの挨拶もこれで最後だ!

ゆっくり読んでいってくれよな!


 

挨拶で誰だかわかるお前らも、そうでないお前らも、

久しぶり過ぎて忘れてる事がありそうだよな……


 

てなわけで、自己紹介だ!




 

○名前 
七草歩 だ!
七つの草を踏み分けてゆっくり歩んでいく、そんな想いからつけられた名前だ!


 

○所属 
東京芸術大学メディア学科
動画やらゲームやら手広く製作する学科だ!他大生ってやつだな!


 

○趣味 
特にないな!広く浅く、色々やってる感じだ!


 

○長所 
正直なところ!
嘘を付いたことが一度もないところだな!


 

○短所 
正直なところ!
嘘を付けないって短所だよな!俺もそう思う!


 

○好きなもの 
世界の全てだ!
俺は世界の全てを愛してるぜ!


 

○嫌いなもの 
そんなものはない!
この愛はとどまるところを知らないぜ!


 

○今回の役職 
役職?なんの事だ?演劇?なんだそりゃ?
ウッ、頭が…………………

 


………………


□■□■□■□■□■□■□

東京工業大学演劇研究部 劇団娘の予感

2020年12月公演『世界よ俺を見ろ』


脚本・演出 : 志摩司馬


日時 : 12月19日(土) 11:00~ 

          12月20日(日) 14:00~

          20:00~


場所 : YouTube Live


アクセス : Google form(https://forms.gle/BriszTB2s5PdG7hHA)からご予約いただければ、YouTube LiveのURL情報やアンケートフォームを事前にご案内いたします。

※Twitterやブログでも、公演直前にURLを公開致します。

※Googleformが利用できない場合は直接Gmailなどからお問い合わせください。

※また、公演終了後、YouTubeにアーカイブをアップロードさせていただく予定です。


◆あらすじ

 劇団ミシマの予感は二月後半からの活動休止を経て、十二月公演をもって再始動!!しかし、公演に向けて集まったのは五人だけ。他の部員たちはOG・御園那智の所属する劇団廃墟すずかけに奪われてしまった。そこで、考えたのは廃墟すずかけ旗揚げ公演「世界よ俺を見ろ」への乗り込み。つまり劇の乗っ取りである!

  そこで繰り広げられる新たな舞台は、自分自身を演じる「本物」の舞台。劇団ミシマの予感による再始動新入生勧誘三年生引退公演が今、幕を開ける!


◆キャスト

七草歩

水上凱斗

二谷時緒

横澤つき

大西魁

金森勇輝

安田ゆり


◆スタッフ

舞台監督 : 佐藤一歩 

演出助手 : 七草歩/中嶋柊太

照明 : 雨/布施絢大/吉川采里

音響 : 中司碧

美術 : 青木亮介/尾崎蒼/相田有希歩/藤居航涼/三浦滉平

宣伝美術 : 陳佳雅/そらとぶポルシェ

制作 : はも/小磯竜也


※開場は開演の30分前です。

※開演5分前までにお越しください。

※完全無料です。

※公演時間は70分を予定しています。途中休憩はございません。

 

不明な点などございましたらお気軽にお問い合わせください。

 

Mail:musumenoyokan@gmail.com

Phone:080-4046-6474 (舞台監督 : 佐藤)

Web:https://titechdramaclub.yu-nagi.com

Twitter:@musumenoyokan

□■□■□■□■□■□■□















 

ハイ、そんな訳で。

「全部嘘」な自己紹介でした。


 

俺の名前は七草歩なんかじゃないし、他大生でもない、この世の大半のものが嫌いだし、嘘をつくことが好き…っていうか嘘をつかなきゃやってらんねぇ。


 

思い返せばこの2年半は嘘だらけ。

でも舞台上では嘘をつかないように頑張ってきました。

 

……なぁ、あらすじ読んでくれたか?今回の舞台は「本物」の舞台なんだよ。そこに嘘はないんだ。

 

というわけで!

今回の俺の役職はキャスト!
最後まで稽古場に居座り続けて振り切った俺の姿、とくとご覧あれ!
自分の本心を注ぎ込んだ舞台を届けようと思います。

どうか受け取ってください。






 

熱い自分語りを失礼しました。
でも自己紹介って平たく言ってしまえば自分語りだよね、なーんて。

 

体裁を整えたら最後の挨拶だ!

 

それではみなさん、アデュー!



    • 0 Comment |