008

「きょうの横山家」一巻より。
どうしても気分が乗らないときなんかは、このやり方で原稿を描いています。


あとはあえてページの途中で次の日に持ち越す、なんてこともたまにやります。
そうすると次の日に原稿を見ると「なんかやりかけで気になるなあ…」という気分になるので、素早く仕事を始められるというか…


しかし最近はゲスト講師などの漫画以外の仕事も増えてきまして、それはそれで退屈しないのでありがたいなあと思っております。
やっぱ漫画家といえど、家にいてばっかじゃなにも吸収できないですからね。