母の邪魔 (1)

母の邪魔 (2)

こんなこともありました。


今でこそ漫画でしっかり生活できるようになりましたが、この十数年を振り返ってみるとやはり色々と大変だったので、親がこの仕事を止める気持ちというのもよくわかります。


でもやっぱりなりたい仕事というのは理屈ではなく、それは誰にも止められないものなんです。
僕は高校生の時には、漫画家に「なりたい」ではなく「なるもの」と決めていました。
ちょっと頭のネジが外れていたんだと思います。なんとかなれたからよかったですけど。


なので子供がなりたいものをムリヤリねじ曲げるというのは、僕はしたくないと思っております。
リスキーな仕事を選んだらそれはそれで、すっごいハラハラするとは思いますけどね…