2013年05月25日

DSC_0481

ちょっと、嵌った画像・・・いひひ
Mゴロ子さんとかりんちゃん、
そして覗き込むむく君




さて、拒食期のミュートのその後ですが、

4、復活期
  
  長かった鼻水の拒食期を脱し、少しずつご飯が食べられるようになって
  来たのは、春になって暖かくなってからでした。
  もちろん、鼻水は止まりました、それと共にあたしの鼻水ぐるぐるティッシュ
  の楽しみも終わったのでした・・・(喜べよ、アタシ・・・)

  まだまだ、偏食で食べられるものも限られていましたが、それなりに食べ始め
  ました、肉やおかゆから始まりフードや粉フードも時々食べるようになって
  きたのです。

  体重15圓噺続Δ剖瓩ぞ態がミュートの生命力に火をつけたのかも
  知れません。
  このときのミュートはまるで骨格標本のようでした、見るに耐えないので
  ずっと洋服を着せていました。
  

5、腹ペコ期

  桜も終わる頃からは・・・
  5食のご飯を楽しみに、というか一日中ご飯のことしか考えていない犬に
  なっていました・・・
  腹減らしですが、食べ過ぎると吐いてしまうのでコントロールが難しいことに
  なっとります。
  
  そして・・・ついに盗み食い・・・食卓テーブルの上に置いておいたファ〇マチキン
  2枚、目を離した数分で完食でした。でもって、夜中にゲエ〜モッタイナイ・・・
 
  喜んでいいのか?怒っていいのか?複雑でございました。
 
  

 
ミュートと暮らすようになって、いっぱい犬友ができました。
どちらかというとマイペースで一匹狼タイプのアタシでしたが、
なぜか犬友と一緒にお話したりするのは楽しいんですねぇ〜

そして・・・ミュートが拒食期に入ってどうしたらいいのか、悩んでいる時
どれだけ助けてもらったことか・・・

アドバイスをくれて、介護グッズを貸してくれる→H田さんありがとう。

心配して食べられそうなものを持って会いにきて話を聞いてくれる→
むくののママ、くるりんママ、イオンママ、ペコママありがとう。

何気に、アドバイスをくれる→越後やさん夫婦のおかげで状況を打開できた
                  かも、そして困ったときにミュートのディケアをして
                  くれてありがとう。

ミュートに会ったとき声をかけて、抱きしめて、力を与えてくれる→みなさ〜〜〜ん
ほんとに、ほんとにありがとう

そして、若いエキスを分けてくれるわんこの皆さん有難うねぇ〜



ところで、この5月中旬ミュートの体調に変化がありました。
それは、また今度・・・(いや、引っ張ってるわけじゃ・・・)


2013年05月22日

DSC_0490

闘病中・・・かも?




どこから書いていいのやら・・・怒涛の7ヶ月あまり詳しくは
覚えていません・・・

とにかく最初の頃は、頭の切り替えが難しかったですね。
今まではペットフードの種類と量だけを気にして食べさせていたのを、
命にかかわらないものでさえあれば、味が濃くても食べてくれるものなら
何でも食べさせるという方向に切り替えたのですから。

おおまかに覚えていることを書いていきたいと、思っています。

  1、缶詰期
   獣医師の指示で吐き気止めと粘膜保護剤を飲ませつつ(細かく記述すると
   まず、吐き気止めを飲ませ、1時間後に粘膜保護剤を飲ませその1時間後
   に食事をさせました。コレがきつかった、朝が弱いあたしは無理だなぁと思い
   獣医師に聞いて、1時間を30分に短縮しました)
   
   固形フードはふやかしても吐いてしまうため、動物病院で出してくれる高消化性
   の缶フードに切り替えました、また、一度に大量に食べても吐くため食事の回数
   を増やし5回に分けました。
   
   それでも、たびたび吐いていたので、コレも獣医師と相談して吐き気止めを
   朝晩2回から8時間おきの1日3回にしました。
   
   実は缶フード結構なお値段で、少しでも安くしようと、ネットで取り寄せました。
   カロリーの不足を補うため、犬友に教えてもらった粉フードも用意しました。
   それなのに・・・
  

  2、食欲減退期
   缶フードも受け付けなくなり・・・
   おいしい臭いの粉フードも顔を背ける始末・・・
   いっぱい買った缶フードと粉フードはどうすりゃ良いのさ、なアタシ・・・
   
   それでも食べてもらいたいので、鳥胸肉とか豚ばら肉を炒めて煮込んで
   ミキサーにかけ、ばあちゃん発案のおかゆとにんじんやかぼちゃも煮込んで
   ミキサーにかけて混ぜて食べさせました。にんじんは意外と便を固めて
   くれました。
   (この頃からずっと便はゆるゆるでした・・・)
   
   豚のばら肉は友人の獣医の勧めで使いました、とにかく癌の栄養にならない
   ものは油だそうで、炭水化物は良くないらしい。
   アマニ油も買いましたが、香りが・・・偏食の姐さんには無理だなぁとあきらめました。
   ちょうど秋だったこともあり、鮭に塩麹なんていうものも作りました。
    ところが・・・


  3、拒食期
   秋が深まり、ひどい鼻水が始まりました。
   あまりにもひどくて、鼻づまりのため時々頭を上げて呼吸しなければならず、夜もよく
   眠れないようすで横にならず伏せの状態のまま寝ていました。
   
   そのせいなのか、何をあげてもイラナイっと顔を背けていました・・・
   でも、お腹は減っているので何かくれ〜っと一日中腹減らしでした、なのに食べられない
   ミュートが口をきけたらきっと「母ちゃんは食べられるご飯をくれない」と言ったかも?
 
   鼻水はまるでスライムのようにねばねばで、この頃のアタシの趣味はテッシュに
   鼻水を巻きつけて採ることでした。

   仕方ないのでいろいろお嬢様が食べられそうなものを、探しました。
   最初は、犬用のおやつでソーセージでした、その後 ジャーキー類とか人間用の
   クッキーとかビ〇コ、それも食べられるメーカーも決まっているのです、
   いや〜参りました。偏食の犬なんて初めてみたかも・・・
   最終的には、一日プリン1個な日々でした。

   体重もどんどん減って24kg→15圓泙罵遒噌みました。
  
       つづく


N美mutechan at 01:12│お散歩 

2013年05月10日

DSC_0389

どうも〜、人呼んでY澤会館の管理人夫婦です。
ご訪問の際は、僕たちに挨拶をしてってねぇ





っていうか、キジの夫婦がいる職場ってどうよ・・・
このキジの奥さん好奇心旺盛で夫を置き去りにして
そこらじゅう一羽で歩き回ってるわけで・・・
毎日キジ雄が、妻を捜して「クエ〜〜〜、クエ〜〜〜」と
しょっちゅう呼んでいるのだ・・・(ケ〜ン、ケ〜ンとは聞こえないぞ)
キジ雄・・・長生きできるのか?

今年も、雛を連れておいで・・・

DSC_0494

アタシは今腹が減って、腹が減って・・・
吐き気もあるし・・・
妊娠中かしら・・・

2013年05月08日

DSC_0054
老犬には赤が良く似合う・・・



今年もミュートと桜が見れましたね、
いやーしばらくぶりだにゃ〜
文章の書き方も忘れ去っておりますが・・・

ただいま、姐さん14歳と5ヶ月、病が発覚してから約7ヶ月たちました。
ご存知の方も多いと思いますが、姐さん胃がんなんです。

病気が分かってから犬の胃がんについて いろいろ調べましたが、
情報があまりにも少なかったですねぇ、
で、あまり参考にならないかも知れませんが、姐さんの胃がんについて
文章で残そうかなぁっと、重金属並みに重い腰をあげてみました。

まず、異変に気づいたのは去年の7月でした、大体週に1回くらいづつ
嘔吐していました。
たまに、下痢もありましたねぇ、で、たぶん夏ばてかなぁ?なんてのんきに
してました。

その頃ちょうど行きつけの動物病院の先生から 一日ミュートを預けて
超音波検査をしましょうっと言うことで、検査しました。
検査の結果、背中側の脾臓がちょっと怪しいので、時々検査しましょう
と言うことになりました。
胃の超音波は姐さんが飽きてきたのであまりできませんでしたとのことでした。
プールに行く予定があったので、心臓はどうですか?っと聞いたら
大丈夫でしょうとのことでした。
 
無事プールから帰って2週間くらいたった頃、2日続けて嘔吐しました。
1日目はいつもの感じでしたが、2日目の深夜に嘔吐したのは、夕方6時頃に
食べたはずのまったく消化されていないフードでした・・・
なんとなく違和感を感じていたこともあって、いつもの動物病院にいって
状況を説明したところ、吐き気止めを出してもらったのですが、まだ納得
できず、バリウムの予約をして帰りました。

で、当日日曜日でしたが、ミュートの朝ごはんを抜いて出かけると、
今度は吐き気止めと胃粘膜保護剤をだされ、もう少し様子を見ましょう
っとなりました。
薬をのんで様子を見ていましたが、やはり吐き気がある感じだったので
ひたちなかの病院にいくことにしました、それが木曜日でした。

今までの経緯を紙にメモって、獣医師に説明し、その場で超音波検査
をしてくれました、その結果胃の壁が3センチくらい肥厚していることが
分かりました。
その後の説明で、バリウム検査→バイオプシー→CTっと検査する方法
を聞きました、で、私は姐さんの年齢のこともあり、どうせ麻酔をかける
のだったら一回で終わらせたかったのでCTを選択しました。
麻酔のための採血検査をして問題のないことを確認し、土曜日にCTの
予約をしてその日は帰りました。

そして、土曜日の朝(9月末)朝飯を抜いた姐さんはひたちなかの病院に
預けられたのでした・・・
4時に迎えにいくと・・・姐さん動物病院の外にまで響く声で吼えまくって
おりました

結果胃がんで周辺のリンパにも転移が見られたとのことでした・・・
ある程度覚悟はしていましたが、やはりショックでしたねぇ。

犬の胃がんでは摘出手術はしないらしいです。
QOLの為に食道と腸をつなぐバイパス手術があるらしいですが、
手術をしても1,2ヶ月の延命効果しかないそうです。
その他、腸に流動食を直接入れるためのチューブ設置を提案されました。

QOLのためということは、食事を摂っても嘔吐したり、食べることが
できなくなるのかなぁっと思いましたが、口から食べられない状態で
果たして生きているっと感じられるのか?疑問でした。

最後は餓死ですよ、とまで言われましたが、食べられなくなり何の楽しみ
さえなくなってしまったら、ただただ苦しんで生きていると感じたとき、
アタシは安楽死を考えようと思いました。

とはいっても、果たしてその決断ができるのか?
アタシには明確な自信はありませんでした・・・

犬の場合、生死は飼い主が決めるのだなぁっと思いました。
まあ、法律的には犬は所有物扱いですからね、犬を殺されても
器物損壊ってことらしいですから・・・
 
この時点で、今までと同じ、吐き気止めと粘膜保護剤を継続して
投与することにしました。

実は姐さんが12歳を超えた頃から手術はしないつもりでしたから
検査自体意味はなかったかもしれません。
でも何の病気なのか知ることは大事だと思います、たとえ対症療法
しかないとしても、日常で気をつける事柄が分かるからです。

っと、アタシの意見をつらつらと書いてみましたが、ここで、友達の獣医
の言葉を引用します。
「飼い主が決めたことが一番いい方法だよ」

だから、ミュートとアタシはこの方法だけど、同じ病気の犬で飼い主が違う
方法を選択したとしてもそれはどちらも間違っていないってことです。

ということで、次回は(いつになるのか???)闘病編を書く予定ざます。
あ、コレはただのメモですので、CM欄は閉じます。

2010年07月24日

暑いのよーー

どうよ、体感温度が3度は上がったでしょーー。
一日中これで疲れないのかしらねー。




じゃお口直しにこれなんかどうかしら??

マイナスイオンが出てそう?




ところで先日K9チームの夏休みってことで、ドッグランひぬまへ行ってきました。
っが、もちろんデジカメ持って行きませんでした・・・
だーかーらー、画像は無いの・・・ひひひ、いつものことですけどねー。
 
今回は姐さんも11歳だしー水に浸かるだけで涼しくなれば良いし、
泳がなくてもいいかぁ〜ぐらいの気持ちで行きました・・・

もともと、泳ぐのはレトリーブするために限られていたし
できれば泳ぎたくない犬だったので・・・


だがしかし・・・
しばらく運動させてなかったせいなのか?
ここのところの酷暑でネジがぶっとんだのか?プールに着くなり
深いところに行って泳ぎ始めたのである。
驚いたな〜年取って少し丸くなったとは思ったけど、泳ぐのが
好きになっていようとは????

しかも、未だ疲れが残ってる形跡がナイ?????


未だ姐さんのことが分かってないN美であった・・・


2010年02月27日

最近、訳あって留守気味のアタシ・・・

姐さんと婆ちゃんは仲良く?過ごしてるらしい。

アタシとしては喜ばしいがっ・・・

姐さんはどうも婆ちゃんを子分にしてしまったらしい。
まあ、婆ちゃんは気がついていないので、
というか姐さんと遊んでやってると思っているらしいので
アタシとしては「ま、いいか〜〜」なわけなのだ。

昔読んだ犬のしつけの本に、家族で1番2番3番があり最後に犬って言う
上下関係の図が書いてあったけど、

アタシの家は大人ばかりの家庭で横並びに暮らしてるからかも知れないけど
姐さんの場合 対アタシ 対父ちゃん 対婆ちゃんで上下を決めてるような
気がする・・・
まあそれも完全に決まってるわけではなく場面ごとに決めてるような感じかなあ?

それにしても、婆ちゃんに要求吼えがひどくてうるさいのは勘弁してほしいわー。
いちいち怒るのも面倒だし、第一吼えさせてから怒るのは間違いだよなー。
できれば吼えさせないで褒めて終わりたいのが本音。

一応婆ちゃんには吼えたら目を合わせない、おやつもなしって伝えてあるけど
忘れるらしい・・・
はあ〜〜婆ちゃんのしつけのほうが難しい・・・


お昼ごはんを食べる婆ちゃん
7月 4日 012



あ、くれるの?




7月 4日 013


うんにゃ、婆ちゃんが食べる。






7月 4日 008


今度こそ、くれるよねっ!!





7月 4日 011


うぷぷぷ、あげな〜〜〜い。







なんか幼児VS幼犬に見えちゃうのは私だけ?
年とると子供返りするっていうからなぁ・・・

(お願い:お昼ご飯が粗食なのは見ないでください)




2010年02月21日

2月17日
ドッグカフェにて・・・

カルタにしてみましたーー。




BlogPaint
あごダウン
あたしの気持ちもちょっとダウン。








BlogPaint
こいぬかな?
こいぬじゃないの8歳よ。








CIMG0068.JPG
かわいいと言われるけれど
オトコノコ。








BlogPaint
くれぬなら
眠ってしまえほととぎす。














BlogPaint
兄妹は
いつも一緒に眠くなる。








BlogPaint

おかあさーんと
かわいく甘えて仁王立ち。














BlogPaint

わかいから、
お尻もぴちぴちしてるでしょ。







BlogPaint

あたちはね、
バックもかわいいおさげ髪。












BlogPaint

はる近し、
カートの上でお雛様。



2009年10月23日

K9というしつけ兼ゲームを始めた姐さんとアタシである。
石川ミュー衛門

いまさらしつけとかいわれてもねえ〜


でもってチームB−1というチームも作ってみた・・・
(別名「チーム美ーWAN」ともいう、ええ、名づけ親はチーム1の
親ばか もとい犬ばかのKURUMIママである・・・)
ま、親バカーズもしくは犬バカーズでもいいけどさ!!

そんな時、チーム内に漫才を始めた子たちがいた・・・
練習会10・21 019

エマでーす、くるみでーす。
二人合わせて「ぴちぴちシスターズ」でーす。

練習会10・21 006

だれがぴちぴちなんだよー


練習会10・21 021

やだーあの子、まだ若いのに疲れてるわー
知ってる?あの子のお腹・・・

練習会10・21 020

ガビーン〜〜〜〜牛柄ぁ〜〜〜〜
この間結納貰ったのに・・・考えちゃうわー。
お断りしようかしら・・・

練習会10・21 018

え、結納??

練習会10・21 004

見ないふり、見ないふり・・・

練習会10・21 008

本当???

練習会10・21 024

オイラ関係ないもんね。


練習会10・21 010

おやつ頂戴!続きを読む

2009年07月18日


AB飼いの神様からでっかいABを頂いた。
「よっ!名人」っと持ち上げておこう。
7月 4日 015
お刺身とボイルAB
むっちむちのぷりぷりなのだーああー何十年ぶりだろう。
っていうか、お刺身はお初ですのよ・・・
婆ちゃん曰く「コレで3年は寿命がのびたわー」


いったい何歳まで生きるつもりなのか?


7月 4日 020

お刺身の残りのカシラと足はみそ汁に・・
出汁が効いててみそはほんの少しでOK。
コレがまたうんまーい。
ABの味がしてあたしはコレが一番好きかも!!


安上がりな女である。


7月 4日 012

そして・・・
美味しそうなにおいに目が釘付けの犬である




神様ありがと・・
家族皆で寿命が延びましたぁ〜〜〜〜

2009年05月17日

うははは〜

オイラの友達←勝手に友達にしてる。
ペコちゃん家のお姉ちゃん、綾乃ちゃんが映画にでたぁ〜

5月17日に日立市で上映会だそうな〜〜〜





ベレーペコ

姉ちゃん、女優だ〜〜