よく、パン屋さんで生クリームがはさんである商品が、常温で売られていることがあります。あれ、大丈夫なのかなぁと思うことってありますよね。 ケーキ屋のケーキは冷蔵ケースに入っていてるのに・・不思議だなって(゜_゜>) ケーキに使われている「生クリーム」(スーパーなどで、牛乳売場に並んでいるあの、「生クリーム」です^^) パンにサンドしてあるクリームは「ホイップクリーム」といい、全くの別物です。 パンにサンドしてあるクリームは、「ホイップクリーム」といい、植物性油脂に添加物を加えたものです。 某ホイップクリームの原材料は・・ 「糖類(水あめ、砂糖、ぶどう糖)、植物油脂、乳製品、でん粉、乳化剤、カゼインNa、香料、リン酸塩(Na)、安定剤(カラギナン)、(原材料の一部に大豆を含む)」とあります。 なので、ある程度常温でも大丈夫なんですね。といっても限度はありますよねきっと。 どんな商品かは「ホイップクリーム 業務用」と検索すると出てくると思います^^ 袋の中に、クリームと口金が入っており、すぐ絞ることができるとても便利なものです。 また、ケーキに使われている「生クリーム」も、無添加のものと添加物の入ったものがあります。 無添加のものは、値段も高めですが、「乳製品」なんだなぁという味がしてとてもおいしいです。添加物が入っていないケーキってたくさん食べても胸焼けしないんですよね。 スーパーに行く機会がありましたら、生クリームの原材料を確認すると、メーカーによって内容が違うことに気づきます。本来の味、添加物による各メーカーの味の差。 また、コーヒーフレッシュ(喫茶店でコーヒーについてくる小さいカップ入りのクリーム)の原材料も発見が。 コーヒーはブラックでいただくのが、一番味がストレートにわかっておススメです(*^。^*) お菓子を手作りするとき、ぜひ「無添加生クリーム」を使ってみてください! 味がワンランクアップします☆