2008年07月23日

攻殻機動隊2.0

 攻殻機動隊2.0を見てきました。

 これ、13年前に公開された「攻殻機動隊」をリメイクしたもので、現在映画館で限定公開されています。

 名古屋ではミッドランド・スクエアシネマで8/1まで公開されるようです。

 期間限定ということもあり、とりあえず本日早めに帰れたので行ってみました。でも、21:00スタートなので結構遅めです。

 85分ということで結構あっさり終わりました。前はDVDで見たのですが、攻殻機動隊の世界観を全くつかまずに見てたのでなんだかよくわからないうちに終わってしまった、という感じでした。しかし、今回はテレビシリーズもちゃんと見て、攻殻機動隊の世界観が分かってから見たので、内容については「おー、こういうことだったのね。」とやっと理解できた気がします。

 ところで、タイトルに「2.0」がついてます。これはバージョンアップを意味するわけで、、、確かに3Dのシーンとか使ってて結構最近のテレビシリーズ等と比べても古さは感じませんでした(ヘリとかCGでぐねぐね動いてます)。でも、全体的にキャラクターの顔はちょっと古くさい感じです(テレビシリーズが洗練されてる分そう感じてしまうのでしょうか)。

 あと、荒巻課長の声がテレビシリーズと違うのでちょっと違和感を覚えましたが(他のキャラクターは同じ)、最終的には慣れてしまった感じ・・・。

 ところで、冒頭のビルから素子が落ちていくシーン、、、3DCG使っているのですが、他のシーンは普通にアニメ絵なのでちょっと違和感が・・・。FF7あたりで、ムービーシーンはやたらリアルなのに普通のシーンに戻ると荒いポリゴン、みたいな感じ。もしくは、、、テレビシリーズのオープニングでやたらリアルなCGが動いてる!と思ったら、本編アニメ絵ですよ、みたいな。
 あのあたりは、、、普通にアニメ絵で良いと思うのですが・・・。

 とりあえず、個人的には、、、最初見たときあんまり理解できずに終わった分、攻殻機動隊を一通り見終わった今としては、前以上にかなり楽しめた、というのが総評でしょうか。
  
Posted by mutopia at 01:50TrackBack(0)MOVIE 

2006年01月09日

戦闘妖精雪風 Operation1

 神林長平というSF小説家の作品に「戦闘妖精・雪風(改)」とその続編の「グッドラック―戦闘妖精・雪風」という作品があります。

 元々神林作品は「機械」「言葉」にテーマをあてた作品が多く、それでいてまた内面に深く掘り下げていく作品が多いです。まぁ、要するに映像化はかなり難しいだろうと思っていました。

 しかし、、、実はOVA化されてて、今回「戦闘妖精雪風 OPERATION 1」を見ました。
 原作・・・ん〜、雰囲気はわかりますが、話は、、、理解するのがかなり難しいと思います。基本的に台詞は少なく、これだけ見るとかなり??だと思います。しかし、ドッグファイトはCG多様でかなりリアリティ&迫力があります。

 現在、Operation5(要するに5巻)まで出てまして、基本的にそこで完結のようです。しかし、一話30分(多少それより多いですが)で全5話で終わる話ではありません。どうまとめていくのか、、、そのあたりも気になるところです。

  
Posted by mutopia at 23:14TrackBack(0)MOVIE 

2005年11月19日

スターウォーズ

 スター・ウォーズ エピソード3 / シスの復讐のDVDが11/23に出ますね。

 一応スターウォーズシリーズは全てそろえているので、スターウォーズ最終章、さてどうなるのか・・・(って映画見てないんですよ・・・)。

  
Posted by mutopia at 02:10Comments(0)TrackBack(0)MOVIE 

2005年11月05日

mixnutsトラックバックキャンペーン

 同人音楽サークルMuToPiA LABELではこのたび新作CDをリリースしました。

 こちらにて、MuToPiA LABEL最新作「mixnuts」が当たるキャンペーンを行っています。

 やり方としては、お手持ちのブログよりMuToPiA LABELの新作を紹介してトラックバックを送信するだけです。詳細は、こちらをごらんください。

  
Posted by mutopia at 12:25Comments(0)TrackBack(0)

2005年07月21日

MemoryRecorderVer1.5.9

 拙作ソフト「MemoryRecorder」ですが、バージョンアップしました。

 内容としては、以下の通り。


  1. [Blog投稿機能] livedoorのリニューアルに対応(旧livedoorはlivedoor_Oldを指定すれば使えます)。
  2. [バグ修正] 起動時に、データフォルダが移動されていた場合に、指定するダイヤログを表示するようにしました。

 今回は、livedoorブログのリニューアルの対応がメインです。一応、livedoor_oldという名前で旧版の管理画面にも対応しています(まだ私のブログは旧版なのです)。まだ、移行期なので、次のリリースまでは残しておきます。

 あと、掲示板やブログ等でちょこちょこ書かれているのですが、データフォルダを変えたときにDiary.iniを編集しない限り起動できないというバグがあるので、これにも対応しました。今後は、データフォルダが見つからない場合、フォルダ指定ダイヤログが出現します。

 よく考えたら、明示的にデータフォルダを変更できるようにした方がいいのかな・・・?



 今後の追加機能の予定は、、、いろいろと考えているのですが、今のところ決め手に欠けてます。
 とりあえず、あらかじめジャンルと投稿先ブログを決めておけば、ボタン一つであらかじめ決めておいたブログに投稿、ってのもいいかもしれませんね。これだと、複数ブログを書く内容に応じて決めている場合に大変便利な機能になると思います。

 あと、AtomAPI対応はちょっと放置気味なのですが、もっとBlogに近づけて、「追記」とか「概要」とか「ジャンル」を3つくらい設定できたり、とかそういうのをできるようにしたらもっとBlogと親密な感じになるんですが、元々のWeb日記の方には反映しがたいんですよね・・・。このあたり、悩めるところです(まぁ、運用次第でいろいろと使えるような気がするんですが)。

  
Posted by mutopia at 01:34Comments(0)TrackBack(0)MemoryRecorder 

2005年07月19日

バイオハザード2

 バイオハザード II アポカリプスを見ました。

 まず、前作とは全く違う作品、と言っても過言ではありません。ただ、前作からの伏線的なところは、ちゃんと生かされてます。
 違いといえば、前作はいかに驚かせるか、というところに主眼がおかれていました。まさに、ゲームも同じような感じですね・・・。
 今作は、テンポの良いアクション、アンブレラ社をいかに悪く見せるかという演出、そういう部分に力が入っていました。

 そして、さらに次の作品が出てきそうな終わり方・・・。ほんまに出すのだろうか・・・(人気がある程度あれば、続編を出すのをためらわないのがハリウッドですよね)。

 あいかわらず、ミラ・ジョヴォビッチは綺麗っつーか、かわいいですね。

 以上・・・★×3ですね。

  
Posted by mutopia at 01:21Comments(0)TrackBack(0)MOVIE 

2005年06月27日

スパイダーマン2

 今日は、スパイダーマン 2 を見ました。

 全般的には、、、まず、スパイダーマンの動きはさすがに1からそうですが、なめらかに動いてました。さすがハリウッドのCGって感じです。敵の人工触手の動きもなめらか(笑)
 ストーリー的にも1の時より流れるように進んでおもしろかったです。

 ただ、前の話を見てから結構時間が経つため、前回のストーリーなんてこれっぽっちも覚えてない。それにもかかわらず、思っていたより続編的傾向が強くて、前回登場した人たちが「この人誰?」状態だったりします。
 見るなら是非一作目を復習してからの方がより一層面白いと思います。
 で、最後の方で次作への伏線が・・・次はあの人が敵ですか!(笑)

 しかし、いつ見ても蜘蛛の糸を使ってビルの間を飛んでいくのを見ると、非常に気持ちよさそうです・・・。

 以上、★×3つです。
  
Posted by mutopia at 20:45Comments(0)TrackBack(0)MOVIE 

2005年06月19日

笑いの大学

 笑の大学を見ました。

 三谷幸喜が舞台劇でやっていたものを映画化したもの、とのことです。
 さすが脚本三谷幸喜です。確かに面白い。思わず笑ってしまいます。

 話としては、戦争まっただ中の昭和15年。喜劇作家の書いた脚本を検閲官が検閲します。その過程を描いた作品です。

 基本的には、検閲室という狭い空間で二人いれば成り立つ劇です。この狭い空間で、これだけの劇を成り立たせる、というのは本当にすばらしいと思います。

 基本的にはずっと笑いなのですが、最後だけはちょっとほろりとする場面もあったり。
 戦争やってた時代って、基本的に薄暗い時代、という印象が強いのですが、バックグラウンドにこういうのが出てくると、「あぁ、今の時代に生まれてよかった。この時代を生きた人は大変だったなぁ・・・。」と思ってしまうのです。

 以上、★×4つ。
  
Posted by mutopia at 02:54Comments(0)TrackBack(1)MOVIE 

2005年06月18日

ターミナル

 ターミナルを見ました。

 正直な話、感想を書くのがいやでした。それは・・・なんとも感想の書きにくい話でしたので。

 まず、月並みなところから、、、トムハンクス主演、スティーブン・スピルバーグ監督、実話を元にした、ということで、結構話題になっていた作品です。
 簡単なあらすじとしては、クーデターで祖国を失い、空港で9ヶ月を過ごした男の話です(簡単すぎ)。

 とはいえ、決して面白くなかったわけではなく、トムハンクスの演技は冴えてるし、コメディタッチで面白いし、痛快な場面も一部あったり、しんみりとする場面もあったりなど良作だと思います。

 他のブログとか見てると必ずしもいい評価ではないみたいで、、、やっぱどちらかというと、アメリカ的なおもしろさ、、、アメリカ人が面白いと思う面白さが主軸にたっていると思うのです。
 そして、基本的にはバックグラウンドの知識がないと意味がよくわからなかったりします。たとえば、東欧の国からアメリカに旅行するのって、、、たぶん経済的にかなりしんどいと思われますが、そんな説明は一切ないわけで・・・。そして、先ほどのアメリカ的な面白さっていうのは、、、アメリカ人の基本的な知識(常識?)と我々日本人のそれの違いというのも絡んでいるのではないかと思います(とはいえ、自分もアメリカ人的な知識を持ち合わせているわけではないのですが・・・)。

 でも、主人公のあの約束を守るために、という話は・・・好きですよ(そして、この作品のアメリカくさいところが好きです)。

 以上、★×3ですね!

  
Posted by mutopia at 23:07Comments(0)TrackBack(0)MOVIE 

2005年06月12日

NIN×NIN忍者ハットリくん・ザ・ムービー

 NIN × NIN 忍者ハットリくん THE MOVIEを見ました。

 見る前は「CGとか気になるけど、ストーリーとか寒いんかねぇ?」と思ってました。

 見た後は「そんなこと言ってごめんなさい。」でした。

 軽めのところでCG。
 これがなかなかすばらしい。普通のTVドラマとかでCG使ってるのって、いかにも嘘くさかったりするのですが(スポーツ物とかで、ボールがギューンってなったりするCGってあまりにも嘘くさいのが多い)、これはかなりハイレベルです。違和感全くなし。ハリウッドレベルとまではいきませんが、十分なレベルのCGだと思います。

 香取慎吾主演ということで、彼のキャラも手伝ってか、ハットリくんはコミカルな感じです。原作でもズコーとこけてましたが、映画でははしゃいでます。なかなかこれが映画の雰囲気にあってます。

 で、肝心のストーリー。
 なぜケンイチくんが主(あるじ)なのかっていうのはちょっと微妙な部分もありますが、それは抜きにして、気弱で引っ込み思案でいじめられっこのケンイチくんが、ハットリくんとの出会いで強くなっていく。というところが本作品のキーワードなわけですが、これがいい雰囲気を醸し出しています。無理なく作品をエンディングまで引っ張っていってくれます。
 おかげで、最後はちょっとほろり、と。

 笑いあり、感動ありのなかなかの良作でした。

 しかし、忍術は子供が見ても楽しいと思いますが、ストーリーについては、ちょっと子供には難しい部分も含んでますね。忍者を捨てて生きるという部分の葛藤というところが出てくるわけですが、そのあたりの微妙な部分というのは大人じゃないとわからないかも・・・。
  
Posted by mutopia at 01:39Comments(0)TrackBack(0)MOVIE 

キューティーハニー

キューティーハニーを見ました。

 監督はエヴァンゲリオンで有名な庵野秀明氏。
 どんな映像を作ったのか、興味がありますよね。

 ストーリー開始直後。
 微妙に話がわかりません!原作を読んでない(読んだかもしれないけど覚えてない)ので、元々どんな話か知らずに見たわけですが、そのせいでしょうか?

 ただ、結構のっけから結構派手な戦闘シーンにいきついてしまいます。これがまたアニメ的だったり漫画的だったり戦隊物的だったりするのです。思わず笑える(笑)

 永井豪氏の描く作品はなにげにテーマが重い深い。その雰囲気はこの映画にも確かに流れていた気がします。映画の後半部分はまさしく永井豪的でした。しかし、話の展開や映像はお茶目であったりするわけで、そのあたりバランスがうまくとれていた気がします。

 登場する人物もなにげに魅力的な人物を描いていました(笑) ただ、基本的にコミカルチックで、それがこの作品全体にうまくマッチしていたと思います。

 とにかく、この映画の映像に関してはかなり他に例を見ないです。まさに日本の漫画文化・アニメ文化が生み出した物ではないでしょうか?

 でも、短い割に、見終わった後は疲れたよ・・・(笑)
  
Posted by mutopia at 01:39Comments(0)TrackBack(0)MOVIE 

ミニミニ大作戦

 ミニミニ大作戦を見ました。

 かなりテンポの良い作品で、てきぱきと話が進行していきます。
 主人公達は泥棒で、金塊を奪うのが目的。爆発物を扱う男、鍵開け師、ハッカーなどのスペシャリストが集まって、一つの仕事(=盗み)をする、という話です。

 タイトルのミニミニ大作戦というのは、ミニ・クーパーをメインに持ってきたところからついてます。あの小さい車が町の中を走りまくる様はかなり大迫力です。

 主人公が盗みを詰め将棋のように計算し尽くして実行する様は見てて小気味よいです。悪役がぎゃふんという様がかなりスカっとします。

 そして、主演女優の人、かなり美人です(笑) う〜ん、目の保養(笑)

 元々、ミニミニ大作戦というのは過去にあった作品ですが、それをリメイク(というか、全然別物らしいのですが)したもので、かなり現代的にリメイクされてます。

 ストーリー的にも重くもなく、軽く楽しむことができる良作ですね。

 よって・・・★×4ですね。
  
Posted by mutopia at 01:39Comments(0)TrackBack(1)MOVIE 

2005年05月28日

ターミネーター3

 TERMINATOR3-RISE OF THE MACHINES-を見ました。久しぶりですね、DVD見るのは。

 ターミネーターは、2を映画館に見に行って(普通の映画を見に行ったのはその時が初めてだったかも)、それ以来、、、もう10年くらい経つんですよね。
 1は最初テレビで見て、後から奥さんとDVDで見ました。骨格むき出しのT101がコマ撮りで動くのは、、、今だから笑えるのか、、、古さを感じさせられます。でも、あのしつこさから来る恐怖感は忘れられませんね(笑) 1については、どちらかというと恐怖映画・・・どっきりびっくりさせる感じが強かったです(映画のバイオハザード1に関しては、それ以上にびっくりさせる映画でしたが)。つーか、シュワちゃん若いって(笑)

 2になると、もっとバックボーンのストーリーも1以上にしっかりしてて、さらに映像としても今見ても全然劣っていない、今でも全然通用するような映像を見せつけてくれました。自分の中では忘れられない映画です・・・。

 で、今回の3は、、、あっという間に終わってしまった、という感じです。最初から結構派手なアクションが来て、最後まで派手にやってくれた、という感じです。女ターミネータのT-Xの怖さはかなりキてますよね。
 その代わり、ストーリー的にはちょっと消化不良気味でした。ターミネーターシリーズは基本的にシュワちゃんがいい味出してるんですが、今作に関しては、主人公(ジョン・コナーですね)の方がストーリーとしては重要な位置づけだったので・・・。
 ただ、最後のシーンはあっ!というどんでん返しで終わりましたね・・・。

 ただ、ストーリー的に残念なのは、、、続きはありえないという終わり方だったので、それが残念です。だって、マシーン対人間の戦いをやってもおもしろくないに決まってますから!(これをおもしろく作ったらすごいですよねぇ・・・)
 あと、基本的にストーリーは未来が見えない暗さというのを醸し出しています。それが物語に深みを与えているんだと思いますが・・・。どちらかというと、2はまだ未来は明るい、という終わり方だったんですが・・・。

 さすがに今回三作目。ちょっとしたお遊びも入ってたりします(シュワちゃんが最初変なサングラスかけて・・・すぐに捨てたりとか)。そういう細かいところもおもしろいですよね。まぁ、三作目だからこそいつものパターンの中にお遊びを入れたりできるんだと思いますが。

 総合的には、期待した通りか?といわれると、ちょっと違いますが、でも十分おもしろかったです。さすがにターミネータ4は出ないと思うので・・・それがちょっと悲しい今日この頃です。
  続きを読む
Posted by mutopia at 01:47Comments(0)TrackBack(0)MOVIE