日常の極上

毎日の中に“極上の瞬間”はたくさんある。
のどが笑いたくなるような美味しい瞬間。
かけがえのない元気をもらう誰かとの出会い。
そして何気ない風景の中にも…。
ふとした瞬間から生まれる「極上の日常」。

2006年10月

母の納豆汁

今日で10月もおしまい・・・ハロウィンなんだよな、そういえば。母とロフトに行った時、ハロウィンのキャンドルに一目惚れして買ってきて、飾ってあります^^棚卸も無事終了。でも忙しくなるのは明日かです。

夜は肌寒く、仕事で遅かった父にも嬉しい今夜のゴハン。

anttou 1

先日父が一迫へ行った帰りに川口納豆を買ってきてくれました^^といってもほぼ父用なのですが(笑)一迫は『金龍蔵』や『綿屋』の蔵がある町です。

以前ブログでも紹介したあの川口納豆です

『川口納豆』

今回は初の“ひきわり”

 

これは完全な国産大豆のみ使用した生粋の納豆・・・

一粒一粒が旨いんですよね!!ネバネバ感もたまりません。

 

もちろん朝ご飯に納豆を食べるために買ったものですが、

母が寒い夜にあったかい汁物を用意して待っていてくれたんです

帰ってくると玄関先にも漂う納豆の香り・・・(笑)

一体何を作っているのかと思ったら・・・

nattou2

『納豆汁』

肉は一切使わずに、ゴボウ・大根・こんにゃく・人参・大根の葉等色々余り物野菜をたっぷりいれてシンプルな醤油風味のところに、たっぷりのひきわり納豆をいれて完成

母の納豆汁は久々に食べました^^

なんとなく懐かしい気持ちになって。

 

納豆の香りもしっかりと残っている☆

一口一口食べすすむうちにハマっていくなんともいえない旨みのコラボレーション

最初は「納豆汁かぁ」なんて思ったのに、美味しくて思わずおかわりしてる私達(笑)

 

母に「おいしいよ」と言うと、照れくさそうに「ありがとう」って

 

外食が続いたり、仕事が忙しかったりすると本当こういうあったかい料理が体にしみわたる。

プロの料理とは違うけど、やっぱり優しい母の味

今日も美味しいご飯をありがとう

母のタルタルソース

明日で10月もおわり・・・本当一日一日があっという間に感じています。日本酒の暦を追っていると気付くと一年過ぎていて。でもそれでいいんだろうなぁ。

今日は面白いお客さんがたくさん来ました^^三年くらい前に新聞紙のお酒を買ったと言ってきてくれた三人組ピピピとフィーリングが合うお客さんというのはやっぱりいるんですよね(笑)同じニオイのする感じで(笑)また会いたいな♪

 

夜は父が仕事で不在だったので、私と母の二人ごはん。

tarutaru2

母は得意の『タルタルソース』を作って待っていてくれました

母のタルタルは私にとってはちょっと特別です。

たっぷりのゆで卵は使うけど、おばあちゃんの漬けたらっきょう漬けとたっぷりの玉葱のみじん切り、そしてパセリもおばあちゃん家からのおすそわけ

 

 

いたってシンプルなものだけどすごく美味しい母の味。

 

「体にいいものしか入ってないからいっぱい食べなさいね」と母。

私が帰ってくるタイミングを見計らって、白身のフライとゴボウのフライを揚げてくれて

アツアツを食べさせたいなという母の思いやり。

 

ちょっとしたことなのに、心があったかくなってくる

 

tarutaru1

揚げたての熱気がでているフライにたっぷりのタルタルソース

一瞬ジュッと音がして、これがまた食欲をそそってくれて(笑)母のタルタルソースがかかっただけで、ちょっぴり特別になる我が家の夕食

当たり前すぎて気付かないけれど、やっぱり母は偉大なのだ。

 

 

 

いつか私も家族ができたらそんな風にしてあげたい。

完璧じゃなくてもちゃんと家族を思って食事を作ってあげたい。

毎日食べてる母の料理は私にそんなことを教えてくれています

 

五感を使う酒造り

今日は朝から浦霞さんの本社蔵へいってきました平野杜氏さんや鈴木杜氏さんもいて、前に担当だったAさんもいてすごく嬉しかったです

酒蔵というのは何度足を運んでも毎回発見だらけでドキドキワクワクしてしまいます。

saurasan五感を使う酒造り・・・その一言にこめられた日々のつみかさね。

今日も本当行ってよかった!!感動しました!!!

今日はちょっと話を聞くのに夢中で写真をほとんど撮らなくて・・・杜氏さんの目を見てきいているうちに惹きこまれてしまって

 

 

 

蔵に足を踏み入れた時にふっと香るもろみの香り…

蔵に来たんだなぁ・・・

そして漂う空気の清潔感。それが酒蔵。

 

蔵というのは心の原点のような気がします。

どんなに悩んでいても何か答えをみつけさせてくれるような場所・・・

今日も一日感謝です^^

 

momiji

さて昨日まで福島にいってきました今回は本当に私にとって忘れることのできない出来事もあり、胸がいっぱいの旅になりました少しずつ旅の記録をお話したいとおもいます。

まっ赤に染まった紅葉・・・紅葉真っ盛りの福島

 

ずっと行きたかった岸波酒店さんにもいってきました

kisi nami

小さな酒屋と酒樽の蓋を看板に書いてあって、でも小さくてもたくさんたくさん工夫がしてあって本当楽しい店でした。店は入ってみるとすぐ気持ちがつたわるものです。

 

 

お酒の並べ方ひとつとっても「大事にしているなぁ」ってすごく感じて、お燗が美味しいお酒と冷やでも美味しいお酒と選んで買ってきましたお酒を買ったときの嬉しい気持ち・・・こういう気持ちになるように私もお酒を伝えていきたいとしみじみ感じたひとときでした。

福島の旅、私にとっては最高の気分転換になりました。

親友にも会えたし♪本当楽しかった!!

明日の元気、もらいました!!

うちの自慢のお酒・松島の吟風

近頃朝から忙しない一日が過ぎています。11月に入ると一気にいろんなイベントが重なる予感が・・・ちょっと頭がいっぱいになりそうな予感だけど、次につなげるためにほんとがんばらなきゃね。

今夜はとあるお酒の席が設けられました。

g

前菜から一緒に合わせて飲んだお酒…それがこれ。

うちの自慢のお酒『松島の吟風』です

10年ほど前から阿部勘酒造さんで仕込んでもらっている大切な大切なうちの純米大吟醸

本当これは私も大好きなお酒…料理との相性は抜群、それをしみじみと感じさせられました

 

 

ダシがきいている料理…

醤油で甘めに仕上げたゴボウ巻き…

牡蛎のグラタン風…

ミズのおひたし…

そして刺身はもちろん抜群に合う。

 

ひとつの皿に彩られた料理ひとつひとつとピタリ…

和洋なんにでもこたえてくれる…すごいお酒だな。

本当『松島の吟風』を飲みながらいろんな顔を思い浮かべていました。

私にとってもうちの店にとっても大切な大切な想いがつまったお酒です。

 

『松島の吟風』と一緒に美味しい時間を過ごしてきました

美味しい時間に感謝です^^

おふくろの味・肉団子

近頃観光バスが松島にたくさんやってきます。

短い時間の中でいろいろ眺められるのもすごい魅力満載のツアー・・・

でも今日いらしたお客さん、本当お土産選びに時間をとられ船にも乗らなかったらしいし、瑞巌寺も五太堂すらもみれなくて、大きなお土産袋をかかえていました。もちろんお酒も選んでくれたけれど、お客さんが「ふーっ」とため息をもらしたとき、なんだか複雑な想いになりました。

旅そのものがご褒美だとしても全然余裕がなくて景色に見とれる時間すらなかったり・・・旅ってそういうもんだっけかなぁなんてスタッフと話していました。もちろんその旅の過程がその人にとっての魅力なのでしょうけれど・・・

本当いろんな旅のカタチがありますね

nikudanngo

今夜は母の得意料理が食卓に並びました^^

『おふくろの味 肉団子

「おかあさん、肉団子久々だねーっ」と私も思わず嬉し声デジカメで撮影してたら母もどことなく嬉しそう^^

母の作る肉団子は本当ふわふわで大好きです^^玉葱たっぷり入っていてふわっとやわらかくてそれにたっぷりの甘酢あんかけをかけて完成する母の肉団子

 

食欲の秋・・・母の肉団子が並べばごはんもすすんでしまいます(笑)

私が帰ってくるタイミングをみはからって肉団子を揚げていて、アツアツの肉団子にアツアツの甘酢あんをたっぷり

 

繊細な料理じゃないかもしれない、母の料理は。

 

でも愛情いっぱい、おいしくいっぱい食べてほしいという母にとってはいつまでも私たちは子供のままなんだなって伝えてくれる料理です。

いつか私にこどもが生まれたとき、母と同じ料理を作ってあげたい・・・

そんなことを感じた夜ごはんでした^^

阿波特産『すだち酢』

今日は蔵王山岳にて初雪が降りました。テレビで見てビックリ(汗)どうりで寒いわけです。きっと今夜あたりから多くの家庭でストーブ・ヒーター解禁なのかもしれません^^私は寒がりなので先週から解禁ですが^^;

寒々しい雨の中、小さな子犬が一匹…事務所の裏に迷い込んできました。可愛い子犬…雨に濡れて寒そうで、店のスタッフとなんとかしたかったけれど、階段をのぼって降りてそのまま外に走っていってしまいました。首のあたりにケガをしてた気がしたんだけれど・・・すごく気になります。首輪もはめていたから今頃は飼い主のところで元気にやっているのかな。だといいな。

先日秋刀魚おばさんからプレゼントが届きました

sudatisu

レモンを上回るビタミンCたっぷりの自然酢。

阿波特産の『すだち酢』です

いつも秋刀魚おばさんがお取り寄せしてくれて、そのお裾分けを頂いているのですが、今回のすだち酢はいつもよりスペシャルなのです!!

なんとできたてホヤホヤフレッシュすだち酢

 

我が家は一番は料理に使ったり、今夜はほっけにたらりとかけて食べたりします^^

こういうお酢や自然の調味料は大好き家族ですから

そして朝一番お水を飲んだあとにこれを飲むと元気が出るのです

sudatisu

まるで日本酒の極上のうぐいす色にも似たようなつるりとした淡い淡い透明なうぐいす色阿部勘さんのお酒をふっと思い出すような極上の色合いです

出来たばかりのお酢というのはこんなにも爽やかでしぼったばかりのすだちの香りそのものがぎゅぎゅっとつまっているような透き通った香りがするんだなぁ・・・

すごく感動です。ビックリしました

 

 

酸っぱい!というよりも若々しさを感じて、後味はスッキリ

 

いつのまにか瓶が空いてるすだち酢。

さりげなく毎日の中で使ってしまう秋刀魚おばさんからもらったすだち酢。

 

後味が残らず口の中が爽やかになる…

新酒ならぬ新酢と言いたくなるような自然の美味しさ

 

秋刀魚おばさんも毎日飲んでいるのかな。

いつも元気の源ありがとうございます^^

美味しく大事に頂きます

追伸:おっと私としたことがすだち酢の住所を控えたのに忘れた(汗)のちほどあらためて書き加えます^^

お酒と月餅

今日は一気に冷え込みました。暖房もいれてもいいような底冷えする寒さ…そして雨。一雨ごとに秋が深まり、冬が近づく。季節の変わり目なんだなぁってしみじみと感じる季節。日本酒が美味しい季節になりましたね^^

先日美味しい贈り物がTご夫妻から届きました

今年めでたく結ばれたお二人…結婚される前にもうちの店にきてくれていたお方です^^

月2

そのご夫婦、いや旦那さんはまだこれを口にしていないらしい…奥様マイブームだというお菓子が私の元に届きました

まっ赤な箱に入った情熱的なお菓子…

『月餅』です

上品に包まれた赤い月餅と黄色の月餅。『月餅』だなんて素敵な名前だよなぁ。月のお餅だものね。

 

食べて驚きました…

だって今まで食べた月餅とは明らかに違う新しいものだったから

月3「お酒に合う月餅かな」と奥様のお手紙に書いてあり、食べて納得です

触ってすぐに感じました…このサクサクという手触り…

これは空気感がある月餅…見事な中華パイ。

きっと月のセレブなうさぎが食べてる月餅なんだろうなぁなんて色々と考えながら^^

 

 

真ん中をふたつに割った時もなんとも触り心地のいい月餅。

今まで月餅というと、どっしりと重厚なお菓子という勝手なイメージをもっていました。

でもそこを根底からガラリと変えてくれたお菓子がこの月餅です。

月4

胡麻と白あんとあったのですが、まずは胡麻。白あんは次回(笑)一気に食べたら太っちゃうし(笑)

しっとりとした胡麻餡の中には香ばしい胡麻の粒がたっぷりと…餡はそれほど甘くなく、舌に残らないサラリとした上品な甘さ。

パイと餡のバランスが最高によく、口の中にいれると餡が残らないんですよね。サクサクッとパイが溶けていき、餡がそれを包み込んでくれて…舌に残らない。残るのはおしいさの余韻だけ

 

こんな月餅は出会ったことがありませんでした

 

夫婦だけでてづくりの小さな昭和の香りのするお店…

奥様いわく、サザエさんに出てきそうなお店だとのこと(笑)

たった一つのこの『月餅』に愛情が見えてきました。

 

真鶴のお酒をもってきて、早速一口…

ちょっとちょっとこれはこれは…合う!!!!

お酒が餡の甘さを柔らかくして、サラリと過ぎていく。

口の中に月餅の旨みとお酒の旨みがふんわりひとつのハーモニー。

 

餡と日本酒って最高の取り合わせだよなぁ。

本当驚きの月餅でした。

Tご夫妻、ありがとう!!!!

いっぱいいっぱい幸せになって下さいね☆

 

****************************************************

月1

『中秋月餅』

泰祥製菓

東京都新宿区四谷1丁目7番地

TEL 03−3357−2825

FAX 03−3357−2826

 

********************************************************

 

月の物語inまくろび庵

今日はさすが行楽シーズン朝からずっとあわただしい一日でした。でも色んな人がきて楽しかったな^^極めつけは「あんた、あの俳優に似てるね」って言われてみたり・・・おいおい私は女だから「女優では(笑)?」なんて(笑)天気もいいし人もずいぶんとでました^^

昨日の話の続きをさせて下さい。

実は昨日『まくろび庵』にいってきました^^

八月に行われたお酒の会『ヨルマク』の時のまくろび庵さんです^^

m1てづくりの花展があるということを聞いていたので、行かないわけにはいきません(笑)

まくろび庵に着いたら、可愛い親指ほどのうさぎ達と月に咲く花、そして作家さんの物語に出会いました。

お花をやってる私にとって、こういう夢の形を実現した彼女達がすごくうらやましかったです

 

 

 

夢が叶う物語…

夢が叶う月のスイーツ…

月のうさぎと女の子の物語…

m2

m3

物語も彼女たちが考えたお話

自分たちの物語に合わせたお花も自分たちで飾って秋の花が顔をだす

 

 

 

 

彼女達自身がワクワクして「今」を楽しんでいるのがすごく伝わってきました

自分たちも楽しんでる…その気持ちが一番大事だから。

 

その物語に似合うまくろび庵のスイーツ

m4

★黄金の月のケーキ(カボチャと豆腐のチーズケーキ)セット

★主人公の女の子かの子の涙ゼリー(マクロビアップルゼリー)

闇のコーヒー(オーガニックコーヒー)

わこうさんの珈琲が飲みたくなったゼリーには女の子の涙が一粒。涙は心の肥料…月のうさぎを救った涙です。ケーキもしっとりとろとろ

おいしかった〜

 

 

まくろび庵は体と心をほぐす場所

いい店だな

本当にありがとう

 

心ほぐすやわらか杏仁

今日はちょっと仕事のとあるネタ探しとプライベートをかねて、母と一緒に街へいってきました^^母は万歩計をつけて歩くようにしているので、ほとんど端から端まで歩いて移動(汗)

お昼、どうしてもこれが食べたくなり、それを食べる為だけにランチを食べにいったんです。

a1仙台駅隣、ホテルメトロポリタン仙台・中華レストラン『桃季』

どうしても食べたくなってしまったもの・・・それがこれ。

ここでずっとずっと一番人気として愛され続けているスイーツ。

『特製やわらか杏仁』

この間来たとき、食べ損なって・・・そこからむしょうに食べたい欲求が大きくふくらんでしまったらしい(笑)

 

ランチの時、+300円で頼めるお気軽メニューなのですが・・・

絶品なのです!!!!

a2

さつまいものペーストを特製のクリームでのばし作ったソースをたっぷりとかけたふわふわやわらか杏仁豆腐

黒豆が横に添えてあり、皿の底にはたっぷりの美味しく煮込んだ小豆が入っていて…

なんともいえない練乳を思わせるような懐かしい甘さが口いっぱいに広がって、甘いのにさらりとしていて、小豆のコク味がまた最高のアクセントになり・・・

 

 

日本人の大好きなものをこの一杯にぎゅっと凝縮したような濃厚な美味しさ…

美味しくて美味しくて・・・夢中で食べてしまいました^^;

 

食べ終わった私を見て母が一言。

「全部食べ終わってさみしそうだね(笑)」ですって(汗)

でも本当食べ終わって満足感と「食べ終わっちゃった」みたいな切なさがこみあげてきました。

 

私って本当食いしん坊なのね・・・

また急に食べたくなるんだろうな。

そしたら今度は思った時にすぐ来よう(笑)

kitune

夕方地元の花屋さんに寄ったら、母がフォックスフェイスを買ってくれました^^キツネの顔をしたあの植物です^^

昨年も掲載しましたが、今年もその季節がやってきました♪

そしたらその後花屋のおにいさんが、出荷の時にぽろぽろと落ちてしまった小さなフォックスフェイスをダンボールいっぱいにもってきてくれたんです

すごい感激してしまって早速キツネ親子と一緒にお礼状を添えて明日もっていくように準備しました^^

 

なんだか今日はプレゼントいっぱいで嬉しかったな

トイレには「つっぱりキツネ」がいるし・・・(笑)つっぱりキツネは・・・ちょっと笑えるんです(笑)

店がキツネでにぎやかになりました^^

本当にありがとうございます!!!

蕎麦の会2006

酒と蕎麦・・・きってもきれない深い深い楽しみ…

今年もいよいよやってまいりました!!!

次号かわら版では改めてお伝えいたしますが・・・

s3『宮城の地酒と蕎麦の会』

平成18年11月22日(水)限定50名

時間:午後5:30開場・午後6時開宴の予定です。

 

昨年、こちらの勝手な都合で11月上旬の蕎麦の会となってしまい、たくさんの方にご迷惑をおかけしました。毎年楽しみにして下さっている関東のお客様も残念だったろうな・・・

昨年も大いに盛り上がりました^^

今年は毎年恒例の時期での開催!!

今回来て下さる蔵元さんは・・・・・・まだ秘密です^^

s4

s2

 

 

 

 

昨年のお蕎麦・・・最高でした。

白いけれど、エメラルドグリーンがかった蕎麦粉の色・・・

はじめてみました。

soba仕込み水で蕎麦をうつ。

かなりの人数分用意しているけれど・・・毎回足りなくなりそうな勢いでみなさん食べてくれてます^^

 

 

最初は仕込み水にちょんちょんとつけて水蕎麦を楽しみ…

次は日本酒をちょんちょんとつけてあの独特の香りを楽しみ…

そして最後はタレでつるり。

 

あのタレがまた最高に旨いのです!!

 

今年もぜひ楽しみにしてて下さいね☆☆

ご予約はお早めに・・・50名限定なので^^

Archives
  • ライブドアブログ