日常の極上

毎日の中に“極上の瞬間”はたくさんある。
のどが笑いたくなるような美味しい瞬間。
かけがえのない元気をもらう誰かとの出会い。
そして何気ない風景の中にも…。
ふとした瞬間から生まれる「極上の日常」。

2009年03月

お知らせ

春だというのに、この寒さと雪・・・ホッカイロがはずせません。

寒さと花粉が満開です。

 

さてお知らせがございます。

3月30日(月)の丸一日。

棚卸決算のため、店舗・配送全てを休業させていただきます。

よろしく御願いいたします。

※仙台駅のほうではイベントに出店しております。

 

 

 

 

仙台駅イベント 明日から

先ほどから雪が降り始めた松島。朝は花曇りだったというのに、寒さが一気にやってきました。春の雪は寒いですね、本当に。

 

今日はオフ扱いにしてもらい、店でかわら版に没頭・・・と思っていても、なかなかスランプから抜け出せず、1回頭を白にすることにしました。がんばらないとな、本当。

 

さて急ですが、明日から6日間、また仙台駅でイベントが開催されることになりました。地酒も出店させていただくことになりました。またお会いできるといいですね♪

 

『宮城うまいもんフェア』

とき 平成21年3/26(木)〜3/31(火)

場所 仙台駅コンコース ステンドグラス前いつもの場所

時間 10時〜21時まで

 

もし近くを通ったら声かけてくださいね^^

楽しんで頑張ってきます。

 

 

 

かわら版執筆中〜悶々

明後日からのイベントもあり、ちょっとあわただしくしております。かわら版の執筆も重なり、頭が整理できなくてスランプ気味(涙)

先日、取材の声をかけていただき、丁寧な取材を受けたのですが・・頭の中で悶々としております。

こうやって機会を頂くのはすごくありがたくて、感謝の気持ちしかないのですが、私自身けっして大それたことはしていなくて、うちの社長やスタッフの支え、蔵元さん、そしてお客様の励ましあってがんばっていられるのがすごく大きくて。続けてこれたのも皆さんのおかげです。絶対一人じゃ何にもできないです。

頑張っているのはみんな一緒だし、やって当たり前のことをやっているだけ・・・

幸運にも好きなことが仕事となっているからこそ、これから先絶対甘んじちゃいけないなと。

蔵に行くのは、ただ好きで行っているだけで、発見が面白くて蔵の人に会うと元気が出るからついつい足が勝手に動くだけで。

 

いっぱいお酒売れればいいとか・・・そういう数字的なものは後からついてくる結果であって、あんまり深くは考えてはいません。ただ楽しくありのまま伝えたいと思っているだけです。

 

わかっているのは、私の探している答えが蔵にあるというだけ。

 

決してたいしたことをしてはいないんですよね。

がんばるのは当たり前。私なんかより頑張っている人がたくさんいる。

幸運にも私にはふらつきそうになってもガツンと言ってくれる人がたくさんいるので、道をはずさずにこれたような気がします。

この先も自分を見失わずに頑張っていきたいな思います。

 

次回のかわら版は“祝・60号記念”!

おまかせ晩酌セットは絶対に要チェックですよ〜

楽しみにしていてくださいね^^

 

 

ひめぜんユズ〜一ノ蔵試飲会

連休初日だというのに、雨でスタートのようです。。
明日から年に一度のあの《ひめぜんユズ》の試飲販売会が行なわれます☆
 
平成21年3月20日(金)・21日(土)
 
むとう屋店頭にて
 
生ワインでお馴染みの桔梗屋さんで多々錦という品種のユズをしぼってもらって、ひめぜんとあわせた極上の甘いお酒。
 
 
ぜひともお立寄りください(^-^)

itinokura

ひめぜんユズ、あっためると美味しいねェと一ノ蔵門馬さん。

そうなんですよね、ホットひめぜんってホットレモンみたいで美味しいんです。

ぜひぜひお試しください^^

 

松島の吟風の新酒

あわただしい三月、時々頭がいっぱいになりますが、仕事も好きでやっているわけだし、四月に出展する生け花展の準備も好きでやっているわけで・・・誰にも言い訳なんて出来ないんですよねェ。と余裕のない自分が見えたとき反省してしまうのですが・・・なかなかうまくはいきません。

 

松島のFF磯崎さんに作ってもらっているうちの酒米で塩竃の阿部勘酒造に毎年仕込んでもらって今年で12年でしょうか。

松島の吟風(まつしまのかぜ)純米大吟醸の新酒が今年も出荷されました。

美味しいお酒に出会ったとき、涙が出そうになるくらい感動します。

ぞくぞくってくるのがわかるんですよね、自分で。

ginpuu

2月の末に搾ったお酒、阿部勘さんの平塚杜氏や蔵の皆さんが手塩にかけて育ててくれたおかげで、本当に最高の出来でした。

澄んだ香りは、蔵の人の想いをそのまま表したようで・・・

口にふくむと舌の上でぱっと旨みが開いて、飲んだ後の余韻をのこしたキレのよさ・・・旨い。

旨いなぁ・・・松島の吟風。

すごいお酒だなぁ・・・

 

しみじみと感じるお酒でした。

うちの店主も「松島の吟風、いい酒だなぁ」と嬉しそうにしてました。

これも農家さんや蔵のみなさんのおかげです。

 

本当に美味しくて、皆さんに飲ませたい気持ちでいっぱいになります。

美味しいお酒こそ幸せな気持ちを伝えたくなります。

 

四月のかわら版で会員さんにお披露目しますね!!

ただいま、原稿に入る手前の作業をしています。

 

忙しいときこそ格別の一杯を飲んでほしい。

お楽しみに^^

 

ごぶさたしてました。

仙台駅イベントから無事帰還し、予想外の風邪をひき、でもなんとか復活し、普通の仕事に戻っております。なにかと色々とたまった仕事があって、少しずつ片付けてみたり。次回のかわら版の取材もはじまってみたり。やることがあるってありがたいです。

ブログネタもたまったまま・・・

時間を見ながらアップしますね。

 

お楽しみに♪

 

皆さん気長によろしく御願いいたします。

 

 

Archives
  • ライブドアブログ