日常の極上

毎日の中に“極上の瞬間”はたくさんある。
のどが笑いたくなるような美味しい瞬間。
かけがえのない元気をもらう誰かとの出会い。
そして何気ない風景の中にも…。
ふとした瞬間から生まれる「極上の日常」。

2010年10月

ボサノヴァライブ

音楽の秋、しっとりと心地のいい声の吉田さんのボサノヴァライブがむとう屋二階の談炉館で行われました。


人柄がにじみあふれた音楽とライブ時間。


私にすると久々のイベントで、嬉しい再会がたくさんあって思わず興奮してしまいました。

当初、ワンドリンクの予定はなかったのですが、むとう屋社長が「みんなを驚かせたいから」と急きょ隠し酒を用意。ワイングラスで飲んでいただきました。(いつものことですが(笑))

2010年10月23日_DSC09500


















始まってあらためて吉田さんの声を聞いたら、正直うちの二階でも広すぎるような気がしました。

もっと小さな空間で自分のためだけという感覚で聞きたいなと。贅沢かもしれませんが。それくらいすーっとなじむやさしい声。

静かに静かにすすむライブかと思ったけれど、吉田さんたちの人柄で笑い声もあふれ、すごくいい感じでした。

2010年10月23日_DSC09512


















ボサノヴァというとイパネマの娘など有名曲もありますが、聞いてて自然と
耳に入ってくる感じです。


うちの息子もだんなに抱っこされながら、吉田さんの音楽を子守唄にぐっすり。気持ち良さそうに眠っていたのですが、曲がおわり、盛大な拍手がなった瞬間、泣きだしてしまい、しんとした空間に泣き声・・・あせりました。

最後まで聞けなかったけれど、毎日忙しく過ごす中で、こういう時間がなんだかとっても大切に感じました。ご褒美というのか、心に栄養という感じなのか。

本当にみなさん、ありがとうございました

伊達なフェア・オンラインショップ

気がつけば、うちの息子も昨日で9ヵ月になりました。検診ではかってもらったら、体重は10キロとやっぱり大きい(笑)わたしの食いしん坊にそっくりなので。最近は店でおんぶしてても確かに肩にずしんとくるけど、これも幸せな重さなので母親冥利につきる感じです。



さてきょう10月20日から仙台駅二階ステンドグラス前にて、東北総合サービスさんの主催する『伊達なフェア』にむとう屋も出店させて頂いております。

イベント後半では、おまかせ晩酌セット仙台駅版などを限定50セットほど用意させて頂いております。ぜひぜひお立ち寄りくださいませ。


そしていま、むとう屋オンラインショップのほうでも少しずつリニューアルが進行中。まずはかわら版のお酒もオンラインのほうでご覧になっていただけるようになりました。

少しずつ進行していきますので、お楽しみに〜





沖あなごの茶漬け

お米から造られる日本酒、酒の肴はごはんのおともにもってこい。

私はお酒も好きだけど、お酒やごはんと頂くお料理も大好きです。

2010年10月12日_DSC09330




















今回のかわら版掲載の創業50年、石巻木の家さんの三陸沖でとれた油ののった「沖あなご」の缶詰。


我が家にも届いたかわら版を見て、一度食べてみたいなと昨日会社にいったときに買ってきました。

お勧めするにも自分が食べてみないとさすがにコメントがでてきません(汗)

2010年10月12日_DSC09331




















たっぷり缶詰いっぱいに入っているあなご。
缶からとりだすと、けっこうボリュームがあります。


早速あたためでだんな様とたべてみました。

大好きなあなごの照り焼・・・ずいぶん柔らかく仕上げたものだと感心しつつ、温めただけだと、やっぱり缶詰感・・・。と、だんな様と私。


2010年10月12日_DSC09332




















とある蔵の方と、この沖あなごの食べ方を話したとき、そうそうお茶漬けがいいよねと。

早速わさびを用意し、それで頂きました。

ほうじ茶よりも・・・玄米茶かな、いや昆布のお出汁もいいな。胡麻の風味があってもありかも。

この沖あなご、個人的にはわさびをのせてお茶漬けで頂くのが一番おいしい!!


食べ終わったあと、うちのだんな様は「こんどいつものサバ缶買ってきてよ」と。秋はサバもおいしいからね〜

例のサバ缶は、むとう屋店頭で大好評につき継続販売中〜

満月限定の「むう」

秋を彩る「黄色」。

春の黄色とはまた違うしっとりとした色合いの黄色。

背高泡立草も銀杏並木も、そしてほっくり秋のかぼちゃや満月も。

2010年09月30日_DSC09180



















ちょっとピンぼけですみません。

松島かまぼこ本舗さんで「満月限定のむう」を出しているのです。


まあるい「むう」は、ほんと満月そのもの。

完熟かぼちゃと生クリーム仕立て。


べてみると「かまぼこ」の感覚というよりも、ほろほろとした口どけの良さとしっとりとした触感が、まるでスイーツを頂いてる感じ。

でも正真正銘かまぼこなところがすごい。



10月の満月は23日とのこと。

販売はその前後の2〜3日のみ。



満月限定むう。

なんだかとっても「粋」ですね。

三種の甘酒

「お酒」と名のつくもので子供と一緒に飲める「甘酒」。

うちの息子も、晴れて甘酒デビュー。

息子の離乳食にと頂いた一ノ蔵さんの限定販売「三種の甘酒」。


2010年09月30日_DSC09168




















砂糖の入らない麹だけの自然な甘さの甘酒。

江戸時代から伝わるスタミナドリンク。


ビタミン・ミネラル・糖質・アミノ酸・有機酸・・・と、あげていとたくさんの栄養素が含まれている美味しいところを凝縮した「甘酒」。


2010年09月30日_DSC09172





















定番の甘酒のほかにふたつのあじわい。

『かぼちゃの甘酒』。

ほっこりやさしいかぼちゃの香りがふわんと広がって・・・
とっても美味。

うちの息子からすれば甘みのあるかぼちゃスープでも飲んでいる気分でごくごく飲んでいました。
2010年10月02日_DSC09190






















『トマトの甘酒』。

トマトが苦手なわたしですが、青臭さも感じなくて、飲んだあとにトマトの香り。ももいろが綺麗な甘酒でした。


三種の甘酒。
600円で販売らしいです。

寒暖の差が激しく、風邪をひきやすい季節。
そんな疲れやすい季節に嬉しい元気ドリンク。


一ノ蔵さんの三種の甘酒、美味しくいただきました。
Archives
  • ライブドアブログ