今日は松島酒造りプロジェクトの米「松島産ひとめぼれ」の稲刈りです。

松島でしか飲めないプレミアムの純米酒をとはじまった米作り酒造り。


風は強いけれど、最高の秋晴れに恵まれました。

うちの社長と若旦那と私と息子も参加。


若旦那と仲良しの息子は、手をひっぱって田んぼに突進。

002

今年は東日本大震災からはじまっていろんなことがありました。

でもそれを乗り越えて今日の稲刈りの日を迎えることができました。

本当に感謝の一言につきます。


011

台風のときも幸運にも水がたまらず、しっかりと育ってくれたようです。

でもあんまり量はとれないようです。

松島の吟風の米の収穫量も少なめかもしれません。


息子は黄金色の田んぼというか、虫がいたり、花が咲いてたり、風に飛ばされそうになることがよほど楽しいらしく(笑)はしゃいでました。

田んぼに入って、ばったを見つけて一緒に入っていきそうになり・・・泥まみれ(汗)



余談ですが、ちなみにこの日、息子はラッキー続き。毎朝松島駅から息子と二人でむとう屋まで40分くらいかけて歩いてくるのですが、途中消防署があって、毎日のように挨拶してやってくるんですよね。そしたら消防士さんが車を見せてくれて。息子はたいそう喜んでおりました。

毎日いろんなことがあります。




013
016
019
010

それでもやっぱりこうして育った米を収穫できるという喜び、

当たり前の日常が当たり前にやってくることの喜び、

今年も米が収穫できたという喜び、

こんなにもうれしいことなんですよね。