日常の極上

毎日の中に“極上の瞬間”はたくさんある。
のどが笑いたくなるような美味しい瞬間。
かけがえのない元気をもらう誰かとの出会い。
そして何気ない風景の中にも…。
ふとした瞬間から生まれる「極上の日常」。

2015年11月

蒼天伝しぼりたて入荷

IMG_20151130_122457


































蒼天伝のしぼりたてが入荷しました。

ピチピチ元気な醪の香かおる新酒です。

ここから一気に忙しくなる蔵の中。...

蒼天伝のお酒を飲むと、柏杜氏の顔が浮かびます。

冬美禄も楽しみです。

太陽の顔

DSC_4809













11月最後の朝サイクリングは、太陽がのぼってくるのを眺めました。

空にはお月様、「あれが太陽の顔?」と子供店長。


澄んだ空気、福浦島が輝いてました。

閉店後のツリー

IMG_20151126_192214

松島さかな市場さんの閉店後。

素敵なツリーが綺羅キラリ(*´∀`)

父子二代酒(おやこにだいざけ)

12227180_1037812892949029_5288068082103571133_n
































『父子二代酒(おやこにだいざけ)』。


萩野酒造さんのお酒です。このお酒にであったのは10年以上前になるのでしょうか。最初の香りに『わぁ〜っ』と胸弾ませ、一口飲んで、じわっと広がる香り旨み甘み酸味に感動して…数字じゃはかれない、感覚に入り込んでくる旨さ。素晴らしい。生熟、もろ好みです。かわらばん掲載予定。

宮城の地酒と手打ち蕎麦の会2015

蕎麦の会 大盛況でした!

(携帯不調でアップが遅れましたが)


新蕎麦の香。最高です。

今年は猪苗代の「あいずのかおり」という蕎麦で、甘みがあり、宮城手打ち蕎麦道場の千葉さんから「ぜひ最初に日本酒をかけて召し上がってください」と話がありました。

...

かつてないハイペースで進んだ蕎麦の会。

萩野酒造の曜平くんきてくれて子供店長大喜び。

彼のまんま、気さくなうまさがみんなの気持ちに届いてました。とくに、日輪田の山廃純米酒のお燗が大人気。香りだけでもいけそうでした。すごく楽しいひととき、みなさんありがとうございました。



DSC_4310



















DSC_4341























DSC_4359




















DSC_4353

















DSC_4319




































子供店長は曜平くんが大好きです^^♪

また来てね〜

ピースフル作品展

ピースフル〜糸と、新しい松島


ご縁あって松島にやってきたアーティスト方の作品たち。

普段見慣れた布や糸が、三人の女性のよっていつもと違う表情に。

...

繊維布、自然素材の金属化によるアンビバレンツな作品を造る英国人作家フランシス・ギーシンさん、量の道具を技法「あばり編み」で近年をテーマにした作品を新田恭子さん、ミシン刺繍と絞りの手法で有機的なフィルムを作りだす梅田香織さん。



水主町民家・ホテル大観荘・むとう屋展示中です



2015年11月17日〜23日まで

IMG_20151118_090315























IMG_20151118_090440

















IMG_20151118_090459

通販限定酒いろいろ

【真鶴20年古酒】今回、最初で最後、ほんのわずかですが・・・ 20年前のお酒を詰めてもらいました。

これから先飲めないお酒です。

パソコンから e-mutouya.jp/kuramoto/kura_
スマートフォンから

20年、子供店長が20歳になるころにはどんな宮城の日本酒があるのかなと考えてみると果てしないです。

すごいお酒です。

日高見ひょうたん

IMG_20151113_154041





















日高見のすごいお酒が今年も入荷しました。


『ひょうたん』です。


凛とした白が際立つ純米大吟醸《ひょうたん》。

...

職人さんが、白い服をきりっときて、調理場に立つ。

あんな雰囲気を醸し出しているお酒。


でも瓶に詰める方も大変で、数量は初回予定よりも少ないです。

かわら版でも紹介予定ですが、ご褒美酒ですね。

中勇さんの『花の文』

DSC_4059


















夢幻醸造元 中勇酒造店さんの中島崇文くんのデビュー作だそうです。


『花の文』。原酒と加水の二種類。驚くべき軽さ、いつもの夢幻さんのお酒と表情がらりとかわって、つい飲み続けてしまいそうなさりげない味わいのお酒。

ラベルもちょっとフレンチっぽい感じで素敵です。限定出荷。

阿部勘酒蔵店2015・11月

阿部勘さんに行ってきました。(with 子供店長・及川君)

子供店長いわく「さいきん、あべかんさんにいってなかったから、ぼくもいく」だそうです。


新しい機械がはいっておりました。クレーンです。これがあれば、蒸しあげた米を掘り起こす重労働がなくなり、違う手間はかかっても、だいぶ体が楽になるようです。あの仕事は大変だ。多いときでは相当な量、ほんとよかったです。



ストップウォッチで秒単位ではかる洗米、浸漬。蒸す前の「米とぎのタイミング」が何より大事です。



お酒はやっぱり農作物。米も毎年同じじゃありません。



子供店長は、「おこめがみずをすうと白くなって、おさけができるんだね」とちょっと子供ながらに発見目線。

平塚杜氏はじめ蔵の方にずいぶん面倒をみていただき、わんぱくに蔵遊びをしてきました。



今年の「笑う酒」こうご期待。見事な出来です。




※塩釜神社でもみじ、おだんご経由で阿部勘さんです(笑)



DSC_3993



















DSC_3996



















DSC_4019





















DSC_4039


















DSC_3987

Archives
  • ライブドアブログ