2006年05月28日

仄めかしという嫌がらせ連中観察記

仄めかしという被害をする犯罪者について


今まで毎日のように、道で、職場で、公共の乗り物の中で、色々なお店の中で、自分が家の中で話した出来事や、行動を、ただ読むように言ったり、はたまた、内容がちぐはぐな異常な会話形式にて話す連中が大量に出没して参りました。


例えば、職場でちょっと失敗しちゃった日には、帰りの電車内で、妙に雰囲気がすさんだ年齢高校生っぽい男女2人が

「この洋服○○でかったんだよ〜」
「へー、結構いいじゃん」
「でしょ〜vv」
「あいつ、仕事でポカしやがったんだって」
「ばかじゃん(下卑た笑い)」
「また洋服買いたいな〜」
「買えるといいね」


てな具合です。ね、おかしいですよね。これ、最近実際に遭った出来事です。こういう事がもう2年以上続いております。


また、瀬谷駅近くでは、18ぐらいのカップルっぽいのが歩いており、私が抜かそうとしたとたん、男が私側を歩いていた女の子をものすごい勢いで反対側にひったくるように手で寄せて、もう、頭の悪いチンピラそのものの勢いで怒鳴り始めたのです。


「在日が堂々と、道歩いているんじゃねーよ!!」
「在日は犯罪者のくせにさ、よく歩けるよな〜」
「恥ずかしいとおもわねえのかよ」
「俺の親が在日だったら、殺してやるぜ」
「やだよな、在日」

女の子は、ずっと「そうよね」とばかりに喜んで笑っているんです。


周りには、私しか居ませんので、如何見ても私向けの罵倒としか考えられません。


しかし、なぜ在日・・・?私、純日本人ですが・・?関西方面に縁がまったくないので先祖親類全員日本人なんで、かなり見当違いの罵倒かと。

また、なぜ在日をそんなに憎むのか不思議でなりません。殺すんですか?それだけで?



その時の印象は、なんだか、自分が言われ続けたものを人に言っているという感じでした。男女の顔を拝見しましたが、純日本人だと断言できかねる容貌だったのもそれに拍車をかけました。



他の被害者さんのHPやブログでもよく見かけるのですが、


「仄めかし」をする連中がいう被害者に対してよく言う罵倒などの言葉は、なぜか、仄めかしをする連中そのものに当てはまる


という定義は私も同感かと主張致します。



仄めかしをする犯罪者の姿形


一番多いのが、

高校生と(大)学生です。これらは、必ず集団下卑た笑いをしながら被害者を罵倒し倒します。自分は高潔で、被害者はバカでどうしようもない底辺の人間だというような言動を繰り返すのです。

しかし、よく観察すると、

1.制服をだらしなく着ている
2.口調が乱暴で粗野で下品である
3.駅改札前で通行の邪魔をしても平気であり、なおかつ、通行人を「邪魔だウゼエ」と平気で言う
4.当然、道は広がって歩く
5.道の往来で平気で「あいつ殺す」と大声でいえるほどの恥知らずであり、御家庭が推測される
6.道で平気で唾を吐く(女子も!!)


という共通項があります。顔も皆一様に意地悪そうな、荒んだ顔をしております。


次に、2〜3歳ほどの子供を連れた、くたびれた若い主婦、駅やデパートで行くところがなくてベンチでずっと座っているような中年のおじさんおばさんが多いです。




駅では、それにサラリーマン、OLが参戦してきます。

サラリーマンは判り難いかと思いますが、電車内では必ず誰かの悪口を喋っているのが今までの経験上大半でしたので、主語はないけど、悪口を言っている輩を見て頂ければ大体加害犯罪者だと思ってくださっても間違いではないかと思います。


人の悪口ってきいていて嫌なものですし。


ぜひ、このブログを見ている皆様も観察してみて下さい。それだけでも被害にあっている皆は嬉しいのです。

mutu8no968 at 15:30|PermalinkTrackBack(0)考察 | 被害について

2006年02月26日

職場にて

職場内での変化について


集団的な嫌がらせに遭うと職場でもある日から突然色々と起こることになります。


●職場がある出入り口に今まで絶対にいたことがない人が朝晩張り付くようになります。私の場合、朝は凄く暇そうなおじいさんとその孫という関係としか見えないペアが張り付き、夜はTVの探偵ドラマに出てきそうな感じのいかにも探偵!!という人が出入り口でじっと待っている事が毎日でした。

●職場のお使いでお出かけをすると、必ず尾行がついて来ました。尾行は探偵学校の生徒というのが私の印象です。尾行してますと素人にもわかるような止まり方や、はたまた気づいて振り向くと立ち止まり、いきなり顔を逸らして歩いていってしまうという事をされたからです。しかも、同じ人物が印象を変えて再度尾行という事も実はございました。

また、1日に何度も道を尋ねられます。しかも教えても教えられた方向に行かないのが特徴です。


職場の周りにチンピラまがいの人物が徘徊するようになります。しかも、携帯電話に「死ね」「殺す」だのという物騒な言葉を喚きます。1時間は確実言い続けます。普通こんなの根気よく聞いている相手なんているわけがないので、自演の嫌がらせ目的と推測が出来ます。

●平日だというのに、会社の周りを5人以上のチンピラまがいの男女が騒ぎながら練り歩くようになりました。窓を閉めていても五月蝿いと感じるくらいの騒ぎです。わざわざ車で乗り付けてくるのです。これは1日2時間程、1ヶ月続きました。


●1年以上たまにしか社内の人がくる事がなかったのに突然頻繁に出入りするようになります。近くまできたからという理由ならまだ理解できますが、そうではなく、会議室を借りるという(近くに会議に適切な本社があるというのに営業所にわざわざ来るようになります)目的でです。
そして、まじめに会議をする人と、会議をする為にきたはずなのに何故か私の横でパソコンをずっと黙って打ち始めるのです。
会議が終わると他の人と合流したとたん、私の仕事ぶりを挙げ足をとって悪口を聞こえるように言って回るのです。会議をするたびでしたので流石に悪意を持って張り付いてたんだなと判るというものです。ちなみに張り付く人は持ち回りでした。

●忙しい為職場に増員したはずの人なのに、何故か営業に出て行くことをしないわ、お出かけしてもすぐ帰ってくるという不思議な行動をしておりました。絶対に私1人だけにさせないということだったと今は理解しております。現在も忙しいはずの職場なのに、必ず誰かは職場にいるからです。


●会社への行き帰り時、歩いていると私の顔を見たとたん携帯電話を取り出し何処かに連絡する老若男女が続出します。しかも、その行動を見た数分後、雰囲気がねっとりしているこれも老若男女が続出し、しかもそれらがすれ違い様一斉に携帯を取り出して同時に何処かに連絡をする動作をするのです。気味が悪かったのを覚えております。



〜〜***〜〜〜***〜〜***〜〜〜***〜〜***〜〜〜***〜〜***〜〜〜***〜〜***〜〜〜



※このときまで集団的嫌がらせを受けていると知らなかった、あまりにも気味が悪いし、攻撃を受けている事だけ感じていた私はここで退職してしまったのです。今思えばコレは失敗でした。退職後の仄めかしはしばらく、「ざまあみろ」だったからです。つまり、失職させるのが狙いだったわけで、ムザムザと犯罪者をよろこばせてしまったのです。


突然なぜか自分に悪意を向けられる事が多くなったという人は、とりあえず、退職だけはしないで下さい。退職はいつでもできます。まず嫌がらせをするのは誰かを冷静に見極めてください。特定の人物だけが嫌がらせをするのでしたら、それが犯罪者なのです。アナタを退職させようとしているだけなのです。

そして、そのような事を見聞きした方もぜひ冷静にどんな人が特定の人(=被害者)を貶めているかよく観察して頂きたいのです。普通の人は執拗に悪口を広める行動はしません。
声高々に言っている人がいたら、ぜひ会社でよく話す人だけでもいいので「アノ人、よく特定の人だけ執拗に悪く言ってるけどちょっと言いすぎで感じ悪いよね」というようなちょっとした援護射撃をして頂きたいです。それだけでも被害者は救われるのです。


〜〜***〜〜〜***〜〜***〜〜〜***〜〜***〜〜〜***〜〜***〜〜〜***〜〜***〜〜〜


退職をして、就職活動を始めると、必ず妨害が入ります。
いい感じで面接を終わらせているのに(手ごたえがあったと自分でもわかりますよね)面接した次の日には何故か

「(すっごく申し訳ないような話し方で)本当に、すみません、今回は残念ということで」

や、

「他の人がいなかったらぜひ採りたかった」

といわれる事がかなり多くなります。しかも、面接をした後必ずすごく不審な人が面接をした会社の入り口で何かをチェックしているという場面を目撃できます。流石に同じ事が続くので偶然ではない事に気づいてしまいました。


しょうがないので派遣の道を模索すると、派遣先では

●仕事そっちのけで20人以上いるフロアで私の昨日の行動と全く違わない事を全員が喋り始めます。しかも、行動の一つ一つにけちまでつけ、悪口合戦が始まるのです。これ、なんと1ヶ月続きました。

●お昼休みは、1人で行動をさせないようにする為必ず数人から話しかけられます。話は必ず芸能人の話題か、私が普段どのような事を考えているかということです。あまりにも同じことを何度も何度も聞かれるので不審を覚えたのを覚えております。

面倒くさくなったので「歯を磨きますので」と此方から話題を切り上げたとたん、なんと!!話しかけてた全員が席を立ってさっさと自分の席に戻ったのです!!この行動でお昼に引き止め作戦をされていたのがわかってしまいました。


現在の事も書きたいけどとりあえずまずはココまでと致します。

mutu8no968 at 19:14|PermalinkTrackBack(0)被害内容 | 被害内容

2006年01月14日

地域の変化について

集団的に付きまとわれていると、次第に地域にも変化が現れます。


●いつも歩いている道に、突然とても目立つように「私達は犯罪を許さない!!」と
 いうような犯罪を警戒していると主張するポスターがべたべたと貼られます。


●何をしたいのかがわからない広報カーが我が家を中心にして近所中を練り歩くようになります。ちなみに私の場合は「注意してください、注意してください」というものでした。一体何の宣伝かいまだに謎です。


●いつも歩いている時間帯に今まで見たことがないような人物人種職種の人がうろうろするようになります。又は、自分が家からでるといきなり慌ててでてきたと丸分かりなお家着(&つっかけサンダル)丸出しな服装の主婦やおじさんが沸きはじめます。自転車に乗った人が、中国の通勤風景かといいたくなるほど沸くのも特徴です。



自分が歩く道なりの家防犯灯がこれもある日突然一斉に装着されます。怪しいと主張する根拠はといいますと、人が近づくと点くのが防犯灯なの ですが、なぜか人が通っても点かないのです。しかし、私が通ったとたん点 灯したのです。これが1ヶ月 続きました。
 
なお、コレには続きがありまして、コレはおかしいと被害日記に記入したとたん、今度は反対に通りがかると明かりが消えるという現象に変わりました。そして、次は、私が怪しいと感じているご近所さんの玄関灯が通りがかりに一斉に点灯するという実に怪しさ抜群な事も続きました。

                ↓


同時に、ご近所の玄関灯がいつのまにかまぶしい程の光を放つものに変わります。夜中でも煌々と点いております。点灯日は、なぜか真夜中でも一定時間(2時間ずつが多いです)ごとに車が出入りするという本当に不審な出来事が1年以上続いていたりします。


●真夜中に自宅に向けて投光器が向けられるという不審極まりない出来事がたびたび
起こります。なんと!隣の家のアンテナに取り付けられていたことも!!


●被害が起こり始めたと同時に自分の働いている会社と自宅ポストに探偵社のチラシが連日はいるようになりました。
 

●精神病院へ誘導する為のチラシも会社、自宅ポストに投函されます。はたまた同じものが自宅 周辺や最寄駅までの道なりにべたべた張られるようになります。





私が被害者さんが作っているHPを回ってみたところ、同じような出来事があるという事がわかりました。これをお読みになった方は、ぜひとも被害状況を記入している所を回ってみてくださると幸いです。

mutu8no968 at 23:24|PermalinkTrackBack(0)被害内容 | 被害内容

2005年12月11日

被害初期

私の被害の内容を書いていこうと思います。

−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*

被害初期の頃のお話です。




●学生に駅の改札近くや、道をワザと封鎖される事もされました。で、突破すると、「ちっ」としたうちやら「くすくす」という笑いや、「よけられちゃった〜」というのが聞こえてきたのでワザとというのが判りました。


2人組、又は、2人以上(絶対に私1人対学生2人以上という体制で嫌がらせを遂行しておりました)制服学生とすれ違う度に、指を指され

「あいつだ〜」

「にらんでる〜〜」  等 プラス(下卑た笑い)

を毎日言われ続けました。(土日も言われてました)


●近くの高校や中学生からすれ違うたび、あからさまに顔をしかめて避けるということをされました。殆ど犯罪者扱いでした。


●家の周りを素人が思い浮かべる探偵のイメージ通りの不審者が徘徊するようになりました。玄関からでて、視線があったとたんに向かいのマンションに走って逃げていった出来事もありました。


●目の前に目的地があるのにも関わらず、1日に何度も場所を尋ねられる。また、教えてもその場所に行く事はしない。

●探偵学校の生徒??というような感じの若い男女に1日中後をつけられるようになりました。

●通勤や遊びに出かける時に必ず駅の改札口で携帯画面と私の顔を見比べる人が続出しました。

●職場の出入り口に浮浪者としか思えない初老の男性か、又は初老の男性とその孫(男児)が必ず座り込んでいました。

●1年以上通っている間決して見たことがない、黒いアタッシュケースを道におき、新聞で顔を隠したモロ探偵といっても過言ではない風体の人物がこれも職場から職場最寄の駅までの道の間に早朝立つようになりました。

●必ず、2人以上の男女の組と毎日すれ違うようになりました。で、すれ違うといきなり全員がヒステリックな下卑た笑いを立て始めます。で、距離があくとピタリと何事もなかったように静かになるという不審極まりない人物が続出しました。

●職場で一年以上働いているのに、なぜか被害が始まってから私の現在住んでいる場所を上司にきく人が増えました。上司も不思議がっていました。

●職場に私が1人でいる時に限って、職場の窓の下でチンピラが携帯を耳にあてながら「死ね」だの「殺す」だの物騒な悪口雑言を喚くという出来事が1ヶ月続きました。

●電車内で私の履歴書そのものを暗記テストのように喋る人が続出しました。


●電車内で、携帯やパソコンのメールの内容、はたまた家での会話の内容とピタリ一致した内容を喋る人たちが毎日続出しました。喋ることがない場合は、ワザとらしい咳や咳払いが私の周りだけ多く聞こえておりました。



mutu8no968 at 21:35|PermalinkTrackBack(0)被害内容 | 被害内容

2005年11月09日

はじめに

★管理人ご挨拶★

このブログは、集団的嫌がらせ(=集団的組織犯罪,集団ストーカー)による被害にあう日々を備忘録的に綴ったものです。

犯人達は、偶然を装って執拗に被害者への攻撃(=被害者にしか判らないシグナル)をしてきます。この犯罪に巻き込まれていなかったらきっと私も偶然で片付けていたでしょう。しかし、1年以上家の近所や外出先にての偶然が1日に何度も続くとさすがに偶然ではすまされないと判ります。とうとう、最近には職場内で入力したデータを改ざんされ、退職に追い込まれるということも経験してしまいました。地味ですが、卑劣で卑怯な犯罪です。

被害者生活がどんなものか、また、被害にあっている人の参考になればとも思っております。私も、被害者さんのお作りになったHPで集団的嫌がらせにあっていたとわかり、犯罪被害者と自覚することで違う意味で落ち着いた経緯があります。なので、つたないながらも、集団的嫌がらせの実態を伝えていけたらいいと思います。


ただ、多分ないとは思うのですが、掲示板からの直接リンクは止めて頂きたいです。自分でブログを始めてから判ったのですが、そういう不特定の所でアドレスを貼られるのは、気持ちのいいものではありません。ちゃんと自分のブログやHPをもっている方とリンクを貼りたいと考えます。




※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

★集団的嫌がらせ(=集団的組織犯罪)(=集団ストーカー)の説明★


『集団的組織犯罪とは』

※その名称の通り、集団で1人の被害者へ執拗にストーカーのように付きまとい、しかも、被害者の生活を破滅させ自殺させるのが目的の犯罪です。ただ、犯罪の仕方が警察に被害届を出させないような巧妙な手口なのでなかなか表にでないのが特徴です。


『ターゲット(被害者)への犯罪手口 』

1.盗聴・盗撮らによる情報入手
2.ゴミ漁り・聞きこみによる情報入手
3.尾行・監視による情報入手
4.地域・近所への個人の名誉を、貶める捏造風評流布
5.友人・知人・職場での人間関係を悪劣にし、“孤立”させる
6.入手した個人情報を、ターゲットへ近づいて“ほのめかす”
7.多くの一般人に被害者の嘘の情報(悪評)を吹き込み、犯罪の加担をさせる
8.被害者の名前を騙り(=なりすまし)を行い、悪行にて被害者の評価・評判をおと  す

などの行為を集団にて行うものです。

※これに、ターゲットにした被害者のタイプ・環境を観察・分析して個人に一番打撃を与えるだろうという攻撃を 執拗に繰り返すのが特徴です。

『犯行の目的』

1.被害者の生活を、おびやかす事
2.被害者を精神崩壊に導く事
3.被害者を追い詰めキレさせ、刑事事件等を起こさせ社会抹殺をする事
4.被害者を自殺に追い込む事
5.被害者を“廃人”に追いやる事   

                              等

『犯罪加害者の正体』

政治家・マスメディア・宗教団体・暴力団・総会屋・地域住民etc...
どの集団にも、少なからず関与している“探偵社”の存在があります。
警察・自衛隊・公安ら在職中の、一部の人間達の存在もあるようです。
韓国人・朝鮮人・中国人・ユダヤ人などetc...の民族の名前も、上がっています。

裏でなんらかを共有できる「つて」があれば、犯罪さえも裏で共有できる環境も作ることが出来ると思います。
しかし、社会の全ての組織・団体が利用できるということでもないと思います。
(誰も、かれも入れてしまうのは危険なことです)
そこには、“金”と“権力”と“協定” が結ばれていると推測されます。


※集団による被害者は、全国各地に大多数存在している現状です。

mutu8no968 at 15:03|PermalinkTrackBack(0)始めに 
Archives
Recent Comments
訪問者数